ブレンド シックス。 CAFÉ EXPERTO

投資信託のモーニングスター|スナップショット[ブレンドシックス]

ブレンド シックス

2018年9月から始めたテオの積み立て型投資の2020年3月6日まで この1月までは2018年後半からの落ち込みがようやく復活してこれから!というところにきて、新型コロナウイルスの影響をもろに受けています。 ちょっとピンボケですが、3月2日入金した金額の1. 94%のプラスまで落ちてきました。 ここまでで一番良かったときは8パーセントを超えていたのですが。 状況によってはさらに落ち込む可能性が見えています。 ポートフォリオは安定志向のタイプだと思います。 さらに3月6日にはとうとうマイナスになってしまいました。 投資信託のブレンドシックスとひふみプラスの運用益の変化です。 購入は2019年9月末。 1月1日 2020 ブレンドシックスは半年間経過後も元本割れで年越しです。 逆にひふみプラスは、銀行の担当者もいいですねと言ってました。 驚くべきは20201月から2月にかけてはさらに伸びました。 そんなにうまくは行くはずはなく コロナウイルスの影響はどうなるんだろうと見ていたのです。 ひふみは下がり続けます。 そして、どーんとやってきました。 この時点で銀行から電話があり、急いで売るのはやめておきましょうと言われました。 こんな時は買い時だっていいますよねと振ると、即座にemaxsis日経225インデックスの名前が上がりました。 もう少し落ちるでしょうから待ちますと答えると、それでは少し買って様子を見たらどうかと。 ちょっと考えました。 結局週明けに買いました。 というわけですが、この数日後ぐっと落ち込んで、とうとうテオまでもマイナスとなってしまいました。 これ、書いてるのは3月8日なんですが、明日の東京市場が正直怖いです。 3月6日時点の運用損益です。 なんと、預けたお金が23万円以上目減りしている状態です。 状況を考えると月曜さらに目減りすることはあっても増えることはないだろうなあと思います。

次の

CAFÉ EXPERTO

ブレンド シックス

年 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) トータルリターン 2. 62 3. 86 -- -- カテゴリー 7. 11 4. 49 -0. 50 0. 46 -- -- カテゴリー 0. 05 -0. 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

ブレンドシックス|ファンド情報|スカイオーシャン・アセットマネジメント株式会社

ブレンド シックス

ご利用の環境では、このページは正しく表示できません。 くわしくは「サイトのご利用にあたって」ページの ・ご利用環境について ・JavaScriptについて をご参照ください。 運用報告書一覧 作成基準日 交付運用報告書 運用報告書(全体版) 2019年05月15日 2018年11月15日 2018年05月15日 2017年11月15日 2017年05月15日• 本サイトはスカイオーシャン・アセットマネジメント株式会社が情報提供を目的として作成したものであり、投資信託の勧誘を目的としたものではありません。 投資信託のご購入のお申込みの際は、販売会社がお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクをともないます。 )に投資しますので基準価額は変動します。 したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。 ファンドの運用による損益は全て投資者の皆さまに帰属します。 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。 また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 本サイトは信頼できると判断した各種情報等にもとづき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。 また、今後予告なく変更される場合があります。 本サイト中の図表、数値、その他データについては、過去のデータにもとづき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。 また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。 PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です.

次の