スラムダンク イラスト 集 2。 スラムダンク:23年ぶり新イラスト集の裏表紙公開 湘北メンバーを描き下ろし

『スラムダンク』の新たなイラスト集が発売決定、井上雄彦氏が計11点を新規描き下ろし!

スラムダンク イラスト 集 2

井上雄彦先生の描き下ろしカバーを衝撃初公開!!! 週刊少年ジャンプを代表するバスケ漫画の金字塔『SLAM DUNK』。 もちろん、 全イラストが初収録!! 『SLAM DUNK』新装再編版 全20巻/2018年 の他、『SLAM DUNK』完全版 全24巻/2001~2002年 や『SLAM DUNK』1億冊感謝記念新聞広告 2004年 など様々な出版物・企画・商品のために描かれたイラストを1冊に凝縮! この中には、スケッチや習作段階の 未公開イラストも複数含まれている!! などなど、新たに『SLAM DUNK』の"息吹"を感じまくる要素が"プラス"されたことを意味する、超豪華イラスト集だ!! 桜木花道の不敵なまでの存在感、そして その眼に宿った確固たる自信…。 そうしたものが、見た者の眼球から瞬間的に伝わってくる強烈なカバーイラスト!!! これを約30㎝四方の大型本カバーで見ると…圧倒的ド迫力!! 読者は必ず元気や勇気を"プラス"されること間違いなしだ!! 国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。 湘北高校バスケットボール部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道 さくらぎ・はなみち が、チームメイトの流川楓 るかわ・かえで との衝突や強豪校との試合の中で才能を急速に開花させていく姿が描かれた。 手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちが読者の共感を呼び、圧倒的な支持を受ける。 その影響からバスケットボールを始める少年少女が続出する、社会現象にもなった。 テレビアニメ 1993年10月~1996年3月 やゲームなども制作された。 2018年には、全巻のカバーを新たに描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した「新装再編版」全20巻が刊行され、大反響を呼んだ。 1988年、第35回手塚賞入選作『楓パープル』で漫画家デビュー。 1990年より週刊少年ジャンプで連載を開始した『SLAM DUNK』が大ヒットに。 1998年、宮本武蔵を描いた『バガボンド』 講談社刊「モーニング」 の連載を開始。 1999年、車いすバスケットボールを題材にした『リアル』 週刊ヤングジャンプ の不定期連載も開始、現在に至る。 2006年には、バスケットボールで大学あるいはプロ選手を目指す高校生の卒業後を支援するための「スラムダンク奨学金」を創設。 新着情報.

次の

23年ぶり『スラムダンク』新イラスト集、来年4月発売 130点超初収録&新作11点描き下ろし

スラムダンク イラスト 集 2

湘北高校バスケットボール部の赤木剛憲、三井寿、木暮公延、宮城リョータ、流川楓のユニホーム姿を井上さんが描き下ろした。 また、イラスト集に収録される新作イラストが、当初の11点から、14点となったことも発表された。 新イラスト集は、1997年6月に刊行され、今も重版を続ける「INOUE TAKEHIKO ILLUSTRATIONS」(同)に続く、約23年ぶりの第2弾。 イラスト集第1弾以降に描かれたイラスト130点以上を初収録する。 全96ページで、価格は3600円(税抜き)。 初版限定特典としてポストカードが付属する。 4月3日発売。 「スラムダンク」は、井上さんが1990~96年に「週刊少年ジャンプ」(同)で連載したバスケットボールマンガ。 赤い髪の不良少年・桜木花道がひょんなことから湘北高校バスケットボール部に入部。 安西先生の下、主将の赤木剛憲や流川楓、宮城リョータ、三井寿、木暮公延らとともに全国制覇を目指す……というストーリー。 テレビアニメが1993~96年に放送された。 国内のシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。 2020年03月17日 アニメ マンガ.

次の

『スラムダンク』の新しいイラスト集「PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2」が来春発売!

スラムダンク イラスト 集 2

週刊少年ジャンプを代表するバスケ漫画の金字塔『SLAM DUNK』。 もちろん、 全イラストが初収録!! 『SLAM DUNK』新装再編版 全20巻/2018年 の他、『SLAM DUNK』完全版 全24巻/2001~2002年 や『SLAM DUNK』1億冊感謝記念新聞広告 2004年 など様々な出版物・企画・商品のために描かれたイラストを1冊に凝縮! この中には、スケッチや習作段階の 未公開イラストも複数含まれている!! などなど、新たに『SLAM DUNK』の"息吹"を感じまくる要素が"プラス"されたことを意味する、超豪華イラスト集だ!! 夢への"挑戦"をサポートする「スラムダンク奨学金」の歴代イラストも収録!! 前回までの記事では、「新装再編版」全20巻、「完全版」全24巻のカバーイラストが収録されることを紹介した。 今回は『SLAM DUNK』にとって大切な企画のために描かれたイラストに注目。 2006年、"この作品をここまで愛してくれた読者とバスケットボールというスポーツに、何かの形で恩返しがしたい"という井上雄彦先生の志から創設された「スラムダンク奨学金」。 それは、高校卒業後、大学あるいはプロを目指し、アメリカで競技を続ける意志と能力を持ちながら、様々な理由によりその夢を果たせない若い選手を支援することを目的としている。 2020年1月時点で第13期生まで輩出しており 第14期生は1月31日まで募集中 、奨学生たちは留学後、現地の大学で、または日本のBリーグで活躍するなど、輝かしく成長した姿を見せてくれている。 この一大企画に向けて描かれたメインビジュアルは、これまで3点。 若者の大きな夢への"挑戦"を応援するイラストは、強烈なメッセージに溢れている!! これは、記念すべき第1期生の募集開始の告知ページ 週刊少年ジャンプ2006年48号。 「スラムダンク奨学金」のキャッチコピーは「高校では終われない、君へ。 不安や葛藤を抱えながら夢と向き合っている若者たちに、前を向き、高みを目指す強い気持ちを。 国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。 湘北高校バスケットボール部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道 さくらぎ・はなみち が、チームメイトの流川楓 るかわ・かえで との衝突や強豪校との試合の中で才能を急速に開花させていく姿が描かれた。 手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちが読者の共感を呼び、圧倒的な支持を受ける。 その影響からバスケットボールを始める少年少女が続出する、社会現象にもなった。 テレビアニメ 1993年10月~1996年3月 やゲームなども制作された。 2018年には、全巻のカバーを新たに描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した「新装再編版」全20巻が刊行され、大反響を呼んだ。 1988年、第35回手塚賞入選作『楓パープル』で漫画家デビュー。 1990年より週刊少年ジャンプで連載を開始した『SLAM DUNK』が大ヒットに。 1998年、宮本武蔵を描いた『バガボンド』 講談社刊「モーニング」 の連載を開始。 1999年、車いすバスケットボールを題材にした『リアル』 週刊ヤングジャンプ の不定期連載も開始、現在に至る。 2006年には、バスケットボールで大学あるいはプロ選手を目指す高校生の卒業後を支援するための「スラムダンク奨学金」を創設。 記事アーカイブス ・ ・ ・ 新着情報• 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 27号• ジャンプGIGA 2020 WINTER• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 27号 イチオシ情報• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 気になったことを白井先生に聞いてみよう! 漫画賞• 9月30日 水 締切!• WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の