チャーハン 作り方 初心者。 チャーハンの美味しい作り方!おすすめの具材と味付けで絶対美味しくなる!|ココシレル

美味しいパラパラチャーハンの作り方。5つの裏技を試してみて、一番良かったのはコレでした!【まとめ】

チャーハン 作り方 初心者

カテゴリー:、 激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 おいしいチャーハン、つまりべたつかず、ポロポロとほぐれたチャーハンを作るコツは、とにかく火力! 火力! 火力! だ。 他にも細かなコツはさまざまにあるが、とりあえず強い火力さえ確保できれば、あとはいい加減でもおいしいチャーハンができてしまう。 しかし、家庭用コンロの火力は弱い。 つまり、家庭でおいしいチャーハンを作るのは難しいということになる。 しかしご心配なく。 以下の作り方で火力をキープすれば家庭でも十分においしいチャーハンを作ることができるのだ。 まずは長ネギと卵で作るシンプルチャーハンで、火力を保ちながらおいしく作るコツを習得しよう。 基本のチャーハンの材料( 1人分) A:よく知られているのは山田工業所の打ち出し中華鍋です。 打出しのため熱伝導がよく、また表面の凹凸のせいで焦げ付きにくいというメリットがあります。 しかし、家庭でチャーハンを作るにあたっては、普通の中華鍋で十分です。 家に鉄の中華鍋やフライパンがあるなら、買い直すことはありません。 なぜなら山田工業所の中華鍋の最も優れた点はその軽さ、そしてあおりやすさだからです。 あおると火力の下がる家庭用コンロではその良さは生かせません。 もしあなたが火力が強い業務用コンロを購入し、毎日のように中華鍋を使うのであれば、山田工業所の中華鍋の購入をお勧めします。 ガイドのワンポイントアドバイス 材料の中に冷たいものがあると、それを投入した際に鍋の温度が一気に下がってしまう。 鍋の温度が下がったら最後、あとはベチャベチャした油まみれのご飯ができるだけ。 そのために炒める前に冷たいものは温めておく必要がある。 卵は冷蔵庫から早めに出し、常温になるまで置いておく。 冷たいご飯を使う場合は電子レンジで加熱して温め、軽くほぐしておく。 温度が下がらないよう、できれば一人分ずつ作る。 それが無理でも同時に炒めるのは二人分までとし、三人分以上を一度に炒めない。

次の

初心者でも簡単でおいしいパラパラチャーハンの作り方

チャーハン 作り方 初心者

チャーハンと言えば中華系料理の中でもかかせない主役となっていて、ラーメン、ぎょうざともに合う料理!自分の中では王将で食べるチャーハン(炒飯)が好きで、ラーメンセットでついてくる以外にも単品でチャーハンだけを頼んだりする日もあり中華料理にはかかせない存在になっています。 そのチャーハンを自宅で作れたらいいなと思ったのが作ってみたきっかけで、実際数回作って見た所、意外と奥が深く火加減がかなり大事な料理にも感じました。 今回はただチャーハンを作るだけでなく、パラパラした感じの店風の物に近づける為に色々と試行錯誤した結果を紹介するので作る際の参考になればと思います。 ちなみに料理初心者でも簡単に作ることができるので、昼ご飯~夜ご飯まで時間がない時にもおすすめな料理です。 作り方さえ分かれば料理時間「約20分」もあれば完成! はっきりいってただチャーハンを作るだけなら簡単なものの、高度なパラパラ感のチャーハンは火加減(機材)や味付けの材料によっても変わり素人が作ろうとすると少しハードルは高くなってきます。 でも冷蔵庫にある物だけで比較的少ない材料で作れることから、作り方さえ分かれば後はアレンジや回数を重ねていけば店で出す物に近づけると思います。 チャーハンの材料・具材 チャーハンの材料と具材「一人前」 ベーコン 1袋の半分 タマネギ 半分 ピーマン 半分 長ネギ 1本の3分の1 紅ショウガ 少量 ご飯 茶わん一杯少し多め 卵 1個 醤油 適量(自分の場合は1周) 塩・こしょう 少々 鶏がらスープの素 大さじ1 材料は好き嫌いもあると思うので、自分の好きな具材などを選んでみるといいと思います。 ベーコン以外ではハムでもいいと思いますが、ベーコンは歯ごたえがあるのでおすすめ!ベーコンやハムは火を通さなくてもそのまま食べれる物(料理初心者なので焼かないと食べれないと思っていました。 )もあるので、袋の裏面をよく見てから料理してみてください。 画像にはカレーの粉も含まれていますが、今回は使用していません。 長ネギ以外は細かいみじん切りで、ベーコンは歯ごたえがあるくらいの大きさに切っています。 料理初心者でも包丁を使うのはこれくらいなので、簡単に切ることができると思います。 これは見た目の問題なので、そこまで重要ではありませんが完成したときにチャーハンらしさが出ると思います。 自分の場合はとあるレシピ通りにやっているので、卵の中にご飯を入れていますが、卵に醤油、鶏がらスープの素、塩、こしょうを混ぜた中にご飯を入れても順番はそれほど重要ではないように感じました。 自分の場合は醤油を1周まわす感じで入れていますが、醤油に関しては塩分をあまりとりたくない人は少なめをおすすめします。 香りだけでも結構おいしそうで、味は少し塩辛い感じになると思うので参考までに!おそらく初めて作ると、こんなにべちょべちょ感ある卵かけご飯のようなもので本当にパラパラ感が出るのか?と疑問に思うかもしれませんが、火を通していくうちに意外とパラパラしていきます。 自分の場合はブログで紹介するので見た目重視ということで、卵を少量入れています。 長ネギだけは炒めるとすぐに焦げてしまうことからご飯と具材を炒める最後に入れるので注意! だいたい具材に火が通ったところで、いったん皿に移し次の作業にうつりますが、火力が出るコンロ(業務用?)や料理に慣れている人の場合だとこのまま味付けご飯を入れて省略してもいいと思います。 これはやってみないとなんとも言えませんが、具材が焦げたりしないことを考えると具材を別に移してからのほうが確実かもしれません。 注意点はご飯を入れてすぐかき混ぜない事! 火が通り少し焦げ目がつくかつかないかくらいの所で、木じゃくしなどを使い表面をひっくり返すかんじで混ぜていきます。 よくお店で見る中華料理鍋で使うような金属のオタマがあればいいものの、一般家庭であれを持っている所もそうそうないと思うので木じゃくしを使用しています。 あの技は熟練度数が高いと実感! だいたいご飯に火が通った所で皿に移しておいた具材を投入!火力を中火くらいにして木じゅくしを使い混ぜ合わせるような感じで炒めていきます。 焦げないようにじっくりと炒めながら混ぜる感じを繰り返すとパラパラ感が出てくるので、少し味身をしてこしょうやしょうゆを付け足してチェックしてみてください。 炒め具合とパラパラ感を見て完成!おそらく料理に慣れていて早い人だと15分もあればここまで出来ると思います。 これは色々な料理にチャレンジして思ったことで、料理を始めた当初よりもかなり盛り付けにはこだわりを見せるようになりました。 特にチャーハンというと店で出されるのは丸い状態で出てくる事が多く、あれを再現しなければ見た目重視といえないので、実際にやってみました! 盛り付けポイント 盛り付けに使ったのは「おわん」で、出来上がったチャーハンをおわんにうつし少し押さえる感じにしてから皿でフタをしてひっくり返すとうまく出来上がります。 プロの人だと、中華鍋から金属オタマで丸く盛り付ける作業をおわんを使う事で見た目を再現することができるのでおすすめ! 自分の中では、チャーハンの上には紅ショウガという固定概念があるのと、好きなことからチョイス!見た目、的にかなりおいしそうなチャーハンの完成です。 チャーハンだけでは少し味気なかったことから、鶏がらスープでワカメスープを作ろうと思いましたが、ここでワカメがない事に気づきました!冷蔵庫を見るとコンソメがあったことからコンソメスープをチョイス! コンソメスープ コンソメスープは本当に冷蔵庫にある物だけで作りました。 時間は約10分もあれば出来るので、もしチャーハンと合わせたい場合は同時進行で作ってみるとせっかく作った料理が冷めなくてすみます。 ハーフベーコン• はくさい• コンソメ1粒• こしょう• ブラックペッパー コンソメスープの作り方(一人分) 水300ccを鍋で沸騰させてからコンソメ1粒を入れ、ザク切りにした具材を入れて火が通るのを待つだけ!白菜とベーコンの色と様子を見ながら煮込み、白菜のシャキシャキ感がなくなったのを確認してスープの完成。 ちなみにベーコンはそのままで食べれるタイプです。 後は器にうつしてから好みに合わせブラックペッパーとこしょうを少々付けたし完成となります!料理に慣れた人なら同時進行(自分は無理なので後からつくりました)も可能なので、スープを付け足すならコンソメもおいしいので選んでみてはどうでしょうか。 チャーハンを作ってみた感想 今回は中華の定番チャーハンを作ってみました!料理初心者が初めて作ってもうまくでき、冷蔵庫に入っている物だけで作れることからかなりおすすめです。 パラパラ感に関しては、数回作ってみるとわかると思いますが、火加減や醤油などの味付け材料(水気を減らす?)を工夫するとよりいっそう理想なチャーハンに近づけるように感じました。 アレンジも意外としやすく、普通のチャーハンにキムチを入れたりカレー粉を入れてみたりと色々と幅が広がりおいしさも楽しめる料理に思います。 おいしいチャーハンと言えばYOUTUBE動画でプロの方が作っているのを見ましたが、フライパンにひく油を鶏油(ちーゆ)に変えて、いの一番という調味料を入れるとお店のような味になるということです。 ちなみにちーゆという油を業務用スーパーで見てきましたが、売っていなく、いの一番(調味料)は普通のスーパーに売っていたのでまたチャレンジしてみたいと思います。 「チャーハン」は作り方さえマスターすれば簡単に作れる料理なので、参考にして作って見てはどうでしょうか。

次の

パラパラチャーハンの作り方 卵を先に混ぜる?!

チャーハン 作り方 初心者

おはようございます、samuraiです。 さて、皆さんはご家庭でチャーハンを作る時に気をつけているポイントはありますでしょうか? 最近では、お店のようなパラパラチャーハンが人気で、各レシピサイトでも数多く紹介されています。 ただ、チャーハンの作り方はわかっていても、肝心の ご飯をパラパラにさせるのが難しいみたいですね。 実は、そのコツというのはとても簡単で、以下の 3つのポイントをおさえておけば大丈夫なんです。 その 3つのポイントとは 1. ご飯は 炊きたてを使う 冷めている場合は電子レンジで 加熱する 2. 炒める前に ご飯と一緒に卵を先に混ぜておく 3. ご飯と卵は 混ぜ過ぎない へらで数回軽く混ぜる程度でOK 以上となります。 全然難しくないですよね。 この3つのポイントさえ守れば、 誰でも手軽に美味しいチャーハンを作れますよ。 では、早速その作り方について詳しくみていきましょう。 卵を先に混ぜて作る本格的なパラパラチャーハンの作り方 それでは、家でも簡単に作れるパラパラチャーハンの作り方について、紹介させて頂きます。 ご飯 温かいもの ・・・400g 卵・・・2個 エビ・・・50g 焼豚 チャーシュー ・・・100g ネギ・・・50g 塩・・・適量 こしょう・・・適量 しょうゆ・・・大さじ1 サラダ油・・・適量 1. エビ・焼豚・ネギを食べやすい大きさにカットする 2. 先に具材を炒めるためにフライパンに油をひく 3. エビ・焼豚・ネギを入れて軽く炒める 4. ボウルにご飯を入れて、その上から溶き卵をかけて軽く混ぜ合わせる 5. 具材を炒めたフライパンに油をひく 6. 卵ご飯を入れてから、具材を入れて素早く炒める 7. 塩・こしょうで味付けをする 8. 最後にしょうゆを鍋の中央から入れて、更に炒めて完成です どうでしょうか。 実際に、筆者もこの通りに作ってみましたが、 結構簡単に出来ますよ。 先程も紹介しましたが、チャーハンをパラパラにする 3つのポイントをしっかりおさえておけば失敗する事もないでしょう。 ここで、もう一度おさらいしておくと 1. ご飯は炊きたてを使う 冷めている場合は電子レンジで加熱する 2. 炒める前にご飯と一緒に卵を先に混ぜておく 3. ご飯と卵は混ぜ過ぎない へらで数回軽く混ぜる程度でOK そして、皆さんがよく疑問に思われるのは、チャーハンってご飯を炒めるものだから 冷やご飯の方が適しているのではないかという点です。 ただ、これにも理由がありまして、チャーハンをパラパラにする上で一番重要なのが フライパンの中の温度が下がらないようにする事なんです。 なので、少しでも 温かいご飯を使う事で温度低下も防げますし、 炒めているうちにご飯の水分も飛んでよりパラパラになるというのがポイントですね。 また、温度を下げないために、 フライパンを振らないのも重要です。 よく、中華の達人が中華鍋を振っているイメージがあるので何回も振る方もいると思いますが、 フライパンを火から離す事でも温度低下につながりますので、絶対に フライパンを持つ手は動かさないようにしましょう。 それから、最後に入れる香りづけのしょうゆについてですが、こちらは フライパンの中央から入れて下さい。 もし、鍋肌 なべはだ から入れてしまうと、 しょうゆが焦げやすくなり苦みがチャーハンに移る可能性があるのです。 ですので、この点も頭に入れておいて下さいね。 味付けに鰹節を使って作るチャーハンとはどういうものか? ここでは、近年話題となっている 鰹節を使ったチャーハンについても、そのレシピを簡単に紹介していきたいと思います。 ご飯・・・300g 豚挽き肉・・・100g 卵・・・1個 ネギ・・・50g 鰹節・・・5g しょうゆ・・・大さじ1 ごま油・・・適量 1. ネギをみじん切りにする 2. 温かいご飯に卵を入れて軽く混ぜ合わせる 3. フライパンにごま油をひく 4. 豚挽き肉を入れて炒める 5. 火が通ったら鰹節を入れて挽き肉に絡める 6. しょうゆを入れて香りを立たせる 7. 先程混ぜ合わせた卵ご飯を入れて炒める 8. 最後にネギを入れて軽く炒めて完成です いかがでしょうか。 とても簡単ですよね。 こちらも、筆者が実際に作ってみましたが、非常に美味しく出来ました。 それと、作る前は 鰹節としょうゆだけの味付けだけでは足りないのではないかと思いましたが、十分 香ばしいチャーハンが出来上がりますよ。 また、先述したように しょうゆは鍋肌から入れると焦げてしまい苦みが残ってしまいますので、 フライパンの真ん中から入れるようにして下さいね。 パラパラチャーハンの作るコツとレシピについて-まとめ- 今回は、 パラパラのチャーハンを作るために卵を先に入れる方法と、 鰹節を使ったチャーハンのレシピについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 とにかく、パラパラのチャーハンにするには 3つのポイントをおさえておけば大丈夫ですので、是非皆さんも試してみて下さいね。 また、鰹節のチャーハンって初めての方にはなかなか想像出来ないかもしれませんが、今までより 香ばしいものが完成しますので、こちらも併せて作ってみてはどうでしょうか。 今回の記事は以上となります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の