アンフォルメル 広尾。 恵比寿・広尾・代官山のおいしい「テイクアウト」まとめ! 今こそ人気シェフの料理をおうちで楽しもう

恵比寿・広尾・代官山のおいしい「テイクアウト」まとめ! 今こそ人気シェフの料理をおうちで楽しもう

アンフォルメル 広尾

席・設備 総席数• 12席• カウンター席あり 宴会最大人数• 12名様(着席時)• 18名様(立食時) 貸切可能人数• 8名様 ~12名様• 店舗へお問い合わせください ペット同伴• 同伴不可 外国語対応• 外国語対応スタッフ:• 英語を話せるスタッフがいる 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au ) 化粧室• 様式:• 男女共用:• 1個 その他の設備・サービス• 日曜営業あり• ソムリエがいる店• ワインセラーがある.

次の

#広尾 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

アンフォルメル 広尾

席・設備 総席数• 12席• カウンター席あり 宴会最大人数• 12名様(着席時)• 18名様(立食時) 貸切可能人数• 8名様 ~12名様• 店舗へお問い合わせください ペット同伴• 同伴不可 外国語対応• 外国語対応スタッフ:• 英語を話せるスタッフがいる 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au ) 化粧室• 様式:• 男女共用:• 1個 その他の設備・サービス• 日曜営業あり• ソムリエがいる店• ワインセラーがある.

次の

時代に寄り添う、最新古典フレンチはいかが?|今宵もグルマンド|Gourmet|apps.axisphilly.org(フィガロジャポン)

アンフォルメル 広尾

いつもおいしい料理で私たちを元気にしてくれる飲食店。 けれども、いま新型コロナウィルスの感染を防ぐために、できるだけ外出しないことが求められています。 近くにお住まいの方は、極上のテイクアウトメニューを楽しんで、私たちの愛するレストランを応援しよう。 スープは濃厚なコクがたまらない塩味ベースの「薬膳鶏白湯スープ」と、デトックス効果も期待できるスパイシーな「薬膳麻辣スープ」の2種類から選べる。 身体が喜ぶ素材いっぱいのメニューで、元気をチャージしてみてはいかがだろう。 価格はすべて税込み 【購入方法】 ・テイクアウト、または近隣であればデリバリーも可能(電話にて要相談) ・電話予約。 当日でも1時間前までに電話予約すればスムーズに そんな同店がお届けする料理は、ジビエを使ったパテやソーセージなど。 とくに期間限定で販売される「日本鹿といのししのテリーヌ 日本鹿といのししのソーセージ」(写真上)は、簡易パッケージで、おうちで味わうのに打ってつけの料理だ。 ぜひ『レストラン マノワ』ならではのワンランクアップのテイクアウトメニューを楽しみたい。 【店舗基本情報】 店名: 住所:東京都渋谷区広尾1-10-6 1F 電話番号:050-3467-2767 【テイクアウトの営業時間】 は24時間、店頭受け取りに関しては電話にてお問い合わせ 定休日:月曜、火曜 【テイクアウトメニューの内容】 日本鹿といのししのテリーヌ(3枚ずつ)/日本鹿といのししのソーセージ(4本ずつ)*期間数量限定(冷凍) 6,480円 鹿のテリーヌ 1枚(冷凍) 1,080円 いのししのテリーヌ 1枚(冷凍) 1,080円 鹿のソーセージ 4本(冷凍) 1,296円 いのししのソーセージ(冷凍) 4本 1,296円 【購入方法】 ・、もしくは店頭で購入(店頭で購入する場合、事前に電話連絡していただくとスムーズです) 名だたる美食家も絶賛するフレンチレストラン『Ode(オード)』。 イノベーティブと古典が融合するガストロノミックな料理は、日本のみならず海外からも注目を浴びているレストランだ。 シェフの生井祐介さんの世界観を表したグレー一色のコンセプチュアルな空間の中でいただくのは、シェフならではの感性が生かされたクリエイティブな料理の数々。 相性のよい食材が集まって奏でるうまみ、心地よく体幹を流れゆく食感のハーモニーなど、理にかなった調理法で生み出されるフランス料理はフレンチ好きなら絶対食べたい逸品ばかりだ。 「『Ode』らしいテイクアウトを!」と生井シェフが考えたのは、3つの架空の店舗を立ち上げ、それぞれから趣向を凝らしたメニューをお届けするというもの。 以下がそれらの店舗。 手軽さとボリュームにこだわったサンドイッチは、自家製マスタードと自家製ローストポーク、自家製ベーコンを、自家製フォカッチャにたっぷり挟み込んだもの。 ガブリとかぶりつけば、ジュワ~ッと溢れるジューシーな肉のうまみに感激すること間違いなし。 第1回は4月14日発送済み。 海苔を敷いたご飯の上に、かしわやつくね、ぽんじり、うずら、ししとう、アスパラのほか、鶏そぼろがぎっしり敷き詰められており、見るだけで食べたくなる一品。 なかなか予約が取れない『鍈輝』が始めたお弁当とあって、早くも大好評。 前日20時までの予約だが、100個限定のため、締め切り前に売り切れてしまうこともあるのだとか。 早めの予約がお薦めだ。 日替わりのメニューは、イタリアンらしいパスタソースから、麻婆茄子、魚の煮付けなど和洋中、さまざま家庭的なお惣菜がズラリ。 とはいえ、いずれも濱口シェフ流のこだわりが施された、ひと味違うものばかり。 毎日の食卓がパッと華やぐこと請け合いだ。 容器とエコバッグは要持参 【購入方法】 テイクアウト(当日11:00までに要予約) (FacebookまたはInstagram( masahirohamaguchi)のDMにて、名前、連絡先の携帯電話番号、食数、予約日、受け取り希望時間をお伝えください) テイクアウトでは、イートインでも人気の惣菜を単品で頼める料理やセットメニューを用意。 中でもおすすめは「ミートソース」(写真上・左/テイクアウトはミートソースのみ)。 極粗挽きの牛肉や豚肉、手切りの牛バラ肉などがゴロゴロと入り、香味野菜とトマトホールだけでコトコトと煮込んだレストランならではの一品だ。 食べごたえ満点で、老若男女問わず楽しめそう。 「作りだしたら楽しくなってしまい、どんどんメニューが増えています。 お客様を飽きさせないように工夫したいですね」と語る樫村シェフ。 『ファロ』の陽気な空気まで運んでくれそうなテイクアウト。 ぜひおうちで楽しみたい。 SNSなどでご確認ください。 内容に変更が入る場合もございます。 セット内容記載以外の食材は含まれておりません テイクアウトメニューは、まさにおうちで楽しめる「自宅でサリヒルSET」。 イタリアから空輸で取り寄せたモッツァレラチーズのほか、ニンニクやローズマリーなどのハーブを巻いた豚バラ肉をローストした「ポルケッタ」など定番料理5品を真空パックにしたセットメニューだ。 調理方法などの説明書付き 【購入方法】 テイクアウト、またはクール便での発送(受け取りは前日までの事前予約のみ。 電話またはSNSのDMにて連絡。 発送の詳細は公式SNSを参照) 国籍も年齢も多様な人々が集う広尾には、本格派から気軽なビストロまでフランス料理の名店がそろう。 2019年秋にオープンして以来、広尾に表れた新星として話題のビストロが『informel(アンフォルメル)』だ。 シェフを務めるのは、『オザミトーキョー』や『AUX BACCHANALES(オーバカナル)』などで修業した片岡龍太郎さん。 「テーマはクラシック」と語る片岡シェフは、伝統的なフランス料理をリスペクトしつつ、現代的な感覚を料理に取り入れている。 その真髄が現れているのが、シグニチャーの「鹿コンソメ」だ。 黄金色に澄んだスープは、フォン(だし)やソースといったフランス料理の基礎を大切にしているシェフならではの逸品だ。 テイクアウトメニューには、手間や時間をじっくりかけたフォンやソースが楽しめる料理がセットされている。 自家製ベーコンや豆、野菜など具だくさんの「スープガルビュール」や、赤ワインを使った煮込みスープもたっぷり添えられている「和牛ハンバーグの赤ワイン煮込み」、パクチー入りの団子が楽しい「ビスクカレー帆立海老団子入り」など計6品。 バラエティ豊富で、ランチやディナーのどちらにもぴったり。 いずれもしっかりコクのある味わいなので、ワインとも好相性だ。 DMには、名前、住所、支払い方法(振込またはクレジットカードvisaかmasterのみ)、注文個数、配達希望日時、領収書の有無を記載。 DMの返信をもって注文確定 東京には、イタリアで長年修業し、ネイティブ並みのセンスを持つシェフたちの店が多くあるが、『ラ トラットリアッチャ』もそんな店の一つ。 オーナーシェフの河合鉄兵さんは、イタリア中部トスカーナ地方をメインに約16年近く修業した経験の持ち主。 気取らない雰囲気で本格的なトスカーナ料理がいただけるとあって、『ミシュランガイド 東京 2020』ではビブグルマンを獲得している。 「トスカーナ料理の魅力はシンプルなところ」と語る河合シェフ。 シンプルであればこそ現地と同じ味を再現するには、味加減や火入れなどにシェフ自身のセンスが問われる。 店は、毎晩、シェフの料理を求めて訪れる、多くの東京在住のイタリア人たちで賑わっている。 その様子を見れば、料理が本物であることも頷ける。 パスタはソースのみお届けになります。 テイクアウトでは、家庭のパスタがトスカーナの味に変身するパスタソースや、肉料理に定評のある同店ならではの「トリッパの煮込み」や「トスカーナ風ミートボール」などがいただける。 いずれも真空パックに包装されているため、温めるだけでイタリア人も太鼓判を押す本場の味が家庭で楽しめる。 注目は、テイクアウトのみのメニューである河合シェフ特製のカレー。 肉たっぷりスパイシーな自家製サルシッチャと合わせるなど、同店ならではの新感覚カレーが大好評。 当日でも電話にて在庫をご確認ください) 恵比寿公園のほど近く、看板のない店ながら、夜な夜な多くの人で賑わうビストロ『小泉料理店』。 オーナーシェフの小泉洋さんは、フレンチの修業からスタートし、フランスに渡り、各地で様々な経験を積んで帰国。 その後、ワイン角打ち『藤小西』で自然派ワインについて学んだり、中華料理やビストロでも腕を振るったりするなど、多彩な経歴を持っている。 そんな小泉シェフが作るのは、フレンチをベースにしつつ、和食を思わせる繊細な前菜や、肉汁が溢れるシューマイなどジャンルを超えた創作料理。 驚きがありながらも、素材や味の組み合わせが絶妙。 しかもそれらの料理がコース3,800円のコスパ抜群でいただけるとあって、たちまち人気店となった。 テイクアウトメニューのおすすめは、「CHB」(写真上・左)と名付けられた料理の盛り合わせ。 ボックスの中には、前菜から魚介、プチメイン、デザートまで、『小泉料理店』でも人気のメニュー全9品がたっぷり詰まっている。 アラカルトには、メインとなる肉料理のほか、テイクアウト限定でご飯ものやパスタも登場。 トロトロに煮込んだ牛スジがたまらないオムハヤシや、小泉シェフ流のセンスあふれるパスタなど、いつもはお目にかかれないメニューもぜひ試したい。 【店舗基本情報】 店名: 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-12 1F 電話番号:050-3460-8643 【テイクアウトの営業時間】 17:00~21:00(L. 支払いは現金のみ 【購入方法】 テイクアウト(出来たてをお渡ししたいため、当日30分ぐらいまでの事前予約がおすすめ。 予約は、電話またはFacebookかInstagramのDMで、名前、連絡先、内容、個数、来店時間を伝える。 メッセージの返信を持って予約完了) テイクアウトでは、『ラブレー』の人気メニューに前菜とデザートをセットしたおトクなBOX(写真上)や、家族そろって楽しめるようなパーティープレートを用意。 BOXには、「和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」や「鮮魚のプロヴァンス風」など王道フレンチメニューがズラリ。 前菜だけでなくデザートまで添えてあり、フレンチらしさ満開なのがうれしい。 パーティープレートは、おせち料理のように、ラブレー自慢の料理がバラエティ豊かに盛り込まれている。 「メインBOX(山形県産ハーブ鶏もも肉と国産豚の自家製サルシッチャのグリル盛り合わせ じゃがいものオーブン焼き添え)」(写真上左/1,500円)、「国産牛ホホ肉のL'astro特製ビーフシチュー」(同右/2,200円)など、仲田シェフの作る逸品料理が、店内価格よりさらにお得に味わえる。 価格はすべて税込み 【購入方法】 ・電話予約後、テイクアウト ・支払いは現金かPayPayのみ ・事前のご予約がない場合はお渡しまで、 お時間を頂戴する場合がございます。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の