カボス レシピ。 カボス|JAソムリエ通信|おすすめレシピ|JAグループ福岡

カボスの人気レシピ付き!大分県産カボス

カボス レシピ

鯛の基本情報 鯛の特徴 「鯛」と名のつく魚は200種以上ありますが、本当のタイ科の魚は、「真鯛」「血鯛」「黒鯛」などの数種だけです。 一般に鯛といえば、「真鯛」を指し、鯛の中では、姿・味ともに最高。 祝い事にはつきものです。 尾びれの先の縁の部分が黒くなっているのが特徴で、ほかの鯛と区別ができます。 旬は、冬から春にかけて。 特に、「桜鯛」と呼ばれる産卵前の春の鯛がいちばんおいしいとされます。 産卵後、麦の色づく6月ごろのものは、味が落ち、「麦わら鯛」と呼ばれます。 刺し身、塩焼き、潮 うしお 汁、鍋の季節なら鯛ちりに。 洋風・中華風なら、揚げもの、蒸しもの、焼きもの、煮ものなどに合います。 天然、養殖、ともに出回ります。 養殖ものは、天然ものに比べると、脂っぽく、身がやわらかくなります。 鯛の選び方ガイド 切り身の場合は、血合いの赤色が鮮やかで、白身に透明感があるものを。 古くなると、身に張りがなく、透明感もなくなります。 一尾のものを選ぶときは、目が澄んでいて、えらが鮮やかな赤色をしているものを。 また、真鯛の場合、天然ものは、尾びれの傷が少なく、色も全体に鮮やかな赤色をしています。 養殖ものは、浅い生けすにいるため、表皮が日焼けして、全体に黒っぽい体色をしています。 尾びれが茶褐色だったり、尾の上下がすり切れているものも養殖です。

次の

「かぼす」と「すだち」と「ゆず」の違い!おすすめの使い方とレシピ4選

カボス レシピ

鯛の基本情報 鯛の特徴 「鯛」と名のつく魚は200種以上ありますが、本当のタイ科の魚は、「真鯛」「血鯛」「黒鯛」などの数種だけです。 一般に鯛といえば、「真鯛」を指し、鯛の中では、姿・味ともに最高。 祝い事にはつきものです。 尾びれの先の縁の部分が黒くなっているのが特徴で、ほかの鯛と区別ができます。 旬は、冬から春にかけて。 特に、「桜鯛」と呼ばれる産卵前の春の鯛がいちばんおいしいとされます。 産卵後、麦の色づく6月ごろのものは、味が落ち、「麦わら鯛」と呼ばれます。 刺し身、塩焼き、潮 うしお 汁、鍋の季節なら鯛ちりに。 洋風・中華風なら、揚げもの、蒸しもの、焼きもの、煮ものなどに合います。 天然、養殖、ともに出回ります。 養殖ものは、天然ものに比べると、脂っぽく、身がやわらかくなります。 鯛の選び方ガイド 切り身の場合は、血合いの赤色が鮮やかで、白身に透明感があるものを。 古くなると、身に張りがなく、透明感もなくなります。 一尾のものを選ぶときは、目が澄んでいて、えらが鮮やかな赤色をしているものを。 また、真鯛の場合、天然ものは、尾びれの傷が少なく、色も全体に鮮やかな赤色をしています。 養殖ものは、浅い生けすにいるため、表皮が日焼けして、全体に黒っぽい体色をしています。 尾びれが茶褐色だったり、尾の上下がすり切れているものも養殖です。

次の

鯛のレシピ

カボス レシピ

鯛の基本情報 鯛の特徴 「鯛」と名のつく魚は200種以上ありますが、本当のタイ科の魚は、「真鯛」「血鯛」「黒鯛」などの数種だけです。 一般に鯛といえば、「真鯛」を指し、鯛の中では、姿・味ともに最高。 祝い事にはつきものです。 尾びれの先の縁の部分が黒くなっているのが特徴で、ほかの鯛と区別ができます。 旬は、冬から春にかけて。 特に、「桜鯛」と呼ばれる産卵前の春の鯛がいちばんおいしいとされます。 産卵後、麦の色づく6月ごろのものは、味が落ち、「麦わら鯛」と呼ばれます。 刺し身、塩焼き、潮 うしお 汁、鍋の季節なら鯛ちりに。 洋風・中華風なら、揚げもの、蒸しもの、焼きもの、煮ものなどに合います。 天然、養殖、ともに出回ります。 養殖ものは、天然ものに比べると、脂っぽく、身がやわらかくなります。 鯛の選び方ガイド 切り身の場合は、血合いの赤色が鮮やかで、白身に透明感があるものを。 古くなると、身に張りがなく、透明感もなくなります。 一尾のものを選ぶときは、目が澄んでいて、えらが鮮やかな赤色をしているものを。 また、真鯛の場合、天然ものは、尾びれの傷が少なく、色も全体に鮮やかな赤色をしています。 養殖ものは、浅い生けすにいるため、表皮が日焼けして、全体に黒っぽい体色をしています。 尾びれが茶褐色だったり、尾の上下がすり切れているものも養殖です。

次の