耳 を すませ ば 実写。 耳をすませば実写化に批判殺到!キャストや設定が合っていない?

耳をすませば(実写)映画のロケ地とエキストラ応募方法!撮影目撃情報も

耳 を すませ ば 実写

漫画およびアニメ映画として知られる「耳をすませば」が実写化されることが2020年1月14日に発表され、大きな話題を呼んでいる。 出演するのは女優の清野菜名さん(25)と俳優の松坂桃李さん(31)で、2人はダブル主演を務める。 実写版では、漫画や映画で描かれていた月島雫と天沢聖司の中学3年生時代と、その10年後が描かれるという。 同作は漫画家の柊あおい氏が1989年に漫画雑誌「りぼん」で発表。 その後、漫画を原作とするアニメ映画が1995年に公開された。 映画を製作したのはスタジオジブリで、故・近藤喜文氏の初監督作品(同時に遺作)として知られるが、実写化のニュースが広がる中で目立つのは特に、映画ファンからの声だ。 出演していないのにトレンド入りした高橋一生 ネット上に上がっている声の中で多いものが、今回の実写化と俳優の高橋一生さん(39)を結びつける声だ。 高橋さんは映画で聖司役の声優を担当していたことで知られるが、映画版のファンからは「耳をすませば実写版、高橋一生さんじゃないの?」「耳をすませば実写化と聞いて高橋一生か!?って思ったら違った」といった、聖司役が高橋さんではないことを残念がる声が相次いでいる。 また、これに加え、高橋さんがドラマ「カルテット」(TBS系)に出演していた際の画像を挙げつつ、「耳をすませば、高橋一生が個人的に何にも合う気がする」とツイートする向きも。 高橋さんは「カルテット」でビオラ奏者の役で出演していたが、「耳をすませば」で演じていた聖司は作中ではバイオリン職人を目指す姿が描かれており、2つの作品の相似性を指摘している。 また、「20年後の耳をすませばも見てみたかったりです」と、高橋さんの年齢を考慮し、描かれる世界が漫画と映画の20年後であれば高橋さんこそが適切であるとの声も上がっているほどで、映画版ファンの「高橋熱」は上昇する一方だ。 ツイッターのトレンドにも高橋さんの名前が一時ランクインした。 「やはり撮影は聖蹟桜ヶ丘でおこなわれるのかな?」 また、これとは別に上がっている声で大きなものが、京王電鉄の駅である聖蹟桜ヶ丘駅周辺の住んでいるとするツイッターユーザーの声だ。 同駅周辺は映画版製作の際にモデルとして想定されたとされており、ファンが「聖地巡礼」を行うことで知られている。 やはり、実写映画が作られるとの今回の発表により、これらの層が色めき立つ事態に。 あるアカウントは、「朝から耳をすませばがバズってると思ったら、実写化とか!!!学生時代に聖蹟桜ヶ丘に参拝行くほど好きな映画」と喜んでいる。 また、別のアカウントは「やはり撮影は聖蹟桜ヶ丘でおこなわれるのかな?耳をすませば実写版」と興味津々。 ほかにも、「耳をすませばが好きで聖蹟桜ヶ丘行ったの懐かしいなぁ。 映画公開されたらまたロケ地巡りとか出来そう? !」と、ロケが同駅周辺で行われると想定しつつ、早くも「聖地巡礼」に思いを巡らせるアカウントもあるほどだ。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

「耳をすませば」実写映画化 清野菜名が雫、松坂桃李が聖司

耳 を すませ ば 実写

スタジオジブリが1995年にアニメ映画化して人気を博した「」が、実写映画化されることが明らかになった。 柊あおい氏が89年に少女コミック誌「りぼん」(集英社)で発表した同名青春恋愛漫画は、98年に46歳で他界した名アニメーター・近藤喜文さんの長編初監督作としてアニメ映画化された。 読書が大好きな中学生・雫が、バイオリン職人になるという夢に向かって生きる聖司と出会い、徐々に距離を縮め思いを寄せ合うようになる。 平川雄一朗監督がメガホンをとる実写版で描かれるオリジナルストーリーは、「お互い、きっと夢を叶えよう」と誓い合ってから10年後、24歳になった雫が出版社で児童小説の編集者になっているという設定。 小説家になる夢をあきらめ、本を売るために必死な毎日をおくっている。 一方、夢を追い続けて海外で暮らす聖司との間には、いつの間にか距離が生まれてしまう。 10年後の雫に息吹を注ぐ清野は、「誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在できること、とても嬉しく光栄に思っております。 あれから10年。 雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています」とコメントを寄せた。 一方の松坂も、アニメ版を何度も見たと明かしたうえで「学生生活の日常にある歯がゆさや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。 あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。 僕もそうでした。 さらに、「平川監督とは初主演の作品『ツナグ』でガチガチに緊張していた僕にムチを打ちながら支えてくださった方。 監督のおかげで走り切ることができました。 その平川監督ともう一度組むことができる喜びと緊張感をかみ締めながら、撮影に臨みたいと思います」と語り、2月中旬のクランクインを心待ちにしている様子だ。 プロデューサーの西麻美氏は、名作を実写化することに悩んだというが「原作にある中学生時代に加えて、10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました」と明かす。 それでも、「雫役に清野菜名さん、聖司役に松坂桃李さんというおふたりが決まったことで、これは素敵な作品にできると確信しました」と話している。 なお、学生時代の雫と聖司をはじめとするその他の登場人物には、個性豊かなオールスターキャストが結集しており、後日発表予定。 ソニー・ピクチャーズと松竹が初めて共同で配給を手がける。 9月18日から全国で公開。 外部サイト.

次の

耳をすませばのその後(20年後)が閲覧注意級?猫の恩返しの関係性は?

耳 を すませ ば 実写

柊あおいの漫画『耳をすませば』が実写映画化。 9月18日から全国公開される。 1995年にスタジオジブリでアニメ映画化もされた『耳をすませば』は、読書好きの中学生・雫が夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿を描いた作品。 実写映画版は、原作の世界観を再現する「あの頃(過去)」と、オリジナルストーリーとなる「10年後(現在)」で構成される。 恋も夢も中途半端なまま大人になった10年後の雫役に清野菜名、同じく10年後の聖司役に松坂桃李がキャスティング。 監督は『記憶屋 あなたを忘れない』『約束のネバーランド』などの平川雄一朗が務める。 学生時代の雫役や聖司役、その他の登場人物役は後日発表。 清野菜名のコメント この度、映画『耳をすませば』で、月島雫を演じることになりました。 誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、とても嬉しく光栄に思っております。 あれから10年。 雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。 松坂桃李のコメント 「耳をすませば」はアニメーション映画で何度も見た作品です。 学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。 あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。 僕もそうでした。 平川監督とは初主演の作品「ツナグ」でガチガチに緊張していた僕にムチを打ちながら支えてくださった方。 監督のお陰で走りきることができました。 その平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、撮影に臨みたいと思います。 平川雄一朗監督のコメント 「耳をすませば」という沢山の人達が知っている原作の10年後を描くという実写映画化に 大変な緊張感とプレッシャーを抱えていますが、主演の2人を始めとするスタッフキャストの力を集結させ、原作の空気感をそのままに心温まる映画となるよう邁進したいと思います! 西麻美プロデューサーのコメント 私も大好きな作品「耳をすませば」を実写映画化しようと考えた時、とても悩みました。 ですが、実写映画の形を探る中で、原作にある中学生時代に加えて10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました。 そして、雫役に清野菜名さん、聖司役に松坂桃李さんというお2人が決まったことで、これは素敵な作品にできると確信しました。 中学生時代と大人時代を描く実写版『耳をすませば』、楽しみに待っていただけたらと思います。

次の