不妊治療 ダウン症 ブログ。 松浦亜弥がダウン症告白(公表)?指が短いのも病気が理由?子宮内膜症との関係性は?

ダウン症児育児 人気ブログランキング

不妊治療 ダウン症 ブログ

出典: 2010年代以降の松浦亜弥さん。 出典: 2010年代以降の松浦亜弥さん。 松浦亜弥さんの顔の特徴から「ダウン症ではないか……?」という憶測がたてられました……。 どんな理由で松浦亜弥さんがダウン症ではないかと言われたのか気になります。 ネットでは つり上がった眼、幅広く扁平な鼻、 などからなる特有の顔をしてる。 体重の増減もないし顔のこの変化。 軽度のダウン症だと推測される。 引用: また松浦亜弥さんは凄く軽いダウン症で障がい者の申請を兵庫県か東京都でしている噂もあるようです。 私は別に松浦亜弥さんが目が凄く吊り上がっているとかは感じないのですが… しかしこれは個人差があるでしょうし、ダウン症でなくでもこのような特徴に 当てはまる方はたくさんいます。 またダウン症は先天性の疾患です。 ダウン症は正式名称を「ダウン症候群」といいます。 正常の人の染色体は1番目から22番目まではペアになっていますが、ダウン症は21番目の染色体が1本多く3本あるために起こる 生まれつきの疾患です。 引用: なので年がたってからダウン症になるというのはありえないのです。 歌手の松浦亜弥(25 )が 30 日、 子宮内膜症に罹患 していると公式サイトおよびブログで報告した。 4 年ほど前より腹痛による体調不良を起こすことが度々あり、医師に相談したところ子宮 内膜症と診断されたという。 引用: 松浦亜弥さんは自身のブログで子宮内膜症と診断されたことを公表されていました。 この病気の影響で歌手活動を続けていくことが厳しくなり、コンサートなどの 頻度も少なくなったようです。 この病気の症状は体の痛みが主なものらしいのですが、 不妊症にもなってしまうようです。 子宮内膜症は女性ホルモンの影響で月経周期に合わせて増殖し、月経時の血液が排出されずにプールされたり、周囲の組織と癒着をおこしてさまざまな痛みをもたらしたりします。 また、不妊症の原因にもなります。 引用: この不振症というのは、なってしまうと ダウン症の子供ができやすくなる と言われていますが、不妊症とダウン症の関連性はないようです。 ダウン症児の出生は一部の遺伝的な要素を除き、偶発的に起こるものです。 不妊治療での出産だからといって、ダウン症児が誕生する確率が高くなるというものではありません。 引用: 直接的な関係はないようですが、高齢になるにつれてダウン症の子供が生まれ やすくなります。 出典元: そして高齢の方は不振症の治療をされているからそこから連想されたのでしょ う。 高齢出産によるダウン症の子供が生まれる確率は上がることが知 られています。 そして、加齢によっても妊娠はしづらくなりますから、高齢出産される方は不 妊治療をされている方も多いです。 引用: しかし、この説だとでダウン症になるのは子供のほうです。 ネット上では松浦亜弥さんの子供がダウン症だと噂があります。 松浦亜弥さんが子宮内膜症の病気になってしまった事で松浦亜弥さんの子供がダウン症だと噂が立ったようです。 子宮内膜症になってしまうと不妊症になってしまい、結果として高齢出産となり子供がダウン症となってしまう確率が高くなってしまうというものでした。 しかし松浦亜弥さんが出産したのは28歳の時です。 出産をする年齢が高くなってしまうとダウン症のお子さんを産む確率が高くなるようですが、松浦亜弥さんは28歳の時に出産されていますので、高齢出産ではないので、ガセネタの可能性が高いです。 ちなみに30歳の年齢で出産された時のダウン症の子供が生まれるリスクは約0. ですので松浦亜弥さんの子供がダウン症というのは デマの可能性が高いですね。 また出産をしたことにより子宮内膜症の改善にも繋がるようです。 2人の喜びが大きいのは、妊娠はもちろん、松浦が07年から患 っている子宮内膜症の改善につながる可能性も高まるからだ。 引用: 体調はよくなっていそうですが、今度は子育てが忙しそうですね。 病気が治ったとしても松浦亜弥さんの歌手活動復帰は難しいのかもしれません。

次の

ダウン症の疑い100%とでました。

不妊治療 ダウン症 ブログ

2015年現在45歳の方のブログです。 「40代で初産を目指す」とタイトルにあるように、3年半の不妊治療を経て妊娠され、現在45歳、40代後半に入っての初産マタニティライフを送られています。 不妊治療では二度の流産を経験され、着床前診断のために転院、そして妊娠されました。 高齢出産をしたいと願う40代ならではの妊活/初産マタニティライフでの悩みもあり、同じ境遇の方は一読の価値があるかと思います。 ブログ筆者は高齢出産をするためにタイミング療法から治療を開始しましたが、うまくいかず、次に挑戦した人工授精も失敗という結果に終わってしまったようです。 不妊専門クリニックに通院しはじめて、私たち夫婦の不妊原因が分かってきました。 私の片側卵管閉塞。 夫の精子無力症。 そして、年齢。 タイミング療法と人工授精を2回試みましたが、ダメでした。 そんな筆者は40代という年齢を考慮して、体外受精へのステップアップを考えていました。 高齢出産は時間との勝負と言われることがあります。 ただ、体外授精は人工的な要素が強い不妊治療なので、その時の心境も書かれています。 夫はもう少し人工授精で頑張ってみようといいました。 けれど、私は違いました。 抵抗はあるものの、体外受精にステップアップした方がいいのかも…と思っていました。 いきなり体外受精となると、かなり抵抗がありました。 担当医からは人工授精をすすめられ、2回。 その頃、病院で月に1度行われている「体外受精セミナー」に参加するよう勧められたのです。 とりあえず準備のために参加してみようよと、夫にお願いしました。 まだ早いんじゃない?と、渋る夫を説得し、セミナーの申込をしました。 40代という年齢で妊娠したいと望む場合、早い段階で体外授精を勧められることが多いそうです。 特に体外授精について詳しくまとめられていて、精子の採取の仕方・概要など参考になることが多いかもしれません。 45歳を前にした着床前診断の結果で、染色体の異常が発見された、筆者ですが戸惑いながらも高齢出産をする決心をします。 ダウン症は21番染色体が1本多い。 染色体23対の中では大きい番号と言える。 だからこそダウン症は産まれてくる確率が高いとも言われている。 用紙に書かれた文字を見ながら、頭がクラクラし始めた。 なんだか、急に怖くなってきた。 院長先生は正常卵の可能性も十分にあるとおっしゃったけれど、大丈夫なんだろうか。 本当にこの卵ちゃんを移植してもいいのかな? 限りなくグレーな結果を前にどうしていいか分からなくなる。 高齢出産ということもあり、帝王切開での出産になるそうです。 45歳という年齢になると自然分娩は難しいと言われています。 高齢出産をするときは帝王切開について知っておく必要があるかもしれません。 出血は鮮血ではなく、ちょっと茶オリみたいな感じ。 出血しては止って、また出血してはまた止る。 繰り返してばかりだけど、ここまでやってきた。 トイレに入るのは怖いけれど、繰り返して不安でも、このまま35週まで持ってほしいな。 40代での不妊治療に関する内容や、効果があった不妊治療の紹介などもあります。 不妊治療は20代からされていたようで、30代、40代に移っていく上での、不妊治療や妊活、そして、妊娠したいという気持ち変化も詳しく書かれています。 はじめのころは、30代から不妊治療をはじめれば、40歳までには出産していると信じていました。 今は30代だから大丈夫とか、逆に高齢だからきびしいとか、年齢でかんがえることも無くなりました。 わたしのばあいは30代の後半から治療をはじめて、原因不明だったのですが。 タイミングも人工授精もせずに体外受精からはじめました。 年齢が30代後半という年齢だったことも理由の1つですし、ほかの人のブログを読んでいて、結果がでずに時間だけがたっていくこともあることがわかったからです。 このブログの筆者は高齢出産をするためにサジージュースやサプリ、ホットヨガ、筋トレなど、さまざまなことに取り組んでいたようです。 高齢でも妊娠したいという方に参考になるような情報が多くあります。 40代の高齢出産をするには不妊治療に加えて、妊娠しやすい体づくりも大切なのかもしれません。 サジージュースと妊娠について思うことを書きます。 わたしはサジージュースも妊娠にいいのではないかと思い、数年ほど、定期購入で飲んでいました。 妊娠はいちおうはしましたが、7W4Dでダメになってしまいました。 移植2回目、凍結で胚盤胞での移植は1回目でした。 このときは治療をはじめたばかりで、まだ38歳のころでした。 ブログ筆者は41歳で妊娠、42歳で出産という高齢出産で、不安もあったと言います。 ただ、赤ちゃんが生まれたことを想像して、母親になる準備をしているのが読み取れます。 妊娠したいという思いに年齢は関係ないのかもしれません。 わたしは、どんな親になっていくのかなぁ?。 親になると今回みたいな、他の子との成長とかの比較をしてしまうんだろうなぁ。 ぼんやりと、母を受け入れるような気持ちがわいてきました。 不妊治療の末、40代で妊娠・初産での出産ができた内容が書かれています。 不妊治療としてはタイミングから顕微授精など様々な経験をされてきたようです。 40代の方は、最後に出来る事として、有機野菜を3ヵ月後に決めている最後の顕微授精(ICSI)に向けて、1ヶ月程前から食べ始めていました。 ブログ筆者は体験談を回想録のように書かれていて、「同じように40代で高齢出産をしたいと考えている方の妊活の参考になれば」という気持ちが込められています。 不妊治療専門のクリニックを卒業してから、産院に行くまでの間に出血したり、お腹が痛くなったりしていて、ついに出血の量が増えたので今日は朝一で産院へ初めて行ってみる事にしました。 朝起きた時から生理の時位の出血があってお腹が痛いです。 ブログ筆者のパートナーは重度の男性不妊だったようで、不妊症が女性だけの問題だけでないことを示してします。 パートナーも不妊症を自分の問題として考えなければ高齢出産をすることはできません。 ブログ筆者は男性不妊だと判明した夫を気遣っています。 精子検査を2度、10日間を置いてしてみて、2度とも悪い結果が出たので夫は、重度の男性不妊(乏精子症・精子無力症・精子奇形症)と確定しました。 夫はどんなにがっくり来てしまうかしらと、とても心配でした。 精子検査を2度、10日間を置いてしてみて、2度とも悪い結果が出たので夫は、重度の男性不妊(乏精子症・精子無力症・精子奇形症)と確定しました。 そして、精液検査での結果が悪かった事から、次の検査として、診察や、超音波検査でも調べてみて、精子を造る機能自体が元々半分の大きさしかないという事も分かりました。 ブログ筆者は最終的に40歳という年齢で出産することに成功します。 過去の流産の経験から悩むことも多かったそうですが、妊娠したいという気持ちを持ち、前向きに高齢出産に向かっていく姿が読み取れます。 不全流産をしたすぐ次の周期での自然妊娠で不安ですが、前回は無事に心拍動を確認して、今のところ順調です。 今日は、生理周期58日、妊娠8週、8W1Dで、1週間ぶりに診察していただいて、今日も順調だったら、不妊治療専門のクリニックを卒業して、予め決めておいた助産院へ転院する予定です。 お玄関で靴を脱いで、スリッパに履き替える点も落ち着いていいです。 待合室に生花が活けてあったのも気持ちを和ませてくれました。 40代までは気ままにご夫婦で暮らしていたようですが、妊娠したいと思い婦人科へ行かれたところから不妊治療&妊活生活が始まったようです。 45歳という年齢でも高齢出産ができると自信にしていきましょう。 40歳になったとき、それまでは一人で人生を楽しんできたけれど、やっぱり自分の子供を産んで自分の手で育てたいと思い、そのためにはまず結婚をと考えて今で言う「婚活」を始めました。 42歳で今の夫に出会うことができ、43歳の誕生日に結婚。 お互い初婚でしたが、51歳と43歳という年齢では残念ながらすぐに赤ちゃんは授かりませんでした。 ブログには、不妊治療の過程やその後の高齢出産の様子までも細かく書かれています。 4回目の採卵でした。 治療台でいざというとき、息を吐こうと思ったら先生が 「大きく息を吸って」 と言われたので、タイミングが合わず、吐いてから吸っていたらちょっと息が合いませんでした。 待ちに待った判定です。 でも、今日もダメでした。 うまく行かないのはわたしのせいなんでしょうか。 どちらのせいにしろそんな事より、どうやったらうまく行くのでしょうか。 内診も行ったけど、子宮の位置とか入り口の幅とか、その他も問題なしとの診断。 重さ推定で466gまで育ったそうです。 着々と、って感じですね。 妊娠したとはいえ45歳という年齢だったため、「4割の方は流産する」と告げられ、そこから出産までは不安な気持ちもあったようです。 「45歳という年齢ですから、4割のかたが流産されているのが現実です。 まだまだ安心しないで、この先は長いですよ」 4割が流産、6割しかこの赤ちゃんに会うことができない。 3人に1人はこの先もっとつらい目に遭うんだ。 無事45歳という年齢での高齢出産を成功し、もうすぐ50歳を迎えるようですが、子育てについても書かれていて、40代での高齢出産を考えている方には参考になりそうです。 年齢を感じさせない育児方法にも注目です。 ウンチは、昨日回数が減ったと思っていたのに、きょうの午後はまた飲んだ直後以外に寝ながらしたみたいなので、止めていた薬をもう一度飲ませてみました。 なかなかすっきりとは治らないのでしょうか。 元気に遊んでいるし、機嫌もいいので心配はしていませんが。 このブログ筆者も働きづめの毎日で婚期が遅れていまい、40代での高齢出産になったそうです。 妊娠したいと思った時に、年齢が障害になってしまうことがあるようです。 創業以来初めて、やむなく早期退職者を募る・・・という緊急事態になった。 経営幹部の端くれとして、経営再建のための様々な対策に奔走し、毎日深夜まで働き詰めだった。 こんだけの時間を費やして、一生懸命仕事してるのは、会社を良くしたいからなんですけど。 毎日毎日、夜遅くまで仕事して、お客さんや仕事仲間と飲んで、仕事の話をして、深夜に帰宅して、家では寝るだけ人生。 休日も残務処理に会社に出かける仕事まみれの人生。 ブログ筆者は42歳10ヶ月目という年齢で高齢出産をされました。 40代での初産に向けた不妊治療については、最初に医師から言われた衝撃な言葉を細かく記しています。 ブログ筆者の妊娠したいという強い思いが伝わってきます。 まだ私たちは血液検査など、不妊原因を突きとめるための検査すらしていない状態だったのに。 いきなり「自然妊娠は宝くじに当たるようなもの」と言われ、本当にショックだった。 「個人差はないのでしょうか?」と引き続き疑問を投げかけた。 「ありませんね。 40歳以上の女性は卵子が1年ごとに、どんどん劣化します。 個人差はありません」 40代での不妊治療&高齢出産がいかに難しいかについても詳細に書かれていますが、その後無事、高齢出産をされたようです。 また、40代ならではの妊娠中の体調不調など、その時の心情とともに細かく書かれていて、参考になりそうです。 明日の帝王切開の手術前、最後のエコーで赤ちゃんの位置を確認するらしいが、このままいけば、明日、赤ちゃんがうまれる。 38週と2日。 どんな顔をして出てくるのか。 赤ちゃんは身体をきれいにしてもらい、再び、私の顔の横にやってきた。 目は閉じたまま、初めての外界のまぶしさに戸惑うような顔つきで・・・。 そして、泣き声をあげた。 私「あー赤ちゃん。 良かった。 おちんちんありますね-。 あーありがとうございます。 」 看護師さん「良かったですねー。 元気ですよー。 不妊治療や妊活の内容が具体的に記されていて、同じ治療を受けて、妊娠したいという方は参考になるかと思います。 初めて採卵して分割中を戻しただけで胚盤胞を戻したとき結果を見たほうがいいかもしれない。 そうすると、次の移植で陽性反応が出れば、次ダメだとしても 胚盤胞まで育てた胚を戻していくようにすればいいことになる。 このブログ筆者は流産を経験していて、当時の心境などにも触れています。 採卵や移植ならしょうがないといくらでも待つけど流産後の診察でさっさと帰りたかったからさすがにイライラも最高潮! 心が狭く、深く反省しています。 次の通院までの2か月の間に心を広くしておきます・・ またブログでは不妊治療だけではなく、40代の筆者の日々のできごとなどについても述べられています。 高齢出産を望みながらも日常生活を楽しむことはストレスを解消するという面で良いことだと言われています。 先日は大田区池上にある池上本門寺に行きました。 初めて行ったのですが、敷地は広く建物も大きいんですね。 よく見たら日蓮宗の大本山だから当たり前でした。 お天気が良かったので参道から富士山が見えましたよー ずいぶん行けてなかったダンナ君のほうのお墓まいりに。。 京都各所にあるんです。 レンタカーで巡りました。 今回のお泊りは福知山にしました。 安いし、実は福知山のある有名なお店に行きたくて。。 参照:.

次の

ダウン症の疑い100%とでました。

不妊治療 ダウン症 ブログ

ダウン症の発症原因について ダウン症の予防をするためには、まずダウン症の発症原因を知っておく必要があります。 肝心のダウン症の発症原因ですが、 ダウン症は染色体(遺伝子)の異常によって引き起こされるということが知られています。 もっと詳しく言うと、21番目の染色体に異常が起こり3本(通常は2本)になることでダウン症が発症します(下の画像がダウン症の人の遺伝子です) 人間は染色体をコピー複製して細胞を増殖させていきますが、 染色体に異常がある細胞がコピーされると身体中に異常な細胞が増殖してしまいます。 妊娠初期には胎児の脳などが作られるのですが、 妊娠初期に染色体に異常が発生してしまうと脳が異常な細胞で作られてしまうことになります。 このような状態になると、胎児はダウン症を発症してしまい、心疾患、極端な低筋力、肥満、低身長、知能の低下などの症状を引き起こしてしまいます。 つまり、ダウン症の発生原因を一言で言えば「 妊娠初期の染色体の複製ミス」ということになります。 ダウン症の発症確率について ダウン症の発生確率は女性の年齢によって異なります。 下の表が母親の年齢とダウン症・染色体異常の確率をまとめたものです。 女性の年齢が高くなるほど、赤ちゃんがダウン症・染色体異常を引き起こす確率が高くなるということが分かります。 近年は女性の晩婚化が進んで高齢出産が増えていることから、ダウン症で生まれてくる胎児の数が過去15年間で約2倍に増えています。 また、表の確率はあくまで統計データであり、 喫煙経験や不規則な生活習慣や栄養不足などによって発症確率は上昇するので個人差があります。 つまり、20代だからといって安心はできないということですね。 何も対策をしなかったばかりに、赤ちゃんの健康が損なわれてしまったとしたら、一生後悔することになってしまいます。 ダウン症の予防対策はそれほどお金のかかるものではないので、赤ちゃんの健康のためにも必ず対策をするようにしましょう!(発症リスクの高い30代以上の女性は特に対策が必要です) ダウン症の予防方法について ダウン症の予防方法は大きく分けて2つあります。 その2つとは「 新型出生前診断」と「 葉酸の摂取」です。 「新型出生前診断」には倫理的な問題もあるので行うかどうかは個人の判断にまかせますが 「葉酸の摂取」は必須です。 ここからはこの2つのダウン症の予防方法について紹介していきます。 「新型出生前診断」について ダウン症の予防対策の1つが、 新型出生前診断(正式名称:無侵襲的出生前遺伝学的検査)を受けるという方法です。 この診断は2012年から開始されており、 妊婦から血液を採取して血液中の遺伝子を解析することで、胎児の染色体の異常の有無を調べるという方法で行われます。 つまり、赤ちゃんが生まれる前に染色体の異常の有無を調べるということですね。 ただ、この診断の結果、赤ちゃんには染色体の異常がある可能性が高いとなった時に、どうするのかという問題があります。 せっかく授かった赤ちゃんを、妊娠中絶して堕ろすのかどうかということですね・・・。 この選択は倫理的な問題もあるし、夫婦の今後の人生を大きく左右する選択だと思うので、個人的な意見を書くことは控えます。 とにかく、ダウン症の予防対策としては「新型出生前診断」があり、 出産前に赤ちゃんの染色体異常の有無を知ることができるということですね。 理想を言えば、そもそも赤ちゃんに染色体異常が起こらないというのが1番です。 その理想に近づくための方法として最も効果のある方法が「葉酸を十分に摂取すること」です。 「葉酸の摂取」について ダウン症の予防対策の1つで 最も有効な予防方法が「葉酸を十分に摂取する」方法です。 葉酸は染色体のコピー複製に必要な栄養素であり、葉酸が不足すると染色体コピーに失敗する確率が高くなり、胎児の染色体異常リスクが上昇します。 簡単に言ってしまえば「 葉酸が不足すると遺伝子のコピーに失敗するリスクが高まる」ということですね。 過去に、海外7カ国(アメリカやイギリスなど)が合同で行った臨床実験の結果、 葉酸の十分な摂取によって70%もダウン症のリスクが軽減されるという結果が明らかにされており、研究結果からも葉酸の高い効果が分かります。 つまり、 妊活中の女性にとって葉酸の十分な摂取は絶対に必要なことであるということですね! 葉酸の摂取方法について では「葉酸を十分に摂取するためには具体的にどのようにすればよいのか?」ということについて紹介していきます。 いきなりですが結論から言えば、葉酸を十分に摂取するためには「 葉酸サプリメントを摂取することが絶対に必要」になってきます。 その理由は、 食事だけでは十分な葉酸を摂取することができないからです。 妊娠初期に必要な葉酸は1日あたり400ugとされていますが、この量の葉酸を食べ物でとろうとすると、毎日ほうれん草を1kg食べることが必要になります。 ほうれん草は葉酸をたくさん含む食べ物ですが、それでも毎日1kgもの量を食べることが必要になるのです。 このことからも、葉酸をサプリメントで取る必要性がわかってもらえると思います。 葉酸サプリはいつから飲めばよいか? 上にも書きましたが、 ダウン症の発症を決定づけるのは「妊娠初期の染色体の複製ミス」です。 ということで、葉酸が必要になる時期は妊娠初期ということですね。 もちろん、人体にとって葉酸は常に必要な栄養素ではありますが、妊娠初期は特に葉酸が必要です。 ここで問題となるのが「 葉酸サプリをいつから飲めばよいのか?」ということです。 実は、妊娠に気がついてから葉酸サプリを飲み始めても手遅れになってしまうケースがあるからです。 葉酸サプリは妊娠前から飲む必要がある! 「葉酸サプリをいつから飲めばよいのか?」という問題に対しての答えは「 妊活中であれば今すぐ葉酸サプリを飲み始めるべき」です。 ここからはその理由を解説していきます。 染色体が初めて複製されるのは受精後のことで、受精直後から染色体の複製が始まります。 つまり、 妊娠前(着床前)から赤ちゃんの染色体の複製が始まるということですね。 妊娠に気がつくのは妊娠してしばらくしてからのことですし、 妊娠に気がついてから葉酸を摂取しても、すでに染色体の複製は始まっており手遅れになる場合があります。 なので、 葉酸サプリは妊娠よりも前から飲む必要があり、妊活中の女性は常に葉酸サプリを摂取することが必要とされています。 オススメの葉酸サプリについて 葉酸サプリにはいろいろなものがあるので、 どの葉酸サプリを選べばよいのか分からないという人も多いと思います。 どの葉酸サプリを選べば良いのか分からないという方には、わたしも利用していた「 ベルタ葉酸サプリ」をオススメします。 その理由はベルタ葉酸サプリが「 妊活に特化した葉酸サプリで、葉酸以外にも妊活に必要な栄養素が十分に含まれている」ことと「 高品質で低価格(1ヶ月4,000円程度)」であるからです。 ベルタ葉酸サプリについての詳しい紹介は別の記事で行っていますので、興味のある方はそちらの記事を読んでいただければ嬉しく思います。 ですが、 妊活中であるならば女性は絶対に葉酸サプリの摂取を行うようにしましょう! ベルタ葉酸サプリであれば、1ヶ月4,000円程度の出費で赤ちゃんのダウン症発・染色体異常の発症確率を大幅に低下させることができます。 サプリメントにお金を使いたくはないという人もいますが、サプリメントが必要な時期は限定されていますし、 健康な赤ちゃんを産むための妊活にはお金がかかるものと割りきるべきです。 赤ちゃんの健康を守り、後悔しない妊活を行うためにも、妊活女性は早急に葉酸サプリを摂取する習慣をつけるようにしましょう! 以上、ダウン症の予防方法まとめでした。

次の