から つけ あっ きい なー な。 からつけあっきい

【道具】ルーフボックスで悩んでいる方必見!コンパクトカーにルーフボックスつけてみた!

から つけ あっ きい なー な

あいさつのとき... けそー 朝 こんにょー 夜 ばんつけー 夜 めっかりもーさん あいさつのことばで、おはようございます、こんにちは、こんばんは。 いい天気になったね すばたえよ・すばたおーからなー・すばたえなー・すばとーたろーが 忙しく動き回る様子。 一口で言うならば「バタバタ」すること。 会話をするとき... あったらしか・あったらしかなー もったいない、もったいないねー あれー あちらに。 使用例〜間違ったことをやってしまった時、心配して、あいや あいやと二回続けて言います。 あいたよーれ 疲れたときや急に痛くなった時に使う、あるいは立ち上がるときに使う あーいたよ 会話をしていて、話を終えるときに最後にこの言葉付け加える。 使用例〜ーーー今日も暑かったな、あーいたよ。 これは、女性のお年寄りが多く使っています。 これが使えると、立派な種子島人になれます。 また、「あーいたよ」と言いながら座るときにも使えます。 これは、男女共通です。 こたーなか・こたーなかよ 仕方ない、仕方ないかも こけー くんな・こけー むかのーな ここへ 来るな そけー いっきくらーよ・いっきくいから そこへ すぐ来るから なしかー、なしかーかいまー なぜ、どうして なにょーしょいと・なにょーしといと 何をしているの なんどこいじゃなか それどころじゃないよ じゃったもねーよ そうだろうよ、そうでしょうよ あばよ・あばい・あば・あーばよ 驚いた時に使う感嘆語。 ありょーいはず・しょーいはず 〜をやっていると思うよ、〜をしていると思うよ あっとよ・しょーとよ 〜は必ずあるよ、〜を必ずしているよ あよー・あよーまー・あよーまくてー うるさい、はがゆい時に使う しきー・しきーまー・しきーなー・しきーよ ほんとうに じゃっちゅー そうだろうか じゃろーかえー・じゃろーかよー・じゃっちゅーかえー そうではない じゃらーちゃー そうでしょうが じゃっとよー そのとおり じゃっとーちゃー じゃったでしょうが じゃんかちゅー そうだと思うが じゃったきらー・じゃったよ そうだった じゃろーかい そうだろうか じゃろ そうだよ、そうです、そう じゃろーが そうだったでしょう そいじゃからよ そうだと思う じょーじょーはすたれ・じょーじょーはすくらーよ ざまあみろ へっそろー ざまあみろ じゃばってんか だけれども なにょーしょっとかなー 何をしているのか たまるもんか・たまいもんか がまんできるものか じゃんかろー・じゃっちゅーか・じゃっちゅーかえー そうじゃない だいでかあんろー 誰か分からん どけーいった どこへ行ったの そわんまれ・そがんまれ そんなに しもーた・しもーたえー・ちょっしもーた しまった なんちゅーてー なにをいってるの なんちゅーたちゅーて 何を言ったところで わざいな たくさん 〜さなー・〜さねー 〜へ。 これは特に中種子で多く使われています。 やぜくろしゅー・やじぇくろしゅー・やぜくろーしか・やじぇくろーしか 相手がうるさく言うときに使ったり、自分自身が反発する時に使う にぎる・にぎられた おこる、おこられる ばかんげーたー 馬鹿なことを じゃーすろー、じゃーすろーなー 叩く時に使う しょのむ、しょのーで、しょのむな 自分に対してうらやましいことをいわれたときに使う言葉。 使用例 たとえば相手がちょっと強くうらやましいことをいってきたときに、こう答えます。 しょのむななー。 しょのむなよ。 しょのーで、そわんしていわんちゃろー。 かたぎる、かたぎんな、かたぎんなよ 自分の考えが正しく、事実でないことを理屈っぽく反対のことを言われたときに使う。 使用例 会話をしていて自分の考えが正しいことが分かった時に、「じゃろーが、おいがいうたとおりじゃったろうが、かたぎんなよ。 」と使います。 なまづらにっか、なまづらにっかなー 本当に憎たらしい時に使う。 人に関すること... わー・わごー あなたは おぜ あなた おらー・おい わたし どまー わたし ども わたし どん・どんが わたし、わたしの どし 友 だい 誰 わんたち・わんち・わんども お前たちのこと あがんし あの人たち わがっち お前たち ともだー 友達のこと おじー 夫のこと ばきー・ばじょー 妻のこと いやし・いやしかえー・いやしかなー 食べ物に目がない人のことをいう えずか・えぞか 働きのいい人のこと ばかんつれ ばか者たちのこと がーなか 弱虫のこと あっぽー・あっぴー 遊ぶこと くやしかえー・くやしかなー・くやしもっこー 容姿の悪い人のことをいう 男女とも共通 むぞか・むじょか かわいいこと 人や物に使ってもよい ちんぐーばー これは、主に幼児に対して前歯が2、3本欠けた状態のことをいう。 大人に使ってもよい。 この人を種子島弁で呼ぶとこうなります。 とっきゃぁいじょー、とっきゃぁいやん、とっきーあにょー、とっきーにょー、とっきょーにょー、とっきぉーじー こんな感じです。 あんどまー・あんども あの人たち こんどまー・こんども この人たち あんわろー あいつ、あの野郎 きょーだーぶら 兄弟のこと けなー・けなーぶら 親戚のこと はばしか 動作がすばやいこと ひやずか 弱々しいこと よっちり、よっちりもん 弱々しいこと或いは人をいう おんじょー 一般的にお年寄りのことをいう わがたち お前たち その他... ふえくさか・ふえんくさか 生臭い匂いがするときに使う ひったんがった・ひったまがった 驚いたときに使う いらんこと・いらんこっちょー 余計なこと。

次の

からつけあっきぃの最新動画|YouTubeランキング

から つけ あっ きい なー な

そんな「からつけあっきぃ」さんの 素顔や本名、年齢などのプロフィール、 彼女の存在についてや曲の歌詞についても 詳しく調査してみました! スポンサードリンク 「からつけ」は 辛いつけ麺のことだったんですね。 辛いつけ麺を「からつけ」と略すことを初めて知りました! 活動名にするくらいですから よっぽど好きなんですね~。 「あっきぃ」は本名から来ているのでしょうか? 「あきら」とか「〇〇あき」とかの 「あき」がつく名前なのかなと 勝手に想像してしまいます。 誕生日は1996年4月12日と公表しており 2018年現在 22歳なんですね。 誕生日だああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ — からつけあっきぃ(イモリ王子) akkkkiy 動画のテンション通りの若さで何となく安心しました! 笑 身長は178cmと高身長ですね! 小動物系を想像していたので 高身長なのは意外でした。 出身は東京だと本人が公表しています。 個人的に意外と出身が 東京の実況者さんは珍しい印象です! 事務所はE-DGEという 事務所に所属しています。 人気Youtuberの 「MEGWIN」さんや 「デカキン」さんが所属している事務所ですね。 ゲーム実況者なので、ゲーム実況に特化された事務所 なのかなと思いましたが、意外と普通のYotuberが在籍 している事務所に所属されているのですね。 ペットは 「むにちゃん」という メスの猫(マンチカン)を飼っています。 あっきぃさんに愛されてますね~w 趣味はバスケットボールなんですね。 Twitterにてこんな動画を見つけました。 素顔については後ほど詳しく迫っていきますが、 後ろ姿だけでもかっこいいですね! ゲーム実況をやっている人には見えません。 笑 Youtubeはじめたきっかけは、 「Youtubeに動画上げてたら、気が付いたらYoutuberになってた」 と答えており、 よく覚えてないようです! 笑 ゲームを実況やろうと思ったきっかけについては、 「ゲームが好きで喋るのも好きだから」 とシンプルに答えていますが ゲームが好きで喋るのも好きだったら ゲーム実況者という職業はまさに天職ですよね! スポンサードリンク 素顔は? からつけあっきぃさんは 実写動画の時は マスク着用が基本のようですね。 「Twitterにsnowを使って盛った顔写真を載せて 視聴者の人を騙して?すみませんでした!」 と頭を下げて謝罪していますが、 コメント欄を見る限り、視聴者的には 「どんな顔でもあっきぃの実況が好き」 「顔はどうでもいい」 と意外と素顔については気にしない派が多いようです。 これについては私も同意見で、 応援している実況者さんの素顔が イケメンだったらテンション上がりますが、 もし想像と素顔が違っても、その人の実況そのものが 嫌いになるなんてことなかなか無いですからねぇ。 最初からビジュアルで売っているアイドルならともかく、 楽しそうにゲームを実況する姿が好きで 動画を追いかけている訳ですから、 顔なんてどうでも良い、という 視聴者の声は心からの本音だと思います。

次の

ぷりっつの最新動画|YouTubeランキング

から つけ あっ きい なー な

お久しぶりです。 ズンダです。 私、を3120時間やることで、Xを達成しました。 今回はその報告と、そのやり方を紹介します。 を中心に人生を送っていた ブログ更新を止めて、スプラ2の時間を作った この数週間、全くブログを更新しませんでした。 前から紹介していたように、人間は何かを達成したいのであれば、よりもシングルタスクのほうがよい、ということがわかっています。 私は以前から、『』というゲームでウデマエXを目指すために精励恪勤にプレイをしておりました。 二月十四日、世間がバレンタインデーで騒いでいるときに、遂にでウデマエXになることができたのであります。 3120時間もかけてをXにした プレイ記録 これで私の成績は次のようになりました。 X 1000時間で到達 X 3120時間で到達 S ガチアサリ S 実に 3120時間かけて、です。 これは途方もない数字です。 以前の記事でも述べましたが、これだけゲームをしていれば難関資格でも取れてしまいます。 読者に伝えたいことー才能のないことはやるな!ー 多くの人はこんな時間をかけずとも全てのウデマエでXに到達しています。 たぶん、500~1500時間ぐらいあればいっているでしょう。 要するにこれが私ズンダの 「才能の限界」なのです。 3120時間かけないとXにいけなかった。 それが私の才能の 値だといってよいでしょう。 私はブログやにおいて 「才能のないことは、やってもムダ」 と何遍もいってまいりました。 これからも、このことは何度もいいたいと思っています。 「才能のないことをやってはいけません」 私のように馬鹿みたいに時間をかけるだけです。 他の人はもっと短い時間でウデマエをすべてXにしているのにもかかわらず、 こんな時間をかけてをXにしたところで何の意味も特もありません。 これが才能のないことに時間を費やしてしまう無意味さです。 意味があると言えば、 「才能がないことで頑張っても、殆どの人は評価してくれない」という現実を私が身を以て証明したことぐらいでしょうか。 たぶん、私が思っているようなことを書いてそうなので、楽しみです。 年末までウデマエがS+0で停滞していた ただし、とつぜん、ウデマエが上がり始めたことに関しては 一考の余地があることも事実です。 ウデマエXへいくにはS+というウデマエをぬけていかなければなりません。 S+0、1、2、3、4、5・・・10に到達してはじめてXになります。 要するに非常に長い道のりがあってはじめて、ウデマエXは可能になるのです。 実はS+0で割れないことが最も難しい。 私は12月31日までのウデマエはS+0でした。 この日を境にして、ウデマエがあがっていき、一ヶ月半かかってXになったのでした。 才能のない私ズンダに何があったのか? これこそS+0からXへいくことができない人たちがもっともしりたいことなのではないのでしょうか? S+までいって停滞している人をちらほらみかけます。 ここからXまでの壁は分厚く、絶望したり挫折したりしている人がいます。 S+0で停滞している才能がない人たちへ 才能がないことを自覚しようー自覚することから対策がはじまるー 先ほどから述べているように、私は「才能がない」ことはやめるべきだと思っています。 そして、これは悲観的だとか厭世的だとかそういうことではありません。 まず、 「現実を見よう」といっているだけです。 自分に才能があると勘違いして、有名プレイヤーの動画をみたり、真似をする必要などありません。 彼らの真似は 凡人にはできないということを自覚しましょう。 断るまでもありませんが、私は凡人を 馬鹿にしているのではありません。 凡人であることを自覚できないと、 〈余計に苦労するハメになる〉といいたいのです。 有名プレイヤーは「天才」の集まりであるー彼らの動画をみても上手くならないー 今まで、ウデマエXの最上位にいるような人たちの動画を見てはきませんでしたか? 彼らのプレイをみて、 楽しんでいるだけならば問題はありません。 しかし、 自分のウデマエを上げたいのであれば、彼らの動画をみても何の意味もありません。 なぜならば、あなたと彼らとの間には凄まじいほどの 「差」があるからです。 それは動画を見ただけでは埋まらない「才能」の途方もない 「差」です。 有名配信者 加藤純一による「天才論」をみよ これはのプレイヤーに限りませんが、人生の成功者や天才達の格言や行動原理などを見聞きしていると、 「自分も彼らみたいになれるんだ」と勘違いしてしまうことがあります。 これは前にも引用しました。 有名配信者、加藤純一による「天才論」です。 要約すると「天才や成功者達による〈こうすれば、上手く人生がいきますよ!〉という話は、凡人には無駄です」という意見です。 ぜひ、ご覧下さい。 あなたと彼らとでは違います。 なぜ、彼らは上手くウデマエをあげることができたのでしょう? 単純な話、「才能」があったからです。 一にも二にもそれだけです。 彼らは何か動画や本からについて学んだのでしょうか? スプラ甲子園で何度も優勝しているGGBOYSの面々はどうしてうまかったのでしょうか? 誰も説明できませんね。 「誰よりも考えながらプレイしていたのでは?」という疑義はなりたちません。 では、 「なぜ彼らは誰よりも考えることができたのか?」に答えられますか? 蒟蒻問答になってしまいます。 上手い人は最初から上手いのです。 これが「才能」ということであり、他の理由などありません。 「努力すればなんとかなる」は才能がないことを認めたくないだけである 私ズンダは「努力すれば〇〇」という言葉が基本的に嫌いです。 「お前は才能という言葉に逃げて、努力をしてない惰弱で弱虫な人間だけだ!」とはよくきく言葉です。 しかし、私はこの言葉を聞く度に 「あんたこそ、才能がない自分を認められない本当に弱い人間だろ」と反感をもってきいていました。 基本的に努力という言葉には限度がありません。 やり続けていればどうにかなる、という意味で使われています。 しかし、才能という言葉には限度があります。 「才能がない」といってしまえば、その分野においては諦めざるを得ないからです。 よって、努力主義の人たちの心根には次のような疚しい気持ちがあるといえます。 「自分は努力すればどうにかできるはずなんだ。 〈可能性があるんだ〉」 すなわち、「努力」のせいにすれば 〈可能性〉を保っていられるわけです。 「才能」の有る無しで考えると 〈可能性〉自体が消えます。 自分の 伸びしろを信じていたい人たちが使う言葉、それが「努力」です。 努力とは、現実逃避の言葉です。 逃げるのは止めましょう。 自分の才能のなさと向き合って下さい。 もっと絶望すべきです。 私は本当に絶望しながらこのゲームをやっています。 「やればできる」などといった中身のない言葉に騙されないで下さい。 そこから解決作がうまれることはありません。 才能がないと分かっても、ウデマエをXにしたいとおもいますか? 今、自分がウデマエを上げたいのにもかかわらず、「才能の欠如」を自覚せず、「努力」に縋ることは、 本当にウデマエをあげるために必要なことなのでしょうか? 「自分は才能をもちあわせていない」 そういうことが自覚できた人のために、何か処方箋はないものだろうか。 つまり、才能がないけれども、少しでもいいからウデマエをあげたい人たちに 何ができるのだろうか。 私ズンダは才能がないけれども、なぜかウデマエがあがった。 ここに何かヒントがあるはず。 考えた結果、理由は三つあります。 そういうわけで、「才能がないけれども、ウデマエS+0をウデマエXへあげていきたい人」は以下へどうぞ。 他の帯域や他のルールに関してはわかりません。 しかし、応用性はあると思います。 S+0から上へいけない「才能のない人」たちは必読!これがXへいく方法です。 勝てるステージを選ぶことです。 拍子抜けしましたか? 勝率が高いステージを選ぶこと、これだけです。 X帯でレートを上げたい人たちがよくやっているやりかたです。 しかし、 「S+帯からXへいくための方法」の動画でこのやり方が紹介されているのを殆どみたことがありません。 彼らがステージについて問題視しているのは モンガラ アロワナ デボン ニューオオトロ という四つのステージです。 これらのステージは長射程武器が圧倒的に強く、短射程武器をもってきても勝ちにくいからです。 しかし、残念ながらこの考え方は不完全です。 完全なる答えとしては 「その武器ごとに勝ちやすいステージと勝ちにくいステージがある」です。 それゆえ、ここで挙げられていないステージでも、負けやすいステージはあるといえます。 これらのステージを除けるだけでは足りないのです。 エイム練習、慣性キャンセル、マークの見方、ルの使い方……そんなことばかりを説明している動画が多すぎます。 しかし、はっきりいいますが、これらは 勝率とそんなに関係ありません。 どれも勿論大事ではあります。 が、決定的な要因ではありません。 最適なステージ選択、これこそが 最も簡単で最も大事なことなのです! なぜステージを選ぶのか?ー簡単な問題を落とすなー 理由としては次の通りです。 練習もいらない。 その時間を選んでプレイするだけ。 逆に勝率が低いステージはプレイヤーの技量が求められている。 才能がない下手くそには向いていない。 試験の際、「簡単な問題を落とさないようにしろ」といわれますね。 あれと同じで、簡単に勝てるステージを落とさないようにすれば良いのです。 しかも、試験は簡単な問題以外も出題されますが、ステージ選択は 「簡単なステージだけを選べる」という大きな違いがあります。 ズンダもステージを選んでからウデマエが上がった 私ズンダも、ウデマエXへ行く過程で、オーバーフロッシャーの勝率が五割になっているステージ以外では、殆ど戦うことはありませんでした。 勝率が四割程度のステージは切り捨てています。 簡単な話、 負けるからです。 ところが五割のステージは勝てる勝てる。 自分でも驚くほどストレスなく勝ててしまうので、ほんとうにびっくりしました。 「いったい、今までの敗北とはなんだったのか?全く上達していないのにもかかわらず、不思議と勝ててしまう。 」 そんな感慨を抱きました。 このゲームはその武器の特性によって、勝てるステージと負けるステージが決まっています。 例外としては次の可能性があります。 プレイヤーが上手すぎるためにどのステージでも戦える。 しかし、ここまで読んで下さった皆さんは「才能がない」プレイヤーであることから、この例外に当てはまることはありません。 自分が下手くそであることを踏まえ、必ず、勝率が五割、もしくは高いステージで戦うようにしましょう。 そうすればウデマエは今までとは比べものにならないぐらい上がっていきます。 オーバーフロッシャーの場合は以下のステージが強かった。 マンタマリア号、タチウオ、海女、デボン 私の動画を見て頂ければわかりますが、勝てるステージばかりでプレイしていたので、殆どがこれらのステージでの戦ばかりです。 少しでも暇なときにこの他のステージでやると、敗戦ばかりで、即座に割れていました。 八割方、ステージ選びだけでXになれたといえます。 「S+0からXへ行くための指南動画」の欠点とは何か? エイム練習、慣性キャンセル、マークの見方、ルの使い方……を懇切丁寧に教えてくれる動画は山ほどあります。 しかし、どうしてこれらの動画をみてもウデマエが思うようにあがらないのでしょうか? 要するにそれらは 「X以上になったら必須なんだよな」ってことです。 つまり、ウデマエXのレートが高い人たちが教えてくれる技術の中には 「必要じゃないよね、それ」というものが混ざっています。 しかし、本人達はあまりにも当たり前に「必要以外」のことをやってのけてしまうために、「何が必要で、何が必要でないのかをわかっていない可能性があります」 また動画をつくる以上、尺が必要です。 「ステージを選べ」だけではあまりにも無味乾燥ですし、それではシリーズ化できません。 それゆえ、余計なことまで教えるはめになっています。 なぜならば、あなたに必要なのは 「S+0からウデマエXにいくために必要な技術」であって、 「X帯で通用する技術」ではありません。 完全に オーバーワークです。 この先生が言っているのは学校の試験でたとえると次のようになります。 高校受験があります。 中学教科書の範囲からでます。 しかし、高校にいってから通用するような能力をつけるために高校の勉強を教えます。 やり過ぎです。 頭の良い一部の優秀な人たちしかついていけません。 X帯の人たちは我々、下々の現状を正確にはしっていません。 X帯の人たちの動画をみていておもいませんか? ・どんな状況でも着地狩りを簡単にしている。 ・S+帯まででは殆ど見かけないリールガンが強いといっている。 ・クーゲルが強い ・チャージャーが強い 上記に挙げたこと、これらはX帯の上位勢の人たちにしかあてはまりません。 S+帯の経験から言うと以下の通りです。 チャージャーは抜いてくれない。 クーゲルもたいしてうまくなくて、置物のよう。 着地狩りをやれる人なんてたまにしかいない。 リールガンよりもプライムシューターのほうが圧倒的に多い X帯の常識をS+0に当てはめた解説動画になっているだけで、ピントがずれています。 よって、愚にも付かない解説動画が多い。 目的を思い出しましょう。 あなたが身につけるべきなのは 「S+0からウデマエXに行くための技術」です。 「X帯でも通用する技術」ではありません。 もしレベルの高いことを教えてしまう指導者がいたら、別の人に変えた方がいいでしょう。 ウデマエはあっても、指導者としての才能はありません。 「X帯で二〇〇〇後半いってるから、教えるのもうまいんだろうなあ」で先生を選ぶのはやめましょう。 別物です。 よほど実力差がない限りノックアウトはできません。 ノックアウトを期待してプレイするのはやめましょう。 そんなにうまかったら、もうXへいっているはずです。 また、味方のキル力や塗り力が低ければ、自ずと相手にカウントを取られてしまいます。 つまり味方頼みでは負ける確率が高まります。 味方のせいで負けるように作られているゲーム というか、このゲーム、味方のせいで負けることが非常に多いです。 五割マッチングといわれているように、勝率を五割に落ち着かせようというふうにプログラムがはたらいているためです。 それゆえ、勝っていくと 「どこから、こんな弱い人を連れてきたの?」といいたくなるぐらい弱い味方が来ます。 そんな味方がいようが、お構いなく勝てるようにならなければならないのがというゲームなのです。 ちなみにだいたい「1~3キルしかできない」人がつられてきます。 私はこれを 「1キル」 と呼んでいます。 が 「勝率操作のために作り出したが存在している」と本気でおもっています。 自分一人でエリアを確保すれば勝つ確率が上がる となれば、下手くそなあなた一人で絶対にできることはなんでしょうか? あなたや味方が、強かろうが弱かろうが、エリアを確保できる力があればいい。 ということになります。 つまり、自分や味方が下手くそでも、エリアを強制的に確保できれば、勝てる確率は上がります。 逆に、エリアを強制的に確保できなければ負けるということがわかりますね。 エリアを確保する最も簡単な方法ーボムピッチャー このゲームの中で唯一、自分や味方の力量に関係なく、を強制的に確保できるルがあります。 ンボムピッチャーです。 これは三つの意味で価値があります。 ジェットパック、マルチミサイル、ナイス玉、スフィア、ハイプレにはないボムピにだけ与えられた最大の特徴です。 いってしまえば、 「ボムピで全面を支配できないステージではをしてはならない」ということです。 なぜ、才能がない人はボムピを選ぶべきなのか で勝てない人はいますぐボムピッチャーがルにある武器を選んで下さい。 この武器は、あなたが下手だろうが味方が下手だろうが関係ありません。 いいですか、ここが大事です。 テクニックが必要であればあるほど、才能がない人間は勝てなくなります。 才能がない人は特別な技術を身につけるのが難しいからです。 しかし、ボムピは違います。 この武器は技量が低くてもエリアに満遍なく投げれば良いだけです。 それだけで万事解決します。 練習しなければ勝てないようなルを選ぶのはやめましょう。 お手軽で強いルを選ぶこと、これが鉄則です。 じつは私がオーバーフロッシャーで勝てるようになった理由がボムピでした。 今までルがだったのですが、ボムピである「オーバーフロッシャーデコ」を使うようになって、勝てるようになったのです。 自分の弱点は自分では気づくことができません。 「自分で考えてプレイするようにしましょう」 こんな言葉、きいたことがありますね。 (反吐が出る) しかし、これは無理難題です。 そもそも、 下手くそな人は自分で考えられないし、その問題点を自分で解決できないから下手くそなのです。 考えられるのであれば人の動画をみて、勉強しようなどとわざわざ思いません。 一人でプレイして、上手くなれる人はまさに才能があっただけです。 もはや、「何が問題点で、何をすれば解決できるのか」を考えられる時点で、「才能」があります。 それゆえ、才能がない人にはこういうべきです。 先生に教えてもらうときの欠かせない方法ー必要なことだけ教わるー 他人からみてもらう必要があります。 しかし、教えてもらうための最善の方法は何であるかを知っていますか? それは 「プレイしながら、足りてないところのみを埋めてもらう」ことです。 下手な部分をもっとも効率よく直す方法は 「プレイ中に指摘されること」です。 ・プレイしたばかりなので、記憶が鮮明。 フィードバックしやすい。 ・その試合で勝つために本当に必要だったところだけを指摘されるから,具体的で上達するために有用な情報をもらえる 有名プレイヤーの動画があなたの上達を妨げているー個別性の欠如ー 私が有名プレイヤーの動画を否定してきた理由の 一つはここにあります。 彼らの動画は 「その人に必要なことを教えているのではない。 一般的にスプラで必要なことを教えているだけ。 」 当たり前ですが、個々人によって出来ることや出来ないことがあります。 更に、人それぞれに必要なことや必要でないことがあります。 「誰でも」とか「一般的に」はあくまで傾向でしかなく、 「ある個人」の 「ある試合」について有効かどうかはわかりません。 これを解決するには、自分よりもうまい指導者に生でプレイ動画をみてもらいつつ、すぐに指摘されることです。 私ズンダにも先生がいた この点、私には心強い 先生がいました。 私はでの生放送をしています。 だいたい、一時間から二時間ほどやっています。 その人は私がやっている間、ずっとプレイを見てくれました。 しかも、私が下手な動きをするたびに「〇〇すべきだった」や「〇〇したほうがいい」と指摘してくれいたのです。 私は彼にお金を払っているわけでもありません。 それなのに、一時間や二時間も付き合って、教えてくれていたのです。 つまり、で生放送をすることによって最良の始動をしてくれる先生に就くことができたのです。 現実的に能力を上げるためにはどうすればいいのか先生の選び方、そして良書の紹介 上記の本は私が愛読している本です。 この本は間違いなくおすすめできる本です。 「リンクから飛んで、買え!」と命令したいぐらいです。 この本は「才能ではなく努力の仕方」を主張している本です。 よって私は本音では納得していません。 しかし、 「才能がないとわかっていても、達成したい目標がある」ならば、現代において判明している最善の方法で行うべきだと考えます。 故に上記の本を読み返すことが多々あります。 この本に書かれている先生についての項目を要約しました。 これを参考にして、先生を探して下さい。 ・自分と同じレベルのときにその教師に教えてもらっていた人の話をきけ。 その教師こそが今のあなたにとって最良の先生である確率が高い。 ・教師に練習メニューを開示してもらえ。 その人の能力と目的に適った具体的な練習メニューを提示できない教師は無能。 ・生徒の心的イメージ(=理想的なイメージのこと。 成長に必須なイメージ。 )の発達を促せる教師をえらべ。 ・自分のレベルがあがったら、その先生を捨ててもっと上手い人を選ぶ。 ・マンツーマンレッスンが一番有効。 以上、三点が私がS+0からXへをもっていけた理由です。 これがS+0で停滞している人にとって有効なのかはわかりません。 しかし、3120時間やっていてもXに行けなかった私が、 ほぼ年始から一ヶ月半ほどで突然、Xに行けた理由はこれ以外に見当たりません。 終わりにーやるべきこと、やらなくていいことのまとめ 事実を書いただけ 如何だったでしょうか。 もしかすると、「才能がない下手くそ」といわれて、キレている人もいるかもしれません。 あるいは自分の好きな有名実況者たちの解説動画を否定されて、不満を抱いた方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ウデマエS+0で停滞し、何百、何千時間も費やしているのであれば、 もう、価値観をすっかり変える必要があります。 今までのやり方は通用してない、と考えるべきです。 まず、目標を設定しましょう。 あなたがウデマエXになりたいのであれば、Xになるために必要なことだけをやっていればいい、のです。 必須事項ーやらなくていいこと 頭の中で、常に以下のことを思い出すようにして下さい。 やってはいけない無駄なこと ・うまいプレイヤーのキル集を見るのは時間の無駄 ・うまい人の「この武器が強い。 このギアが強い」系の動画は無駄 ・一部を除いたうまいプレイヤーのS+向けの動画は無駄 ・目標から外れた指導や格言などはきくだけ無駄 ・自分が特別な人間であることに気づいていないX帯上位陣の話は無駄 必須事項ーやらなければならないこと やらなければいけない肝要なこと ・自分の技術を大して磨かなくても勝てる方法を探る。 技術がなくても勝てる方法を見つける。 ・自分の技術を上げる場合は教え方がうまく、自分にあった先生に教えてもらう。 合わなければクビ。 ・勝てるステージのときだけガチマッチに潜る。 ・ボムピを選ぶ ・他人に頼って、教えてもらう。 常に「やるべきこと」、「やるべきでないこと」をメモ帳にでも書いて、思い出すようにして下さい。 ちなみに、ウデマエXで価値のある解説動画を出している人が数人いるのですが、名前を出して良いのかわからないので出せません。 もっとも信用できる方はウデマエS+帯以下の人を約150~170?ぐらいみたことのある方がおられます。 たぶん、その人の動画がもっとも妥当性があるのかな、と。 また、思いついたことがありましたら、に関して記事を書こうと思います。 では、今日はこんなところです。 ズンダでした。 利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありませんのでご安心ください 当サイトに掲載している広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。 お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。 アクセス解析について 当ブログはGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このデータは匿名で収集されています。 個人を特定するものではありません。 Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 初出掲載:2020年1月15日.

次の