教授 メール ご連絡ありがとうございます。 「ご教授」の意味とビジネスの使い方!「ご教示」との違いは?英語も紹介

メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

教授 メール ご連絡ありがとうございます

目上の人に使える?「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方 「ご連絡ありがとうございます」は、連絡をもらったことに対してのお礼を述べる表現です。 「ご連絡」の「ご」は敬語を表す接頭語です。 「ご」は尊敬語にも謙譲語にもなります。 例えば「ご連絡ください」といったように相手に行為に対して使う場合の「ご」は、尊敬語になります。 一方で「ご連絡します」といったように自分の行為でも目上の人に対する行為に対して使う場合の「ご」は、謙譲語になります。 このように「連絡」に接頭語「ご」が付く場合は、基本的にどちらかに当てはまります。 「ご連絡」の「ご」は使い方次第で尊敬語にも謙譲語にもなります。 「ご連絡ありがとうございます」は主に、ビジネスメールや電話などで使う表現です。 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の種類 ビジネスメールでの「ご連絡ありがとうございます」の使い方を紹介していきます。 お忙しい中ご連絡ありがとうございます 相手が忙しい中、連絡をしてもらったときに使う言い回しは、 ・お忙しい中ご連絡ありがとうございます ・ご多忙の中ご連絡ありがとうございます ・お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます ・お忙しいところご連絡くださり、ありがとうございます ・ご多忙中にもかかわらずご連絡いただき、誠にありがとうございます となります。 「お忙しい中」は、相手が忙しくしていることを推測される場合に使います。 また「ご多忙の折」「ご多忙の中」などと言い換えることもできます。 目上の人に対しては、少々堅い表現の「ご多忙の〜」を使用するのが良いでしょう。 早速のご連絡ありがとうございます 相手からの連絡が早くもらいたい状況で、すぐに連絡がきたときに「早速のご連絡ありがとうございます」という言い回しを使うことができます。 「早速」は、「行動や対応が素早いこと」を意味しています。 また「早速」ではなく、「早々のご連絡ありがとうございます」と言い換えることもできます。 「早速の」「早々の」を付けることによって、敬語としてより丁寧な印象を与えられます。 早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます 相手から勤務時間外に連絡をいただいたときに、「早朝にもかかわらずご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「早朝にもかかわらず〜」と前に付けることによって、単に「ご連絡ありがとうございます」というよりも丁寧な印象を与えられます。 他にも状況に合わせて、「休日にもかかわらず」「休暇中にもかかわらず」「夜遅くにもかかわらず」と使うことができます。 わざわざご連絡ありがとうございます 連絡を必要としている用件でなくても、相手から連絡をいただいたときに「わざわざご連絡ありがとうございます」と使うことができます。 「わざわざ」の意味は、 ・そのことだけのために、特に行うさま。 特別に。 とりたてて ・ことさらに。 故意に。 わざと となります。 「わざわざご連絡ありがとうございます」といった場合は「そのことだけのために、ご連絡していただき〜」といったニュアンスになります。 「わざわざ」を使用する際は気をつけましょう。 「連絡」と「ご連絡」の使い分け 目上の人に対しては「ご」を付けて「ご連絡」とするのが正しいです。 例えば「連絡ありがとうございます」といっても間違いではありません。 ただ上司や取引先など目上の人に対して「連絡ありがとうございます」と言ってしまうと少し軽い感じになってしまいます。 ですので、目上の人に連絡してほしいことを伝えるときは「ご連絡」とします。 自分から連絡することを伝えるときは「連絡」が適切な感じがしますが、 自分に対しても「ご連絡」とします。 この場合「連絡」ではなく「ご連絡」にする理由は、自分からの連絡を受ける相手に敬意を示す必要があるからです。 連絡する側か受ける側かに関係なく、敬語表現は「ご連絡」にすると覚えておきましょう。 ただ、同等や部下など敬意を払う必要はない相手にだったら「ご」を付けずに「連絡」とするのが適切です。 その他の「ご連絡」を含む表現 ご連絡お願いします 「ご連絡お願いします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡お願いします」は正しい敬語表現ですが、少々敬意が低い言い回しになります。 「ご連絡お願いします」は敬意が低い言い回しのため、目上の人にはなるべく使わず、同等や部下に対して使用するようにしましょう。 ご連絡お願いいたします 「ご連絡お願いいたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご連絡お願いいたします」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 二重敬語ですが、 「ご連絡お願いいたします」は慣習的によく使われる表現です。 「ご」を付けずに「連絡お願いいたします」としても、丁寧でビジネスシーンに適している表現になります。 ご連絡くださいますようお願い申し上げます 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「くださる」=「くれる」の尊敬語 ・「ます」=丁寧語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は、「ご連絡をくれるようにお願いする」という意味になります。 尊敬語は、自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉で、主語は相手になります。 「くださる」の主語は相手になるので、「ご連絡くださいますよう」は正しい使い方になります。 「ご連絡くださいますよう」は何かに対して理解を求める表現なので、後ろに続く言葉としては、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」などとするのが適切です。 ただ、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」は少々くどい表現なので使用する際は注意しましょう。 後ほどご連絡申し上げます 「後ほどご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「後ほど」は「あとで」「しばらくたってから」という意味です。 「後ほどご連絡申し上げます」といった場合は、「あとで連絡します」という意味になります。 「後ほどご連絡申し上げます」は敬語表現ではありますが曖昧な言い回しなので、具体的にいつ連絡するか、連絡が遅れる理由などを補足するのが良いです。 ご連絡いただければ幸いです 「ご連絡いただければ幸いです」は、 ・「ご」=尊敬語 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「ご連絡いただければ幸いです」は、「連絡してもらえるとありがたいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えます。 「幸いです」は軽いお願いのときに使用する言葉です。 何かを強くお願いするときは「お願い申し上げる」「していただけますでしょうか」と言い換える必要があるので注意しましょう。 お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます 「お手すき」は「仕事の合間などで、手の空いているとき」を意味していて、仕事がひと段落したことを指しています。 「お手すき」は、「お時間のある時に」「ご都合のいい時に」などといったように、日にちを指定せず、あくまでも相手の都合に合わせるといった配慮を含む言葉です。 「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」は、 「お時間のあるときに、連絡してもらうようにお願いします」という意味になります。 また「お手すきの際に」を使う場合は、前にクッション言葉「お忙しいとは存じますが」を入れるとより丁寧な表現になります。 ご連絡が遅くなり、申し訳ございません 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「ございません」=「ありません」の丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」は、当初の予定よりも連絡が遅くなってしまったことを謝るときに使います。 自分が連絡するのを遅れてしまった場合には、しっかり謝罪をすることが大切です。 謝罪をするときは言い訳せずに、お詫びの言葉のみを送ります。 連絡が遅れた理由などは特に書く必要はないので気をつけましょう。 「ご連絡」の注意するべき表現 ご連絡させていただきます 「ご連絡させていただく」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「させて」=敬語ではない「する」の使役形 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「ご連絡させていただく」といった場合は、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから連絡する」という意味合いになります。 「ご連絡させていただく」という表現は、相手に自分が連絡することについて許可を得ていない場合は使うことができません。 そもそも「ご連絡させていただく」は謙譲語が2つ含まれているため、 二重敬語になります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 ご連絡差し上げます 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡差し上げます」は 二重敬語になります。 正しくは「連絡差し上げます」とします。 ただ「連絡差し上げます」は適切な表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。

次の

例文付きでご紹介!教授に送る内定の報告メールの書き方

教授 メール ご連絡ありがとうございます

このページのまとめ• 必ずしも報告が必要なわけではないが、内定が出たらお世話になった人には報告する• 内定の報告は両親はもちろん、相談に乗ってくれた教授や先輩など、すべての人にする• メールで報告する時は、用件がわかるような件名を付ける• 手紙で報告する時は、ワープロソフトを使って作成するよりも手書きがオススメ• 内定報告書は私的な報告とは違い、後輩やお世話になった学校のためにお礼として提出する 就職活動の努力が実り、内定が決まった後に行うことはお世話になった人への「内定の報告」です。 新卒の場合は「内定をもらうのは人生で初めて」という人がほとんどなので、報告の仕方がわからないと頭を悩ませている人もいることでしょう。 そこで、この記事では内定の報告は誰にすればいいのかということ、そして報告の方法やマナーについて解説します。 内定報告の手順をしっかりチェックし、スマートに失礼のない報告ができるようにしましょう! 内定が出たらお世話になった人に報告を 内定報告は必ずしもしなくてはならないわけではありません。 就活で相談に乗ってくれたり、面接の練習やESの添削などで協力してくれた人は結果がどうなったかを気にかけてくれているはずです。 そういった お世話になった人がいたら、内定報告をし感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。 社会人であれば、何らかの結果を出すために協力してくれた関係者にお礼をするのは当然のことです。 感謝の気持ちをきちんと伝えることで、その後も良い関係を築くことができるでしょう。 もし就職後に困ったことがあっても、助けてくれるかもしれません。 ぜひお世話になった人に内定報告を兼ねて、お礼の連絡をしておきましょう。 内定の報告は誰にする? 内定が決まったら、就活でお世話になったすべての人に報告するようにしましょう。 報告する人は次のような人です。 自分が「協力してもらったな」と感じる人に連絡をとってみてください。 ・大学の教授 ・大学の就職課 ・OB訪問等で会った先輩 ・内定先の人事担当者 ・ゼミの先輩 ・両親 ・友達 ・ハローワークの担当者 全員に連絡するのは大変かもしれませんが、それだけ多くの人たちの協力を得て就職することができたということなので、支えてくれたすべての人に感謝の気持ちを伝えましょう。 内定の報告をするときの手段は? また、 内定報告の手段は特に決まりはありません。 今の時代、メールやSNSを通じて連絡を取り合うのが主流なので、メールで伝えても問題ないでしょう。 だた、簡単に済ませているという印象を与えたくない時は直接会いに行ったり電話で報告したり、直筆の手紙を送るのがオススメです。 内定の報告をするときの注意点は? 報告するときに気をつけたい点は2つあります。 あなたの就活が上手くいくように協力してくれた人は、その後の選考結果を気にしてくれているはずです。 連絡はメールでも電話でも構いませんが、電話の場合は相手に迷惑にならない時間帯にかけるようにしましょう。 その際は最低限のマナーを把握したうえで報告をするようにしてください。 今はまだ学生でも、就職先が決まったということは社会人への一歩を踏み出したということです。 今のうちからビジネスマナーを押さえておいて損はありません。 どのようにメールや電話をすればいいのかは次項で説明していきます。 内定の報告をするメールの書き方・例文 ここからは実際にどのように報告すれば良いのかを説明していきます。 まずはメールの書き方から見ていきましょう。 内定の報告やお礼をメールで伝える場合は、ひと目で内容がわかるように件名を工夫するのがポイントです。 普段たくさんメールのやり取りをしている人であれば、件名を見て返信する順番を判断していることはよくあることです。 そのため、件名を見て内容が分かりづらいと後回しにされてしまう可能性があります。 「採用試験結果のご報告と御礼 (学校名・学部名・名前)」「進路先報告」というように内容が伝わりやすい件名を書くことをおすすめします。 内定報告メール例文 次に、お世話になった人に送る内定の報告について例文つきでご紹介します。 先日はご多忙の中、就職活動のご相談について貴重なお時間とご助言をいただき、誠にありがとうございました。 まだまだ未熟ではございますが、社会人としての自覚を持ち、一日も早く一人前の仕事ができるように精進して参ります。 まだまだ半人前の私ですが、今後も何卒よろしくお願い申し上げます。 重ねて、心よりお礼申し上げます。 この度は誠にありがとうございました。 メールの最後には署名を入れ、必ず自分の名前や所属、連絡先などの情報を記しましょう。 これはビジネスマナーとしての常識ですから、社会人になる前に覚えておいて損はありません。 手紙で報告する場合は? 内定報告を手紙で伝える場合は、手書きでお礼状を書きましょう。 文章作成ツールで作成してプリントするという方法もありますが、 気持ちを込めたいのならやはり手書きがオススメです。 手紙もメール等と同様、なるべく早く送ることが望ましいでしょう。 出し忘れが防げるだけでなく、結果が出てから時間を空けずに送ることで「しっかりと感謝の気持ちを伝えられる人」と相手に印象づけることができるからです。 この度は、私の就職に際し貴重なご助言・ご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。 心から感謝申し上げます。 入社後は、社会人としての自覚を持ち、ご期待に背くことのないよう、ご指導をいただきながら一生懸命働きたいと思います。 未熟な私ですが、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。 まずは、書中にてご報告かたがたお礼申し上げます。 これらにしっかりと気を配り、時候の挨拶について調べてから書くようにしましょう。 季節の挨拶などは慣れない言い回しも多いですが、教養の1つとして覚えておくのがベストです。 そして当然、誤字脱字には気をつけましょう。 間違えてしまった場合は、修正テープなどは使わず、最初から書き直すようにしてください。 手間はかかりますが、手紙は時間がかかるからこそ気持ちが伝わるものです。 また、社会人になれば書類を書く機会も必然的に出てくるので、書類作成の練習になるでしょう。 私的な報告メールとは違う!内定報告書とは 内定報告書とは、学校に対して提出する報告書類で、その名の通り企業から内定をもらったことを報告するための書類です。 個人的に内定の報告をするものとは別で、大学にある就活課やキャリアセンターに提出します。 内定報告書の記載内容は、内定をもらった企業ではどのような面接を行ったかをはじめ、試験内容、入社を決めた動機などが求められ、就活中に準備したことや上手く行ったこと、予想とは違ったことなどを質問項目に沿って回答していきます。 学校は内定報告書を参考にして今後の就職活動支援を行っていくので、後輩やお世話になった学校のためにお礼としてしっかり提出しておきましょう。 以上、お世話になった教授や先輩へ内定の報告をする方法や例文、内定報告書についてまとめました。 マナーを理解したら、まずは確実に内定を決めましょう。 就活に自信がない人や一人での就活が不安な人は、キャリアチケットを利用してみてはいかがでしょうか? キャリアチケットとは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポートする新卒就職支援サービスです。 カウンセリングから内定まで一貫して寄り添い、ご利用者の第一印象や内面、就活状況を把握した上で様々な業界や職種から応募可能な企業を紹介する、オーダーメイドの就活支援サービスを提供しています。

次の

「教授へのメール」書き方とマナー!お礼の返信や謝罪の例文も

教授 メール ご連絡ありがとうございます

【テンプレート付き】大学生必見!硬過ぎず、失礼にもならないメールの書き方 SNSで短文を書くのは慣れているけれど、大学やバイト先などで教授や目上の人にきちんとした文章をメールで送るのって困りませんか? でも、メールはパターンさえ覚えれば、失礼なく好印象な文章が誰にでも書けるんです。 よくあるシチュエーションに合わせて、すぐに使えるメールの書き方のテンプレートを紹介します。 【目次】 1. メールの書き方で入れるべき「必要要素」 メールの書き方には基本的なルールがあります。 必ず入れるべき要素をここでは紹介します。 このポイントをおさえて書けば、大きく間違えることはグッと少なくなります。 〇〇学部 〇〇学科の田中一郎です。 メール本文の文頭は宛名を書きます。 大学の教授の場合、「〇〇様」ではなく「〇〇先生」としましょう。 教授がいろいろな大学で教鞭をとっているようなら、自分の通っている大学名をつけると分かりやすいです。 宛名の後は挨拶文です。 「いつも講義でお世話になっております」「いつもご指導いただきありがとうございます」などが無難。 もし、面識がない場合は「初めまして」が基本です。 挨拶文の後に自分の名前を名乗ります。 「〇〇学部 〇〇学科の田中一郎です」「〇〇研究室の田中一郎です」と相手が分かるように所属(学部、学科、ゼミ名)を記載します。 名前は同じ苗字の学生がいた場合、混乱する恐れがあるのでフルネームにしましょう。 jp 電話番号 080-0000-0000 本文の最後には署名を入れます。 最初に名乗っているのに、また書くの?と思うかもしれませんが、これがメールのマナー。 最後の署名は所属、フルネームのだけでなく、メールアドレスや電話番号など、相手が返信や連絡が取れる連絡先を書きます。 署名はどんなメールでも必ず入れるため、自分のメールアドレスに署名登録しておけば便利です。 その中でも遅れた場合や深夜に送ってしまった場合は言葉の配慮が大切です。 〇〇学部 〇〇学科の田中一郎です。 10月1日締切のゼミレポートですが、締切に遅れてしまい大変申し訳ございません。 ゼミレポートを提出致します。 3日ほど前から風邪を引いて体調を崩していたため、提出が遅れてしまいました。 今後はこのようなことがないよう、体調管理につとめ事前にレポートを作成するように致します。 お忙しいところ、お手数をお掛けしてしまい申し訳ございません。 ご確認、よろしくお願い致します。 〇〇学部 〇〇学科 田中一郎です。 10月1日締切のゼミレポートを提出致します。 締切日直前での提出、誠に申し訳ございません。 以後、余裕を持って提出することを心掛けます。 何卒、ご確認のほど、よろしくお願い致します。 突然のメール失礼致します。 〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科 田中一郎と申します。 つきましては、お手数ではありますがアンケートにご協力頂けると幸いです。 ご回答いただいたアンケートに関しまして、課題作成のみで利用することとし、それ以外で活用することはございません。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討のほど、何卒、よろしくお願い致します。 〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科の田中一郎です。 お忙しい中、返信いただきありがとうございます。 この度はアンケートのご協力に誠に感謝いたします。 この度はありがとうございました。 jp 電話番号 080-1234-5678 ・バイト先の面接担当者からのメールに返信する場合 バイトの面接日程をメールでやりとりするシーン。 バイト先の面接担当者からの返信に対して、返信をするテンプレートはこちら。

次の