仕事 ミス 行き たく ない。 仕事でミスが怖い!会社に行きたくないほどの恐怖で辛い時の解決策

仕事に行きたくない時の全対策|毎朝辞めたい人が会社を休んで良い理由

仕事 ミス 行き たく ない

どうも、むぎです。 今回は仕事のミスについての記事を書いていきます。 以前書いた仕事に関する記事は以下にまとめていますのでもしよければ見てください。 関連記事>>> 突然ですがあなたは、仕事でミスをしたことがありますか? 僕はあります 大きなミスはないですけど、それなりに。 というか、全くミスをしない人なんていないんじゃないだろうかと開き直ってる。 ミスの重大さは人それぞれだと思うけどね。 今回は、 そんな仕事上のミスを少なくする方法を紹介していきます• 仕事でミスはしたくない 当たり前の話なんですけど、まず仕事でミスをしたい人なんていないですよね? 「俺、仕事嫌いだし~ミスしても上司に頭下げればいいだけだし~全然怖くないし~」 みたいな感じで開き直ってるオラオラな人はいいですよ? (いや、よくはないと思うけど…) でも、普通はミスをしたくないと思うじゃないですか。 僕は看護師をしていた時に 「絶対ミスできねぇ~」って状況が多かったから、余計にそう思う。 まぁ、看護師に限らずミスしていい仕事なんてあんまりないだろうし、まずしたくないよね。 ふざけないようにします。 家に帰ってしばらくずっと落ち込んだりしない? そういうミスが続いたりすると 「仕事行きたくねぇ~」ってなることない? 関連記事>>> この記事では、そんなミスをしないようにするにはどうしたらよいのかを書いていこうと思います。 では、いきますよ~ 方法1:複数の人で確認する 忙しい時とか、頼みにくい時、そして担当が自分だけの時は難しいと思うんだけど、 可能な限り複数の人で確認する ことがミスをしないために必要だと思う。 看護師の仕事では 「ダブルチェック」って言葉があるんです。 簡単に説明すると、薬の与薬や点滴をする時に間違いをなくすために1人じゃなくて2人で確認する方法です。 1人ではどうしても業務の忙しさとか、抱えている仕事の量とかで勘違いとか間違いを起こしやすいと思うんです。 でも2人なら、違う人が見てくれるからミスをする可能性が減るんですよね。 どうしても複数で確認できない時は、 何度か確認すること。 1回確認した時は気付かなかったミスに気付くこともあるかもしれないですしね。 方法2:仕事に集中する 当たり前の話かもしれませんが、 仕事に集中することはミスを減らすことにつながるでしょう。 「何かを考えながら」 「別の作業をしながら」 という風に、 ながら作業をしていたら集中できずにミスをすることが増えますよね。 どうしても集中できない時は、別の簡単な作業をするのも手かもしれません。 ミスをしていい仕事ってなかなかないと思うんですけど、ミスをしづらい簡単な作業みたいな仕事ありますよね? (えっ、ない?…その時は一時休憩だ!) 僕もあるんですよ? ブログのこと考えてて仕事に集中できない時とか… (それはおまえだけだろ…) そういう時は一旦休憩したり、別の作業をしてます。 昼休みの後とかお腹が満たされて特に集中できなくなったりするから、特にそういうことをしています。 どうしても複数の作業を同時にやらないといけなくて集中しづらいこともあると思うんですけど、その時は方法1の確認を何度もすることがミスを減らすことにつながると思います。 方法3:最悪の状況を想定する 「これ、仕事したくなくなるじゃん…」 って思う方もいるかもしれませんけど、実は一番集中できるんじゃないかと思います。 例えば、 ミスをして上司に怒られることを想定します。 そうすると、 「もうミスできない(したくない)!」 って思いながら仕事をすると思うんです。 忙しい時とか、絶対ミスができない状況の時って、逆にミスをすることが少なくなる時ないですか? 「特別忙しくない日はミス多いのに…」 みたいな。 こういう状況を自分で作り出すわけです。 そうするとミスが減るはず。 でも人間なので限界はあります。 どうしてもずっとこういう状況ばかりだと疲れるし。 なので、無理はしないことがポイントですね。 仕事でミスをしない方法を紹介しました この記事では、 仕事でミスをしないために必要な3つの方法を考えてみたよって内容でした。 仕事で ミスをしたくない ミス、怖い… と考えている人の参考になれば嬉しいです。 記事の内容は以上です! 最後まで読んで頂いてありがとうございました。 ではまた! nmugi.

次の

仕事でミスばかりで辞めたい!仕事でありえないミスを連発する原因と対策|Yasuのお役立ち情報

仕事 ミス 行き たく ない

「ミス連発で仕事を辞めたしまいたい。 」 「なんでこんなにミスばっかりしてしまうだろう。。 」 あなたが今の仕事でミスが多いのは、もしかしたら今の会社または職種があなたに合っていないからかもしれません。 そんなときは、「ミイダス」であなたの転職市場での本当の価値を一度診断してみましょう。 アプリをダウンロードするだけで簡単に利用することができます。 「200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します」とあり、【 現在の市場価値697万円】などと自分の年収相場がわかるので 今すぐは転職しない人も、自分の今の価値を知ることができます。 さきほどもお伝えした通り、今の仕事でミスが多いのは、今の会社また職種があなたに合っていないのが一番の原因の可能性があります。 今の仕事があなたに合っていないのなら転職を本気で考えるのも一つ。 ただ、そうはいっても転職は人生にとってとても大きな出来事。 簡単には「よし!転職しよう!」と決心できませんよね。 そんなときは、まずはこの「ミイダス」であなたの今の転職市場価値を一度チェックしてみてください。 上司に「指示の仕方が悪いんだろが!ボケ!」と叫びたくなることありませんか?僕はあるよ 笑) ウエノ もちろん、ミスを起こしてしまったことには反省し、同じミスを起こさないような対策が必要ですが、辞めたいほど辛い人は、あまり自分を責めず「まっいいか」「これが運命だ」と投げやりに考えてみてください。 過度な責任感は自分を潰す場合もある、ということを忘れないでください。 新垣結衣さん、星野源さの主演でヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがありましたよね。 このタイトルはハンガリーのことわざを和訳したもので、「恥ずかしい逃げ方であっても、生き抜くことが大切」という意味のようです。 この考え方は大事です。 本当に追い詰められ、何も考えられなくなり、身も心も本当にボロボロになったら、僕はたとえ無責任と言われても、恥ずかしい人間と言われても、逃げて、生き抜くことが大事だと思っています。 「ミス」とは、不注意や、知識不足に起因するものだ! ウエノ 僕は子供のころ、通知表の通信欄に「注意力が散漫」「そそっかしい」「慎重さが足りない」というようなことをいつも書かれていました。 会社に入ったころもそれは変わらず、知ったかぶりをして、わからないのに、わかったような気になって勝手にやることが多くありました。 そして、上司とのコミュニケーションを十分にとらずに、ミスをする。 これは典型的なダメなパターンですよね。 自らそのミスの原因を探り、二度と同じミスを繰り返さないように注意する必要があります。 その一方、「失敗」とは、「一生懸命やった、がんばった、それでもできなかった」ときに起こるもの。 若い頃に、ある仕事の失敗をしたとき、当時の先輩にこのように言われたことがあります。 「それは、失敗ではなく、うまくいかない方法を発見したんだよ」 それを聞いたときは落ち込んでいた気持ちがずいぶんとラクになったのを覚えています。 この言葉は、エジソンの「私は今までに一度も失敗したことがない。 電球が光らないという発見を、今まで2万回したのだ」という有名な言葉から来ています。 多くの人は「失敗してはいけないもの」ということが、無意識に刷り込まれています。 でも、仕事で失敗というものはつきものです。 むしろ、失敗がないほうが不思議なくらいです。 アインシュタインは「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である」と言ったそうです。 もしも、あなたが失敗することが怖かったり、新しいことに挑戦するリスクにおびえていたりするのなら、これらの言葉をぜひ思い出してみてください。 ありふれた言葉ですが、若いうちは失敗をどんどんした方があなたの成長につながります。 あなたのその「ミス」は本当に「ミス」ですか? チャレンジして「失敗」したことを「ミス」だと勘違いしていませんか? 「ミス」と「失敗」の違いを理解して、必要以上に落ち込まないようにしてくださいね。 関連記事>> ミスを連発して落ち込んだときの気持ちの上げ方 では、具体的にミスを連発して落ち込んだ気持ちをどのようにすればいいのか。 ここからは、落ち込んだ気持ちを跳ね返す心の持ち方をご紹介しましょう。 完璧主義に陥らない 「100%じゃないと気が済まない」という考え方では、1%のミスでも落ち込んでしまいます。 程度をグッと下げて「70%か80%でいいや」と思うと、1%のミスぐらいではへこまなくなります。 そのくらいアバウトな方が、より強靭な「跳ね返す力」を身につけることができます。 ミスしたとしても、「1%ぐらいはうまくいったところもあったな」というぐらい厚かましく考えてみましょう。 関連記事>> 「すべて自分のせい」と考えない 一生懸命やってもなかなか結果がでないときや、 頑張ったのにミスを連発してしまうときだって、長い人生で必ず遭遇します。 100%すべてを自分のせいにしていたら、自分が持たなくなってしまいます。 自分を責めがちな人は、自分の結果責任だけを考えてしまうと、袋小路に入り込んでしまい、「跳ね返す」エネルギーが失われます。 さきほども少しお話しましたが、自分以外にもうまくいかなかった原因が少しはあるはずだと、気楽に考えるようにしましょう。 なにより、次のミスを防止する反省の意義があるこの思考法、失敗を恐れて委縮することを予防する効果があります。 自分を励ます「定番のもの」を持つ 座右の銘といった、大げさなものである必要はありません。 へこんだときに自分を励ましてくれる、お決まりの「定番フレーズ」、あるいは「定番ミュージック」を持つということは、案外バカにできません。 あなたも、失恋して思い切りへこんでいたときに、繰り返し聞いていた曲はなかったですか? 自分の気に入った、こころに残る歌詞の一節、それでまったく構わないのです。 小難しい格言よりは、自分だけの気持ちに響く音楽のほうが、よほど現実的です。 他人はしょせん無関心だと知る 他人は、あなたがへこむほどに、あなたばかりには関心を向けてはくれません。 実際にあなたが、へこんでいる他人に何日間も同情することはないですよね? 他 人にきつく言われてへこんだとしても、「明日どころかその日の夜には相手も忘れている」くらいに思いましょう。 たとえ長期的にわたって尾を引くミスをしでかしたとしても、心的外傷後ストレス障害(PTSD で見られるトラウマ記憶でない限りは、人の記憶はどんどん忘れていくものです。 「人間の脳は忘れる能力を持つ」ということを、ミスをしてへこんでいるときこそ再確認しましょう。 とにかく運動する 仕事でミスをして落ち込んだいるときには、運動することで満足感を覚えすっきりした前向きな気持ちになりことができます。 アメリカ、ペンシルベニア州大学のグループが発表した論文で、運動によって「へこみ」から回復できるということが示されています。 失敗してへこんだ日には、ジムにでも行って一汗流すのが一番の薬になります。 さっさと寝てしまう 人は「夢を見る睡眠」であるレム睡眠の間に、不快な感情的記憶が和らぐ働きがあると言われています。 睡眠に、からだだけではなく「落ち込んだ」こころも回復させるヒーリング効果があることは間違いないようです。 仕事でミスした日は、クヨクヨ悩まず、さっさと寝てしまおう! ウエノ ミスを引きずって仕事に行きたくないときの対処法 ミスをして落ち込んだときの気持ちを上げ方をお伝えしましたが、それでもミスしたことを引きずって、仕事に行きたくないという感情を消し去ることができないときもあるかもしれません。 特に、なんでも一人で抱え込んでしまう人は、真面目で自分に対して厳しい傾向にあります。 あなたにもそんなところがありませんか? 自分のミスが許せないと感じるのも、あなたが自分に対して厳しく、高いハードルを課しているがゆえのことです。 一生懸命頑張っているぶん、1つのミスで、これまでに積み重ねてきたものが崩れ落ちてしまうように思うのかもしれませんが、そんなことはありません。 ミスした落ち込みからどうしても抜け出せないときは、 ミスという「過去」に引きずられている気持ちを、「今、ここ」に戻してあげるように心掛けてみてください。 「今、ここ」に意識を向けるには、 「場所を変えること」と「今すぐできることをする」のが一番です。 たとえば、トイレに行くとか散歩に行くなど、場所を変えてみましょう。 場所を変えると、考えの堂々巡りにストップをかけることができます。 そうすると気分が変わるのも実感できるはずです。 また、お茶をいれるとか、デスクまわり片づけるなど、すぐできる簡単なことをするのも効果的。 手を叩いたり、天井を見上げるなど、簡単な動作でも構いません。 こんなふうにして 「今、ここ」に心を体を戻すようにすれば、過去を上手に切り離すことができるようになります。 「朝、仕事に行く足取りが重い」というときは、最寄り駅までのルートを変えてみるだけでも、気分が全然変わります。 他にも、ミスをしたことを忘れるための手段として、ミスが起こった状況や心の中にどうしても残るモヤモヤした気持ちを、思い切って吐き出すことも効果的です。 誰かに話したり、ノートなどに書き出したりしてみてください。 話している最中や、書いている途中は、辛い気持ちになることもあるかもしれませんが、実行した後は、スッキリとした気分になれるはずです。 また、 心の中にあるものを話したり、書き出したりしてみると、ミスをした状況を客観的に見られるようになります。 すると解決策が浮かんだり、過度に自分のせいにしなくなります。 「今度からはこうしよう」とミスしたことも前向きにとらえられるようになりますよ。 スポンサーリンク ミスを連発して上司の信頼を失ったときには ミスをして大きなクレームを起こしてしまったり、トラブルの対応が上手くいかずに、上司からの信頼を失いつつある。 こんなときあなたならどうしますか? まずは、このときにやらなかればいけないことは、そのミスをリカバリーし、クレームを早く収束させることです。 そして、もうひとつやることがあります。 それは、信頼回復です。 ミスやクレームで職場に影響を与えてしまったような場合、周囲から信頼が低下する可能性があります。 中でも、 上司に向けた信頼回復活動には、重点を置くべきです。 上司からの信頼を失ってしまうと、本来もらえるはずのチャンスがもらえなくなってしまうこともあります。 ミスをしたときの信頼回復の手順 信頼回復の手順は、お詫びと依頼です。 先に詫びます。 例えば、重要な仕事の受注でミスしてしまったような場合は、次のように話をします。 「今回の件、申し訳ございません。 原因は私が油断したことにあります。 戦法から内諾をいただいてから、契約までに間を空けてしまったことで、競争が入り込む余地を作ってしまいました。 今後は内諾を頂けましたら一週間以内に契約に持ち込むようにします」 このとき、言い訳ととられそうなことは言わないほうが得策です。 言ったところで言い訳としか取られません。 潔く、ミスの原因は自分にあったというようにします。 ミスを次のチャンスにしよう そして最後は依頼します。 「取り返したいので、引き続き担当させてください」と。 上司はこういうことを言ってくる部下にはチャンスを与えたくなります。 そして、応援したくなる気持ちも生まれます。 このような状況で、次のチャンスをきちんとものにすれば、上司からの信頼は以前よりも厚くなるでしょう。 営業の仕事でよくある話ですが、クレームになって、その対応をしっかりとした結果、顧客との関係が深まる。 これも上司からの信頼が厚くなるのと同じこと。 災い転じて福となすことができるのです。 関連記事>> 大きなミスをして自信を失っているときには 仕事で大きなミスをして、自分に自信が持てなくなった。 「またミスをして、周りに負担をかけ落ち込むのではないか」という悪循環の状態から抜け出せずにいる・・。 一つのミスで自信を失ってしなうこともあれば、ある出来事から立ち直ろうとしてやったことがまた失敗し・・という悪循環の中、「自分は何をやってもダメだ」と本格的に自信を失っていくことがありますよね。 そんな目で自分を見ながら仕事をしていたら、もちろん心はボロボロになっていきます。 あなたは仕事で大きな失敗をし、周りに負担をかけた・・・これはとても衝撃的な出来事です。 間違いなく、心は大きな衝撃を受け、大きな傷ができたことでしょう。 そして「二度と立ち直れない」「自分が今後うまくやっていけるわけがない」という感覚になってもおかしくありません。 関連記事>> 落ち込む気持ちを回復させるには時間が必要 人の心は何か辛いことがあって落ち込んだとしても、そこからも立ち直る力を持っています。 もちろん落ち込んだ後は、しばらくの間、回復のための時間が必要です。 これは身体をぶつけたときに、痛みが去るのをしばらく待たなければいけないのと同じこと。 衝撃が和らぐと、また前に進む力がでてくるのです。 しかし、いつまで経っても大きなミスをした衝撃から立ち直れない、というときには、衝撃からの回復が何らかの形で妨げられている可能性が高いのです。 このケースは、衝撃から回復できない悪循環に入っているといえます。 またミスをすることが怖くて一歩を踏み出せずにいる、その結果としていつまでも自信を取り戻す機会を得られない、という構造です。 そう言うと、あなたは「そんなことはわかっている。 一歩を踏み出せない自分が悪いんだ」と思うかもしれません。 でも違うのです。 そういう感じ方そのものが、大きなミスをした衝撃からの回復を妨げるのです。 まずは、 衝撃を受けたという事実を認め、回復には少し時間がかかる、と自分に優しく言い聞かせてください。 スポンサーリンク ミスで怒られてばかり。 心が萎縮してしまっているあなたには 「またミスしてしまった、きっと怒られるだろうなぁ・・はぁ嫌だ・・」 仕事にミスは付きものとは言っても毎回毎回怒られたばかりいると、気持ちもどんどん萎縮してしまいますよね。 ミスを連発して怒られてばかりのあなたは、きっとこのような負のループに陥っているはずです。 一度ミスをしてしまう• 上司や先輩にめちゃめちゃ怒られる• 委縮する• 怖くて必要な報告もできなくなる• またミスをしてしまう ここでは、そんな怒られることに心が萎縮してしまった方に、その心を解放する方法をお伝えしていきます。 続きはこちらから>> ミスを連発しないために注意したいこと この記事は、仕事でミスを連発して落ち込んでいる方に、その凹んだ気持ちを回復させる方法を中心にお話を進めてきましたが、ここでは少し「そもそもミスを連発しないためにできること」をお話しておきたいと思います。 ミスをして凹んだ気持ちを回復できたとしても、そもそものミスの原因をなくすことができなければ、また同じような状況にになってしまいますからね。 ではミスを連発しないために一番注意したいことは何なのか。 それは、 あなたのミスがどのような原因で起こっているのかをしっかりと分析しておくこと。 ウエノ 一般的には、ミスが起こる原因は、大きく分けて次の3つに分類すると言われています。 理解不足によるミス 本人の理解が表面的なところにとどまっていて、仕事の本質が理解できなかったために起こったミス。 注意・用心不足によるミス 本人は知識もあり、本質も理解しているにもかかわらず忙しさや面倒くささで十分な注意をはらわない、あるいは用心をしていなかったために起こったミス。 疲労・体調不良によるミス 疲労や体調不足のため注意力が散漫になったために起こったミス。 あなたが起こしたミスは、この3つのうちのどれに該当するのか、それを理解しておくだけでも、次のミスを予防する効果があります。 理解不足によるものなら、仕事への理解をもっと深めるために先輩に質問してみたり、疲労・体調不足なら体調の維持管理に努める必要があるでしょう。 ミス連発でやっぱり仕事を辞めたいときには それでもやっぱり「ミスした自分を受け入れることができない」「もう自信がない仕事を辞めたい」そんな方に。 最近、仕事のしすぎで体がボロボロ。 ちょっとでも手を抜くとミスを連発してしまう。 気を引き締めてやろうとしても、どこかぬけてしまう。 あなたが普段はミスをあまりしないのに、何だかミスを連発してしまうときは、うつ症状の一つです。 うつ病になった人と話をしていると、そんな自分の限界を全く意識していなかったような人が多いですし、ある程度は「もう無理かもしれない」と思っていても、その感覚を尊重せず、仕事を優先してしまった、という人ばかりです。 これは「頑張りすぎ」のサインです。 心がボロボロになっていいます。 ミスを連発して仕事を辞めたいほど悩んでいるとき、あなたの心がどのぐらいボロボロの状態になっているのか、一度確認してみましょう。 こちらの記事の中で、仕事が辛い時の対応策を詳しくご紹介しています。 関連記事>> 一人で抱え込んでいませんか? 「一人で対処しなければいけない」と感じがちではありませんか?もちろん物理的に人がいなければ、そう感じやすくなるでしょう。 しかし、周りに人はいるけれども、弱音を吐くのが苦手で何でも自分できちんとすべきだと思っている、というケースも少なくありません。 関連記事>> 「やらされている感」が強くありませんか? 同じ忙しさでも、自分のペースでできる場合と、他人のペースで「やらされている」場合とでは感じ方が違います。 やらされている感が強いときは、自分なりに見通しを立てても周囲の条件に振り回されて、ミスを連発しボロボロになりますし、現実的なストレスに「どうしてこんな不条理を受け入れなくてはいけないのか?」という被害者意識が上乗せされ、ますます心が消耗していきます。 関連記事>> 「出口が見えない」と感じていませんか? ミスを連発して大変な状況でも、出口が見えていれば希望も持てます。 しかし、どれほど努力しても出口が見えないというとき、人は行き詰って、心を病んでしまいます。 こんなときは、あらゆることをしておかなければいけないような気持ちになってしまい、そのストレスに耐えられず仕事を辞めたい気持ちになっていきます。 以上の 3つのうちの感じ方のどれかを自分の中に認めるようなら、そしてそれが一定期間続いているようなら、これ以上心をボロボロにしないように、癒しに入る必要があると思います。 このような状態は、それ自体が悪循環に陥りやすい特徴を持っているので、放置すると一般に心がどんどんボロボロになっていくからです。 現実的に転職することも視野に入れてみてもいいかもしれません。 スポンサーリンク 仕事でミス連発したときの心の回復法まとめ 仕事でミスを連発して落ち込んでいる方に参考になる方法や考え方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。 最後にもう一度まとめておきますね。 仕事でミス連発したときに取り入れたい考え方• ミスすることも前進することです• 辞めたいほど辛い人には「まっいいか」の精神が重要です• 「ミス」と「失敗」の違いを知っておこう• 完璧主義に陥らないようにしよう• 「すべて自分のせい」と考えるのはやめよう• 自分を励ます「定番のもの」を持とう• 他人はしょせん無関心だと知ろう• とにかく運動しよう• さっさと寝てしまおう• 一人で抱え込むのはやめよう ミスを重ね、自分に自信を失っている状態は、ただでさえ大変な思いをしているということ。

次の

仕事でミスばかりして行きたくない。ミスが続く原因や前向きに働く方法

仕事 ミス 行き たく ない

「ミス連発で仕事を辞めたしまいたい。 」 「なんでこんなにミスばっかりしてしまうだろう。。 」 あなたが今の仕事でミスが多いのは、もしかしたら今の会社または職種があなたに合っていないからかもしれません。 そんなときは、「ミイダス」であなたの転職市場での本当の価値を一度診断してみましょう。 アプリをダウンロードするだけで簡単に利用することができます。 「200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します」とあり、【 現在の市場価値697万円】などと自分の年収相場がわかるので 今すぐは転職しない人も、自分の今の価値を知ることができます。 さきほどもお伝えした通り、今の仕事でミスが多いのは、今の会社また職種があなたに合っていないのが一番の原因の可能性があります。 今の仕事があなたに合っていないのなら転職を本気で考えるのも一つ。 ただ、そうはいっても転職は人生にとってとても大きな出来事。 簡単には「よし!転職しよう!」と決心できませんよね。 そんなときは、まずはこの「ミイダス」であなたの今の転職市場価値を一度チェックしてみてください。 上司に「指示の仕方が悪いんだろが!ボケ!」と叫びたくなることありませんか?僕はあるよ 笑) ウエノ もちろん、ミスを起こしてしまったことには反省し、同じミスを起こさないような対策が必要ですが、辞めたいほど辛い人は、あまり自分を責めず「まっいいか」「これが運命だ」と投げやりに考えてみてください。 過度な責任感は自分を潰す場合もある、ということを忘れないでください。 新垣結衣さん、星野源さの主演でヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがありましたよね。 このタイトルはハンガリーのことわざを和訳したもので、「恥ずかしい逃げ方であっても、生き抜くことが大切」という意味のようです。 この考え方は大事です。 本当に追い詰められ、何も考えられなくなり、身も心も本当にボロボロになったら、僕はたとえ無責任と言われても、恥ずかしい人間と言われても、逃げて、生き抜くことが大事だと思っています。 「ミス」とは、不注意や、知識不足に起因するものだ! ウエノ 僕は子供のころ、通知表の通信欄に「注意力が散漫」「そそっかしい」「慎重さが足りない」というようなことをいつも書かれていました。 会社に入ったころもそれは変わらず、知ったかぶりをして、わからないのに、わかったような気になって勝手にやることが多くありました。 そして、上司とのコミュニケーションを十分にとらずに、ミスをする。 これは典型的なダメなパターンですよね。 自らそのミスの原因を探り、二度と同じミスを繰り返さないように注意する必要があります。 その一方、「失敗」とは、「一生懸命やった、がんばった、それでもできなかった」ときに起こるもの。 若い頃に、ある仕事の失敗をしたとき、当時の先輩にこのように言われたことがあります。 「それは、失敗ではなく、うまくいかない方法を発見したんだよ」 それを聞いたときは落ち込んでいた気持ちがずいぶんとラクになったのを覚えています。 この言葉は、エジソンの「私は今までに一度も失敗したことがない。 電球が光らないという発見を、今まで2万回したのだ」という有名な言葉から来ています。 多くの人は「失敗してはいけないもの」ということが、無意識に刷り込まれています。 でも、仕事で失敗というものはつきものです。 むしろ、失敗がないほうが不思議なくらいです。 アインシュタインは「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である」と言ったそうです。 もしも、あなたが失敗することが怖かったり、新しいことに挑戦するリスクにおびえていたりするのなら、これらの言葉をぜひ思い出してみてください。 ありふれた言葉ですが、若いうちは失敗をどんどんした方があなたの成長につながります。 あなたのその「ミス」は本当に「ミス」ですか? チャレンジして「失敗」したことを「ミス」だと勘違いしていませんか? 「ミス」と「失敗」の違いを理解して、必要以上に落ち込まないようにしてくださいね。 関連記事>> ミスを連発して落ち込んだときの気持ちの上げ方 では、具体的にミスを連発して落ち込んだ気持ちをどのようにすればいいのか。 ここからは、落ち込んだ気持ちを跳ね返す心の持ち方をご紹介しましょう。 完璧主義に陥らない 「100%じゃないと気が済まない」という考え方では、1%のミスでも落ち込んでしまいます。 程度をグッと下げて「70%か80%でいいや」と思うと、1%のミスぐらいではへこまなくなります。 そのくらいアバウトな方が、より強靭な「跳ね返す力」を身につけることができます。 ミスしたとしても、「1%ぐらいはうまくいったところもあったな」というぐらい厚かましく考えてみましょう。 関連記事>> 「すべて自分のせい」と考えない 一生懸命やってもなかなか結果がでないときや、 頑張ったのにミスを連発してしまうときだって、長い人生で必ず遭遇します。 100%すべてを自分のせいにしていたら、自分が持たなくなってしまいます。 自分を責めがちな人は、自分の結果責任だけを考えてしまうと、袋小路に入り込んでしまい、「跳ね返す」エネルギーが失われます。 さきほども少しお話しましたが、自分以外にもうまくいかなかった原因が少しはあるはずだと、気楽に考えるようにしましょう。 なにより、次のミスを防止する反省の意義があるこの思考法、失敗を恐れて委縮することを予防する効果があります。 自分を励ます「定番のもの」を持つ 座右の銘といった、大げさなものである必要はありません。 へこんだときに自分を励ましてくれる、お決まりの「定番フレーズ」、あるいは「定番ミュージック」を持つということは、案外バカにできません。 あなたも、失恋して思い切りへこんでいたときに、繰り返し聞いていた曲はなかったですか? 自分の気に入った、こころに残る歌詞の一節、それでまったく構わないのです。 小難しい格言よりは、自分だけの気持ちに響く音楽のほうが、よほど現実的です。 他人はしょせん無関心だと知る 他人は、あなたがへこむほどに、あなたばかりには関心を向けてはくれません。 実際にあなたが、へこんでいる他人に何日間も同情することはないですよね? 他 人にきつく言われてへこんだとしても、「明日どころかその日の夜には相手も忘れている」くらいに思いましょう。 たとえ長期的にわたって尾を引くミスをしでかしたとしても、心的外傷後ストレス障害(PTSD で見られるトラウマ記憶でない限りは、人の記憶はどんどん忘れていくものです。 「人間の脳は忘れる能力を持つ」ということを、ミスをしてへこんでいるときこそ再確認しましょう。 とにかく運動する 仕事でミスをして落ち込んだいるときには、運動することで満足感を覚えすっきりした前向きな気持ちになりことができます。 アメリカ、ペンシルベニア州大学のグループが発表した論文で、運動によって「へこみ」から回復できるということが示されています。 失敗してへこんだ日には、ジムにでも行って一汗流すのが一番の薬になります。 さっさと寝てしまう 人は「夢を見る睡眠」であるレム睡眠の間に、不快な感情的記憶が和らぐ働きがあると言われています。 睡眠に、からだだけではなく「落ち込んだ」こころも回復させるヒーリング効果があることは間違いないようです。 仕事でミスした日は、クヨクヨ悩まず、さっさと寝てしまおう! ウエノ ミスを引きずって仕事に行きたくないときの対処法 ミスをして落ち込んだときの気持ちを上げ方をお伝えしましたが、それでもミスしたことを引きずって、仕事に行きたくないという感情を消し去ることができないときもあるかもしれません。 特に、なんでも一人で抱え込んでしまう人は、真面目で自分に対して厳しい傾向にあります。 あなたにもそんなところがありませんか? 自分のミスが許せないと感じるのも、あなたが自分に対して厳しく、高いハードルを課しているがゆえのことです。 一生懸命頑張っているぶん、1つのミスで、これまでに積み重ねてきたものが崩れ落ちてしまうように思うのかもしれませんが、そんなことはありません。 ミスした落ち込みからどうしても抜け出せないときは、 ミスという「過去」に引きずられている気持ちを、「今、ここ」に戻してあげるように心掛けてみてください。 「今、ここ」に意識を向けるには、 「場所を変えること」と「今すぐできることをする」のが一番です。 たとえば、トイレに行くとか散歩に行くなど、場所を変えてみましょう。 場所を変えると、考えの堂々巡りにストップをかけることができます。 そうすると気分が変わるのも実感できるはずです。 また、お茶をいれるとか、デスクまわり片づけるなど、すぐできる簡単なことをするのも効果的。 手を叩いたり、天井を見上げるなど、簡単な動作でも構いません。 こんなふうにして 「今、ここ」に心を体を戻すようにすれば、過去を上手に切り離すことができるようになります。 「朝、仕事に行く足取りが重い」というときは、最寄り駅までのルートを変えてみるだけでも、気分が全然変わります。 他にも、ミスをしたことを忘れるための手段として、ミスが起こった状況や心の中にどうしても残るモヤモヤした気持ちを、思い切って吐き出すことも効果的です。 誰かに話したり、ノートなどに書き出したりしてみてください。 話している最中や、書いている途中は、辛い気持ちになることもあるかもしれませんが、実行した後は、スッキリとした気分になれるはずです。 また、 心の中にあるものを話したり、書き出したりしてみると、ミスをした状況を客観的に見られるようになります。 すると解決策が浮かんだり、過度に自分のせいにしなくなります。 「今度からはこうしよう」とミスしたことも前向きにとらえられるようになりますよ。 スポンサーリンク ミスを連発して上司の信頼を失ったときには ミスをして大きなクレームを起こしてしまったり、トラブルの対応が上手くいかずに、上司からの信頼を失いつつある。 こんなときあなたならどうしますか? まずは、このときにやらなかればいけないことは、そのミスをリカバリーし、クレームを早く収束させることです。 そして、もうひとつやることがあります。 それは、信頼回復です。 ミスやクレームで職場に影響を与えてしまったような場合、周囲から信頼が低下する可能性があります。 中でも、 上司に向けた信頼回復活動には、重点を置くべきです。 上司からの信頼を失ってしまうと、本来もらえるはずのチャンスがもらえなくなってしまうこともあります。 ミスをしたときの信頼回復の手順 信頼回復の手順は、お詫びと依頼です。 先に詫びます。 例えば、重要な仕事の受注でミスしてしまったような場合は、次のように話をします。 「今回の件、申し訳ございません。 原因は私が油断したことにあります。 戦法から内諾をいただいてから、契約までに間を空けてしまったことで、競争が入り込む余地を作ってしまいました。 今後は内諾を頂けましたら一週間以内に契約に持ち込むようにします」 このとき、言い訳ととられそうなことは言わないほうが得策です。 言ったところで言い訳としか取られません。 潔く、ミスの原因は自分にあったというようにします。 ミスを次のチャンスにしよう そして最後は依頼します。 「取り返したいので、引き続き担当させてください」と。 上司はこういうことを言ってくる部下にはチャンスを与えたくなります。 そして、応援したくなる気持ちも生まれます。 このような状況で、次のチャンスをきちんとものにすれば、上司からの信頼は以前よりも厚くなるでしょう。 営業の仕事でよくある話ですが、クレームになって、その対応をしっかりとした結果、顧客との関係が深まる。 これも上司からの信頼が厚くなるのと同じこと。 災い転じて福となすことができるのです。 関連記事>> 大きなミスをして自信を失っているときには 仕事で大きなミスをして、自分に自信が持てなくなった。 「またミスをして、周りに負担をかけ落ち込むのではないか」という悪循環の状態から抜け出せずにいる・・。 一つのミスで自信を失ってしなうこともあれば、ある出来事から立ち直ろうとしてやったことがまた失敗し・・という悪循環の中、「自分は何をやってもダメだ」と本格的に自信を失っていくことがありますよね。 そんな目で自分を見ながら仕事をしていたら、もちろん心はボロボロになっていきます。 あなたは仕事で大きな失敗をし、周りに負担をかけた・・・これはとても衝撃的な出来事です。 間違いなく、心は大きな衝撃を受け、大きな傷ができたことでしょう。 そして「二度と立ち直れない」「自分が今後うまくやっていけるわけがない」という感覚になってもおかしくありません。 関連記事>> 落ち込む気持ちを回復させるには時間が必要 人の心は何か辛いことがあって落ち込んだとしても、そこからも立ち直る力を持っています。 もちろん落ち込んだ後は、しばらくの間、回復のための時間が必要です。 これは身体をぶつけたときに、痛みが去るのをしばらく待たなければいけないのと同じこと。 衝撃が和らぐと、また前に進む力がでてくるのです。 しかし、いつまで経っても大きなミスをした衝撃から立ち直れない、というときには、衝撃からの回復が何らかの形で妨げられている可能性が高いのです。 このケースは、衝撃から回復できない悪循環に入っているといえます。 またミスをすることが怖くて一歩を踏み出せずにいる、その結果としていつまでも自信を取り戻す機会を得られない、という構造です。 そう言うと、あなたは「そんなことはわかっている。 一歩を踏み出せない自分が悪いんだ」と思うかもしれません。 でも違うのです。 そういう感じ方そのものが、大きなミスをした衝撃からの回復を妨げるのです。 まずは、 衝撃を受けたという事実を認め、回復には少し時間がかかる、と自分に優しく言い聞かせてください。 スポンサーリンク ミスで怒られてばかり。 心が萎縮してしまっているあなたには 「またミスしてしまった、きっと怒られるだろうなぁ・・はぁ嫌だ・・」 仕事にミスは付きものとは言っても毎回毎回怒られたばかりいると、気持ちもどんどん萎縮してしまいますよね。 ミスを連発して怒られてばかりのあなたは、きっとこのような負のループに陥っているはずです。 一度ミスをしてしまう• 上司や先輩にめちゃめちゃ怒られる• 委縮する• 怖くて必要な報告もできなくなる• またミスをしてしまう ここでは、そんな怒られることに心が萎縮してしまった方に、その心を解放する方法をお伝えしていきます。 続きはこちらから>> ミスを連発しないために注意したいこと この記事は、仕事でミスを連発して落ち込んでいる方に、その凹んだ気持ちを回復させる方法を中心にお話を進めてきましたが、ここでは少し「そもそもミスを連発しないためにできること」をお話しておきたいと思います。 ミスをして凹んだ気持ちを回復できたとしても、そもそものミスの原因をなくすことができなければ、また同じような状況にになってしまいますからね。 ではミスを連発しないために一番注意したいことは何なのか。 それは、 あなたのミスがどのような原因で起こっているのかをしっかりと分析しておくこと。 ウエノ 一般的には、ミスが起こる原因は、大きく分けて次の3つに分類すると言われています。 理解不足によるミス 本人の理解が表面的なところにとどまっていて、仕事の本質が理解できなかったために起こったミス。 注意・用心不足によるミス 本人は知識もあり、本質も理解しているにもかかわらず忙しさや面倒くささで十分な注意をはらわない、あるいは用心をしていなかったために起こったミス。 疲労・体調不良によるミス 疲労や体調不足のため注意力が散漫になったために起こったミス。 あなたが起こしたミスは、この3つのうちのどれに該当するのか、それを理解しておくだけでも、次のミスを予防する効果があります。 理解不足によるものなら、仕事への理解をもっと深めるために先輩に質問してみたり、疲労・体調不足なら体調の維持管理に努める必要があるでしょう。 ミス連発でやっぱり仕事を辞めたいときには それでもやっぱり「ミスした自分を受け入れることができない」「もう自信がない仕事を辞めたい」そんな方に。 最近、仕事のしすぎで体がボロボロ。 ちょっとでも手を抜くとミスを連発してしまう。 気を引き締めてやろうとしても、どこかぬけてしまう。 あなたが普段はミスをあまりしないのに、何だかミスを連発してしまうときは、うつ症状の一つです。 うつ病になった人と話をしていると、そんな自分の限界を全く意識していなかったような人が多いですし、ある程度は「もう無理かもしれない」と思っていても、その感覚を尊重せず、仕事を優先してしまった、という人ばかりです。 これは「頑張りすぎ」のサインです。 心がボロボロになっていいます。 ミスを連発して仕事を辞めたいほど悩んでいるとき、あなたの心がどのぐらいボロボロの状態になっているのか、一度確認してみましょう。 こちらの記事の中で、仕事が辛い時の対応策を詳しくご紹介しています。 関連記事>> 一人で抱え込んでいませんか? 「一人で対処しなければいけない」と感じがちではありませんか?もちろん物理的に人がいなければ、そう感じやすくなるでしょう。 しかし、周りに人はいるけれども、弱音を吐くのが苦手で何でも自分できちんとすべきだと思っている、というケースも少なくありません。 関連記事>> 「やらされている感」が強くありませんか? 同じ忙しさでも、自分のペースでできる場合と、他人のペースで「やらされている」場合とでは感じ方が違います。 やらされている感が強いときは、自分なりに見通しを立てても周囲の条件に振り回されて、ミスを連発しボロボロになりますし、現実的なストレスに「どうしてこんな不条理を受け入れなくてはいけないのか?」という被害者意識が上乗せされ、ますます心が消耗していきます。 関連記事>> 「出口が見えない」と感じていませんか? ミスを連発して大変な状況でも、出口が見えていれば希望も持てます。 しかし、どれほど努力しても出口が見えないというとき、人は行き詰って、心を病んでしまいます。 こんなときは、あらゆることをしておかなければいけないような気持ちになってしまい、そのストレスに耐えられず仕事を辞めたい気持ちになっていきます。 以上の 3つのうちの感じ方のどれかを自分の中に認めるようなら、そしてそれが一定期間続いているようなら、これ以上心をボロボロにしないように、癒しに入る必要があると思います。 このような状態は、それ自体が悪循環に陥りやすい特徴を持っているので、放置すると一般に心がどんどんボロボロになっていくからです。 現実的に転職することも視野に入れてみてもいいかもしれません。 スポンサーリンク 仕事でミス連発したときの心の回復法まとめ 仕事でミスを連発して落ち込んでいる方に参考になる方法や考え方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。 最後にもう一度まとめておきますね。 仕事でミス連発したときに取り入れたい考え方• ミスすることも前進することです• 辞めたいほど辛い人には「まっいいか」の精神が重要です• 「ミス」と「失敗」の違いを知っておこう• 完璧主義に陥らないようにしよう• 「すべて自分のせい」と考えるのはやめよう• 自分を励ます「定番のもの」を持とう• 他人はしょせん無関心だと知ろう• とにかく運動しよう• さっさと寝てしまおう• 一人で抱え込むのはやめよう ミスを重ね、自分に自信を失っている状態は、ただでさえ大変な思いをしているということ。

次の