回復術士のやり直し小説。 回復術士のやり直しは盗作疑惑があるのになぜ後ろ楯が多いのでしょ...

回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~(角川スニーカー文庫)

回復術士のやり直し小説

概要 『』に掲載されていた小説の1つ。 残酷描写や異常性癖の描写が多い作品で、作者自らも「好きな娘に酷い事をさせられない」と謝罪文を載せた程(後に第四章で登場する)。 書籍はから発売されている。 コミカライズはヤングエースUPで掲載中。 2019年には、アニメ化企画が発表された。 諸事情により(アカウントの維持のために)、なろう掲載版は一時削除された。 あらすじ 勇者の1人である主人公ケヤルは自身の得た力「回復」を他の勇者達に酷使される奴隷のような日々を送っていた。 しかし、魔王との決戦中に理性を取り戻したケヤルはそんな日々を送らないために、自身の力で星そのものの時を回復させて勇者達と出会う前に戻るのだった。 だが、いずれ同じ時が来ると知っていたケヤルはこきつかった勇者達に復讐を目論むのだった。 登場人物 ケアル一行• ケヤル 本作の主人公で【癒】の勇者。 奴隷のように使ってきた他の勇者と裏の顔を持つジオラル王国に復讐するために時間を回復 =巻き戻し させ、復讐の旅に出る。 自身のステータスを操ったり、、相手に触れる事で相手のステータスを変化させたり、相手の記憶を消す 本人曰く「記憶の扉の鍵をなくさせる」 といったまさに即死という名に相応しいチート能力を持つ。 web版では名はケアルであるが、小説版/漫画版ではケヤルと変更されている。 元ネタが故の配慮といえる。 フレア・アールグランデ・ジオラル 【術】の勇者であり、ジオラル王国第一王女。 時間が巻き戻る前のパーティのリーダー格。 表向きは世界を守るために戦うカリスマ的な勇者だが、裏の顔は自分及び王国の為に、他の国の英雄を見殺しをし、ケアルと亜人を奴隷に扱う等、とは思えない非道な行為をしていた ジオラル王国の大半は、裏社会的な事態である。 時間を回復させたケアルに拉致された上、記憶を消されてしまい、ケヤルガの従者 と言う名の奴隷 と吹き込まれ、ややな性格になった。 時折王国をかく乱するためにケヤルガが演技と言う口実で、一時的にフレア姫に戻っている。 奴隷屋で売られていた亜人の少女。 人間に深い憎しみを持つ。 天才的な戦闘能力を持つが、上限レベルが低いために廃棄寸前になりかけたが、レベルの上限を上げられるケヤルガに買われた。 ケヤルガに一生自分の奴隷になる代わりにセツナの故郷を救うと提案され、パーティに加わった。 氷の爪を作って戦うのが得意。 ケヤルが心から信用する数少ない仲間である。 前の世界で戦った魔王似の少女。 合計素質値が600の高い能力を持っているが、その正体は神鳥を崇める村にある名家の娘で次期魔王候補。 護衛が全滅してしまったところをケヤルガ達を成り行きで雇うことになった。 ノルン・アールグランデ・ジオラル フレアの妹でジオラル王国第二王女。 姉同様の性格だが、意外に努力家でもある。 牢獄されているはずのケアルの脱走し、彼に殺されたハズの姉が生きていて連れ去られたので、軍を引いて追跡していた。 幼い少女でありながら軍師の素質を持つ。 姉との関係性は最悪だが、本当は姉の事が大好きで、いつも姉に嫌がらせをしていたが、それが原因なのか、すれ違いの日々を送っていた 軍略と政治力を身に付けたのは姉に認めたかったとケヤルガが推測している。 人間と魔族が共存する町「ブラニッカ」でケヤルをあぶりだすために戦争を起こしていたが、そのケアルに拉致されて姉同様記憶を消された。 ケヤルガは新たなる記憶として、彼の生き別れの妹 しかも 実の兄に恋愛感情を持つ の記憶を植え付けられた。 記憶を消されたので、フレイアとノルンはお互い姉妹だという事は忘れている。 関連タグ 外部リンク - (掲載停止) 小説版絵師 関連記事 親記事.

次の

回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~(角川スニーカー文庫)

回復術士のやり直し小説

盗作疑惑 この一言が答えになります。 盗作は、本当にそれが盗作なら、盗作を主張した人は簡単に証拠を明示できるものです。 盗作の証拠が出せないのなら、それは盗作ではありません。 #イラストなどは判断が難しいことがありますが、小説は判定が単純です。 Wikiからの抜粋ですが。 『盗作とは他人の作品の一部(または全部)を、そのままで、自分の作品として(自分が作者であるかのように装って)、無断で使ってしまう(つまり、作品の本当の作者に対して、しっかりと連絡を取り、使用させてもらえないかと相談・交渉したうえで相応の対価を払って使わせてもらう契約を結んだり、あるいは相談・交渉の結果 作者の厚意(や特殊な事情など)によって(無料やほぼ無料で)使用しても良いとの明確な許可を得たりする、などといったこともなく、あたかも自分のもののように使ってしまう)行為である』 なので、大前提として「この部分が、こちらの作品のこのページのここからここまでの文章をそのまま人名だけ変えて使っている」のように言えないなら、それは盗作ではありません。 黒か白かで、疑惑という状態が発生する余地が殆どないのです。 例外もあります。 上記証拠が示された上で、盗作された作者が無言を貫いた場合は、盗作は現時点では親告罪ですので起訴されません。 その場合なら、盗作したようにしか見えないけど、作者間で許可取ってる可能性もあるよね、という状態になります。 ただし、繰り返しますが証拠の提示が大前提です。 証拠がないなら、盗作ではありません。 普通の犯罪なら証拠隠滅の恐れもありますが、出版された本が証拠品です。 盗作に限っては証拠隠滅は難しいです(できるとしたら、盗作された側の作者の口封じ?)。 ではなぜ盗作疑惑という表現があるのか。 これは単純です。 作者をいじめるためです。 やってることはいじめ行為そのものです。 証拠もなく盗作と断定すれば、それは作者を犯罪者扱いしていますので、間違いなく相手に訴えられてします。 なので、盗作かもしれないよ、と言葉を濁しているのです。 それが盗作疑惑とかパクリとかいう表現の正体です。 盗作疑惑と騒いだ場合でも、作者側は訴えることが可能ですが、よくあることなので、無視する作家が多いようです。 自分を相手にしないだろう立場の人間を誹謗中傷する。 殴り返してこない生徒といじめるのと同じ心理ですね。 ちなみに、証拠が十分であるかは司法が判断します。 当然ですけど。 窓の外を見ると雨がやんでいた。 程度では盗作とは言えませんので。。。

次の

第九話:回復術士は我慢をやめる

回復術士のやり直し小説

回復術士は一人では戦えない。 そんなに縛られ他人に利用され続けた。 彼はある日、回復《》の先にあるものに気付き、回復術士はに至るだと確信する。 しかしその可性に気付いたころにはすべてを奪われていた。 彼はそのものを回復《》して四年前に戻り、やり直すことを決める。 これは、一人の回復術士が前世の知識と回復《》でとなり、すべてを掴む譚。 はより「」にて連載中の作品。 は「即死との越」。 書籍版はしんぶ氏がを担当しからより刊行されている。 単行本は段階で累計万部に達している。 羽賀がを担当したはよりUPにて連載開始。 にが発表された。 発表が行われた後に(代わりにで試しが出来る)。 に放映開始予定。 時期は。 主な登場人物 ケヤルガ(:保住有哉)。 最初の名前はケヤル。 回復のだが、においてのような扱いを受ける。 「」のによってに戻り、回復から生したを使いこなしてのためにことになる。 その過程で容姿を変え、名前もケヤルガと名乗ることになる。 なお、なろう版では名前が異なり「」「ガ」となっている。 (:) ジオラル王第一にして術の。 最初の名前は。 そうな印とは裏に、なである。 ケヤルにひどい扱いをしたため彼からの対とされる。 時に記憶と容姿をざんされ、ケヤルガの従者兼、となる。 (:) 亜人の一種である氷族の。 的なを持つが、上限があまりにも低いことからとしてはにぶつかっていた。 に捕らえられ、として売られていたところをケヤルガに買われた。 彼のでし、やがてはに匹敵するを得ることになる。 (:)。 最初はある形でケヤルたちの前に現れ、に戻ったケヤルガと別の形で出会うことになる。 ノルン(:) ジオラル王第二にして、軍師。 クレハ(:) の名門、の当を務める士。 (:) ケヤルガが育てた。。 の麗人。 を慕い、たちを性的に食うのが大好きな。 男には非常に的で、ケヤルの対の一人。 ゴツい外見の男で、の。 ケヤルを性的はけ口とし、彼の対の一人となる。 盗作疑惑 のをるうえで避けては通れないのが疑惑である。 彼は執筆した作品の大半がを摘されている 常習犯であり(や設定の類似だけでなく、言い回しや決め、あとがきに至るまでする文が多数見つかっている)、この作品も同じく「」内で執筆されもされた木塚氏による『二度のはのを嗤い歩む』からのが著しいという摘が絶えない。 自体もコユ氏の『』のとみられている。 の態度を見る限りそういった問題に対してはもう開き直っている、というより売りにしているような印さえ受ける。 なお、以外にもにの描写について強いを受けている。 コメント禁止措置 なろうの感想欄での否定的・な書き込みはによりこまめに消されている。 やでもが禁止されており、内におけるについても(あくまで侵という名ではあるが)高でされるなど、この作品に対する感想は的にはなもの以外を許されない状態である。 関連動画 関連静画 関連商品 小説 漫画 関連リンク• 関連項目• 問題作•

次の