大学 受験 英語 変わる。 新たな受験英語?!大学入試改革と英語教育の変化

【大学受験2021】現高2生の入試はどう変わる?英語民間試験導入見送りの影響

大学 受験 英語 変わる

英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入について、2019年11月1日、文部科学省より延期の発表がありました。 本記事については記事掲載時点の情報である旨をご留意いただけますようお願い申し上げます。 英語は、文系理系を問わず、多くの大学・学部において主要な入試科目。 センター試験や個別試験で必須とされることが多く、配点も高い教科です。 また、2020年度大学入試改革に伴い、英語の「民間資格・外部検定」を既に入試に活用している大学も増加しています。 今後、大学入試の英語はどう変わっていくのでしょうか? 英語は単語、文法だけでなく、読解力・記述力も必要になる 日本の英語教育が大きく変わろうとしていますね。 大学入試までにどれくらいの英語力をつけておけばいいのか、不安になります。 大学入試では、どのような出題傾向があるんでしょうか? 近年の大学入試において、英語の出題傾向としてはこのような傾向があります。 難関大学では、読んだ英文の内容について意見を書く出題も増えています。 今までの英語の対策では、とても手に負えない感じがしますね。 今までどおり、単語量・語彙力を強化すること、文法を身につけることは大前提です。 ただし、そこに加えて、制限時間内に長文を読むための速読力・読解力、文章を構成して書く記述力・表現力なども必要になってきていますね。 「民間資格・外部検定」をすでに活用している大学も 2020年の大学入試改革では、今までの「聞く・読む」に「話す・書く」も加えた英語4技能が評価されるように変わるのですよね。 そうです。 これまでのセンター試験は廃止され、かわりに2021年1月から実施される「大学入学共通テスト」では、英語4技能をバランスよく身につけていることが求められます。 4技能の力を測るための民間資格・検定試験の受験も必要になってきます。 まだ、どのような資格や試験が、どのように活用されるのかが、よく理解できていないのですが…。 民間資格・検定試験は、英検やGTEC、TOEICなど8種類が認定されています。 大学受験する年度の4月~12月までの間に受けた資格・検定試験のうち、2回の得点が出願大学に送られるという仕組みです。 どのように活用するかは、大学によって異なるのですか? もう既に、民間資格・検定試験を一般入試や推薦・AO入試に活用している大学が増えています。 例えば「GTEC CBT」であれば、2017年度入試では139大学、2018年度以降の入試では243大学が、書類審査や試験の代替、出願基準、加点、みなし得点化などに活用しているんですよ。 自分が行きたい大学や学部で、どのレベルの英語力が必要なのか、調べておかないといけなくなりますね。 そのとおりです。 民間資格・検定試験の活用方法は大学・学部によって異なるので、あらかじめ、志望大・志望学部が、英語4技能をどのレベルまで求めているのか、出願基準等で外部検定試験のスコアを活用するのか、どの資格をとっておけば有利になるのか…など、情報収集がますます重要になってきますね。 かなり高い英語力が求められるのでしょうか? 得点や試験の形式は、民間資格・検定試験によって異なるので、CFER(セファール)という国標準規格によって一定基準化してから、入試に活用されます。 一般的に求められるレベルは「高校卒業時にCEFRのA2〜B1レベル以上をめざすこと」とされています。 レベルA2は身近な範囲での日常会話ができる程度、レベルB1は旅行時、起こりうる大半の情報に対応できる程度で、英検でいうと、A2は準2級、B1は2級に該当すると言われています。 なるほど…早いうちからの情報収集や対策が必要ですね。 受検英語が苦手な人は、まず単語力を強化しよう 英語がこの先、ますます重要になることはわかったのですが、英語が苦手な子にとっては、なかなか苦しい状況ですよね。 大学入試だけでなく、グローバル化が急速に進むこれからの時代、「英語が使える」「英語でコミュニケーションできる」ということはとても重要になってきます。 英語に苦手意識がある人は、苦手だからといって放置せず、基礎力をつけるところから対策を始めるとよいと思います。 苦手教科だと、どこから手をつけていいかわからなくなるんですよね…。 英語が苦手な人の特徴として、まずあげられるのが、英単語や慣用句の知識が不足していることです。 単語力なしに英語の力は伸びません。 でもつい、単語より、過去問をたくさん解いて実戦力を積んだほうが早い感じがしてしまうんですよね。 でも、単語を知らなければ長文読解もリスニングも理解できませんよね。 これから重視される「聞く・読む・話す・書く」の4技能を身につけるにも、そもそも単語を知らければ力は伸ばせません。 「知らない単語が多くて問題の意味がつかめない」という自覚がある人は、単語量を増やすことが大切です。 単語量を増やすだけで、英語の理解度がぐっとアップしますよ。 具体的に、単語量を増やすためのオススメの対策法ってありますか? なるべく高校2年生頃まで、遅くても高校3年生の夏休み頃までをめどに、大学入試用の英単語帳を1冊終えておくといいでしょう。 自分のレベルに合って使いやすいものを探してみてください。 単語を「1日15分ずつ」「1日5個ずつ」など目標を決めて暗記し、加えて長文問題などでわからなかった単語や言い回しがあれば、ノートにまとめていくようにしましょう。 なるほど、知らない英単語が減れば、英語の長文でも英文法の問題でも、解きやすくなりますね。 そうすると精神的にも、少し余裕ができそうです。 ちなみに、文法の基礎はどうしたらよいですか? 文法の基礎が身についていない場合は、基本的な英文法をひととおり網羅した、なるべく「薄い」問題集を1冊選び、一冊をくり返し解いて基本を身につけるといいでしょう。 基礎を身につけた上で、これからは英語4技能を意識した対策や、早め早めの情報収集をしていかないといけないですね。 入試での英語の評価方法が変わり、今までとは異なった対策が求められています。 まずは単語・文法の基礎を固めてから英語4技能をやろう、と思っていると時間が足りなくなってしまう可能性もあります。 また、高校受験でも、偏差値を重視した高校選びではなく、その高校が大学入試の新ルールへどれだけ対応しているかを知る必要があります。 ですが、学校のホームページや資料を見ただけではわからないことも多いです。 そんな時は、学校説明会へ足を運んでみるか、進路教務の知識が豊富な個別指導塾へ相談してみてください。 東京個別・関西個別では、ベネッセグループの圧倒的な情報力で、1人ひとりの目標達成に向けた最適な学習プランを提案します。 ぜひ一度相談してみてください。 英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入について、2019年11月1日、文部科学省より延期の発表がありました。 本記事については記事掲載時点の情報である旨をご留意いただけますようお... とある街の商店街にいつの頃からか喫茶店を開いていたが、地元の人間ではない。 かつてカリスマ講師として塾・予備校業界では有名だったようで、主婦たちの子どもの学習に関する相談にいつも的確なアドバイスを返している。 なぜ彼が講師をやめて喫茶店を開いたのか、そういった過去については積極的に話そうとしない。 時おり店にかかってくる電話、予告なく訪れる休業日などから察するには、常連でもわからない事情があるようだ…。 物静かな四堂とは対照的な、まさに「陽気」という表現がピッタリの女性。 子どもはすでに大学生で、時間的にも余裕があるので、喫茶店でパートを始めたらしい。 どうやらマスターの事情について把握しているようなのだが…。 美香 中学生の男の子2人兄弟の母。 さっぱりした性格で、2人の兄弟には自由に育ってほしいと思っている。 運動部に所属する2人の応援でいつも忙しくしているが、部活動中心の生活を送る2人の成績に少し不安を覚え始めている。 優子 中高一貫校の私立中学校に通う一人娘を持つ母親。 私立中学校ならではの勉強スピードに娘がついていけるかどうか心配している。 理恵 中学1年生の女の子と小学5年生の男の子を持つ母。 教育熱心で、本当は上の娘を私立中学に入れたかったが、残念ながら叶わず。 高校こそ、有名私立校に入れたいと思っており、情報収集に余念がない。

次の

大学受験準備英語|英語が苦手な人が最初にやるべきことは『シス単』と『大岩』

大学 受験 英語 変わる

アクシブブログは、 「スマホ体質を学習体質に。 」をコンセプトに 「たった2ヶ月で人生を変える塾」として 高校生・高卒生のみを対象にした大学受験専門の塾が運営する大学受験メディアです。 私立大学に行こうと思うんだけど私立にも共通テスト影響するのかな?」 あなたはこうお悩みではありませんか? 大学入学共通テスト導入により、国公立大学を2020年度入試以降にうける受験生は、「今までの勉強と変わるのかな?」と不安に思っているケースが多いと聞きます。 その反面私立大学を受験する受験生や推薦入試等をメインで考えている受験生には大学入学共通テストは影響がないようにも感じます…。 今回は、私立入学を考えている人に共通テストは本当に影響がないのか考えていきます。 大学入学共通テストと私立入試 さて、2020年度には大学入学共通テストが導入されます。 現在のセンター試験が、思考力や判断力等を測るために大学入学共通テストに変わるのです。 それに伴って、国公立入試をうける受験生は共通テストの対策が必須となります。 では、私立入試をうける、私立大学受験生への影響はあるのでしょうか?大学入学共通テストが私立入試に与える影響として以下が考えられています。 センター利用入試とは、各大学の方針によりけりですが、大学によっては、センター試験の特定の科目の得点の割合のみで合否を判定する入試方式です。 例として「青山学院大学 理工学部 化学生命科学科」 を紹介します。 参考: このように、センター試験の得点を入試に使用し、センター試験の特定の科目の得点率が大体90%を超えれば、大学にわざわざ受験しに行くことなく合格できます。 大学によって、センター試験の得点だけでなく、独自に各大学で出題される特定の問題を解いて、それらの得点の合計点で合否を分ける入試などもありますが、センター利用入試等はセンター試験を受験している人にしかチャンスがない入試でもありました。 これらの入試がセンター試験がなくなることで、廃止されるわけではないようです。 これも各大学の方針によるのですが、センター試験利用入試の代わりに共通テスト利用入試に変わる大学もあるそうです。 受験生の方は各自自分の受験大学の入試方式を調べることをオススメします。 例えば、「明治大学」では、例えば経営学部において2017年度入試から、「英語資格や検定試験を活用する『英語4技能試験活用方式』入試」を導入しました。 入試当日の「英語等の外国語の試験」を免除して、スコアに応じた得点を加点します。 「立教大学」では、一般入試の中で「グローバル方式」とよばれ、学部・学科ごとに指定された英語資格や検定資格の合格給やスコア基準を満たすことで、立教大学独自の試験(英語)が免除されます。 2020年度では、民間の英語検定や資格等を大学入学共通テストには利用しないことが明らかになっています。 しかし、私立入試の一部では一般入試等で英語を受験する代わりに民間の英語検定の合格証やスコア表を提出することで、英語以外の2科目の成績で合否判定をしてもらえるなどの入試方式があるようです。 参考: 弊社でもMarch(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)の受験で英語民間試験が利用できる入試方式などを調べた記事を作成しています。 よければそちらもご覧ください。 大学入学共通テスト導入の背景として、今までの知識を測る問題だけでなく、思考力・判断力・表現力を重視した問題を出題するためだったという要因があります。 そのため、思考力・判断力・表現力をより尋ねるような問題も出題される可能性があるのです。 その一方で、私立大学によってはすでに、思考力・判断力を測るような出題となっている可能性もあるため、一概には言えない部分もあります。 いかがだったでしょうか?大学入学共通テストを受験しない私立大学受験生にも、影響があるかも知れない状況がイメージできましたでしょうか?例えば、外部試験ですでにスコアを持っていれば、英語を受験せずに2科目受験となる大学もあるかもしれませんし、大学入学共通テストの導入で、私立問題の各科目の出題の傾向が少しずつ変化が現れる可能性もあるのです。 各大学の例 注目される独自の入試方式|私立大学編 続いて、各大学で外部試験を利用したり等独自の入試方式が注目されています。 これらについていくつかの大学を例に説明していきます。 2021年度の入試方式について「2020年1月現在」でわかっていることをお伝えします。 TEAPとよばれる試験、「アカデミック英語能力判定テスト」受験の上で、各学科が指定している基準スコアを満たしていれば出願できます。 TEAPとは、試験日程は7月、9月、11月の年3回行われ、主要都市11都市で試験が行われています。 参考: 弊社では上智大学と共通テストの関連についてまとめた記事も執筆しています。 よければこちらもご覧ください。 立教大学では、一般入試の「グローバル方式」と大学入試センター試験利用入試において外部試験を導入しています。 すべての学部で英語資格検定資格を活用した制度を導入しています。 全学部日程では本学独自の英語の試験はなく、英語以外の筆記試験により学力を図ります。 スコアについては、詳細はに書かれています。 弊社では上智大学と共通テストの関連についてまとめた記事も執筆しています。 よければこちらもご覧ください。 「英語検定試験活用型」とよばれる入試です。 この試験では、英語検定試験において一定のスコアを有していることが出願条件になります。 英検でいうと準一級以上等条件は厳しいと言われているのですが、英検等を持っていることで受験のチャンスが広がる可能性があります。 今後も各大学の動向を見ていく必要があります。 まとめ いかがでしたでしょうか?私立大学志望だから、大学入学共通テストは私には関係ない…というわけではなく様々な面で影響がありそうです。 とはいえ、これらの情報を予め知っておくことで、受験まで何を勉強すればいいのか戦略的に考えることも出来ます。 私たちアクシブアカデミーでは、無料で受験相談にのっております。 悩んでいる受験生の皆さまがいましたらお気軽にいただけたら嬉しいです。 アクシブアカデミーについて アクシブblog予備校では受験に役立つ情報を随時更新しています。 また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。 アクシブアカデミーに興味のある方はぜひからお問い合わせください。 関連する記事•

次の

大学入試改革で英語はどう変わる?

大学 受験 英語 変わる

【2020年1月17日・最新情報を追加しました】大学入試センター試験が、2020年1月(2019年度)の実施を最後に廃止され、2020年度(21年1月に実施)から新テスト「大学入学共通テスト」に移行する。 文部科学省は国語と数学に記述式問題を導入し、英語民間試験の成績を入試に利用する新たな仕組みを設ける予定だったが、制度の不備から共に取りやめた。 結局、何が変わるのか。 ポイントをQ&A形式でまとめた。 Q なぜセンター試験が廃止されるの? A 1990年に始まったセンター試験は、マークシート式でありながら、「暗記だけでは解けない、考えさせる設問がある」と高校の先生の間での評価が高かった。 だが、国は「先行きが予想しづらいこれからの社会では、知識の量だけでなく、自ら問題を発見し、答えや新しい価値を生み出す力が重要になる」という考えから、思考力や判断力、表現力をより重視した新しいテストに衣替えする方針を決めた。 大学入試センターは、2017年度と18年度に本番に備えた試行調査(プレテスト)を実施して高校生に受けてもらい、その結果も踏まえて19年6月に問題作成方針を公表した。 現在は、本番の問題作成に入っている。 Q 何が変わるの? A 文科省のもともとの方針では、20年度からは、マークシート式(選択式)に加え、国語と数学の一部に記述式の試験を導入するはずだった。 英語はマーク式のテストも当面残しつつ、20年度から民間の検定試験を国が認定し、成績を入試に使う新たな仕組みを始める計画だった。 しかし、ともに制度への不備や不安が多く指摘され、文科省は20年度からの実施を取りやめた。 もともとの方針では、国語は、マークシート式とは別の大問を設け、80~120文字程度を書かせる問題を含め小問3問を出題するはずだった。 記述式は論理的な文章(評論文)か実用的な文章のどちらか、またはこれかを組み合わせた文章から出題される予定だった(マーク式は古文・漢文も含めて出題)。 文科省は、「 大学や社会生活で必要な問題発見・解決能力を評価することが重要」としていた。 試験時間は20分延ばす方針だったが、記述式の取りやめに伴い、試験時間や大問数の扱いは未定だ。 現行のセンター試験の数学では、問題を解くための構想から結論までの過程が問題文中にある程度示されているが、記述式を入れることで 問題解決の構想力を問いたい狙いがあるとしていた。 しかし、こちらも取りやめになった。 試験時間の扱いは未定だ。 Q なぜ取りやめに? A 文科省が新テストの方針を示して以来、課題は多く指摘されていた。 記述式問題の採点作業は大学入試センターが民間企業に委託する。 50万人以上が志願する共通テストで、公平に採点できるのか不安視する声は大学・高校の双方にあった。 記述式は採点に時間がかかるため、1月に実施するマークシート式の試験と試験日を分けて、数カ月早めることも検討されたが、高校側から前倒しに反対する声が強く、試験日は現行と同じく、1月中旬となった経緯がある。 Q 試験実施が早まるのは高校生には困るね。 A 高校の先生は「学校の行事や授業への影響が大きい」と心配する人が多かった。 時期については、年に何度か共通テストを実施し、受験生が受ける時期を選べるようにすることも検討されていたが、技術的な課題が多く、実施は先送りになった。 高校や大学の先生などが入った新テストの検討会議では、実現したい理想と現実的な課題のせめぎあいの連続だった。 文部科学省の「高大接続システム改革会議」。 左から2人目が安西祐一郎座長(2016年3月撮影) Q 英語の資格・検定試験はどう利用するはずだった? A 文科省は、 受験生に高校3年の4~12月に英検やGTECなど民間の資格・検定の中から国が認定した試験を受けてもらう考えだった。 センター試験で測ってきた「読む」「聴く」に加え、「話す」「書く」を含む「4技能」を評価するためだという。 録音機器を使って共通テストでスピーキングなどの試験を実施することも検討したが、約50万人が受験する試験での実施は不可能と判断したようだ。 しかし、実施が迫った2019年11月に入り、政府は一転して20年度からの実施を延期することを決めた。 制度に対して高校や受験生から不安が多く寄せられ、文科省側も不安解消のための対応を十分できなかったためだ。 Q 共通テストでの英語はどうなるの? A 20年度以降も共通テストでの英語の出題は存続する。 もともと文科省は共通テストでの英語は廃止し、民間の認定試験に一本化したい考えをにじませていたが、現在は民間試験を入試に使う仕組みを再構築するかどうかも含めてあらためて検討する会議を始めたところだ。 Q 結局何か変わるの? A マークシート式の問題は、出題の方法を工夫して、より「思考力・判断力」が必要なテストになるという。 日常生活や社会とのかかわりを重視した問題や、いくつかの文章や資料をあわせて読んで考える問題などが検討されている。 試行調査では、探究学習や実験を題材にした問題が多くみられた。 2022年度からは高校の科目の区分も大きく変える。 24年度からは新テストの出題科目も内容もさらに変わりそうだが、記述式や英語民間試験の取りやめにともない、その行方は見通せない。

次の