立春 立夏 立秋 立冬。 平成31年/令和元年(2019)暦要項 二十四節気および雑節

立春・立夏・立秋・立冬の前日のこと。

立春 立夏 立秋 立冬

2020年 02月2日 - 明日は「節分」です。 本来、節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回ありますが、これが室町時代あたりから立春の前日だけをさすようになりました。 なぜなら、春を迎えることが新しい年を迎えることでもあったため、最も重要だったからです。 昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。 中でも重要なのは、年の分かれ目です。 旧暦では新年が春から始まったため、立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目だったのです。 古代中国では、大晦日に「追儺(ついな)」という邪気祓いの行事がありました。 これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。 これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。 その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」で、江戸時代に庶民の間に広がりました。 豆を〈打つ〉から〈まく〉に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、畑に豆をまくしぐさを表しているからです。 こうして、新年を幸多き年にするために、災いをもたらす鬼を追い払う節分行事が定着していきました。 節分の豆まきは、災いをもたらす鬼を追い払い、新年に福を呼び込むための行事ですが、そもそも豆で鬼をやっつけることができるのでしょうか? 大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。 大豆は米よりも大粒でまいた時の音も大きいため、鬼(邪気)を払う力も大きいと考えられたのです。 そして、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じることから、節分に豆まきをするようになりました。 豆まきがすんだら、1年間無事にすごせるよう願いながら、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べましょう(新しい年の分として1つ多く食べる、いわゆる 数え年として1つ多く食べる、もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、地方によって異なる場合もあります)。 これを「年とり豆」といいます。 豆を食べることで新年の力をもらい、邪気を祓って福を呼ぶとされています。 青学・吉田、日本学生歴代2位。 法華坊主 joe -.

次の

立春・立夏・立秋・立冬の意味とは!日付はいつ?節分との関係は?

立春 立夏 立秋 立冬

二十四節気ってどんなもの? まず二十四節気とはそもそもどんなものでしょうか? 文字通り 1年を季節ごとに24等分したもので、その分割点にはそれぞれに季節を表す名前がついています。 2月4日頃の「立春」を起点に24分割されています。 太陰暦を使用していた時代、月の満ち欠けだけを考慮した暦だと季節との間にずれが生じるため、実際の季節を表すために考え出されたのが二十四節気です。 二十四節気は太陽の黄道上(太陽の通り道)の位置によって算出されるもので、 毎年必ず同じ日付になるわけではありません。 季節の節目「八節」 暦の上では 立春から立夏までが「春」、立夏から立秋までを「夏」、立秋から立冬までを「秋」、立冬から立春までを「冬」というように四分割されています。 それぞれ季節の中日にはそれぞれ 春分・夏至・秋分・冬至という節気があり、二至二分と言われています。 これらに 立春・立夏・立秋・立冬の四立を加えた 8つを合わせて八節とも言います。 この八節の間にそれぞれ2つずつ節気が加わり、すべて合わせて二十四節気となります。 二十四節気の起点です。 立春の前日は「節分」にあたり、豆まきをしたり恵方巻きを食べたりします。 昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。 実際に虫が活動を始めるのはもう少し先です。 昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。 お彼岸の中日にあたります。 この日を挟んで7日間が春のお彼岸です。 様々な花が咲き乱れ、お花見などが見頃の時期です。 穀雨の終わり頃には八十八夜があります。 茶摘みの季節です。 夏の気配が感じられる頃。 夏の始まりです。 この日から立秋の前日までを暦の上では夏と分類されます。 沖縄では次の節気と合わせた小満芒種という語が梅雨の意味として使われています。 実際の種まきはもう少し早い時期に行われます。 西日本では梅雨入りの頃。 日本の大部分では梅雨の時期であり、あまり実感されないようです。 小暑の終わり頃に夏の土用に入る。 小暑から立秋までの間が「暑中」で、暑中見舞いはこの期間に送ります。 暑の終わり頃から始まった夏の土用は、大暑の間中続きます。 初めて秋の気配現れてくる頃とされています。 秋の始まりです。 暦の上では暑さの頂点とされ、この翌日から白露までの間が「残暑」となります。 二百十日という雑節があり、この日は台風襲来の特異日とされています。 二百二十日という雑節があります。 八朔 旧暦8月1日 ・二百十日・二百二十日を農家の三大厄日とも言われます。 昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。 お彼岸の中日にあたります。 この日を挟んで7日間が秋のお彼岸です。 朝晩の冷えを感じ始める頃。 菊の花が咲き始め、山の木々の葉が紅葉し始める頃です。 山が紅葉で色づき始める。 この日から立冬までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼びます。 初めて冬の気配が現れてくる日。 冬の始まりです。 この日から立春の前日までを暦の上では冬と分類されます。 本格的な冬の到来がすぐそこに感じられる時季です。 寒い地方では根雪になる雪が降り始めます。 鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、南天の実が赤く色づく頃。 冬至かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入って体を温めたりする習慣があります。 この日から寒中見舞いを。 小寒から立春までの間が「寒中」といいこの日を「寒の入り」とも呼びます。 昔は大寒の朝の水は一年間腐らないと言われ、 この「寒の水」を使って味噌、酒、醤油などを仕込んだそうです。 二十四節気の覚え方 1月=小寒[しょうかん]、大寒[だいかん] 「だんだん寒くなる」 2月=立春[りっしゅん]、雨水[うすい] 「春近し、薄い服準備」 3月=啓蟄[けいちつ]、春分[しゅんぶん] 「虫這い出し春本番」 4月=清明[せいめい]、穀雨[こくう] 「生命の雨、穀物実る」 5月=立夏[りっか]、小満[しょうまん] 「夏近し、SHOWMANの季節」 6月=芒種[ぼうしゅ]、夏至[げし] 「防臭必要、夏本番」 7月=小暑[しょうしょ]、大暑[だいしょ] 「だんだん暑くなる」 8月=立秋[りっしゅう]、処暑[しょしょ] 「秋近し、されどまだ暑い」 9月=白露[はくろ]、秋分[しゅうぶん] 「露白く、秋本番」 10月=寒露[かんろ]、霜降[しもふり] 「露寒く、霜降りる」 11月=立冬[りっとう]、小雪[しょうせつ] 「冬近し、小雪ちらつく」 12月=大雪[だいせつ]、冬至[とうじ] 「大雪となり冬本番」 現在の暦の月ごとに覚えてみても面白いかもしれません。 八節や対になっている暑中や寒中などはセットで覚えてみると覚えやすいかもしれませんね。 日本には本当にたくさんの季節の節目があります。 二十四節気を知ると暦を見る時にも今がどういった季節なのか、より深く考えるきっかけにかもしれませんね。

次の

二十四節気

立春 立夏 立秋 立冬

立冬は二十四節気の19番目の節気です。 二十四節気を簡単に説明すると、1年を24に分け、それぞれに季節の節目となる言葉をあてはめたものです。 これを節気というのですが、節気は約15日となっており、半月ごとに季節の変化を表していることから特に農業に携わる方の目安として重宝されてきました。 とは言え、二十四節気は元は中国の黄河地方で発案されたものなので、気候が日本と異なることから、節気と実際の季節感に違いを感じることもあるようです。 立冬の場合にも、二十四節気では冬の訪れを感じる日となっていますが、11月7日頃はまだ紅葉が始まっていない場合もあるので、冬を実感するに至らないことが多くなっています。 また、暦上では立冬から立春の前日までを冬としています。 立冬の時期はいつ? 立冬は、 毎年11月7日頃、もしくは11月7日から次の節気である「小雪」までの期間を指します。 ちなみに、 2019年は11月8日です。 冬が立ち上がると書く通り、立冬は冬の始まりを言いますが、実際には冬ではなく秋の到来を感じる時期であり、紅葉がちょうど始まるシーズンであるため、立冬の意味と世間との間には大きなズレを感じることも多いようです。 立冬の意味や由来について 立つ、という字には新しい季節が始まるという意味があることから、立冬は冬が始まる日とされています。 しかしながら、立冬は立春や立秋ほど詩歌の題材として使われなかったことから、この2つに比べていまいち知名度が低いと言われています。 しかし、 立冬を含めた、、は四立(しりゅう)と言われ、季節の大きな節目とされています。 また、この時期に上司や知人に手紙を出す時、書き出しに「立冬の候」を覚えておけば、季節の挨拶として使えますから、この機会を切っ掛けにして是非「立冬」を覚えておきましょう。 まとめ 冬と呼ぶにはまだ何か足りない時期ではありますが、立冬を過ぎると霜が降り始め冬の様相が色濃くなってきます。 立冬は、冬支度を行うにはちょうどよい時期だと思いますので、本格的な寒さの前に冬の準備を進めていきましょう。

次の