キングダム 639話 画バレ。 【キングダム最新話648話ネタバレ速報】司馬尚と李牧は会い趙はどう進む?|ワンピースネタバレ漫画考察

[B!] キングダムネタバレ642話最新話確定速報!考察感想【画バレ予想】本バレ休載

キングダム 639話 画バレ

信 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第640話 ) 来週は信達も咸陽に凱旋! となると少し早いかもしれませんが、気になるのは秦軍の論功行賞です。 李牧のことも気になりますが、歴史ネタからもどうせ趙王が死んで生き残るので、ここではひとまず置いときます。 信は将軍昇格ってのは外せない。 王賁、蒙恬の昇格も硬いでしょう。 政がそうしろって言ってたくらいですから、流石に神 作者 も外せません。 (笑) でなんで、鄴攻め全体をみて信、王賁、蒙恬以外の主要キャラ達の出世がどうなるかについても言及していきたいと思います。 特に個人的には亜花錦が三千将…、 できれば五千将にまで昇進して欲しいトコロ。 この先、段茶さんは亜花錦の副官でいいんじゃないでしょうか? うん似合う!!(笑) そして、それと同時に秦軍としては占領した鄴、遼陽、列尾の支配体制もぬかりなく万全の体制にまでもっていけるまで進めて置きたいところ。 鄴攻めが終わったいま、今一度、昌平君陣営としても半ば飛び地に支配に極めて近い、鄴の領土体制を踏まえたうえでの国境体制の整備にも着手したいところでしょう。 それではさっそく、来週に向けたキングダムネタバレ予想を進めていきましょう。 キングダムネタバレ-遼陽と列尾には誰が残るか? 順当に言って、鄴には王翦軍が、遼陽には楊端和軍が実効支配をつづけるのが最も適しているんじゃないかと思います。 桓騎軍が占領地をそのまま支配も出来ないワケではないんでしょうが…、 多分、お頭とその仲間の皆さんの戦の才能は占領政策などよりも、もっと別の方向に向けて活用して頂いた方がいいんではないかと昌平君も考えることだと思います。 楊端和も王翦も自分の領土については心配でしょうが、彼らほどの求心力が強く、配下の信望も厚い武将であれば、遠隔地であったとしても長期不在の間、領土をキチンと運営できる人材も揃っていることでしょう。 むしろ、それぞれの遼陽と鄴の占領地の特性を考えたら、楊端和と王翦を引き上げてしまうメリットが殆ど想像できません。 ネタバレ検証-楊端和は遼陽に残留 まず、遼陽に関して言えば、楊端和以外では絶対に統治出来ないでしょう。 犬戎たちはあくまで山界の王である楊端和についていく決心をしただけであって、 別段、いまは秦国に忠誠を誓って舜水樹たちを追い出したのではないからです。 また、彼らがこの先、秦軍と連携して一緒に戦えるかどうかも、結局のところ楊端和を介さなければ極めて難しいことも想像に難くありません。 ただし、懸念が残るとすれば、楊端和ほどの人材であれば場合によっては、山の民軍を遼陽に残しつつ、 彼女自身は秦の西の山界に戻ったりしなければならないケースや咸陽での招集などに応じて遼陽を離れなければならない場合もあるでしょう。 そういった事態において、楊端和がいなくても拠点として遼陽を維持管理しつつ近隣の鄴や列尾の秦軍と連携をとれるリーダーが必要になってきます。 バジオウやエンポ爺が残ってそれをやるのか? 山の民軍が統治面において主導しつつ、徐々に元居た犬戎たちの自治に任せていくのか? ここら辺は、秦国の体制に歩みれるように、楊端和が徐々に改変を加えつつ遼陽統治をつづけていくしかないかと思われます。 また、より重要な問題は、時間の経過ともに鄴のように秦本国からの派兵も受け入れつつ、秦国の行政機構や法治国家体制に徐々に取り込んでいくのか?というコトです。 嬴政が列国統一を果たしていく上で、遼陽を楊端和のイチ領土として統治させるでなく、 長期的に法治国家制度を定着させていく目的に立ち返りつつ考えてみれれば、遼陽の統治は極めて難しい事例になるかと思われます。 しかし、それだけに、あの犬戎たちに秦国民としての自覚を持たすコトに成功したら、他の六国の法の下の支配下も簡単にできるんじゃないかくらいの裏付けにもなるような気がします。 そういった意味でも、ここからの楊端和の遼陽支配は、戦略拠点としての統治だけではなく、 文化的な調和、糾合としての側面も持つ社会実験という意味も兼ねてくるので、 長期的には後々、遼陽の城と犬戎たちがどう変化していくかは非常に気になるトコロです。 ネタバレ検証-鄴は王翦軍が残留 拠点統治という意味では、王翦軍には非常に人材が揃っています。 周辺の掃討と平定という仕事においては倉央が居ますし、将軍というよりかは見ていて王翦の副官的な立場の田里弥が居れば、鄴城内の総務的な仕事は彼がテキパキと差配をとってくれそうです。 そして、王翦が本国の領土に向かったり王都への召還があった場合であれば、第一の信頼を置ける武将として亜光が復活しているので留守を固める問題もありません。 】 おそらく昌平君率いる秦軍本営としても、かつて対魏火龍戦で勝ち取った著陽をそのまま騰に任せたように、 鄴もまた王翦を中心とした対王都圏攻略の拠点として、戦線発展に繋げていくことかと考えます。 てゆうか、少し振り返ってコノ地図見てたら…、 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第658話 ) もう、そのまま東に貫通して、秦と斉を繋げるコトすら出来るんじゃないかと思えてきます。 少なくとも、趙軍はもう黄河主流に接岸地域を失うので、アレだけ青忠将軍にドヤっていた趙国水軍が維持できなくなりますよね。 これで物流も列尾から鄴まで水運使いたい放題です。 (笑) 今の時点で趙は秦だけでなく、明らかに敵対行為として秦軍の戦略に加担した斉に対しても防衛ラインを想定しなければなりません。 敵は、王翦と楊端和だけでなく斉国にさらに燕国になるので、ホントしんどいですよ趙はコレ。 悼襄王も今年のウチに死ぬことになって、ホントに気が楽なことでしょう。 王翦と昌平君のコトですから、こうした列国の配置と政治関係とパワーバランスも考慮に入れつつ戦略を進めることかと思います。 この点、外交戦略で気になると言えば、秦が斉を繋がりを太くしたばあい、歴史的に斉と仲が悪かった燕などはどう出るのでしょう。 また当面、燕軍が北方から趙の北東領地である青歌を狙う頻度が落ちるなら、次なる領土的脅威として南方から迫るの秦軍に、司馬尚の意識がシフトするかもしれません。 ここらあたりの話は、李牧の投獄とその後の顛末、桓騎とコチョウによる平陽戦も挟むので極めて長期展望のネタバレ予想スジになりますが、 今後はいくらキングダムといっても、趙の国力の衰えがごまかし切れないぐらいになって来てもおかしくありません。 なので、合従軍ほどでは無くとも他国の圧力要素もなければ、対趙戦の緊張感とパワーバランスの均整を取るのが難しくなってくるかと考えます。 キングダムネタバレ-論功行賞はどうなる? 信、王賁、蒙恬が将軍が揃って将軍になっていなかったら、それだけでカナリの衝撃の顛末になるんですが…、 蒙恬が朱海平原戦の全日を通じて麻紘の代役を務めて、 バナージとフテイに殺されかけてた王翦を救出した功績で将軍。 王賁が堯雲を討ち果たし、やはりどう見ても、 バナージとフテイに殺されかけてた総大将王翦を救出した功績で将軍。 信は、岳嬰と趙峩龍と龐煖を打ち取って将軍。 てな感じで、このあたりの功績のコトをかんがえれば、彼ら三人の将軍昇格はもう議論の余地が殆どないと思います。 あとは、神 作者 がどうカッコよく描くか楽しみまってみたいところです。 ネタバレ検証-王翦は三人目の大将軍になる で、信たち3人の話で終わったら、短すぎるので次に連合軍の総大将を務めて、戦争の目的である鄴陥落を成し遂げた王翦が大将軍になるってトコロも必要なんじゃないかと考えます。 そして、この点、王翦がいままで危険人物であるとか言われていた政治的背景にも。 そろそろキングダム本編でも深堀していってもらいたいものです。 推挙と物言い 恐らく、大将軍への昇格が得られんとする際には、物言いで王翦が秦国にとって危険な思想の持主であり、自分で国を持とうとしている噂について言及される局面が描かれる可能性が高いです。 今の大王陣営であるならば、李斯なんかがこの点を指摘するのが適任じゃないでしょうか? 適任というか、単に李斯にはこういう役が似合う言ったほうがいいかもしれません。 (笑) とは言え、論功行賞の式典の最中に、それで李斯が割って入って物言いにするのも変なので、部分的な回想なんかを挟みつつ神 作者 が上手く調整するんじゃないでしょうか。 いずれにせよ、中央集権と法治国家の体制を進める秦国が、制度的にイチ個人に強大な実権を預けることに於いては、他国とは一線をひく慎重さがあって然るべき話でもあります。 かつて、合従軍編でオルドを前に雲隠れした王翦を指して、王宮の報告で昌文君が呂不韋や嬴政のまえで王翦の危険思想の噂を公的な場所で示唆したことがある以上(参照:305話)、 ここらでしっかり、論功行賞をする前に徹底して王翦の背後を洗うとかするべきなんじゃないかと思うワケです。 でなんで、それぐらいの大事な話なので、そろそろキチンと総司令案件として昌平君が指揮して調べるでもしませんか? 「合従軍編からどんだけ経ってると思ってるんだ? 何故、正確に調べない!?」とか、 秦王である政が直々に昌平君や昌文君たちにダメ出ししてもおかしくないと思います。 ただし、秦の実効支配地が増えることと、さらなる対趙戦への戦力付与という観点から見ても、率いる兵権は黒羊戦や混戦の6万規模よりもさらに大きくなって、実質的には大将軍クラスに準ずる実権は手にするんじゃないでしょうか? 楊端和 基本的には桓騎と同じ。 しかし、遼陽の奪取は別に最初から秦軍の戦争目的でもなかったし、犬戎との予定もしていない戦闘で自軍の食料が焼かれ、城を奪うまでトコトンやらざるを得なくなった戦というのが実情なんですけど…、 この点、結果が良ければ反省は必要無いのでしょうか? ほかの連中の昇進ネタバレもチャッチャと予想していきましょう。 仁淡兄弟 最初の列尾城陥落の切っ掛けを作り、金毛さんをぶち抜いた、この二人。 金毛さんに対しては淡のほうですが、それまで彼はまるで戦意喪失だったので、兄弟揃って同じ功績で良くないですか? 金毛さんはホントに優秀な実務将軍だったと思うので、一気に千人将くらいになってもいいんじゃないでしょうか? しかし、二人とも他人を統率するなんて無理そうなので、地位的な論考ではなくて褒美だけもらって、兵士としてはコレから頑張れって感じになるのかもしれません。 とにかく、先に弓隊が部隊として運用できるようになるかが課題。 この二人によるダブルビームライフルでも十分チートだけれど…。 亜花錦 いままで千人将だったのが不思議なくらいです。 彼の用兵についていける配下と兵士をどこまで育てられるかは課題ですが、三千将くらいの規模になって奇襲・要撃戦に特化したアサルト部隊の誕生を期待ます。 もしかしたら干斗は松左補正で尾平とかぐらいなら追い抜くかもしれません。 ただし、それならせめてチ〇ポヘアスタイルは卒業してからにほしい。 羌瘣 5千将くらい普通になってそう。 そもそも敵将の首を上げなきゃ将軍になれないワケでもないなら、功績としても3日目の堯雲軍削減戦は武将の指揮としては、信よりも際立っていたと思われ。 なので将軍でもおかしくはないと思ったが、昌平君やらが本気で育てたいと思っているならやはり、5千将ステップは外せないか? 彼女の場合、出世よりも後遺症とか寿命のケアしてあげて?神 作者 様。 渕さん、楚水さん、関常、番陽、陸仙、河了貂 纏めて書いたけど、信達がそろって将軍になるんだったら、彼らの脇を固める副官クラスの彼らも昇格、あるいは権限増加してないと隊務統制が難しでしょう。 別にこの人らが、五千人長になることなどが昇格の意味ではないと思いますが、単純にコレから増える部隊兵をどうやって掌握するかだけでも効率化は必須。 例えば河了貂であれば同じ知的参謀メンバーを構築するとしても…、 バックヤード全般を分掌して運営を支えるのが目的の文官タイプの幕僚と、純粋に戦略・戦術面の運用方針を検証する軍師団としての幕僚などといったように、業務目的に応じた人員の分掌化は必須になって来るでしょう。 中でも蒙恬軍は胡漸副長が居ないのが苦しいですね~(泣) 田有、崇原、我呂、岳雷、などの中隊、小隊指揮官 いままで以上に統率数をダイレクトの増やさなければならないのが、ここいらの中隊、小隊指揮官ですね。 岳雷は千人将クラスにして、旧麃公兵を領土からさらに呼び寄せて増強しするもアリ。 もし尾平が百将になったら、いきなり100人も揃って戦場で死んだ振りをしている奴らがいる持ち場が出現しそうなので、彼は什長のままでいいかもしれません。 また竜有はもう調理長に転向でいいと思われます。 これ以上、人員が増えるなら食事の準備を戦闘部隊の隊長をやりながら進めていくのは無理だと思うからです。 料理人を選ぶか百将を選ぶか? 近い将来、信と河了貂が過酷な選択を竜有に迫る日が来るかもしれない。 次週のキングダム公開まで…。 さて、ここからは来週までの暇つぶしの話です。 毎週毎週、我々はキングダムを読むためにヤンジャンを買うので他の漫画や娯楽に金をかける気が起きません…。 笑 次週、キングダム第639話が公表されるまで、とりあえず他の何かで暇つぶしがしたい人には、 映画、ドラマ、アニメなど充実してて、マンガ、ラノベ、書籍、雑誌なども豊富で見放題のU-NEXTで待機するもいいんじゃないでしょうか。 作画がカナリ微妙なキングダムアニメ第1期や…、 逆に一気に絵が良くなってけっこう見れるアニメ第2期なんかも、レンタルで金をかけずにここで見てしまうもアリ。 映画版もワザワザ映画館まで行ってまで見る気がしなかったケド、やはりファンとして義務的に見ておかなくてはアカンかな…、 とか悩んでいる人もココで無料期間のウチにサクッと見てまうでいいと思います。 皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。 どうぞお気軽に。 ・仁淡兄弟 どんなに早くても百人将かな。 信も緒戦でのあの働きで百人将だったし。 ただ、このふたりは、お父ちゃんの蒼源と同じく、独立した弓兵部隊を任されるような気も? ・羌瘣 三千将から五千将に昇格。 ・淵さん、楚水 あくまでも副官扱いなので、そこは変わらないと推測。 楚水の場合は、信が将軍に昇格したら直下の騎兵団の人数が増えるかも。 ・岳雷、我呂 岳雷は飛信隊加入時点で千人将だったので、二千将か三千将に昇格。 我呂は元々どのクラスか謎。 岳雷の副将なんでしょうか。 ・那貴 千人将から二千将に昇格。 ・その他 田有は千人将から二千将に昇格。 崇原は歩兵長ってのが良く分かんないけど、千人将昇格かな。 田永とか沛浪とかの百将クラスは三百将に昇格。 ・桓騎と楊端和 爵位の昇進。 桓騎にはどっかの土地もオマケ。 ・亜花錦、関常 二千将に昇格。 おっしゃる様に、録嗚未いじりが不発で残念ですが、血管浮かべて叫んだ後での馬叫の陣が不発なあたりは、神 作者 も遺憾なく録嗚未の使いどころを無駄にしなかったように思えてきます。 また、対桓騎との前哨戦として騰を通じてコチョウの非凡さを垣間見る程度の見せ場がほしかったのですが、神 作者 としてもそうやすやすと読者に今後の予想材料を与えなったのは、流石だと思いました。 これは僕も考えていませんでした、正史の乗っ取ると信が李信を名乗る頃には李信軍で良さそうの名のですが、それまでの間はどうなるのか確かに気になりますね。 李牧の処遇については、僕もつい最近まで、おっしゃるような状況を想定していたのですが、今回のキングダムでコチョウが『王を殺してでも李牧を救う』などと極めて過激な発言をしていたので、コチョウがどれだけ早く王都に到着するのかや、カイネ達のような李牧直下の仲間とどのような絡み方をするのか、さらに夏太子もアレだけ李牧をリスペクトしておいて何も反応しないのは変じゃないか?などといったように予想材料が多くなってきたために、なかなか考え出すと難しいと考えるようになりました。 ただ、物語を盛り上げるためにギリギリ死刑執行の寸前まではいきそうですが、確かにそこまで進むなら、王が先に死ぬのはなさそうですよね。 ですから、それ以前の沙汰として平民階級までかどうかはともかく、身分関係の処置として三大天と宰相の地位はく奪とかは、普通にあるかと思います。 そして第一線をひくものの、コチョウが桓騎にやられて本気で邯鄲がヤバくなるまで李牧は李牧で秦軍を研究し続けると同時に、政界復帰の呼び声がかかるのを待つに徹するとかではないでしょうか? これまでのキングダム本編の描写から見て、李牧自らが政治的地位を獲得するために能動的に政治工作を進める姿が想像しにくいのが少し予想の為の難点であったり感じます。

次の

【キングダム最新話648話ネタバレ速報】司馬尚と李牧は会い趙はどう進む?|ワンピースネタバレ漫画考察

キングダム 639話 画バレ

この記事の目次• このアンフェアに秦の兵からは卑怯だぞという声があがります。 馬南慈「何が卑怯か これは貴様らの作戦の失敗よ」 当たり前ですが、馬南慈、全く意に介しません。 戦場において卑怯もクソもないのです。 こちらは兵を損なわず、敵に最大限の打撃を与えて葬るのが、 戦いの理想とすれば、最強の二将で一人を討つのはベストですね。 しかし、亜光は歴戦の猛将だけあり、二人の攻撃を何とかしのいでいます。 ですが、もちろん、このままでは討ち取られるのは間違いありません。 王賁は、しばし瞑目して考えますが、 「この右翼において、亜光将軍の代わりは利かぬ 玉鳳本隊は左に反転、亜光将軍の救出にいくぞ!」と叫びます。 飛信隊は、岳嬰軍の憎悪にさらされて大苦戦していますが、 王賁はライバルより亜光本隊の救助を取りました。 まあ、当然でしょう、亜光が討ち取られれば右翼は崩壊します。 それでは、岳嬰を討ち取っても無意味でしょう。 もし信が王賁の立場でも将軍であれば同じ判断をするでしょう。 ただ、王賁は完全に玉鳳隊を亜光の救助に向けるのではなく 副将の 関常 かんじょう を残して引き続き飛信隊をサポートさせました。 王賁「岳嬰の首は信に託す」 カッコいい一言を残して玉鳳隊は引き返します。 堯雲と馬南慈に左右を挟まれ、その攻撃を防ぐので精一杯でした。 それでも、何とか馬南慈の兜を叩き割った亜光ですが、 激怒した馬南慈も、亜光の兜を割り返しました。 その一撃で気を失った亜光、そこに堯雲の一撃が襲いかかります。 しかし、その時、ギャギャギャの掛け声とともに、 亜花錦 あかきん が出現 気絶している亜光を馬上からさらって逃げ出します。 堯雲の一撃で亜光の馬は首を刎ねられました。 一瞬遅ければ、亜光がそうなっていたでしょう。 なんとここで、亜花錦が登場とは、予想外でしたが、 危機は去っていません。 一頭の馬に大人二人では、重量オーバーですし、 馬南慈や堯雲が、これを逃しはしないでしょう。 まだまだ、危機は去っていませんが、漫画はここで終了 続きはキングダム560話という事になります、請うご期待!.

次の

キングダムネタバレ最新641予想 論功行賞、信は将軍に他の皆は?

キングダム 639話 画バレ

この記事の目次• このアンフェアに秦の兵からは卑怯だぞという声があがります。 馬南慈「何が卑怯か これは貴様らの作戦の失敗よ」 当たり前ですが、馬南慈、全く意に介しません。 戦場において卑怯もクソもないのです。 こちらは兵を損なわず、敵に最大限の打撃を与えて葬るのが、 戦いの理想とすれば、最強の二将で一人を討つのはベストですね。 しかし、亜光は歴戦の猛将だけあり、二人の攻撃を何とかしのいでいます。 ですが、もちろん、このままでは討ち取られるのは間違いありません。 王賁は、しばし瞑目して考えますが、 「この右翼において、亜光将軍の代わりは利かぬ 玉鳳本隊は左に反転、亜光将軍の救出にいくぞ!」と叫びます。 飛信隊は、岳嬰軍の憎悪にさらされて大苦戦していますが、 王賁はライバルより亜光本隊の救助を取りました。 まあ、当然でしょう、亜光が討ち取られれば右翼は崩壊します。 それでは、岳嬰を討ち取っても無意味でしょう。 もし信が王賁の立場でも将軍であれば同じ判断をするでしょう。 ただ、王賁は完全に玉鳳隊を亜光の救助に向けるのではなく 副将の 関常 かんじょう を残して引き続き飛信隊をサポートさせました。 王賁「岳嬰の首は信に託す」 カッコいい一言を残して玉鳳隊は引き返します。 堯雲と馬南慈に左右を挟まれ、その攻撃を防ぐので精一杯でした。 それでも、何とか馬南慈の兜を叩き割った亜光ですが、 激怒した馬南慈も、亜光の兜を割り返しました。 その一撃で気を失った亜光、そこに堯雲の一撃が襲いかかります。 しかし、その時、ギャギャギャの掛け声とともに、 亜花錦 あかきん が出現 気絶している亜光を馬上からさらって逃げ出します。 堯雲の一撃で亜光の馬は首を刎ねられました。 一瞬遅ければ、亜光がそうなっていたでしょう。 なんとここで、亜花錦が登場とは、予想外でしたが、 危機は去っていません。 一頭の馬に大人二人では、重量オーバーですし、 馬南慈や堯雲が、これを逃しはしないでしょう。 まだまだ、危機は去っていませんが、漫画はここで終了 続きはキングダム560話という事になります、請うご期待!.

次の