逆seo対策 方法。 ミラーサイトは削除できる?対策や対処方法はあるのか? | Reputation Guard

逆SEOとは?ネガティブサイトの検索順位を下げる手法について

逆seo対策 方法

SEOは本来自分のウェブサイトの価値を高めるための施策となりますが、逆SEOでは自分のウェブサイトにとって不利となる情報を掲載しているウェブサイトの価値を下げることが狙いのSEOとなります。 つまり、特定の検索ワードで、誹謗中傷サイトの順位を落とすサービスです。 逆SEOのメリットは自分のウェブサイトや企業のウェブサイトを誹謗中傷から守る事ができるということです。 検索した時に上位に表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることで、相対的に自サイトの価値を向上することができます。 残念ながら、誹謗中傷・風評被害的な情報が掲載された場合、また今は何もないが、そのようなことにならないように、今のうちから防止策を打ちたいという方は、オーパスプランにご相談下さい。 Webマーケティング観点から、貴社にとって真に有益な逆SEO対策を提供します。 ホワイトな手法として、例えば「会社名」で検索したときに、「グループ会社」のサイトが大量に表示されて、誹謗中傷サイトの検索順位を落とすというやり方がこれに当てはまります。 この方法は、コンプライアンス上問題のない手法であるため、一件問題がないように思えますが、実は、この手法は、サイト戦略が明確でないと成功する確率は極端に下がります。 誹謗中傷サイトは、掲示板の場合、ドメイン自体が強く、さらには書き込み者が多数いるため、総単語数が増えます。 記事としても読み応えがあるからこそ、上位にでているのであって、そのサイトを落とすということは、単に外部から被リンクを沢山張った程度では、順位をおとすことは難しくなってきています。 やはり、サイト自体に読み応えがあるものを10個程度用意して、誹謗中傷サイトを2ページ目以降に追いやる必要があり、公式サイト並みのドメインパワーをもつサイトを10個用意するには相当の負荷がかかるのと、また、多様性をもとめる検索結果に対してそのような働きかけが有効に効果を発揮できるかは、難しいケースが多いといえるでしょう。 誹謗中傷をしているサイトがGoogleはペナルティを受けるように、ブラックな手法を用いて順位を落とす手法が取られるケースがあります。 Googleガイダンスで、ペナルティが発動される「だめだ」と書かれていることをそのサイトに行うことで、順位を落とすという手法です。 Googleが、SEOガイダンスでSEO対策として一般的にこういった手法はしてならないと書かれています。 ・背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用 ・検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用 ・コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み ・自動的に作られた価値が低いページの使用 ・オリジナルなコンテンツに乏しい ・SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売 上記のようなサイトを作り、そのサイトからターゲットへリンクを張ります。 まずは、ページランクを操作するためのリンク購入をおこなっているとgoogleに判定させればよいので、自作自演リンクを、同じアンカーテキストパターンで、同類のコンテンツからリンクをはると、順位が落ちるリスクが高まります。 しかし、こういった手法は、誰がやったのか?調べられてしまいますし、search consoleなどでリンク否認処理によって、ペナルティ解除が可能です。 一時的に順位は落とせても、その後の回復や、足跡の痕跡が残るのでやみくもに手をだすことは推薦しません。 むしろ、こういった攻撃的な手法を提供するサービス会社に依頼することの方が、誹謗中傷サイトより危険だといわざるをえません。

次の

逆SEOとは?ネガティブサイトの検索順位を下げる手法について|SEOラボ

逆seo対策 方法

の方法は、価値の高いサイトやWEBページを多く作成し、それらを検索結果の上位に次々と送り込むのが基本です。 良質なポジティブサイトによって、個人名や会社名で検索したときに表示されるネガティブなサイトの順位を下落させます。 やり方 逆SEOには様々なやり方があります。 個別のケースごとに最適な手法を慎重に考えたうえで行う必要があります。 ただ、いかなる事案においても、何らかの新しいWEBページやWEBコンテンツをつくらなければ、対策を成功させるのは困難です。 新規のWEBページ/コンテンツを作成し、それらを検索の上位表示させる必要があります。 中身が重要 逆SEO対策のためのWEBページ作成にあたって重要なカギを握るのが、その中身です。 グーグル(Google)などの検索エンジンから高く評価されるような「質の高いオリジナル・コンテンツ」が不可欠になります。 その1:WEBコンテンツ 逆SEO対策の最初のステップとして欠かせないのが、新しいWEBサイト・WEBページの作成です。 既存のサイトだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。 逆SEOのためのサイトや新規ページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。 通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果はあまり期待できません。 当社(WEB広報)のような逆SEOの専門会社に制作・運用をお任せいただくのがベストです。 中身の質 逆SEO用のサイトやページには、優れたコンテンツが必要になります。 中身のないページやブログではSEO効果は発揮できません。 Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決めるにあたって、コンテンツの「質」を何よりも重視しており、中身が貧弱だと、検索結果を変えられません。 文章 コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。 中身が充実していて、かつ独自性の高い文章を配置しなければなりません。 高品質の文章で構成されたサイトなら、長期にわたって順位が安定しやすいです。 コピペはペナルティ対象 既存のサイトからコピー(コピペ)したり、中身がない低品質のコンテンツを使用したりすると、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり得ます。 その結果、誹謗中傷サイトの評価が相対的に高くなり、順位がかえって上昇してしまう恐れもあります。 ブログやSNSも中身が重要 通常のWEBサイトに限らず、ブログやSNSを展開してSEO対策を行う場合でも、コンテンツの質が重要です。 FacebookやTwitter(ツイッター)も、投稿する文章のクオリティによって、逆SEOの効果が大きく変わります。 どうようなコンテンツが検索エンジンに評価されやすいかは、当社のような専門会社が熟知しています。 その2:分散 逆SEOと被リンク 逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。 ポジティブなサイトに対して、質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。 それによって、結果的に誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。 良質なリンクの条件 「良質なリンク」とは、以下の条件を備えたものです。 (1)リンク元のコンテンツの質が高く、かつリンク先のコンテンツの内容と関連性がある (2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている (3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている 見られて恥ずかしくないリンク 逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。 つまり、会社名で対策を行いたいのなら、リンクは社名にかぶせる形で貼る必要があります。 注意しなければならないのは、質の悪いサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがあるということです。 逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があります。 WEB広報では、品質の高いメディアサイトを多数保有しており、そこから逆SEOに最適なリンクを配置します。 その4:サイトの更新 「ドメイン」が中傷対策のカギ 法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が成功のカギを握ります。 複数の有力なドメインを上手に活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。 とはいえ、乱暴なやり方で多数のドメインを使ったSEO(マルチドメインSEO)を行うと、Googleなどの検索エンジンからスパム行為と認定され、ペナルティが課される可能性があります。 当社のように、Googleの最新のアルゴリズムを熟知した専門会社にご依頼いただくことをおすすめします。 ドメイン1個は時代遅れ? 企業が常にレピュテーションリスクにさらされているネット時代において、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は是非とも避けたいところです。 ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位表示を簡単に許してしまうことになります。 単独ドメインに多数のページは非効率 また、通常のSEOの観点からも、1個のドメインに数十ページ以上にわたるコンテンツを集約させるのは非効率です。 複数ドメインに分散させることで、SEO効果を高めることができます。 ドメイン分散型SEOについては、業界トップの技術を誇るWEB広報にお任せ下さい。 「有益な情報を伝える」という発想 逆SEOの目的は、ネガティブサイトの検索順位を下げることです。 ただ、実際に対策を行うにあたっては、「有益な情報の発信」という視点が必要になります。 消費者やクライアントに様々な角度から情報を伝えるのです。 役に立つ情報や知識を共有することで、結果として検索対策で有利な立場に立つことができます。 よりスピーディーにネガティブサイトの順位が下がり、企業のレピュテーション(評判)の早期改善につながります。 すなわち、逆SEOは検索エンジン対策であると同時に、企業の広報活動の手法一つということです。 悪評やネガティブな口コミのもみ消しを図るのでなく、ネガティブ情報とも正面から向き合いつつ、企業としての姿勢や活動内容を明かにしていくという発想を持つことが、成功への近道です。 WEB広報だからできる独自の対策.

次の

逆SEOとは?ネガティブサイトの検索順位を下げる手法について|SEOラボ

逆seo対策 方法

スポンサードリンク 逆SEOという言葉を聞いたことがありますか?逆SEOというのはその名の通り、SEO対策の反対の行為を行うことです。 一般的にSEO対策は、自然検索順位を向上させるために行いますよね。 自分のホームページ、ブログを多くの人に見てもらうために検索順位を上げる必要があります。 では逆SEOは何故行うのでしょうか? インターネットの中には、人に見られたくない情報がありますよね。 個人に対する誹謗中傷• 企業に対する誹謗中傷 などなど。 自分の管理しているホームページであればそのページを表示しないようにすることは簡単ですが、他人が管理しているサイトではそう簡単にいきませんよね。 そういった人には見られたくない誹謗中傷サイトの自然検索順位を下げる施策を逆SEOと言います。 削除申請をする そういった誹謗中傷サイトの自然検索順位を下げるためには、まず運営管理者に対して 削除依頼を申請することができます。 そのサイトの中にあなたに対して、あなたの企業に対しての「ある事ない事」が書かれている場合には、その悪質な誹謗中傷を訴えて削除してもらいましょう。 その誹謗中傷が名誉棄損、業務妨害、プライバシー侵害などに当たる場合には削除申請を受け入れてもらえるでしょう。 しかし、基本的には運営サイトは運営者に責任があるため、運営者が「削除しない」と判断した場合には削除してもらうことが難しくなってしまいます。 運営者からしても、自分のサイトから誹謗中傷者が出ていることを認めたくはありませんからね。 そういった場合には、少し手間がかかりますが弁護士を通して裁判をするケースもあります。 法律的な保護 インターネット上に掲載されている情報は、 言論の自由に守られています。 そのため、削除依頼をしても言論の自由によって削除申請が受理されない場合が多くあります。 人権としてその発言が守られてしまっているために、第三者の考えだけで削除を行うことは難しくなります。 そういった保護を受けているためにホームページの削除、投稿の削除はなかなか難儀です。 手続きが大変なうえに、削除依頼を受けたことがまた外へリークする可能性もありますし、そうなると更なる二次被害を生む可能性もあります。 こう考えると、削除依頼をして誹謗中傷サイトを消してもらうのは大変な事なんですね。 逆SEOを行う こういった場合に逆SEOを行います。 対象ホームページの管理者に依頼して検索順位を操作してもらうのではなく、こちらから仕掛けを行って検索順位を降下させる方法です。 逆SEOには様々な方法があります。 該当キーワードで上位表示可能なホームページ、コンテンツを量産して相対的に対象サイトの順位を下げる方法• 該当キーワードの他サイトに対してリンクを送り、ライバルサイトを上位表示させ対象サイトの検索順位を相対的に下げる方法• 対象サイトのコピーコンテンツを量産して、検索エンジンに対して対象サイトがスパムサイトだと判断させる方法• 対象サイトに対して低品質のリンクを送り、対象サイトの検索順位を下げる方法• 検索エンジンに対して「不正サイト」の申請をすることで、対象サイトのインデックスを削除してもらう方法• 対象ページをクラックすることによって、ウィルスを仕込み検索順位を下げる方法 等があります。 この中でも今回は1. に関してご説明します。 の方法は専門的な知識、テクニックが必要ですのでここでの詳しいご説明は割愛させていただきます。 他のサイトを上位表示させる まず最初にできる方法が、該当キーワードで他のサイトを上位表示させる方法です 誹謗中傷を受けているサイトが表示されるのは、あるキーワードで検索された場合に限ると思われます。 あなたの個人名で検索された場合、あなたのホームページ名で検索された場合、企業様の場合には企業様名で検索された場合などでしょうか。 「個人名、企業名+評判」などのキーワードも含まれるかもしれませんね。 そういったキーワードで検索されたときに、対象となる誹謗中傷サイトが上位表示されないように、それ以上のサイトを生産して検索順位を独占しましょう。 対象が企業様の場合には• 企業様のサイトにブログコンテンツを作成する• 企業様の評判サイト• 企業様の採用サイトを作る• そういったサイトを作り、その中にコンテンツを充実させます。 その際にはしっかりと対象キーワードを意識したコンテンツ制作が必要になりますね。 検索順位の確認、キーワードの確認を行いながら各サイトのコンテンツを更新していきます。 すると、Googleの検索エンジンから「このサイトは優良なサイト」と認定され検索結果で上位表示することができます。 自分が作ったサイトが検索結果で上位表示されるということは、誹謗中傷を行っている対象サイトの順位を相対的に下げることになりますよね。 ただ、Googleのパンダアップデートが起きた影響により、検索結果のコンテンツ評価が厳しくなっています。 対象キーワードを狙っただけのサイトではスパム判定を受ける可能性もありますので、そういったサイトを量産する際には注意が必要ですね。 ユーザーにとって有益なサイトを制作し、長期にわたって上位表示を守るのはそう簡単な事ではありません。 こうなると、「自分の公式ホームページでいくつもコンテンツ制作をすればいいんじゃないの?サイト自体を新しく作る必要はないんじゃない?」と感じるかもしれませんね。 しかし、現在のGoogle検索エンジンでは同一ドメインのホームページが検索結果に何件も同時に表示されにくくなっています。 これもユーザーを考慮したアップデートですね。 同一キーワードで同一ドメインがいくつも表示されるということは、ホームページ内に似通ったコンテンツがいくつもあるということになりますのでGoogleポリシーに違反してしまいますからね。 該当キーワードの別サイトにリンクを送る ペンギンアップデートが行われてから、被リンクに関して臆病になっているユーザーも多いかもしれませんが、適切なリンク設定をしてあげれば被リンクの効果は大いにあります。 そのため、該当キーワードで表示されている別のサイトに対して被リンクを送ることが効果的です。 被リンク効果によってそのサイトの検索順位を向上させることができれば、誹謗中傷を行っている対象サイトの検索順位を相対的に下げることができますよね。 この手法は1. の方法と併せて行うと効果的ですね。 他社が運営管理しているサイトでは、こちらからのリンク設定はできてもリンク対象サイトの設定を変更することはできません。 そこで、お互いのホームページを自分が管理することができれば検索エンジンに対して一番効果的なリンク設定が可能です。 しかし、該当キーワードに関して優良な被リンクを量産することはとても難しいですよね。 優良な被リンクに関しては以下のページを参考にしてください。 この手法により、相対的に対象サイトの検索順位を下げることはできますが、少しづつ変化させるだけ(相対的に下がる)なので時間も労力も相当かかりますね。 そのためにコストもかかります。 対象サイトのコピーコンテンツを量産する 現在のGoogle検索エンジンでは、他のホームページと同じような内容のコンテンツ(コピーコンテンツ)は評価を下げられます。 人の真似をしただけの情報はユーザーも求めていませんからね。 コピーコンテンツを作成したホームページは検索エンジンからの評価を下げられ、検索順位も下げられます。 さらに、そのコピー元であるサイトも断定されペナルティを受ける場合があります。 コピー元になっているだけでも評価が下がってしまうわけですね。 その判断基準を逆手に取り、誹謗中傷を行っている対象サイトのコピーサイトを作成します。 コピーサイトが量産されていることで、Googleの評価は下がりますし対象サイトの評価も下がる可能性があります。 ここで注意するべきなのが、評価が下がる 可能性があるという点ですね。 確実にこの手法で対象サイトを圏外に飛ばすことは難しいです。 Googleの判断に任せなければいけない部分が大きいので、自分ですべてを操作することはできません。 もしかすると、あなたのサイトだけが順位を下げ対象サイトには影響がないかもしれません。 対象サイトに対して低品質のリンクを送信する 被リンクの説明でも書いたように、リンク先の検索順位を向上させるためには良質な被リンクが必要になります。 ということは逆に低品質のリンクを送信することでリンク先サイトの検索順位を下げることが可能です。 低品質なリンクとは、• スパムサイトからのリンク• 関連性の無いリンク 等です。 基本的にユーザービリティを下げるようなリンクは低品質なリンクと判断されます。 また、同一IPからの大量のリンクも低品質なリンクと判断され検索順位を下げる効果があります。 自演リンクと言われるリンクですね。 このようなリンク操作によって対象サイトの検索順位を下げることができます。 この手法ならば1. の方法とは違い、一気に対象サイトの検索順位を下げることが可能です。 検索順位圏外まで飛ばしてしまうことも可能ですね。 検索エンジンに対して「不正サイト」の申請をする この手法で検索エンジンに対象サイトが表示されなくなることもありますが、対象サイトが正常な運営、健全な運営を行っている場合には削除されることはありません。 対象ページをクラックする これは最も危険な方法かもしれませんね。 完全に違法です。 行う側も細心の注意を 誹謗中傷サイトがあると困りますよね!そんな事をされて苛立つことはあると思います。 そこで、何としてでもそのサイトを表示されないようにしたいと思われるかもしれません。 しかし、 最初にも記したように検索順位を下げる手法はGoogleポリシーに違反します。 そのため逆SEO対策を行う際には細心の注意を払わなければいけません。 そういった危険行為を行っているということをGoogleに断定されてしまうと、あなたが管理している他のサイトにまで被害が及ぶ可能性もあります。 アカウント、IDを分散させることはもちろんのこと、使用する回線も分散させたいところですよね。 当社でもご相談には乗らせていただいておりますが、実際問題できるかどうかを判断するためにまずは調査からスタートしています。 何かお困りごとがありましたら、ご相談ください。

次の