アーマーガア デッキ。 ドリュウズアーマーガア

お客さん!乗ってくかい?【アーマーガア】

アーマーガア デッキ

構築経緯 「ギャ」とは と の2体から構成され、の苦手な電気タイプをで受け、の苦手な地面タイプや物理技をで受けながらサイクルを回す、5世代から存在する並びである。 私自身昔からこの並びを愛用しており、慣れない新環境においては過去の環境で使い慣れた並びを使うのが一番だと思い、この2体を主軸に構築を組み始めた。 ギャはでの対処が難しい高火力の物理全般、2体に一貫する岩・ドラゴンタイプでの等倍技でのゴリ押しなどを苦手とするため、新環境で使用できるの中からこれらの弱点を解消しつつサイクルを回せたり、強力なエースとなれる取り巻きを検討した。 まず始めにだけでは対処の難しい・等の物理全般への安定した受け先として アーマーガアを採用。 次にと合わせてトンボルチェンでサイクルを回すことができ、環境上位とのタイマン性能に優れた ゴリランダーを採用した。 また上記4体の並びでは対処の難しい相手のDM全般への切り返し、また以外の強力なエースとして を採用。 最後にここまでの並びだとドラパルトが重たいと感じたため、単体でドラパに強くてかつ強力なDMエースとなれる を採用した。 で完成。 8世代に入って一番最初に急増で拵えた構築なため、これといったコンセプトや選出パターンはない。 基本的には サイクルを回しつつorを通すのが主な勝ち筋となる。 以下個別解説に移る。 の相方。 現環境のギャラは「自信過剰」で抜き性能をより高めた個体も多いが、本構築のギャラはと併せたサイクルパーツとしての役割も兼ねているため「威嚇」で採用した。 ただし本作は現環境でメジャーなドラパルト・アーマーガアに「威嚇」が通らないこと、その他「威嚇無効特性」の増加により従来の威嚇を前提とした物理への受け出しが成立しづらいのが非常に難点。 特にアーマーガアの「ミラーアーマー」で「威嚇」を跳ね返されるのは大きなデメリットとなるため立ち回りには注意が必要で、「自信過剰」の方が良いと思う場面も多々あった。 「挑発」はを受けに来る・アーマーガア・等へのメタとして採用した。 ついでに環境に増加しつつあるの起点回避にも役立つ。 挑発を採用する関係で攻撃技は「滝登り」と「飛び跳ねる」の2つのみ。 「」は現環境で撃ちたいのがパッチラゴンぐらいなこと。 「」は通常ミトムへの打点として採用されるが、本構築においてミトムの処理は、とゴリランダーに一任してるため採用は見送った。 持ち物はタイマン性能を底上げできる「オボンの実」と状態異常技や「欠伸」展開へのメタとなる「ラムの実」を使い分けていた。 最終的に「オボン」を使うことの方が多かったが、「鬼火」搭載型のドラパルトや「欠伸」展開が環境に増加傾向にあるため、今使うなら「ラム」の方が有用だと思う。 とアーマーガアが誘う電気の一貫切り。 「トンボルチェン」のサイクルパーツ。 クッション枠。 可愛い。 が非常によく誘い、かつ環境上位に蔓延る系統 カット以外 を「蓄電」と水電気の耐性により完封しながら「」でサイクルを回したり、眼鏡持ちの中高火力タイプ一致技とサブウェポンをそれぞれ打ち分けて相手に負荷を掛けていく。 「めざパ」廃止で殆どの特殊電気から氷技が剥奪された今、氷技打点を持つ電気タイプはそれだけで評価できる。 DMエースとしての性能もそこそこあり、「ダイストリーム」に加えて「ダイサンダー」の恩恵も得られるのが系統との大きな違いである。 クッション枠。 ギャを崩しにくる物理全般に対する受け先としてかなり後出しから対処が安定した。 またアーマーガアの誘う炎、電気タイプに対してはギャの並びで対処が可能であるため、ギャとかなり相性の良いであると感じた。 クッション。 対面操作枠。 イケメンゴリラ。 蜻蛉返りでサイクルを回す他、叩き落とすで相手の持ち物を無効化したり、ドラムアタックで相手の素早さを操作して後続に繋げたりと場面に応じて様々な活躍をしてくれた。 また・・等の環境上位のと対面から五分以上に殴り合えたりとタイマン性能の高さも優秀だった。 相手のDMの切り返し枠。 雑に強い枠。 の通りが悪い場合に代わりのエースとして選出して「化けの皮」を盾に「剣の舞」を積んで全抜きを狙ったり、「化けの皮」を盾に相手のDMへの切り返しを担う。 「」は「現環境でじゃれつくを撃ちたい相手はドレパンで事足りるのでは?」と思って試しに採用してみたところ、一部の相手 等の格闘タイプ・・等の高耐久悪タイプ を除いて十分火力が足りていたことに加えて、DMダイナックルの優秀さ、追加効果による体力管理、命中安定 重要 、鋼タイプへの打点等、じゃれつくにはない強みが多くあった為、採用に至った。 雑に強い枠。 ドラパルトに圧力をかけられるが欲しくて最後に採用したが、DMを切って相手に一貫する技を撃ち分けてるだけで試合が終わっていることも少なくはなかった。 ドラパルトへの圧力として採用したが、最近では「鬼火」搭載の個体が増加傾向にある為、役割遂行が安定しなかったのが厳しかった。 「鬼火」搭載のドラパルトを始め、物理型を想定して立ち回ってくる相手などにも刺さる特殊型も採用の余地あり。 環境の変化が速い8世代において本構築は既に立ち回りがきつくなっている感じが否めない為、今回は私自身の記録も兼ねて構築記事を公開させていただきました。 ここまでご覧いただきありがとうございました。

次の

【ポケカ】アーマーガア(そらとぶタクシー)の評価と使い方を詳しく解説

アーマーガア デッキ

ネコポス• 送料100円~300円の段階制• 4,000円以上のお買い上げで送料無料!• 60枚以上のデッキシールドは6個まで入ります• 発送後およそ1日で、ご自宅のポストへ投函となります。 発送メールのお問合せ番号で、から配送状況を確認できます。 万が一の紛失時には補償あり(3000円まで) ゆうパケット• 全国一律300円!• シングルカードのみご利用いただけます。 高額商品のご購入は宅急便をご利用ください。 発送後1~2日で、ご自宅のポストへ投函となります。 発送メールのお問合せ番号で、から配送状況を確認できます。 商品の発送後、到着遅延・不着・紛失が発生した場合、当店では責任を負えません。 商品が届かない場合は、お客さまよりにお問い合わせください。

次の

ドリュウズアーマーガア

アーマーガア デッキ

どもども。 2019年もあと2日となりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。 僕は実家が北海道なので今現在寒~い部屋の中で一人寂しくブログの更新をしています。 さて今回は剣盾の「ランクマッチ シーズン1」が終了間際ということで僕が今季使用した構築についての紹介をしようかなぁと思います。 今後このパーティを使うかは分かりませんが、シーズン2からは新しい構築を組んで挑もうかと思っている次第です。 噂によるとシーズン2は一部キョックスが使用可能ということなのでワンチャン環境が変化するかも? 多分変化しない また当ブログの最後にてこの構築のレンタルIDを貼るので使っていただけると幸いです。 シーズン2からガチ対戦を始めてみたい!という方にもオススメです。 #目次• Cを少し削ってDにを回しました。 こうすることで流行りののダイジェットを余裕を持って耐えてくれるようになります。 基本的にこいつの役割はギャラ以外のダイジェットエースを止めることです。 パーティで重い、はこいつで見る。 ただしはエアスラ怯みを連続で引かれると普通に負けます。 ちなみに僕は相手のに7連怯みを引かれて負けました。 半ギレ 級に行く前まではそこまで強さを感じませんでしたが、級では目まぐるしい活躍を見せてくれたので良かったです。 級でもその強さは健在でした。 かえんだまの入手があんなに困難じゃないなら確実に流行ったであろうという確信が持てる一体。 級達成時とは変えていませんがAとSのを逆にしてもいいかもしれないです。 Sに204振ればようき最速は抜けることができるので最低限の素早さは確保できます。 役割は、、ヌオーなどの受けの殲滅、そのほかこいつが上から殴って倒せそうな相手に投げるといいかもです。 こいつに関しての詳しい解説は前のブログで説明しているのでよければ参考にどうぞ。 今作のトップメタの1体ですね~。 てか今作序盤の軒並み強いよね。 アーマーガア然り、害獣リス然り…。 フォクスライ?知らない子ですね… 剣盾環境序盤ではの劣化とか言われてましたが正直そんなことないと思います。 寧ろより強い説まである。 主な理由としては。 ・Hが98もあるのでムドーより数値受けがしやすい。 ・Dが85あるので振り方次第で特殊も見れるようになる。 ・特性「ミラーアーマー」が受けポケとして優秀すぎる。 特に2番目の理由はとの大きな違いですね。 この時点で完全な劣化とは言い切れないです。 そこで今回は特殊受けができるという点を活かして慎重HDアーマーガアを採用してみました。 よく環境には腕白HBアーマーガア、ダイジェットエースアーマーガアなどを見かけますがこいつの強みは何より 下手な特殊技では倒しきれないということに限ります。 このアーマーガアは10万やを撃てば倒せると思いこんでる輩に一泡吹かせることができます。 タイプ不一致程度の特殊技なら余裕で受けてくれます。 その代わりBにはあまりを割いてないのでてっぺきを積んで補います。 てっぺき+ボディプレスで疑似的にビルドアップを2回積んだ状態になれるのが割と狂ってる。 基本的な役割対称はを筆頭とした物理アタッカーやドラパルトなどを見れます。 一応にもそれなりに強く出れますがシャドクロで急所に当てられることが多々あるので過信は禁物。 持ち物は確定数ずらしのためオボンを採用していますが、最近ではタラプのみを採用した型も増えてきているらしいので結構幅広いです。 残飯とかもアリかもしれません。 今作にて遂にまともなみず物理技であるを習得してくれた他、と同様に役割破壊技であるも習得してくれたので採用してみました。 使ってみた感想としてはマジでめっちゃ強かったです。 自分で雨を降らせないといけないのでックスが前提の運用となりますがそれを含めても十分な強さではないかと思います。 他のすいすいアタッカーにはジョーやカジリガメなどがいますがこいつの強みは何よりも耐性にあると思います。 というのもこいつは弱点が草4倍だけ 例外としての氷4倍がある なのでまず先発性能が非常に高いです。 言い換えると出し負けするが少ないってことですね。 また技範囲が尋常じゃないレベルで広いです。 を習得してくれたおかげですいすいアタッカーが苦手とするみずタイプで止まらないようになったのが偉すぎます。 ダイストリーム+いのちのたま補正1. 3倍+雨補正1. 5倍なので割と馬鹿にならない火力が出ます。 こうげきに関してはカジリガメやジョーに劣るので技と耐性で差別化を図りましょう。 場合によってはやなどの強力なックスアタッカーも相手にできます。 対面でダイストリームを撃つことですばやさ関係が逆転するので上から雨下ダイストリームを撃てるようになり殴り勝つことができます。 ただしは耐久振りが多く存在し、こちらが不利な乱数なので前述のHDアーマーガアと併用して倒すといいです。 今回は裏ックス枠としての採用です。 最初はハチマキで運用していましたがあくびループがパーティ全体でキツイことに気づいたので持ち物をラムのみ+とんぼがえりをに変更しました。 こうすることであくびを逆に起点にして全抜きを狙えるようになります。 役割としてはかたやぶりによりのばけのかわを無視して攻撃したり、ダイジェットでSランクを上げて全抜きを狙っていく感じです。 とは違いックスしなくても戦えるのが強いです。 振りがロマンすぎて色々と不安を感じますが、元々のSがクソ高いおかげでこれでも成立するのがこいつのやばさだと思う。 基本的に上記5体で見れないはこいつで対処することとなります。 スカーフを持たせることで先ほども述べたように相手のエースポケのストッパーになれるのが強いです。 シーズン2でもこいつにはお世話になりそうなので今のうちに媚びを売っておきましょう。 2.使用感、結果 この構築を使って思ったことをいくつか述べますと ・が今の環境で予想以上に刺さって強い。 ・相手の特殊アタッカーをHDアーマーガアで分からせることができる。 ・たまにルチャが全抜きしてくれる試合もあったのでよかった。 小並感 ・今回は自家製かえんだま🐻を使った構築で優勝していくことにするわね…。 🐍 あとこの構築を使った時の最高順位は画像が残っていませんが4500位くらいだったと思います。 最近は育成の方をメインに進めていたのであまり順位を上げられなかったのが残念でしたね。 シーズン2ではもっと積極的に参加して3桁順位を目指したいと思っています。 3.レンタルパーティID 4.まとめ 今回の記事はここまでとなります。 今後もシーズン終了ごとに使用した構築に関しては当ブログにて紹介をしていきたいと思ってるのでよろしくお願いします。 では今日はこの辺で。 ここまでのご朗読ありがとうございました。 Pandora32015.

次の