パチスロドットコム。 パチンコ・パチスロ新台カレンダー【7/21更新!】|DMMぱちタウン

パチンコ・パチスロ新台カレンダー【7/21更新!】|DMMぱちタウン

パチスロドットコム

過去の導入一覧• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• (C)Sammy• (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU• (C)NISHIJIN• (C)東映• (C)NET CORPORATION• (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT• (C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC. (C)石森プロ・東映• (C)KITA DENSHI• (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D. ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)Sammy.

次の

中古パチンコ、中古スロット実機販売専門【業界最安値】中一商事

パチスロドットコム

ア行のパチスロ機種情報• カ行のパチスロ機種情報• サ行のパチスロ機種情報• タ行のパチスロ機種情報• ナ行のパチスロ機種情報• ハ行のパチスロ機種情報• マ行のパチスロ機種情報• ヤ・ラ・ワ行のパチスロ機種情報• ア行のパチンコ機種解析• カ行のパチンコ機種解析• サ行のパチンコ機種解析• タ行のパチンコ機種解析• ナ行のパチンコ機種解析• ハ行のパチンコ機種解析• マ行のパチンコ機種解析• ヤ・ラ・ワ行のパチンコ機種解析• [Konami Amusement(コナミアミューズメント)]• [NET(ネット)] 2020年8月3日(月)導入開始• [Bisty(ビスティ)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Sammy(サミー)] 2020年7月6日(月)導入開始• [WORLD(ワールド)]• [BELLCO(ベルコ)]• [Spiky(スパイキー)] 2020年5月18日(月)導入開始• [Carmina(カルミナ)]• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月17日(月)導入開始• [SANKYO(三共)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)]• [KYORAKU(京楽)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [MARUHON(マルホン工業)]• [TAKAO(高尾)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)].

次の

正統派パチスロ攻略サイト

パチスロドットコム

新台入替にかかる費用はいくらくらい? 新台入替に伴うコストとしては、 1. 台自体の購入費用 2. 台の変更に伴う届出費用 3. 入替時に働く従業員や業者の人件費 4. その他、電気代やチラシ代など 主に、これらのことが考えられます。 台自体の値段は、 1台当たり新品で40~60万円。 中古品だと、需要過多で プレミア価格がつかない限り、 新品の6割~8割として 25~50万円くらいになります。 台の入替や、配置変更をする場合、 店側は、所轄の警察に申請をして、 検査を受けなければいけません。 朝の時点で、 新台の設置が終わっているのに、 店のオープンは午後からという場合、 午前中に、警察による検査が入る予定で、 その 結果待ちという事が多いです。 台の入替や、配置変更の 申請にかかる 手数料は約5,000円。 人件費については、 入替が 営業終了後におこなわれるため、 アルバイトの時給は、 夜間割増しとなりますし、 台の設置業者に依頼することになるので、 それなりの、お金がかかります。 そこに、入替工事中に使う電気代や、 新台入替を知らせるチラシなどの 雑費を加えていくと、 十数台の入替でも、 500万円近くの費用が掛かり、 100台規模の新台入替や配置変更になると、 1,000万円以上はかかっていると考えられます。 これだけのコストをかけて 新台入替をする理由は何なのでしょうか? アピールできるのが「新台入替」しかない パチスロ店が、 新台入替を頻繁に行っているのは、 それしかアピールする方法がない というのも理由の1つです。 これまでの規制で、 「イベント日」や「高設定投入」をうたって、 実践者の射幸心をあおる 広告や告知ができなくなりました。 来店動機となりうる、あおり文句を ことごとく禁止されたパチスロ店に、 残された最後のアピール方法が 「新台入替」なのです。 パチスロの台が新しくなったことで、 「入れ替え初日は、サービスで、 高設定にしているかもしれない」 という気持ちで 来店してくれるお客さんに、 期待している側面もあります。 「新台入替」をしないと飽きられる もうひとつの大きな理由が、 「新台を入れ続けていないと飽きられるから」 パチスロ店の、経営状況にもよりますが、 何か月も、新台を入れることなく、 営業を続けていると、 店に、 新鮮味がなくなり、 飽きられる可能性もあります。 時に、台の配置を変え、 見た目だけでもリフレッシュすることで、 店に対する、マンネリ感も薄らぎます。 実践する側からすれば、 毎週のように行われる新台入替に 飽き飽きしていて、 「そこまでしなくてもいいんじゃないの?」 と思うところもありますが、 店側としては、 「これしかアピール方法がない」 「やらなければ店は終わりだ」 と、脅迫感に近い感じで、 新台入替を、毎週実施している 店舗もあるくらいです。 1回あたり、 10台程度の入れ替えであっても、 数百万円のお金がかかり、 その費用は、結局のところ、 実践者に降りかかってきます。 新台を実践できる という楽しみもありますが、 飽きがこない程度まで 入れ替えの頻度を落としても 問題はないでしょう。 むしろ、 新台入替にコストをかけるなら、 高設定を使って、 お客さんに還元していった方が、 店の利益につながるのではないか といった声もあります。 新台入替は想像以上に面倒くさい 新台入替には、様々なやり方があり、 例えば、 検定切れギリギリの パチスロ台を導入しても新台入替になります。 新品のパチスロ台だけが、新台ではないため、 新台入替という言葉を使いたくて、 安い機種を導入することも 1つの手として考えられます。 この、新台入替は、結構面倒で、 店舗側としては、何かと頭を悩ませます。 まず、 検定通知書を入手しなければ 入替は行えず、実際に導入する場合、 店内のどこに設置するか、 それも明示しないといけません。 なんでもかんでも、 設置すればいいわけではないので、 そのレイアウトも 新台入替で検討していきます。 新しく設置する台がある以上、 撤去する台もありますが、 稼働率や、利益率を加味した上で、 どの台を撤去するかを 決めなければなりません。 お金もかかれば、手間もかかる、 それが新台入替の実態です。 新台入替ばかりする店舗は勝てない? スロッターの中には、 「新台入替を連発させる店はあまり勝てない」 という説を、流布する人がいます。 その人曰く、人気機種を導入するのに、 結構なお金が、かかるからというもの。 例えば、 『リゼロ』という機種、 一時期は、中古で100万円を超えていましたが、 新パネル導入もあって、 その価格は80万円程度になっています。 といっても、 1台で80万円もするので、 5台導入しようとすれば、 それだけで400万円です。 もし、毎週のように、 この規模の新台入替を行えば、 1か月で1,000万円単位の お金が飛んでいきます。 これらの経費を回収するために、 利益を求めることになります。 新台入替を行った当日は、 設定が甘いかもしれませんが、 翌日からは 設定が厳しくなる可能性が高いです。 リセット狙いで、 通い続けるのも手ですが、 基本的には、新台入替をすれば、 それだけ体力 資金 を使うため、 どこかで回収をするわけです。 スロッターが唱える説は、 あながち間違いとは言い切れません。 郊外と激戦区では新台入替の意味合いが違う? 新台入替を頻繁に行う 激戦区と、 あまり行わない 郊外のパチスロ店では、 新台入替事情が、大きく異なります。 郊外のパチスロ店、 例えば、地方にあるようなところだと、 いつ行っても大混雑という店舗も目立ちます。 常連ばかりが、パチスロを実践し、 設定など、お構いなしに打ち続けるわけで、 そうなると、新台入替の必要がなく、 下手に、 馴染みの台を撤去するリスクが怖いぐらい。 入れ替えるにしても、中古にしておけば、 費用をかけず、お客さんに還元できます。 しかし、 繁華街などの激戦区は、 そんな悠長なことは言ってられません。 例えば、毎月のように、 1,000万円以上のお金を新台入替に使うとしても、 大手チェーン店であれば、 大した額とは言えません。 でも、 中小のパチスロ店にとっては、 かなり勇気のいる額です。 経営的な体力 資金 の違いが、 回収時期に、大きな影響を与えます。 そのあたりを踏まえて、 お店に足を運んでみましょう。

次の