池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ。 漫画「池袋ウエストゲートパークR」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

【IWGP】TVドラマ版スペシャル『スープの回』を解説

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

この記事の目次• 池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は? 池袋ウエストゲートパークでは、1話「イチゴの回」でリカこと中村理香(酒井若菜)がラブホテルで殺害されます。 リカが殺害される前から池袋では女性がラブホテルで殺害・暴行をされる事件が相次いでいたため、マコト(長瀬智也)やキングことタカシ(窪塚洋介)はリカの犯人を殺害した犯人も同一人物だと推測します。 犯人は通称、 ストラングラーと呼ばれました。 ストラングラーは、英語ではstranglerというスペルで絞殺犯、絞殺魔という意味です。 ストラングラーによりリカ殺害された後、マコト、タカシが中心となりカラーギャング「G-Boys」を池袋中に総動員させ、ついに犯人をつきとめます。 その人物は、リカが援助交際をしていた相手、スーさんでした。 リカはスーさんと肉体関係はないものの、周囲に内緒に援助交際をしており、お小遣いをもらっていたのです。 池袋を探し回りスーさんを捕らえることに成功したマコトとタカシでしたが、その過程でもう1人怪しい人物を発見します。 それは、池袋で歯科医院を開業している早乙女アツオ(羽賀研二)です。 早乙女はマコトの友人で風俗嬢の橋本千秋(矢沢心)を拐い、ラブホテルに連れ込もうとしていましたが、ラブホテルに入る途中でマコトに発見され、スーさん同様に捕らえることに成功します。 最終的にスーさん、早乙女を脅迫まがいな方法で自白を迫り、早乙女がストラングラーであることがわかりました。 スーさんは完全な無罪でした。 早乙女のカバンからは、過去にラブホテルで殺害した女性の写真が発見され、言い逃れができない状況でもありました。 しかし、早乙女は自身がストラングラーであることは認めつつも、リカを殺した犯人ではないと断言します。 そして、早乙女の様子から、マコトも「こいつはリカを殺していない」と周囲に断言するのです。 話を整理すると、 ・スーさんはリカを援助交際をしていたが、事件とは無関係 ・池袋のラブホテルで女性を殺害していたのは、早乙女(=ストラングラー) ・しかし、早乙女はリカは殺していないと断言 となります。 1話でマコトの友達であるリカが殺害されますが、その謎が解明されないまま話が進んでいくのです。 池袋ウエストゲートパークの犯人は? では、一体、リカを殺した犯人は誰だったのでしょうか。 結論から説明すると、リカを殺害したのはヒカル(加藤あい)、ドーベルマン山井(坂口憲二)の2人です。 犯行を企てたのがヒカル、ヒカルの指示を受けて殺害をしたのが山井です。 詳細は後述しますが、ヒカルは過去のトラウマにより多重人格者でした。 ヒカルは普段マコトたちと一緒にいる時の通常のヒカル、そして、裏の顔であり残逆な性格であるもう1人のヒカルがいます。 リカを殺害した理由は、裏のヒカル(多重人格でたまで出てくるヒカル)が、本来のヒカル(マコトと遊ぶ良い性格のヒカル)を苦しめるために、仲が良かった友人のリカを殺害したのです。 山井はそんなヒカリが抱える闇を救ってあげたいと考えたのでしょう。 山井はヒカルに共感をして、殺害を実行するのでした。 ドラマで山井はヒカルに対して「お前は俺と一緒だ」と話しており、正確な描写こそないものの、山井も多重人格者なのかもしれません。 ヒカルと山井の2人はリカだけでなく、マコトの友達であるシュン(山下智久)も殺害しています。 シュンが殺害されたのは物語の後半であり、かなり衝撃的でした。 (タカシの実家が経緯するサウナのロッカーに遺体が隠されていたのです・・・) ここまでの話を整理すると、 ・リカを殺害したのはヒカルと山井 ・ヒカルが山井に指示を出し、山井が実行した ・ヒカルは多重人格者であり、裏のヒカルが殺害を企てていた ということです。 2人はストラングラーではないですが、ストラングラーに便乗をしてリカを殺害したのです。 池袋ウエストゲートパークのストラングラーの正体は加藤あい? 以上から、池袋ウエストゲートパークに登場する犯人について整理すると、 ・池袋のラブホテルで女性を殺害していたストラングラーは早乙女(羽賀研二) ・ストラングラーに犯行を見せかけてリカを殺したのはヒカル(加藤あい)、ドーベルマン山井(坂口憲二) ということになります。 様々な登場人物が、各々の都合で人を殺害しています。 ドラマの雰囲気はギャグの要素も多数ありますが、池袋という街を表現させるため最後はヤクザも絡んだカラーギャングの抗争に発展していきます。 シリアスなシーンはかなり緊迫しており、主演の長瀬智也さん、窪塚洋介さんの演技は非常にひかります。 超がつくほどの豪華キャストであり、2020年現在で同じドラマを放送するのはギャラが払えなくて実現しないほどのメンツです。 今なら、池袋ウエストゲートパークを無料視聴できる方法があります。 詳しくはこちらをどうぞ!.

次の

池袋ウエストゲートパーク スープの回 の レビュー・評価・クチコミ・感想

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

TOKIO長瀬智也の熱演に感動!池袋ウエストゲートパーク 池袋に住む果物屋件トラブルシューターのマコト(長瀬智也)を通して、池袋で起こる騒動を描いた池袋ウエストゲートパーク。 最終回は、マコトの親友であるタカシ率いるG-Boysと、G-Boysの不満分子がG-Boysから分離して結成された京一率いるBlack Angelsの抗争をマコトが止める話でした。 両陣営が武器を持ちながらにらみ合い一触即発の中、マコトは提案します。 俺が地面の手を付いたら喧嘩を始めていいと。 そこに襲いかかる池袋最強であるタカシの容赦ないパンチの嵐。 血だるまになりながらマコトは倒れません。 しかし、ついに力尽き、そして叫びます「池袋サイコー!」。 この若き長瀬智也の鬼気迫る演技はすごいものがありました。 私は、長瀬智也をアイドルTOKIOの一員程度の認識でしたが、池袋ウエストゲートパーク以降俳優として見るようになりました。 そして、タカシと京一はメンバーに武器を捨てるように促し、抗争は回避されました。 ドラマ自体はその他なんやかやとあるのですが、長瀬の演技がとにかく印象に残りました。 長瀬は、その後も様々なドラマに出演し、俳優として着実に成長していきました。 このドラマは、アイドルではなく俳優としての長瀬智也を世に認識させた作品だと思います。 yarukimedesu.

次の

池袋ウエストゲートパーク/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・マコトの親友であるタカシ率いるG

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月04日 このシリーズはとても好き。 あまり縁のない、時として敬遠してしまうそうな人たちも同じように何かしら煩わしい事を抱えちゃったりしているんだなとか、小説の中だけれどもあまりの事に気の毒に思いつつも少し親近感を覚えた。 ユーチュバー、がんばれ。 ブラックなお話は自分もその手のドラッグストアのパートで社員さんの勢 いに怖気づいたり、福祉系の事業所で体育会系的な組織の中で戸惑ったりしたので、その構図や法律を駆使して色々な表現の言葉で人を貶めていいように使いこなしている景色は想像に容易かった。 一人の大人として、若い人に明るい未来を夢見て欲しいと思うのに、何もできないでいる。 せめて自分の子どもには、と思うけれど、何を伝えればいいんだろう。 そう思った。 Posted by ブクログ 2020年01月30日 IWGPの12作目 今回のテーマは現代アート、Youtuber、美容整形、ブラック企業の4本 Youtuberってそんなに新しい話題だったか? この小説の発表当時は2015年 もっと前からいたような気がするんだけど、タカシが詳しく認識してなかったあたり、情報のアンテナは大丈夫かね? ま、キングは俗 世間の事は知らなくてもいいってことか? PVを稼ぐためにどんどん過激な方向にいく理屈はわかってはいるけど、なんとかならないものかね?と思う その昔、テキストサイト全盛期でも同じような事があったよなぁ 別にお金が発生するわけではないけど、自分のWEBページのアクセス数を増やすために大手に喧嘩売ったり中堅同士でバトったりの、今でいう炎上マーケティングは存在した 手っ取り早くアクセス数を稼げるけど、その業界全体が殺伐として荒れていくんだよなー まぁ、youtubeの場合は運営側がコントロールする手段があるからそうひどい状態にはならないんだろうけどさ ブラック企業、特にブラックバイトに関しては解説で語られている通り、若い人に犠牲を強いる酷い時代になったものだ 企業として労働力の確保が困難というのは数年経った今でも変わらず そしてそれを補うために既存の社員の負担が増えて益々ブラック化していく 企業が利益を求める集団というのはわかるんだけど、もっとその勢いが緩まないものかね ま、そんなこと言ってたらすぐに会社が潰れてしまうんだろうね そしてある時期からは毎回思う「マコトとタカシは今いくつよ?」問題 若者がGボーイズのキングとか言ってるのはある意味で微笑ましいけど、もうすでにおっさんな年齢になってるんだよなぁ その辺の描写をかなり曖昧にしてるけど、このシリーズの数年後がさらに心配(笑)• ネタバレ Posted by ブクログ 2019年06月03日 目次 ・西池第二スクールギャラリー ・ユーチューバー@芸術劇場 ・立教通り整形シンジゲート ・西一番街ブラックバイト ユーチューバーや整形依存症など、相変わらず現代の闇を切りとるのが上手い。 しかしそれはもう、池袋だけの問題ではなくなっている。 日本全体が閉塞感に押しつぶされそうになりながらあがい ていて、弱者にそのツケを払わせようとしているかのよう。 今の子どもたちが憧れる職業、ユーチューバー。 撮影しているか、編集しているか、企画を練っている。 一日の自分の時間のほぼすべてをそれに捧げて、ようやくユーチューバーとして食べていけるようになったころ、運営から報酬額を一方的に切り下げられる。 数年前に実際にこれが行われたのだとしたら、最近人気ユーチューバーがテレビに出るようになった理由もわかるというもの。 一生懸命作ったものが評価されているのに、金銭的に報われないというのなら、ユーチューブの世界もあまり将来性はないのかもしれないなあ。 そして表題作。 「ブラックバイト」と言っているけど、これは「ブラック企業」の告発だ。 認められない。 口でいうのはカンタンだが、そいつはでたらめに人の心を傷つけることだった。 おれたちのまわりには、経済の原理だけで人を切る空気ができていないか。 あんたやおれは誰でもいい人間なのだろうか。 なのに無謀なノルマがクリアできないと人格を否定される。 「こんなこともできないお前には、この世に居場所なんかどこにもない」と面罵される。 これは若者にだけ起こることではない。 だから中高年の引きこもりが増えているのではないだろうか。 会社にそこまでする権利があるのだろうか。 労働力なんていくらでも補充できる。 人口が減りつつある日本で、どうしてそんな傲慢なことができるのかわからない。 人が人としてきちんと尊重される会社を、どうやって増やしていけるのか。 それはマコトやタカシの仕事ではなく、今の大人たちが考えなければならないことのはずだ。 Posted by ブクログ 2018年09月14日 安定の面白さ。 メイン登場人物の年齢がだいぶ高くなってきたからか、昔に比べての迫力やスリル感は減ったけれど、その分、人と人の繋がりが強くなったような気がする。 安心のマンネリだから、結果最良の解決に行き着く事は分かっていても楽しめる。 これってよくよく考えて見ると1冊になった時の構図が『東京バンド ワゴン』と一緒なんだな。 まあ、IWGPの方が先に書かれ出した作品だけれど。 久しぶりの文庫化だからか、時事ネタがちょっと古い。 それでもいまだに続いているネタも多く、IWGPは池袋を日本の縮図にした作品なんだなと思わされる。 帯はなかなか。 言葉もマコトが言いそうな言葉だし、赤と黒のコントラストもいいな。 解説は、初めてのパターン。 ほぼ作品についての話はしていない上に4章中の最後についてのみなのだけれど、この解説を読むとすごく考えさせられるし勉強になる。 こういう解説もアリだな。 Posted by ブクログ 2018年09月09日 おお~最新刊出てる。 やっぱり安定して面白い。 マコトとタカシが安定しているからだろうな。 街も人も世界も変わるけど変わらないものもある。 今回マコトの口から疲れたという言葉が出て驚いたけれどもこれは作者の言葉なのかもしれないなぁなんて読みながら思いました。 でも、ファンとしては続けてほしいシリーズだなぁ。 若者視点ではなくても、これからもマコトの目から見た日本社会の問題を取り上げてもらえると嬉しい。 全面解決は無理でもお話の中だけでも救われた人が居れば現実に同じようなトラブルを抱えている人が、問題に立ち向かうちょっとした勇気と希望みたいなものをもらえたらいいなと思ったりするのです。 西池第二スクールギャラリー 空いたスペースを利用した現代アートって確かにこの頃よく聞くかもなぁ。 ちょっと廃材ゴジラは見てみたい。 ユーチューバー@芸術劇場 アフィリエイトで稼ぐって言葉が何年か前は理解できなかったけれども。 ネット広告の方が今や主流になりつつある時代なのか。 個人的には小中学生はスマホで動画サイトとか見てるのかなぁとそこが気になったり。 立教通り整形シンジケート 綺麗になりたい心理はわからなくもないけれども行き過ぎは良くない。 コワイ。 でも別にその辺りの価値観は人に言われて納得がいくものではないから自分で決めるしかないんだろうな、と思ったりもする。 西一番街ブラックバイト 外食産業、コンビニ、宅配サービスと便利な世の中になった分だけその裏で酷使されている労働者が居るって事なんだよなぁ。 なんでこの値段でやっていけるんだろうって思うモノが巷に溢れている。 宅配も不在時の再配達は有料にするべきだとは思う。 昔は隣近所に預かってもらったりとかしてたけどなぁなんて事を思いだしました。

次の