マイクラ マルチプレイ設定。 Minecraft のマルチプレイ用のサーバーを立てる方法 【Windows バッファロールーター編】

マインクラフトWindows10版を複数PCでマルチするなら別途購入しなくてもOKだった話【ショック】

マイクラ マルチプレイ設定

プロパティ この画像は、デフォルト値になります。 上から一行ずつ解説していきますね。 一番上の1行目、2行目は関係ありません。 #はコメントだよってことだと思ってください。 説明にあたって、True、Falseや数字で指定している設定値は、[D]でデフォルト値を指すこととします。 spawn-protection 直訳すると、スポーン保護ですね。 この設定値は、スポーンエリアから半径何ブロックを保護しますって意味です。 デフォルトでは、16が設定されているので、スポーン地点から半径16ブロックは、破壊できなくなります。 スポーン地点に溶岩だばーや、周りが削られて身動きが取れなくされることを防げますね。 0を設定すると1ブロックのみを保護します。 お好みに合わせて設定してみてください。 OP権限を持っているプレイヤーは、破壊、設置することができます。 max-tick-time 直訳では、最高の時を刻む時間。 なんかかっこいいですね。 これは、サーバーに障害などが発生した場合に、設定した時間経過後サーバーを止めますよって設定値になります。 デフォルトでは、60000msなので、障害発生後60秒後にサーバーが停止します。 generator-settings 直訳では、ジェネレータ設定。 作成するワールドの設定を行うことができます。 英語ですが、下記URLを参照して設定してみてね。 今度別で解説できるかな。 gamepedia. gamepedia. force-gamemodeは、ログオンしたときにゲームモードを強制するかどうかと訳せます。 コメントにて、正しい意味を教えていただきました! しぃさんありがとうございます。 true 常にデフォルトのゲームモードでログインします。 ログイン中にゲームモードを変えても次ログインする時には、デフォルトに戻る設定です。 [D]false ログアウト後も設定したゲームモードを保持するので、次回ログイン時も前回設定したゲームモードでログインできます。 ここでのゲームモードとは、サバイバルとか、クリエイティブとかのモードをさしますよ。 allow-nether 直訳では、ネザーの許可。 プレイヤーがネザーに行くことを許可するか設定できます。 [D]true プレイヤーはネザーへ行くことができます。 false プレイヤーはネザーへ行くことができません。 gamemode ゲームモードの設定です。 設定値が特殊なので、お気を付けください。 下記項目で設定できます。 [D]0 サバイバルモード 1 クリエイティブモード 2 アドベンチャーモード 3 スペクテイターモード enable-query GameSpy4への接続プロトコルを許可するかの設定です。 ってなんやねんって感じですが、簡単にいえばサーバーの情報を取得できるようにするかしないかって感じみたいです。 詳しくわからないけど、外部ツールと連携できるのかな?よくわからない設定値はデフォルトでw true 許可する。 [D]false 許可しない。 player-idle-timeout プレイヤーのアイドルタイムアウトの設定! 何分間動作していないユーザーをKickしますか?って設定で、デフォルトはキックしないよって意味の「0」が設定されています。 0を5に変えるとログインしているプレイヤーは5分間操作しないと自動的にKickされます。 difficulty 難易度です。 難易度を設定できます!ゲームモードと同様に数字で指定します。 0 ピースフル [D]1 イージー 2 ノーマル 3 ハード spawn-monsters モンスターをスポーンさせるかどうかの設定値 [D]true モンスターがスポーンします。 false モンスターはスポーンしません。 既にスポーンしているモンスターは、設定値を変えても 消えません。 op-permission-level OP権限レベルになります。 1~4で設定し、OP権限の強さを設定できます。 結構重要な設定値だと思います。 変な話ですが、OPを渡したプレイヤーがサーバーを止めることもできちゃうので、面倒なことになっちゃいますね。 1 spawn-protection(スポーンプロテクション)で設定した範囲のブロック編集が可能。 resource-pack-hash リソースパックの設定値です。 設定値に、リソースパックがダウンロードできるURLを設定すると、プレイヤーがサーバーにログインする際にリソースパックのダウンロードが始まります。 announce-player-achievements プレイヤーの実績解除をチャットに通知するか設定値 [D]true 通知する false 通知しない pvp PvPの設定値です。 [D]true プレイヤー同士の攻撃を有効にします false プレイヤー同士の攻撃を無効にします snooper-enabled 定期的にMOJANGにサーバーの状態を送信するかどうかの設定。 [D]true 送信する。 false 送信しない。 level-type ワールドマップの生成タイプを設定する。 [D]DEFAULT 普通に生成されます。 FLAT フラット 平坦 に生成されます。 LARGEBIOMES 巨大なバイオームで生成されます。 AMPLIFIED 非常に高い山や、深い谷が生成されます。 CUSTOMIZED generator-settingsで設定したワールドを生成します。 hardcore ハードコアの設定です。 マルチサーバーのハードコアは一度死ぬとBANされるんです。 こわいですね。 true ハードコア設定 [D]false ハードコアの設定をしない 後編はこちら 当ブログで掲載しているゲーム画像やその他画像などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 当ブログは権利を侵害する目的は一切御座いません。 また、個人的な学習などに基づく内容を多く含んでおりますので、本ブログ内の記事の解決策、解説記事の信じすぎにご注意ください。 画像、ブログ内容について何か問題がございましたら、お手数ですが、お問い合わせからご連絡下さい。 内容確認後、速やかに対応させていただきます。 Yukimomoは、amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 注目の記事 24時間• 61件のビュー August 27, 2015 に投稿された• 37件のビュー March 9, 2016 に投稿された• 33件のビュー May 18, 2019 に投稿された• 30件のビュー April 17, 2019 に投稿された• 28件のビュー July 22, 2016 に投稿された• 26件のビュー September 14, 2015 に投稿された• 21件のビュー October 27, 2019 に投稿された• 21件のビュー September 9, 2015 に投稿された• 20件のビュー February 14, 2016 に投稿された• 20件のビュー June 6, 2019 に投稿された.

次の

Xboxのプライバシー設定の変更方法について【マイクラ・Xboxの良くある質問】

マイクラ マルチプレイ設定

マイクラサーバーを立てる流れ マインクラフトのサーバーを立てるのは以下のような手順で進めていきます。 サーバーをダウンロードする• サーバーの設定をする• サーバーを起動する• ポート開放をする 難しそうに見えるかもしれませんが全然そんなことはないので、順を追って見ていきましょう! マイクラサーバーのダウンロード まずはサーバーをダウンロードしていきます。 ただ、からは、最新版のサーバーしかダウンロードすることができません。 そこで、全バージョンのサーバーをダウンロードできるサイトを使っていきましょう。 今回はサーバーをダウンロードするので、 Download Server Jar をクリックします。 左下にこんなメッセージが出るかもしれませんが、無視して 保存をクリックします。 ダウンロードした server. jar は適当なフォルダを作ってそこに入れておきます。 (ファイル名がserver. jarではないケースがあるかもしれませんが、ファイル名は別に何でもいいので気にしないでください。 ) 起動しても何も表示されませんが、上の画像のようにファイルが追加されているはずです。 この中の eula. txt を開きます。 これは利用規約に同意しますよーという意味です。 書き換えたら、 必ず 上書き保存をして閉じてください!忘れずに! ここまで出来たら次はサーバーの設定をしていきます。 マイクラサーバーの設定 それではサーバーの設定をしていきます。 普段マイクラを遊ぶときは、難易度やモードを選んで始めると思いますが、サーバーも同じように難易度などを決めてあげる必要があります。 先ほどのフォルダから、 server. properties を開きます。 ずらずらテキストが書かれていると思いますが、これを編集して設定を変更していきます。 ただ、変更する必要のない箇所がほとんどなので、ここでは主要なパラメータのみ説明していきます。 数字・英語のどちらで指定しても大丈夫です。 数字・英語のどちらで指定しても大丈夫です。 プレイヤーがプレイヤーに攻撃できるかどうかを設定できます。 falseにしておくのをオススメしますが、殺伐としたマイクラを求めている方はtrueにしましょう。 だいたいいじる箇所はこの3つですね。 さらにマニアックな設定をしたい人は、などを参考にしてください。 マイクラサーバーの起動 設定が終わったらいよいよサーバーを起動していきましょう。 server. jar を起動します。 起動するとまずワールドが生成されていき、最後に Done! と表示されたら完了です。 この画面を開いている間はサーバーが立っていることになります。 サーバーを閉じたいときは、右下に stop と打ち込んでEnterキーを押せば閉じることができます。 それでは実際にサーバーに入れるかどうかを確認していきましょう! Minecraftを起動して、 マルチプレイをクリックします。 サーバーを追加 をクリックします。 サーバー名とサーバーアドレスを入力します。 サーバー名は好きな名前にしておきましょう。 サーバーを立てる人の名前にしておくと分かりやすいのでオススメです。 サーバーアドレスには、自分のサーバーに入る場合は localhost と入力します。 入力が終わったら完了を押します。 最後に サーバーに接続 を押せばサーバーに入ることができます。 無事に自分のサーバーに入ることができました。 今回の初期スポーンはメガタイガでした。 もし海の孤島など、変な初期スポーンを引いてしまった場合に、ワールドをリセットしたい場合があると思います。 そのときは、先ほどのフォルダにある world フォルダを削除しましょう。 これを削除してからもう一度 server. jar を起動すれば、ワールドが再生成されます。 もちろん前のワールドは消えるので注意してくださいね。 逆にワールドのバックアップを取りたい場合は、このworldフォルダをどこかにコピーしておけば大丈夫です。 server. jar:サーバーを起動するファイル• server. properties:サーバーの設定をするファイル• world:ワールドが保存されているフォルダ ポート開放のやり方 さて、このままでは自分はサーバーに入れますが、他の人は入ってくることができません。 なので最後にポート開放をしていきましょう。 おそらく多くの人はここでつまずきます。 ですが、私がポート開放について分かりやすく解説した記事があるので、こちらを参考に頑張ってみてください。 本当はここで書きたかったのですが、 ポート開放についての説明は長くなるので別記事にしています。 よくある質問 サーバーに関するよくある質問をまとめてみました。 ポート開放ができない ポート開放についてのよくある質問はこちらの記事にまとめています。 サーバーがラグい 今回紹介したサーバーの立て方では、サーバーのラグが酷い可能性があります。 (ブロックがなかなか壊せないなど) ラグの改善方法についてはこの記事で解説しています。 OP権限ってなに? OPとは管理人みたいなものです。 サーバーに関するいろいろなコマンドを使えるようになります。 server. jar の入力欄に、「op ユーザー名」と入力すると、プレイヤーにOP権限を付与することができます。 OP権限があるとできることなどは、ggると詳しく書かれたサイトが出てくると思います。 まとめ 以上がマインクラフトのサーバーの立て方でした。 分からないことがあったら下のコメント欄から気軽に質問してください!.

次の

マインクラフトWindows10版を複数PCでマルチするなら別途購入しなくてもOKだった話【ショック】

マイクラ マルチプレイ設定

ポート開放の流れ ポート開放は以下の4つの手順で行います。 ファイアウォールの設定をする• IPアドレスを固定する• ルーターのポート開放設定をする• ポートを解放する 難しい単語が並んでいますが、やること自体は単純な作業です。 きちんと説明どおりに設定していけば簡単にポート開放をすることができます。 それでは次の頁から具体的なやり方を見ていきましょう。 ファイアウォールの設定 まずは、ファイアウォールの設定をします。 システムとセキュリティ をクリックします。 Windows Defender ファイアウォール をクリックします。 詳細設定 をクリックします。 ポート を選択します。 TCP を選択します。 また、 特定のローカル ポート を選択し、 25565 と入力します。 これがMinecraftのポート番号になります。 接続を許可する を選択します。 プライベート だけを選択します。 最後に好きな名前をつけて完了です。 ここでは分かりやすいようにMinecraftとしました。 送信の規則の設定 受信の規則とまったく同じように、 送信の規則についても設定しましょう。 それが終わったらファイアウォールの設定は完了です! IPアドレスの固定 次はIPアドレスを固定していきます。 ipconfig と入力してEnterキーを押すと、上のような画面が表示されるはずです。 この画面は後で使うので、閉じずに置いておきましょう。 それとは別に、先ほどと同じようにコントロールパネルを開きます。 ネットワークとインターネット をクリックします。 ネットワークと共有センター をクリックします。 イーサネット をクリックします。 プロパティ をクリックします。 IPv4 を選択して プロパティ をクリックします。 このとき、 IPv6 のチェックは外してください。 (ただ、もしIPv6を使っている環境だと設定方法が異なります。 当記事では解説できないので各自調べてください。 ) 出てきた画面に、先ほどのコマンドプロンプトで調べた内容を入力していきます。 代替 DNS サーバー は空欄で大丈夫です。 入力し終わったら OK を押して閉じてください。 これでIPアドレスの固定は完了です! ルーターのポート開放設定 ルーターのポート開放の設定は、ルーターの種類によって設定方法が異なります。 なので、ここで全パターン説明することは不可能です。 そのサイトの手順に従って設定していきます。 共通点として、Minecraftのポート番号は 「25565」です! これだけは間違えないようにしましょう。 (実はルーターの設定をしなくてもポート開放ができる場合があるため、もしどうしてもルーターの設定方法が分からなかったら一旦飛ばしてみるのも手です。 ) UPnPCJでポートを開放する さて、ここまででポート開放をする準備は整いました。 それでは、UPnPCJというソフトを使って実際にポート開放をしていきます。 まずはUPnPCJをダウンロードします。 解凍したら、 UPnPCJ. exe を起動します。 赤枠は入力必須です。 テストに成功すると、このような画面が表示されます。 この画面が表示されればポート開放成功です。 マイクラでマルチプレイをするときは、サーバーを立てる前にポート開放をして、遊び終わったら必ずポート閉鎖をするようにしましょう。 特にポート閉鎖は忘れがちです!必ず閉鎖しましょう! ポート開放の確認 それでは、実際にちゃんとポート開放されているのかを確認していきます。 当たり前ですが、 UPnPCJでポート開放しておくのを忘れずに! まず最初に マイクラのサーバーを立てます。 マイクラのサーバーを立てる作業がまだ終わっていない人はコチラの記事を参考にしてみてください。 jarで起動すると左、batで起動すると右のようになりますね。 Done! の文字が表示されるまで一応待ってください。 次に、こちらのサイトにアクセスしてください。 ここに表示されているのがあなたのグローバルIPアドレスです。 マイクラのサーバーに入る人はこのアドレスを入力して参加することになります。 いったんこれを コピーしておきます。 そして、こちらのサイトにアクセスします。 先ほどコピーしたアドレスを、 グローバルIPアドレスの欄へ貼り付けます。 チェックポート番号は 25565 を入力します。 利用規約の同意のチェックを入れて、 Portチェック実行 をクリックします。 ポート開放が成功していればこの画面が表示されます。 これでマインクラフトのマルチプレイを遊ぶ準備は整いました! マルチプレイのやり方 それでは最後にマイクラでマルチプレイをする方法を確認していきましょう。 サーバーを立てる側と参加する側で少し手順が違うので気をつけてくださいね。 もちろん、 UPnPCJでのポート開放、Minecraftのサーバーの起動を忘れずに! タイトル画面で マルチプレイを選択します。 サーバーを追加 をクリックします。 サーバー名 は好きな名前で大丈夫です。 サーバーを立てる人の名前にしておくと分かりやすいのでオススメですよ。 サーバー アドレス には次のように入力します。 サーバーを立てる人(あなた): localhost• サーバーに参加する人(友達など): サーバーを立てる人のグローバルIPアドレス グローバルIPアドレスは、さっきこのサイトで確認したやつですね。 これを、 サーバーに参加する人全員に教えてあげてください。 サーバーに参加する人はこれを入力してあなたのサーバーにアクセスするわけですね。 入力し終わったら 完了 をクリックします。 最後に、 サーバーに接続 をクリックして、サーバーに参加します。 何事もなく無事サーバーに参加できたでしょうか… もしできたなら本当にお疲れさまでした。 ぜひマルチプレイを楽しんでください! ちなみに TABキーを押すと、参加中のユーザー一覧を確認することができます。 (画像はこの記事を書くために1回新規ワールドを作ってみたときの様子です。 すごい初期スポーン地を引きました。 ) よくある質問:ポート開放できない方へ ポート開放がうまくいかなかった方向けに、いろいろな原因を考えておきます。 とはいえども原因は無数にあるため、ここでは主要な原因だけ挙げています。 (どうしてもサーバーが立てれないような環境の可能性もあるので、その場合は他の人にサーバーを立てるのを任せるのも手ですね。 ) ポート開放ができないケース そもそもポート開放ができない場合です。 (UPnPCJでエラーを吐く、ポート開放チェックをしても到達できませんでしたと表示される、など。 ) 単純な入力ミス 一番多いと思います。 IPアドレスやポート番号など、 入力した箇所をすべて見返してチェックしてみてください。 マイクラのサーバーを立てていない 私のときはこれが原因で困っていました。 マイクラのサーバーを立てていないと、ポート開放チェックをしても到達できませんでしたと表示されます。 マイクラのサーバーは必ず立てた状態で確認しましょう! プライベートネットワークになっていない 最近流行りのパブリックDNSなどを使っていた場合にありがちです。 <参考> マイクラのポート番号を変更している マイクラのポート番号は25565以外に変更することができます。 ほぼ無いと思いますが、変更してしまっている可能性があります。 サーバーのフォルダ内の server. セキュリティソフトが邪魔している 各々のパソコンに搭載されているセキュリティソフトがWindowsファイアウォールの設定を邪魔している場合があります。 セキュリティソフトによって対処法が異なるので、ここでは解説できません;; 二重ルーター 二重ルーターになっている場合は対処する必要があります。 <参考> IPv4じゃない IPv6の場合はポート開放の手順が異なると思われます。 私の環境では実現できないので、ここでは解説できません;; インターネット契約に問題がある グローバルIPアドレス割り当てじゃないとポート開放できません。 契約の内容を確認してみてください。 その他 ルーターの再起動など。 気力のある方はWindowsを初期化してみるのもアリかも… ポート開放はできるが、サーバーに入れないケース こちらはポート開放はできているけどサーバーに参加できない場合です。 サーバーを立てた人は入れるけど友達は入れないなんてこともあります。 グローバルIPアドレスを間違えている 参加する人はあなたのグローバルIPアドレスを入力して参加しますが、これを間違えている可能性があります。 ファイアウォールが邪魔をしている 上で説明した を参加する側にもやってもらってみてください。 また、ファイアウォールの設定でMinecraftやJavaを例外設定してみましょう。 <参考> Minecraftのバージョンが違う これはエラーが出るのですぐ気づきます。 MODの影響 何かMODを入れている場合はそれによる不具合の可能性があります。 回線が弱い 特にサーバーを立てる側の回線が弱いと、参加者が頻繁に切断されることがあります。 ポート開放を忘れている してください!! その他 サーバーに入れない場合は、マイクラの画面にエラーが表示されると思うので、そのエラー文で検索してみましょう。 だいたい同じ症状の人が何人かいます。 まとめ いかがだったでしょうか。 もし分かりにくかったところがあれば下のコメント欄から気軽に質問してください!.

次の