差し控え させ て いただき ます。 「させていただきます」の意味とは?敬語や用法、言い換えまとめ

ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

差し控え させ て いただき ます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

差し控え させ て いただき ます

「させていただきました」は「させてもらった」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてもらった」を丁寧語の形で敬語にすると「させてもらいました」になります。 「させてもらった」は相手の利益になるようなことを相手の許可のもとで行うことを意味する言葉です。 このため、相手の利益にならないような場面や、相手の許可を得ていないような状況で使うのは誤用にあたります。 正しい使い方なのか 「ご連絡させていただきました」は、言葉自体は正しい敬語表現です。 しかし、状況によってはやや高飛車な印象を与えてしまうこともあります。 相手から何度も連絡して欲しいと言われていた、連絡することが相手の利益になる、というような場面で「ご連絡させていただきました」を使うのは正しい使い方です。 面接を受けに来た人に対して採用の連絡をする場合などは「ご連絡させていただきました」の正しい使い方にあたります。 相手の利益にならない、または相手の許可を得ていない状態で連絡した、という場面では誤用になります。 飛び込み営業で電話をかけて「ご連絡させていただきました」などの使い方は相手に高飛車な印象を与えてしまう恐れがあります。 敬語「させていただきました」の使い方 相手のためになるわけではないことを「した」と敬語で伝える場面で「させていただきました」を使うのは誤用です。 よく誤用される言葉であるために気にする人は少ないと考えられますが、失礼な表現にあたります。 「お話ししたいことがあって訪問させていただきました」「当社の商品をお伝えしたくてこちらの資料をお持ちさせていただきました」「御社を志望させていただきました」「失礼させていただきました」などは、間違った使い方になります。 相手の許可を得ていない 相手の許可を得ていないような事柄を「した」と伝える際に、「させていただきました」を使うのは間違った敬語表現になります。 「お役に立ちそうな資料をお持ちさせていただきました」は、いつも資料を持って行っている相手なのであれば問題ありませんが、そうでない場合は相手の利益になるのだろうけれど、まだ相手の許可を得ていないと考えられるために誤用にあたります。 「突然ご連絡いたしまして恐れ入ります。 わが社の商品をご紹介させていただきます」は、利益になるのかもしれないけれど、あらかじめ紹介する許可を得ていたわけではないだろうと推測されるために誤用にあたります。 相手の利益にならない 「ホームページを見て応募させていただきました」「営業を志望させていただいております」などは、相手の許可は得ていると考えられますが、応募や志望を伝える段階で「相手の利益になる」と断定しているようなニュアンスになってしまうため、高飛車な印象を与えてしまいます。 相手の求めに応じて説明する場面などで使うのは正しい 「この商品を説明して欲しいのだけれど」などの要望を受けて説明する場面では「させていただきます」「させていただきました」を使っても問題ありません。 相手の利益になることを相手の許可のもとで行っているため、正しい使用法になります。 「志望」や「応募」であれば「利益になる」と断定することが高飛車な印象になる場合があります。 しかし、「お客が購入しようとして説明を求めている商品」は「相手の利益になる」と断定した表現をして問題ありません。 「ご説明させていただきます」「以上、商品についてご説明させていただきました」などの使い方をします。 敬語「させていただきました」の例文 「させていただきました」をよく使う場面での敬語表現を例文を交えてご紹介します。 確認させていただきました 部下の仕事の確認をした、などの場面では「確認させていただきました」を使います。 「書類を確認させていただきました。 これで問題ありません」などの使い方をします。 お客に頼まれて何かを確認した、という場面でも使います。 「確認させていただきましたが、水漏れの原因は水道管の破裂です」などの使い方をします。 上司の仕事を確認した、というような場面では使用しません。 「誤字脱字、計算ミスがないかを確認いたしました。 ありませんでした」というような形で、「いたしました」を使います。 ご連絡させていただきました 「ご連絡させていただきました」は間違った使い方をしやすい敬語です。 相手の求めに応じて、相手の利益になるような連絡をする場面で使います。 「何度もお誘い頂いたので、ご連絡させていただきました。 食事会、参加しようかと思います」「面接の件で連絡させていただきました。 お日にちは何時がよろしいでしょうか」などの使い方をします。 「させていただきました」に近い表現に「やっておいた」があります。 「やっておいた」は敬語にすると「やっておきました」「やらせていただきました」になります。 また、「させていただきました」にやや近いニュアンスで使われる表現に「余計なお世話かもしれませんが」があります。 これらの敬語表現もご紹介します。 やっておきました 「やっておきました」は「させていただきました」と同じく、相手の利益になるようなことを相手の許可のもとでやった、と伝える場面で使います。 「資料の整理をさせていただきました」は「資料の整理をやっておきました」に言い換えることができます。 余計なお世話かもしれませんが 「相手のためになるようなことを、まだ相手の許可は得ていないがやろうと思う」と、へりくだった形で伝える表現が「余計なお世話かもしれませんが」です。 「余計なお世話かもしれませんが、部屋を片付けておきました」「余計なお世話かもしれませんが、貴方がこの前家に忘れて行った傘を持って来ました」などの使い方をします。 「させていただきました」を使いこなそう! 「させていただきました」は「させてもらった」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてもらう」は「相手の利益になるようなことを、相手の許可のもとで行う」という意味です。 相手の利益にならないかもしれないことをする場面で「させていただきました」を使うと誤用になります。 また、相手の許可を得ていないような場面でも使ってはいけません。 「ご連絡させていただきました」は、その連絡が相手の利益になりかつ相手の許可を得ている場面でしか使用しません。 そうでない場面では「ご連絡いたしました」という敬語表現が適切です。 「させていただきました」と「いたしました」で迷った場合は「いたしました」を使うという手もあります。 「させていただきました」というべき場面で「いたしました」の方の敬語を使ったとしても失礼にあたることはありません。 「させていただきました」の正しい敬語表現を押さえておきましょう。

次の

間違った敬語の使い方に注意! 「~させていただきます」|ホームページ制作

差し控え させ て いただき ます

「お気遣いいただきありがとうございます」とは、「私のために気配りや配慮をしてもらいありがとうございます」という意味のある敬語表現です。 「お気遣い」は、相手が自分のことを気を配る気持ちや相手の配慮を指します。 つまり、物や形ではなく相手が自分のためを思ってくれる気持ちを示すところがポイントです。 また、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、自分の立場をへり下って伝えたいときに使います。 そのため「お気遣いいただきありがとうございます」をビジネスシーンで使うときは、上司や取引先の人など目上の人からしてもらった心遣いに感謝を示したいときに用いることが可能です。 「お気遣いいただきありがとうございます」は、目上の方にも使える敬語表現? 「お気遣いいただきありがとうございます」は 目上の人からの心遣いや配慮に感謝を伝えたいときに用います。 例えば、風邪などで会社を休むときに「無理しないようにしてください」など温かい言葉をかけてもらったときには、「お気遣いいただきありがとうございます」を用いることで、心遣いに対して感謝の気持ちを述べられます。 また、 「お気遣いいただきありがとうございます」の他の使い方としてメールや手紙などの書き言葉としても使用可能。 日頃の心遣いに感謝をしたいときやお中元やお歳暮などを受け取ったときに、相手の配慮に対して感謝の気持ちを伝えられます。 他にも「お気遣いいただきありがとうございます」は、接待やお誘いに感謝の気持ちを示したいときにも使えますよ。 「痛み入ります」は「恐縮です・恐れ入ります」と同じような意味を持つので「お気遣い痛み入ります」は「心遣いや気遣いに身が縮む思いです」という意味になります。 「お気遣いいただきありがとうございます」の類語で、「お気遣いいただきありがとうございます」と同様に目上の人から受けた心遣いに対して感謝の気持ちを伝えたいときに活用します。 しかしながら、「お気遣いいただきありがとうございます」のように日常会話で使うことは少ないです。 ビジネスシーンでは接待などのお誘いを受けたときにお礼や感謝を伝える書き言葉として使うのが一般的です。 「お気遣い痛み入ります」の使い方• Thanks for your concern. (お気遣いありがとうございます)• Thank you for your thoughtfulness. (お気遣いいただきありがとうございます)• I am very much obliged to you(恐縮です)• I appreciate your thoughtfulness. (お気遣い痛み入ります)• Thank you for being so considerate. (ご高配ありがとうございます)• I am sorry for troubling you when you are busy. (お忙しいところ恐れ入ります).

次の