チェス 動き。 クイーン (チェス)

駒 (チェス)

チェス 動き

駒の動き方 駒の動き方 ポーンを除いて全ての駒は、その駒の動けるところの相手の駒があるとき、動きの一部として、その相手の駒を盤上から取り除いてかわりにその場所へ移動できます。 (「駒を取る」と言います。 ) クイーンの動き方 クイーンは前後左右、斜め一直線に、途中障害(他の駒)がない限り好きな距離のマス目に動きます。 駒を飛びこすことはできません。 ルークの動き方 ルークは前後左右一直線に移動します。 駒を飛び越すことはできません。 l ビショップの動き方 ビショップは斜め一直線に移動します。 駒を飛び越すことはできません。 中間に他の駒があっても構いません。 ポーンの動き方 ポーンは単純な進み方と、駒を取っての進み方が違います。 1. 前方通路に他の駒がないとき、スタートの地点からは1マスまたは2マス直進します。 一度動いたポーンは、1マスずつ直進します。 2. 斜め直前に相手の駒があればその駒を取りながらその駒のあった位置に進めます。 3. ポーンが相手の最終段(白のポーンは8の段)に到着すると、クイーン、ルーク、ナイト、ビショップの好みのいずれかの駒に即座に成り代わらなければなりません。 これを「成る」「昇格する」といいます。 アンパサン 4. 自陣の下から数えて5段目に進んでいるポーンの隣の行のポーンが2マス進んで来たとき、その後の手に限り5段目のポーンは進んできたポーンに向かって斜め1マス進み、その相手の駒を盤上から取り除きます。 この作業を「アンパサン」といいます。 1回の「アンパサン」は全部で1手です。 v キングの動き方 キングは縦横斜めに1マスだけ移動できます。 キングが次に取られる状態になっていることを「チェック」または「王手」といいます。 相手から「チェック」された時は、直後の手で「チェックを解除される手」を選ばなければなりません。 「チェック」されたとき次に正規の手がなければ 「チェック・メイト」。 チェスの目的は相手をチェック・メイト(単にメイトといいます。 )することで、「メイト」された方は負けとなります。 「チェック」でないとき次に正規の手がなければ 「ステイル・メイト」。 これは引き分けです。 v キャスリング いまだに動いていないキングとルークがあるとき、この二つの駒を次の条件で一手で同時に動かすことができます、これを「キャスリング」と言います。 1. いまだに動いていないキングとルークの間に他の駒がないこと。 2. 今、チェックされていないこと。 ルーク側キャスリング(左側)と キング側キャスリング(右側) 3. キングがそのルークに向かって横に2マス移動し、同じ手でルークがキングを飛び越えて反対側の隣マスに移動する(着手)。 4. このとき、キングが通過、到達するマス目が相手の駒で直接攻められていないこと。

次の

クイーン (チェス)

チェス 動き

ポーン ポーンは「兵隊」です。 将棋でいう「歩」にあたります。 最も弱い駒ですが、大きな力を秘めています。 ポーンは移動する動きと、相手の駒を取る動きが違います。 ほんの少しややこしいので、別々に紹介しましょう。 ポーンは前の方向へ1マス進めます。 最初の位置からの移動のみ、2マス進むこともできます。 ただし、目の前に他の駒があった場合は、進むことも、その駒を取ることもできません。 ナナメ前に相手の駒があった場合、その駒を取ることができます。 ポーンは駒を取るときだけ、ナナメ前に進めます。 さあ、それでは実際に動かしてみましょう。 今回も特別に相手を動けなくしてあるので、安心して取りにいって下さい。

次の

【実は全然違う!?】将棋とチェスの違いを徹底解説します!|最速で将棋初段を目指すブログ

チェス 動き

盤の置き方は右図のように各自から見て左上に白いマスが来るように置きます。 盤も白黒ですが、駒も白と黒に分かれます。 チェスではと違って取った駒の再利用ができませんから、それでいいのです。 ゲームを始める時の置き方は右図のようになり、白の王は黒のマス、黒の王は白のマス、女王はそれぞれ自分の色と同じマスに置かれます。 結果的に王と王、女王と女王は向かい合うようになります。 盤のマス目の呼び方は縦の列 file が白側から見て左側からa〜h、横の列 rank は白黒双方とも各々手前から1〜8と呼ぶのが国際式です。 例えば白側から見て黒のルークはa8とh8、敵の王はe8、女王はd8にあることになります。 特例1. 特例2. 従って、ポーン同士が頭を付き合わせてしまうとお互い前には進めなくなり、斜め前に敵の駒が来ない限りどちらもどうにもできなくなります。 城 ルーク Rook ルークは将棋の飛車と同じで縦横いくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 騎士 ナイト Knight ナイトは将棋の桂馬に似ていますが進行方向が八方向です。 この動きを中国象棋では「八面虎 Ba Mian Hu 」といいます。 僧正 ビショップ Bishop ビショップは将棋の角行と同じで斜め方向にいくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 女王 クィーン Queen クィーンはルークとビショップを合わせた動きで、縦横斜めにいくらでも進めます。 駒を飛び越すことはできません。 最もパワフルな駒です。 王 キング King キングは将棋の王将と同じで縦横斜めに1個だけ進めます。 これをPromotion 昇進 という。 通常は最も強力な駒である女王に成る むろん必要だと思ったら例えばナイトに成っても構わない。 この時、既に自分の女王が取られていたら相手からそれを返してもらって使用する。 女王がまだいる場合でルークが1個でも取られている時は、それを返してもらって逆立ちさせて使用する。 2 アンパッサン ポーンは最初だけは2マス進むことができるが、相手のポーンがその動きをした時、こちらはそのポーンが1マスだけ進んだとみなしてこれを取ることができる。 これをアンパッサン En Passant,通過捕獲 という。 3 キャッスリング castling これは右図に示すような駒の動きを1手でできるというものである。 ただし下記の条件が必要である。 キングとそのルークの間に駒が無いこと 2. キングもそのルークも一度も動いてないこと 3. チェックされていないこと(ルークに相手駒が利いてるのは構わない) 4. キングの移動先に相手の駒が利いてないこと キャッスリングを行う時は必ず先に王を動かしてからルークを動かす。 これは基本的には王の動きだからである。 なお、どちらにキャスリングする場合も王は2マス動くことに注意。 謝辞:このページに使用した美しいチェスの駒の画像は所蔵のものを作者の新井達也さんの許可を得て使用いたしました。

次の