犬 仰向けで寝る。 なぜか仰向きに寝る子犬、世界的な人気を集める

なぜか仰向きに寝る子犬、世界的な人気を集める

犬 仰向けで寝る

様々な寝方がある 動物によっては様々な寝方がありますが、チワワの場合でも人間らしく大の字で寝ているチワワもいれば、仰向けで寝るというチワワもいます。 中にはうつ伏せの状態で寝るというチワワもいますが、チワワによっては好きな寝方が異なりますので、人間同様に自分の好きな寝方で寝ているため、多くは安心して見守ってあげることが出来ますが、中には人間みたいに「イビキ」をするチワワもいます。 これは夢を見ているという証拠でもある為、イビキをしたからといって不安になってしまうのではなく、暖かく見守ってあげる必要があり、夢の中で走っているかのように実際に寝ながら手足をバタバタと動かすような寝方をするチワワもいます。 寝ている時にやってはいけない行為 寝ている姿を見ているだけで思わず興奮してしまい写真を撮るという人もいますが、写真を撮る際にフラッシュ機能を入れたまま写真を撮ってしまうと光によってチワワがビックリして起きてしまうことがあります。 また、 寝ている時に手足をバタバタ動かしているから止めさせようとして過剰に触れてしまったり、静止させてしまうような行為をすることによってチワワが起きてしまう事がありますが、いずれもストレスの原因にもなっている為、寝ている時に絶対にやってはいけない行為です。 また、動物によっては自分に合った寝方で寝ている為、普段とは違った寝方をしていたり、見ていて「警戒を持たせるために」と思って、寝方を直してしまうという行為をしてしまうのは絶対に行ってはいけません。 寝ている時に無理矢理起こしてしまったり、寝方を変えるような事をしてしまう事によって動物は寝ている時でも警戒をする様になってしまい、満足な睡眠を取ることができずに日々ストレスが溜まってしまい、睡眠障害になってしまったり、ストレスによって病気になってしまうという事もある為、チワワが寝ているときは注意をしなければいけません。 スポンサードリンク てんかんの可能性も考えられます 通常、寝ていたり、白目で寝ながらや仰向けてで寝ている場合はそのチワワの寝方と捉えることができるのですが、中には「痙攣」を起こしてしまっている場合があります。 そういった場合、飼い主の多くが命の危険を覚悟する事もあり、パニックになってしまう傾向にあります。 しかし、 いち早く対応をする事によって救える確率は確実に上がります。 まずは慌ててしまうのではなく落ち着いて行動をすることが必要です。 てんかんをしている見分け方としては仰向けの状態で犬かきをするような動きになる事が多く、数分程度で収まり、通常の寝方になるのですが、それが長く続くような場合「てんかん」の恐れがあります。 てんかんになってしまったらチワワ自身はどうする事も出来なくなってしまい、脳の全体が興奮状態になってしまっていて、足全体が伸びきってしまった状態になり、チワワ自身が自分の意思で起き上がろうとする事も、姿勢を変えようとしてもどうする事も出来なくなってしまうので、 てんかんだと判断した場合には迷わずにすぐに病院に連れていくことが必要です。 また、歳を重ねるごとにてんかんが多く見受けられます。 まとめ 見分け方が難しいという声があるのですが、チワワを飼っている人の中で実際に白目だったり、仰向けで寝ている事が多い場合は見分けるのが難しいという声が多くありますが、普段と明らかに違う様子だったり、両足が伸びきってしまっている場合はすぐに病院に連れていくことが必要です。 万が一、てんかんかどうか分からない場合でも、少しでも不安に思ったら一度病院に連れていくことが必要なのですが、その際に先生に「いつ」、「どんな状態だったのか」を詳しく話す必要があります。 そうする事によって適切な判断をしやすくなり、今後どのような対応をしていけば良いのかを教えてくれる為、安心する事ができます。 スポンサードリンク.

次の

寝相でわかる、愛犬の性格。仰向けに寝る犬は・・・(イラスト)

犬 仰向けで寝る

目次 寝姿にはさまざまなことが影響する 肌寒さを感じるようになる季節、ぽかぽかと日が当たる窓際で、お腹を出してスースー寝息を立ててながら寝ている犬を見ると、「犬はいいな~」と思う人も多いのでは? 仰向けになって足を広げて寝る、丸まって寝る、狭いところに挟まって寝る、フセの形で寝る、横に寝るなど、犬の寝姿にはいろいろなパターンあると思うが、 その犬の骨格、気候や寝ている場所の温度、安心しているか緊張しているか、精神的な問題など、寝姿にはさまざまなことが影響している。 仰向けで寝ている犬がリラックスしている可能性はあるが、リラックスしている犬が必ず仰向けで寝る、というわけではない。 例えば、パグなどの鼻ぺちゃ系の犬たちは、仰向けで寝ると呼吸がかなり苦しくなりそうだし、ボルゾイなどの背中が尖った犬などは、逆に仰向けで寝るほうが体勢的につらいこともあるだろう。 また、子犬の頃に後ろ足をグーンと伸ばして寝ていた犬が、成長するにつれて足を伸ばさずに寝るようになるのも、骨格形成と関係がある。 人が赤ちゃんの時に、自分の足を舐めることができるほど体が柔らかいのと同じように、犬も子犬の頃は体が柔らかいので、股関節の可動域が広く足を伸ばした状態で寝ることができるのだろう。 成犬になっても足を伸ばして寝ている犬もいるが、これもやはり他の犬に比べると股関節の可動域が広いと考えられるようだ。 うとうと寝にも2パターンある!? 夏の暑い時はカーペットを敷いていないフローリングやタイルの部分など、冷たい場所にうつぶせで寝ていることもあれば、エアコンの効いたリビングでリラックして体を伸ばして寝ていた犬が、肌寒さを感じる秋口になると丸くなって寝ていたり。 また、寒い冬の朝はベッドの中で、鼻を前足で抱えながらギュッと丸くなって寝ているのに、床暖房をつけて暖まってくるとそこに移動し、平べったく寝ている姿を見かけることもある。 確かに 気温や室温も寝姿には影響があるのだろう。 次に姿勢について。 横になって寝ているのに比べると、フセに近い形で寝ているのは 『すぐに動ける体勢』を取っているからと言える。 ただ、うつ伏せでも顔を床につけて寝ていれば、本格的に寝ているのかもしれない。 また、うつ伏せの状態で首は起こしたままうつらうつらしている時は、 『何かオヤツをもらえるのかも』など 『これから何かあるのかな、寝てはいけない』と我慢している可能性もある。 ところで、この「うとうと寝」にも避けてあげたいパターンがあるらしい。 知らない場所に連れてこられて、不安だし、疲れているのに寝られない、ということもある。 愛犬と外出する際は、いつも寝ている時間帯や、愛犬の性格、愛犬が好む場所なのかどうか、初めて行く場所か馴染みの場所かなどを考慮し、疲れさせない配慮をするといいだろう。 体調が悪いときの寝姿にもいろいろある 寝る時に飼い主に体を寄せてきたり、飼い主の手や足首、あごなどに自分の顔を乗せて寝るタイプも多い。 目の前にちょうどいい高さのものがあったから、というのもあるかもしれないが、 飼い主に対しての甘えがゼロではこのような行動はしないだろう。 また、夏でも体を寄せて寝ている場合は、『暑くて嫌だな』という気持ちより『飼い主が好き』という気持ちが上回っているはず。 飼い主に体をくっつけないが、飼い主の近くで寝るのもほぼ同じ理由。 昔は番犬だったり、猟犬として活躍した犬が、人にくっついたり、撫でてもらわないと寝られないなんて、そんなヤワな事でいいのかと思うが、 狼と犬を比べた場合、子供っぽい特徴を残したのが犬だと言われている。 まずは形。 垂れ耳やマズルが短いのは子犬に見られる特徴で、大人になっても遊ぶのは犬ならでは。 家畜化されていない動物は性成熟を迎えると遊ばないし、知らない相手は受け入れない。 幼いうちは母親やきょうだいにくっついて寝ていないと冷えてしまう。 安心できるものの近くにいることは生きていく上で彼らにとっては大切なこと。 離れれば自動的に鳴くようになっていて、鳴いたら母親が群れに連れ戻す行動をとる。 犬にはそんな赤ちゃん時代の名残がある。 また、室内で愛玩犬として飼われていく中で、甘えやすい犬や懐っこい犬が好まれてブリーディングされてきた、という背景もあるかもしれない。 さて、犬の寝姿。 体調が悪い時はどんな格好で寝ることが多いのか。 これは症状によってもさまざま。 痛い時は熟睡できなかったり、体に力が入っていたり、何度も体勢を変えたりすることもあるだろう。 膵炎を発症している犬は『祈りのポーズ』と言われる、腹部は多少丸まっていて、上半身は伸びているように見える姿勢をとることもある。 愛犬が健康な時の姿勢を覚えておき、寝姿に何らかの異変があれば動物病院で診てもらうといい。 最後に、犬の快適な寝床について。 人間も静かな場所で、自分の体に合った布団やベッド、枕を使って寝ると、ぐっすり眠ることができるのは皆さんもご存知の通り。 ダックスは体の長さでクレートを選ぶと、天井があきすぎることもあるだろう。 そんな時は、クレートの中で場所をとりすぎないクッションを選ぶと良い。 見ためがフカフカしていても、座ってみるとすぐ地面の硬さを感じるものよりは、中身が詰まった枕のようなしっかりしたクッションが座りやすいはず。 ハウスやクレートは人の出入りがあまり頻繁ではなく、犬が落ち着いて眠ることができる場所に設置。 小さいお子さんがいて、眠っている犬をよく起こすようなことがあるなら、犬が1匹で落ち着いて眠ることができる部屋を用意するなど、寝場所に関しても配慮するといいだろう。 愛犬に質の良い眠りを提供できる飼い主でありたいものだ。 関連記事: 人気のキーワード: ダックススタイル vol.

次の

犬が飼い主の足元で寝る理由・心理!くっつく位置で上下関係がわかる!

犬 仰向けで寝る

1.犬が仰向けで寝る意味はリラックスだけじゃない 可愛らしいと話題になる「へそ天」ポーズですが、犬が仰向けで寝る理由はその時の状況や気持ちによってさまざまです。 しっぽや耳の動き、表情はもちろん、周囲の状況にも考慮して、仰向けになった理由を理解することが、円滑なコミュニケーションに繋がります。 まずは、仕草や状況別にへそ天の気持ちを見ていきましょう。 安心・リラックス 仰向けに寝ているワンちゃんの尻尾が伸びて脱力しているのは、くつろいで安心しきっている証拠です。 これは、家や家族との空間に安らぎを感じている証ですので、熟睡しているときは、起さずにそっとしておきましょう。 もちろん、仰向けにならない子もいるので、仰向けにならないからといって気にすることはありません。 表情がリラックスしていれば、愛犬は安心してくつろいでいるといえるでしょう。 また、子犬だと遊んでいたままの姿勢でパタッと寝てしまうことがありますが、少し寝苦しそうであればそっと横にしてあげてもいいでしょう。 信頼・愛情 仰向けで寝ながらしっぽを振る、口元がゆるんでいるというときは飼い主さんへの甘えです。 この仕草は、子犬のころにお母さん犬にお腹をなめてもらった名残りともいわれており、飼い主さんへの信頼や愛情の表れです。 愛犬がコミュニケーションを求めているので、飼い主さんもできる限り撫でて愛情表現をしてあげましょう。 お腹はやわらかくデリケートなので、やさしい力で撫でるのがポイントです。 また、仰向け寝は体の力が抜けやすく、腹部の圧迫や興奮から、おもらししやすい状態です。 そのため、ワンちゃんによってはおしっこを漏らしてしまうこともありますが、本能に近いものなので、叱らないで対処してあげてくださいね。 服従・降参 視線をはずす、耳が後ろに倒れる、しっぽをお腹に巻き込む状態で仰向けになっているときは、服従、降参のサインです。 弱点であるお腹を無防備に見せることは「降参しました」という犬からのアピールですので、ワンちゃんを怒った時にこのポーズをした時は、怒るのをやめて、むやみに触らないようにしましょう。 暑くて苦しい 犬は毛の薄いお腹を上にして、体内の熱を下げようとすることがあります。 夏の暑い日や、暖房が効いた部屋で仰向けになって寝ているときは周囲の気温と犬の状態を確認しましょう。 特に、舌を出して「ハアハア」という呼吸をしていたら注意が必要です。 気温を下げるか、すぐ涼しい場所に移動し様子をみます。 それでも、呼吸が治まらない・元気が戻らない場合は、動物病院を受診してください。 2.仰向けは病気の発見にも役立つ 仰向けでお腹に触れることは、コミュニケーションだけでなく病気などの異常を見つけやすいというメリットもあります。 皮膚の異常や、乳腺腫瘍、肝臓がん、腹水などお腹は病気の症状が表れやすい部位です。 お腹は弱点でもあるので、触れられるのを嫌がる犬もいますが、慣らしておくと動物病院での診察もスムーズで早期発見につながりやすいです。 可能であれば、仰向けでお腹や全身に触れられるようにしつけておきましょう。 3.愛犬に仰向けで寝ることを教える方法 仰向け「ごろん」は、まず「ふせ」からスタートします。 あせらず、怒らず、ゆったりした気持ちで教えてあげましょう。 飼い主さんが楽しそうに笑顔で教えることも大切です。 おやつを犬に見せて鼻先にもっていき、犬の足元に少しずつ下げます。 犬がおやつを追ってかがんだところで「ふせ」と声をかけてください。 犬の胸が床についたらおやつを渡してほめてあげます。 これを無理のない範囲で繰り返し「ふせ」を習得していきます。 気の強い犬は「ふせ」は苦手なので、時間がかかることもありますが、愛犬とのコミュニケーションタイムとして、楽しみながら続けていきましょう。 犬の足を引っ張ったり上から抑えつけたりなど、無理に「ふせ」をさせることはNGです。 背中が痛くないように、マットを敷いてあげるのもいいでしょう。 「ふせ」の状態で、犬の鼻先におやつを見せてください。 そのまま、おやつを犬の背中に向けて動かしていくと、おやつを追った犬は自然に寝転んだ状態になります。 そこですかさず「ごろん!」と声をかけ、おやつを与えてほめましょう。 ほめながらやさしくお腹にタッチします。 「ごろん」のとき軽く手を添えてあげてもいいのですが、無理やり仰向けにさせないように注意してください。 この動作を繰り返して覚えさせましょう。 1週間程度ができるようになる目安ですが、それぞれの犬のペースがあるので焦らずに行いましょう。 もし仰向けで痛がる様子などが見られたら、動物病院を受診してください。 4.まとめ 犬がへそ天で寝る理由は、リラックスだけではありません。 甘えや服従、降参などを意味することもあります。 暑さで仰向けになることもあるので、飼い主さんは、周囲の状況や犬の様子を確認して対応してあげましょう。 また、お腹は皮膚炎やがんなどの症状が表れやすいところです。 仰向けでお腹に触れるようにすると病気の発見にも役立ちます。 動物病院の診察もスムーズになるので、「ふせ」から「ごろん」を教えてあげるといいでしょう。 written by AEONPET CO. ,LTD. 鏑木 紀彦 タグ :.

次の