今後のご活躍をお祈りしております。。 益々のご活躍の使い方ですが目上の方にに対してはダメなのでしょうか?

祝電、人事(昇進・栄転・その他)電報の例文・文例集|【電報サービス】VERY CARD 法人専用

今後のご活躍をお祈りしております。

「ご活躍」の意味とは?どんなときに使う? 「ご活躍」の意味は「活発な行動や成果」 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけて丁寧にした言葉です。 「活躍」には、「めざましく活動する」や「勢いよくはねまわる」などの意味があります。 ビジネスで使われる「ご活躍」は、主に仕事での活発な行動や成果のことをいいます。 「ご活躍」は締めの言葉や挨拶で多く使う 「ご活躍」はビジネス文書やビジネスメールの締めの言葉、挨拶で使うことが多い言葉です。 特に退職や転勤などで遠方に行く方などへエールを送る場合に使います。 新しい職場で活躍することを応援しているという気持ちを込めて、「ご活躍を応援しております」や「益々のご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「ご活躍」は目上の人に使える? 「ご活躍」は目上の人に使える尊敬語 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけた尊敬語です。 相手を持ち上げる表現ですので、目上の人に使うことができます。 ただし、「ご活躍を期待しています」など、後ろにつける表現によっては上から目線の発言と感じる方もいます。 「期待している」は、目上の人が目下の人に対して使うことが多い言葉ですので、「ご活躍をお祈りしています」などに変えて使うとよいでしょう。 「ご活躍」は目下の人にも使うことができる 「ご活躍」は、相手を持ち上げる尊敬語ですので、目上の人に使う表現です。 しかし、相手に敬意を表すという意味で上司から部下などの目下の人に使うことも多くあります。 立場にかかわらず相手に敬意を払うことは悪いことではありません。 目下の人や同じ立場の人など、いろいろな場面で使うことができる言葉ですので、覚えておきましょう。 「ご活躍」を使ったフレーズと例文 「ご活躍」は決まったフレーズで使われることも多い単語です。 使われる場面に合わせて紹介しますので、ぜひ使ってみてください。 締めの言葉「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」 ビジネス文書やビジネスメールでよく利用される締めの言葉に「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」があります。 これは「これからも頑張ってください」ということを伝えるフレーズで、退職や転勤をする人への挨拶に使われることが多いです。 年賀状におすすめ「益々のご活躍をお祈り申し上げます」 年賀状の挨拶にも「ご活躍」を使うことができます。 例えば「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」はよく使われるフレーズです。 新しい一年を、昨年よりさらに活躍できるようにとエールを送る言葉です。 現在の活躍を称えるときは「ご活躍を拝見」 「ご活躍」は、これから活躍することを応援する場面で使うことが多いですが、現在の活躍を称えるときにも使うことができます。 例えば「いつもご活躍を拝見いたしております」や「ますますご活躍のことと存じます」などの表現がよく使われます。 ビジネス文書の冒頭の挨拶にも使うことができますので、覚えておくと良いでしょう。 退職や転勤する方に使うフレーズ「新天地でのご活躍」 退職や転勤をする方に使うフレーズとして「新天地でのご活躍」があります。 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」などの表現がよく使われます。 「新天地」とは、新しい場所や環境のことをいいます。 退職や転勤をすることで仕事の場所や環境が変わりますので、「新しい場所や環境で頑張ってください」ということを伝えるフレーズです。 「ご活躍」と「ご健勝」「ご発展」の使い分け 個人へは「ご活躍」会社へは「ご発展」 「ご活躍をお祈りしています」などの表現は、個人へ対して使う表現です。 相手が会社や団体などの場合には使うことができません。 会社や団体に対しての挨拶には、「ご発展」や「ご盛栄」などを使いましょう。 健康には「ご健勝」成果には「ご活躍」 締めの挨拶でよく使われる表現に「ご健勝」があります。 「ご活躍」と同じように、相手を応援したり、気遣う気持ちで使う挨拶の言葉です。 「ご健勝」とは、「身体が丈夫で健康」という意味ですので、「ご健勝をお祈りしています」という挨拶は、「健康でいてください」という意味になります。 ビジネスでの成果を応援する「ご活躍」とは少し意味が異なりますので状況に合わせて使い分けましょう。 まとめ 「ご活躍」は、ビジネス文書やビジネスメールの挨拶で使われることが多い言葉です。 特に、退職や転勤をされる方に「がんばってください」と伝えるときに便利な言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。 遠方に行かれる方であっても、何かの縁でその後、長いお付き合いになることもあります。 お互いによい印象を残しておきましょう。

次の

「お祈り申し上げます」とは?目上や病気の人・メールでも使える?類語・英語表現も確認

今後のご活躍をお祈りしております。

「ご活躍」は、「活躍」に前頭詞の「ご」をつけて丁寧な表現にしています。 「ご活躍」という言葉自体は 丁寧な表現なので、 誰にでも使える言葉です。 ビジネスメール、文章やスピーチの挨拶文に使われることが多く、主には文末の締めの挨拶でしょう。 まれに、文頭の挨拶に使う場合もあります。 また、 一般的には「ご活躍」は個人に対して使うべき言葉と言われています。 ビジネスメールで使える「ご活躍」のフレーズ・例文集 「ご活躍」には、いくつかのよく使われる決まったフレーズがあります。 頑張ってください。 との激励の意味を込めて使います。 ・ご活躍を楽しみにしています。 目下から目上の相手に言うには、失礼な表現なのです。 「ご活躍を期待(楽しみに)しております。 」は、目上や上司には使わないようにしましょう。 「ご活躍をお祈りいたします。 」丁寧に言うのであれば「ご活躍を祈念しております。 」となります。 「ご活躍」のまとめ 「ご活躍」はだれにでも使える言葉ですが、 「ご活躍」+「期待」・「楽しみ」は目上の人には使わないようにしましょう。 類語の「ご隆盛」「ご隆昌」「ご発展」は企業や団体に対して、「ご健勝」「ご多幸」は個人に対して使います。 以上のことを踏まえれば、相手に好感をいだいていただけるような言葉づかいになります。

次の

テンプレートのお祈りメールを例文と共にまとめて紹介!

今後のご活躍をお祈りしております。

「目上に当たる取引先の担当者が異動した」というメールへ返信するという場面での「ご活躍」を使った例文をご紹介します。 あまり面識のない相手からも異動のメールが来るかもしれませんが、メールへの返信は早めに行うようにしましょう。 ご多用の中、異動のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 あらためてお礼を申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 ビジネスメールは即返信が基本です。 もし関係の深い人やお世話になった人であれば、電話を入れたり、先方に寄る機会に合わせて直接お礼を伝えることができると理想的です。 また、顔を見れないメールだからこそ、例文にあるように具体的なエピソードも入れて心のこもった文章にしましょう。 社内における移動の挨拶では口頭であったりメールでのやり取りが主体になっていますが、社外の取引先の人から移動の挨拶の手紙が届くことが稀にあります。 手紙の返信なので「拝復」という初めの挨拶や時候の挨拶も交えながら例文をご紹介します。 このたびは、支店長にご栄転の由、心よりお祝い申し上げます。 新任地での 益々のご活躍をお祈り申し上げます。 本来ならば、お目にかかってお祝いを申し上げるべきところでございますが、まずは書中にてご祝詞申し上あげます。 敬具 手紙での異動の挨拶へのお礼は口頭やメールよりも丁寧な言葉遣いになります。 相手の手元に残ることも十分考えられるので、二重敬語になっていないか、「拝復」「敬具」といった手紙独自の表現に注意して書くようにしましょう。 朝礼では異動のご挨拶をいただき、ありがとうございました。 今まで3年間大変お世話になりました。 時には厳しく、時には優しくご指導いただき、社会人としてここまで成長することができました。 本当にありがとうございました。 急なことで大変寂しく思いますが、これからも 益々のご活躍を祈念しております。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 上司が突然異動になるケースも少なくありません。 そのような場合は「突然のことで非常に驚きましたが」や「急なことで寂しく思います」などの表現を入れるとありきたりで定型文のような文章という印象から、自分の気持ちを表現しているという印象を持たれるでしょう。

次の