平成33年。 自動車:~ナンバープレートを見やすく表示しましょう~

令和5年(2023年)10月からは「適格請求書等保存方式」に | 特集

平成33年

分類にある「日本」「中国」「中国周辺」「朝鮮」「ベトナム」は地域概念であり、特定の国家をさすものではなく、またその外延は便宜的に定めたものである。 「中国周辺」は、「広義の、、及びこれに隣接する中国の一部地域(ほぼに相当)」を指す。 一段右寄せの箇条に掲げたは、その上段の元号を建てた王朝に対抗するである。 仏滅紀元及びユダヤ暦は、現在のところ元年と対応する西暦年から逆算した数を表示しており、旧暦等の暦日の記述とともに確実な出典を確認していないので利用には注意されたい。 皇紀は日本で1873年の太陽暦採用と同時に施行された。 檀紀は大韓民国で1948年から1961年まで公式に使用された。 主体暦は朝鮮民主主義人民共和国で1997年から公式に使用されている。 仏滅紀元は紀元前543年を元年とするタイ仏暦を基準にしている。 スリランカなどでは紀元前544年を元年としているので1を加算されたい。 62年• 693年• : 9年• : 11年• : 9年• : 16年• : 10年• : 6年• 2366年• : 576年• : 3793年 - 3794年.

次の

33年

平成33年

分類にある「日本」「中国」「中国周辺」「朝鮮」「ベトナム」は地域概念であり、特定の国家をさすものではなく、またその外延は便宜的に定めたものである。 「中国周辺」は、「広義の、、及びこれに隣接する中国の一部地域(ほぼに相当)」を指す。 一段右寄せの箇条に掲げたは、その上段の元号を建てた王朝に対抗するである。 仏滅紀元及びユダヤ暦は、現在のところ元年と対応する西暦年から逆算した数を表示しており、旧暦等の暦日の記述とともに確実な出典を確認していないので利用には注意されたい。 皇紀は日本で1873年の太陽暦採用と同時に施行された。 檀紀は大韓民国で1948年から1961年まで公式に使用された。 主体暦は朝鮮民主主義人民共和国で1997年から公式に使用されている。 仏滅紀元は紀元前543年を元年とするタイ仏暦を基準にしている。 スリランカなどでは紀元前544年を元年としているので1を加算されたい。 62年• 693年• : 9年• : 11年• : 9年• : 16年• : 10年• : 6年• 2366年• : 576年• : 3793年 - 3794年.

次の

西暦和暦変換 早見表

平成33年

2021年 (令和3年)の「国民の祝日」 01月01日 元日 「年のはじめを祝う。 」 01月11日 成人の日 1月第2月曜日、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 」 02月11日 建国記念の日 政令で定める日、「建国をしのび、国を愛する心を養う。 」 03月20日 春分の日 春分日、「自然をたたえ、生物をいつくしむ。 」 04月29日 昭和の日 「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 」 05月03日 憲法記念日 「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。 」 05月04日 みどりの日 「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。 」 05月05日 こどもの日 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。 」 07月19日 海の日 7月第3月曜日、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」 09月20日 敬老の日 9月第3月曜日、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。 」 09月23日 秋分の日 秋分日、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 」 10月11日 体育の日 10月第2月曜日、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。 」 11月03日 文化の日 「自由と平和を愛し、文化をすすめる。 」 11月23日 勤労感謝の日 「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 」 12月23日 天皇誕生日 「天皇の誕生日を祝う。

次の