クローム ブック 評判。 【2019】軽くて早い!Chromebook おすすめ5選【評判&口コミチェック】

米国の教育市場で人気が高まるChromebook、日本で普及する可能性は? (1) Chromebookが教育市場で成功できた理由

クローム ブック 評判

2017年11月に発売になった chromebook Frip C101PA です。 価格は税込みで約4万円ほど。 各種chromebookの中では安い方ではありませんが、 一般的なノートパソコンに比べれば激安です。 基本スペックは以下。 1インチ LEDバックライト タッチスクリーン 内蔵カメラ 92 万画素Webカメラ ネットワーク機能 無線LAN Bluetooth Bluetooth 4. 0 サイズ 幅262. 6 mm 質量 約900g ちなみにバッテリーの駆動時間は約9時間。 かなり長く屋外で作業ができます。 「chromebookってナニ?」という人のために一応解説しますと、WindowsでもMacでもないOS(オペレーティング・システム)で動くパソコンのことです。 Googleが独自開発した chromeOSというOSが使われています。 でもそれほど使い方が違うわけではなくて、 キーボード操作はWindowsとほぼ同じ。 Windowsをさらに簡略化して使いやすくなった印象です。 クロームブックの一番分かりやすい特徴としては、 以下の5つにまとめられると思います。 司令塔はPCなんだけど、実際に動いたり保存したりの実務はほぼ外部(オンライン)で処理してしまうという感じ。 だから、クロームブックのPC本体には10〜20ギガ程度の保存領域しかありません。 データをPC本体のHDDにせっせと保存する、 という今までの固定概念は捨てないといけませんねw こういった独自のシステムに慣れることができれば、 かなり使えるコスパのいいPCです。 (私は2日くらいで慣れました) クロームブックはどういう人に向いている? 基本、ライトユーザー向け。 では実際、どういう使い方をする人に向いているのか、というと、 ネットで調べものをしたり、 ネットショッピングを楽しんだり、 TwitterやインスタなどのSNS更新したり、 ちょっとした文章を書いたり、 簡単な画像・動画を作ったり、 個人でブログ・サイト運営をやったり するくらいであれば、クロームブックでぜんぜん大丈夫です。 あ、そうそう、もちろんLINEもできます。 (キーボードでLINEができる快適さったら!) ただ、 MacやAdobeなどでバリバリ絵を描いたりグラフィックデザインしたり、本格的な編集ソフトで動画やアニメを作ったり、という方には向いていません。 用途にもよりますが、やはりライトユーザー向け、もしくはメインのPCを別に持っている人がサブマシンとして利用するのに向いていると思います。 無線LANでネット上にデータを保存するので、あまり重い処理をするのには向いていませんね。 動画のレンダリングとか絶対無理。 Androidアプリで大概のことはできる それから、確かに WindowsやMacのソフトは使えないんですが、エクセルやワード、画像編集、動画編集などの基本的なアプリは大概Androidアプリにあります。 ほとんど無料でダウンロードできるので、あまり難しく考えることはありません。 (ここが不安で購入を躊躇していた私ですが、いざ使ってみると全く問題無かったです。 Androidアプリでだいたいのことは出来てしまいます) でもまあ、 「Googlechrome、Androidアプリ、wifi環境」 の3つが無ければ、ただの 銀色のアルミ板 と思っていたほうがいいでしょうw スタンドアローン(オフライン)で使える機能はあんまり多くありませんので、その点はご注意ください。 オンライン環境(無線LAN)前提で作られたPCなので、そもそもオフライン環境をあまり考慮していないような雰囲気はありますね。 でもネットにさえ繋がればかなり快適! 家に無線LANが無くてもスタバやタリーズに行けば Wifiが使い放題ですよ~ それでは次に開封の儀をお見せします。 私のクロームブック購入時の興奮をご一緒にお楽しみください。 chromebook Frip C101PA 開封&内容物チェック 開封 届きました!今回は楽天のBICカメラ店から購入。 まずは開封の儀。 ディスプレイが10. 1インチと小柄なので、箱もかなりコンパクトな印象。 ばばん!! 出ました~ クロームブック・フリップのお出ましです! 「chrome」のマークがなかなかカワイイ。 内容物チェック 同梱の内容物を確認します。 本体、充電用ACアダプター、それに取扱説明書のみ。 非常にシンプルでわかりやすい。 最近のPCやモバイルはどんどんスマートになってきてますね〜 重さはなんと、MacBook Airより軽い! 大きさはコンパクトで、片手で軽々持ち運びできます。 手に持った感じは、想像してたよりはずっしりしてるなぁ・・・・というのが第一印象ですが、実際どうなんでしょう。 計量してみました。 公開スペック通り、900g以内! リミットいっぱいですが、お見事。 ほぼ同サイズの 11インチMacBook Airは1080gなので、こちらの方が軽量ですね。 Airより軽いってのには驚きですw 起動が爆速!すぐに作業に入れる。 本体の横に電源ボタンもあるんですが、 パカッとディスプレイを開けば勝手に起動します。 ものの数秒って感じです。 Windowsではありえない速さ。 余計な内蔵ソフトが入っていないので、 起動後の妙なモタつきとも無縁です。 これは嬉しい。 ちなみにウィルスソフトなども不要なので速い速い。 (ウィルス対策はオンラインでGoogleが全部やってくれるので個々に入れる必要ナシ) 360度回転できるディスプレイ chromebookにもいろいろな種類がありますが、今回買った chromebook Frip C101PA の最大の特徴はコレでしょうね。 画面とキーボード部分が自由自在に回転できるので、PCだけでなくタブレットとしても利用可能なところ。 ちょっと別作業しながら動画を見たい時などはこういう テントスタイルで。 アイディア次第で、いろいろな使い方ができます。 クロームブックの活躍の場が広がりますね~ 作業用PCとしてだけでなく、娯楽用にも重宝しています。 欲しいアプリを自分で選んでインストール 必要最低限のアプリは既に入っていますが、基本的にはGoogleのプレイストアから欲しいアプリを自分で探してインストールすることになります。 これはカスタマイズの楽しみも味わえますが、正直メンドクサイと感じる人もいるかも知れません。 スマホを使っていればお分かりのように、自分が欲しいアプリ探すのって意外と大変なんですよね。 アプリの数が多すぎるので・・・・ どんなアプリを入れれば快適かは、自分なりにまとめてみました。 オフラインでも使えるアプリ/拡張機能の紹介です。 関連記事: YOUTUBEもサクサク観れる テントスタイルにすれば寝っ転がりながらYOUTUBEも快適に視聴可能。 無線LAN環境さえあればサクサク観れます。 タッチパネルになっているので、キーボードを使わず画面を指でなぞって操作できます。 スマホやタブレットと同じ操作感で使える感じですね。 Kindleアプリで漫画もバッチリ Kindleのアプリをインストールしておけば、Kindleで購入したマンガや本もバッチリ読めます。 画面も見やすい! スマホだと画面が小さすぎるし、タブレットだと手に持ってなきゃいけないし・・・・と思っていたので、この形は個人的にヒット! 意外と使えます、このテントスタイル。 お絵描きもアプリとタッチペンでサクサク! グーグルプレイでお絵描きアプリをダウンロードすれば、スケッチブックに早変わり。 使いやすかったアプリは メディバンペイントと アイビスペイント。 人によっては「描きづらい」という人もいるようですが、まぁ慣れですね。 個人で絵を描いて楽しむ程度なら、この クロームブック・フリップでも十分だと思います。 ノートPCとタブレット、どちらの使い方もできる感じ。 「キーボードで長い文書(テキスト)も書きたいし、お絵描きもしたい」という人にとってはかなり有望な選択肢だと思いますよ。 はい、出来上がり。 ただね・・・・ テキストエディタのアプリって星の数ほどあるので、 どれを使っていいのか迷いました。 プログラミングにも文章作成にも使える優れものです。 もちろんGoogleストアから無料でインストール可能。 この記事も下書きはイオタ・プラスで書いています。 快適です。 近所のスタバでドヤってきました。 さっそくスタバでドヤってきました。 今までブログもサイトも家で一人、デスクトップPCでガチャガチャ作業していたので、個人的には革命的な一日でした。 爽やかっ! 爽やかなネットタイム! 優雅にコーヒーとかすすりながら最新モバイルでカチカチッターンなわけですよ。 3~4万円程度の出費で、ブロガーとして急に上のステージに登った気がします。 単純にいい気分だね。 スタバに限らず、今はフリーwifiが使えるお店や施設が増えてきていますから、使える場所はあちこちにあります。 私がよく行く場所で言えば・・・・ ・イオンモール各店 ・パルコ ・コメダ珈琲店 ・タリーズコーヒー ・マクドナルド ・JR駅構内 調べると、本当にいろんなところでフリーwifi飛んでるんですねw これだけネット接続できる場所があるなら、そりゃオフィスいらないですもんねぇ。 昨今のwifi事情をよく知らなかったので、目からウロコでした。 ・手軽でどこにでも持ち運べる ・ノートPCとしても、タブレットとしても使える ・無料で使えるアプリが多彩 という点が特にポイントですね。 生活の様々なシチュエーションで活用できそうなので、これからさらに使い込んでみたいと思います。 なにしろ安いので、コスパ重視でノートPCを探している人にはいいんじゃないでしょうか。 タブレットにもなるし、chromebook Flip、おすすめです!.

次の

Chromebook と Windows ノートパソコンの違い

クローム ブック 評判

こんにちは、いつの間にかAppleガジェットに取り込まれてパソコンもMacになってしまったタカタカでございます。 世間では、パソコンのシェアの90%以上がWindowsですが、家庭でのパソコンのシェア自体は減少しており、スマホやタブレットがその座を奪って久しいのです。 そんななか、学校教育期間ではどうなっているのかといいますと、やはりiPadを使用している教育機関は多いようです。 アメリカやヨーロッパではGoogleのChromebookがメジャーでそのシェアは50%以上となっておりますが日本では非常にマイナーだったりします。 お店でも、ごく一部の人から稀に「Chromebookありますか?」って聞かれて売り場の片隅に2台くらいこじんまりと並んでいるのを案内する感じでした。 お店によっては展示すら無い事もあるくらいの状況でした。 しかし、今年に入ってからお子様連れのお客様から「Chromebookありますか?」と聞かれることが増えております。 お話を伺うと学校が「Chromebook」を導入するので見に来たとのこと、なんですかね?今年から「Chromebook」を導入しようってお国が言い出したのでしょうか? Contents• Chromebook(クロームブック)とは Googleが作った「Chrome OS」が動作するパソコンです。 Windows等の普通のパソコンとの大きな違いは、Googleのブラウザである「Chrome」に特化し殆どの事をブラウザ上で行うようデザインされたパソコンだと思っていただけるとわかりやすいかと思います。 (現在はAndroid用アプリも利用可能なモデルも一部あります。 ) 機能を制限する代わりに、低スペック、低消費電力でセキュリティも安全(アプリを使わないのでそもそも不正なアプリが使えない)となっており、比較的安価な導入が可能なので、Google Spreadsheet(スプレッドシート)等で日々の業務が問題無い企業や教育期間が採用しております。 Chromebookのメリット 価格が安い ブラウザである「Chrome」が動けば良いのでスペックは必要無いからお値段もお安くする事ができます。 もちろん「Office」も不要だし別途アプリにコストもかからないので、大量に採用する企業や教育期間にはメリットが大きいです。 価格も2〜3万円からとiPad等のタブレットと同じくらいのコストから導入可能です。 ただ、中にはCore i5とか搭載したモデルもあったりします。 何に使用するのかはちょっと不明です。 更に、作成したデータはGoogle Drive等のクラウドストレージに保存する為、Chromebook自体に容量をそれほど必要としません。 よってストレージ容量も少なくする事ができて、価格もよりお安くする事ができるのです。 もともと、スペックを必要としない為、劣化も少なく通常のパソコンより長く使用できると考えられるので、買換スパンも長くなるのでよりコストがかからないかと思います。 セキュリティが安全 個人情報保護が厳しい昨今、企業や学校で従業員や生徒が、勝手に端末にアプリ等入れる事が出来ないようになっております。 そういった意味ではパソコン等よりセキュリティが厳しくなっており安心であると言えます。 (現在、一部のChromebookはGoogle Play StoreよりAndroid用アプリのインストールが可能になっております。 ) 基本的にGoogleアカウントで管理されており、データも本体にあまり残さない為、盗難紛失時の情報漏えいのリスクも軽減されます。 ネット、文章作成、表計算の基本的な事ができる• メール:GMail (ジーメール)• 文章作成:Google Doc(ドキュメント)• 表計算:Google Sheet(スプレッドシート)• プレゼン:Google Slides(スライド)• スケジュール:Google Calendar(グーグル カレンダー) Office系のアプリはマイクロソフトのOfficeとある程度の互換性がある為、マクロを使用していたり他のデータベースアプリとの連携等してなければ、これらのGoogle系アプリで通常業務は問題なくできたり、学校での利用は問題ない事が多いです。 最近は年賀状作成、写真編集等もブラウザ上で動作するアプリも多くなっている為、専門的な事を行うとかなければ多くの人がブラウザで完結できる=Chromebookで対応できるかと思います。 Chromebookのデメリット ・Wi-Fi環境が必須 最近Wi-Fiは必須かとおもいきや、 学校等の教育期間や古い企業等でWi-Fi環境が無かったりします。 そうすると、 ネット接続してChrome上で様々なアプリを使用するChromebookは利用できなくなります。 Wi-Fi環境が無い場合は建物内のWi-Fi環境の構築が必要となります。 家庭で使用するのであればネット環境があればWi-Fiルーターを導入するだけなので、有線のみで使っているご家庭でもハードルは高くないです。 ・ 動画編集等のコンテンツ作成には向かない ドキュメントやシート作成とネットが見れれば良いくらいの性能なので、動画・写真・音楽等を使用したコンテンツの制作や編集作業はスペック的に厳しいです。 ・ストレージが少ない クラウド上にデータを保存する為、Chromebook自体のストレージは少なめになってます。 データは自分で保存したいって言う人にはちょっと不向きな点です。 ・Chromebook自体の種類が少ない 現在流行ってない一番の理由はこれかと思います。 まず日本メーカーはChromebookを販売しておりません。 何故なのか?って言う感じです。 現在はASUSとACER、HP等の海外メーカーしか販売してない状況なので、尚更普通の人は購入しづらいと思います。 日本の教育機関がChromebookを導入するのであれば、NECや富士通、東芝等に働きかけて業界全体で変えてゆく必要性があるかと思います。 ・周辺機器が使えない 正確にはWindows用やMac用の周辺機器が使えないです。 マウスやUSBメモリ等は使えますがUSB接続のプリンターはドライバーが無いため接続できません。 ただ、プリンターの場合はWi-Fi対応のモデルでクラウド対応のモデルであればChromebookからネット経由で印刷する事ができます。 CanonやEPSON等の主要なメーカーのモデルが対応しているので、プリントアウトに関してはまぁ問題無いので、あまり問題無いかと思います。 Chromebookの将来性 現在の日本では非常にマイナーですが、教育機関の採用が欧米の用に増える事によって一般化してゆく可能性は高いと考えます。 そして、多くの人はプライベートではパソコンはいらないけど仕事でちょっと必要ってな感じの人には、Chromebookが丁度よいですし、学校でも使っていたのでこれで良いかってなって徐々に増えてゆくかと思います。 そして、企業としてもWordとEXCEL、パワポにメールくらいしか業務に使わなければChromebookで十分だと言えます。 なんと行っても膨大なPC関連のコストが大きく削減する事ができる為、Chromebookを導入するメリットは企業には非常に大きいです。 WindowsPCだとOSの変更やパソコン本体の入れ替えに非常に多大なコストがかかりますが、Chromebookにする事によってOfficeも不要、Windowsのような入れ替えも不要になり、性能も劣化も少ないのでWindowsマシンより長く使用可能になる為、これらPC関連のコストが大きく軽減される事になるので、今後Chromebook導入する企業や自治体は増えると思います。 こういった流れ場増えてくれば、日本のビジネス現場でスタンダードになっているマイクロソフトの「Office」のシェアが減り、よりChromebookへ移行する流れが大きくなって行くのかと考えられます。 子供にChromebookは正解なのか? 進学する学校で採用または、おすすめされるのがChromebookであれば、そのままChromebookを購入すればよいかと思います。 現状あまり選べないので海外メーカーからのチョイスになります。 学生の利用であればChromebookでまったく問題ないと思いますし、安価で性能も陳腐化しずらいので長く利用可能かと思います。 5年後、10年後なんてどうなってるかわからないですし、将来を考えてOfficeに慣れておくなんて考えなくても良いかと思います。 昨今話題のプログラミング教育においても、「Scratch」等、ブラウザ上で動作するアプリがメインとなる為、Chromebookでも対応可能となり、ここの部分も大丈夫かと思います。 なので、学校での導入が無くても、WindowsやMacではなくChromebookを初めてのパソコンとして子供に与えると言うのも非常に有りだと思います。 小さく軽く、安価ですし、学校で使用する内容に十分対応できるかと思います。 まとめ 日本のパソコン市場は世界と比べると特異なので、比較は難しいですが、コストの面から教育期間や企業が今後採用を増やしてゆく事は十分考えられます。 学校で行う内容はChromebookでも十分対応可能ですし、プログラミング教育アプリもブラウザ版がメインなのでこの部分もクリアされるかと思います。 学校の指定や推奨であればわざわざパソコンを選ばず、Chromebookの選択は問題ないですし、学校での指定が無くても、子供向けの教材としてのChromebookの選択というのもありかと思います。 とりあえず、環境を試すのは非常に簡単です。 WindowsでもMacでもブラウザのChromeは無料で提供されているので、Chrome上でスプレッドシートやドキュメントを実際使ってみれば良いのです。 実際使って問題なれば、新規にChromebookを導入若しくは買換すればよいかと思います。 書類作成や表計算等、多くの人のやりたいことはパソコンじゃなくても問題無くできる場合が多いので、パソコンにコストをかけたく無いと考えている人は、是非ともChromebookを検討してみては如何でしょうか?.

次の

【西川和久の不定期コラム】実質5万円弱で買った12型2in1「HP Chromebook x360 12b」をレビュー

クローム ブック 評判

Chromebook クロームブック とは この記事では、「Chromebook」についてご紹介していきたいと思います。 次世代のノートパソコンと言われている「Chromebook」。 Chromebookとは、Google社が開発した「ChromeOS」を搭載したノートパソコンで、従来のノートパソコンと違う点として、クラウドストレージにデータを保存したり、androidアプリが使用できるということが特徴です。 従来のノートパソコンと比較して、Chromebookはノートパソコンというよりも、タブレットとノートパソコンの中間的な立ち位置になります。 今回は、そんな話題のChromebookについて、メリットデメリットを含め、ご紹介していきたいと思います。 Chromebook クロームブック の特徴 Chromebook クロームブック の特徴を3つ解説します。 Chromebook クロームブック の特徴3つ• クラウドストレージ• androidアプリ使用可能• セキュリティーソフト不要 クラウドストレージ Chromebookの一つ目の特徴は「クラウドストレージ」です。 従来のノートパソコンでは、SSDやHDDなどの内部ストレージにデータを保存しますが、Chromebookの場合は、Google社のクラウドストレージ(Googleドライブ)に保存をします。 また、ExcelやWordなどのソフト全般をGoogle chrome上で作業を行うことになりますので、一元管理することができます。 androidアプリ使用可能 Chromebookの二つ目の特徴は「androidアプリ使用可能」です。 ChromeOSを搭載しているChromebookでは、Googleplayストアにある約100万以上のアプリケーションのダウンロードが可能です。 そのため、androidスマホで利用できるアプリをChromebook上でも楽しむことができるため、コンテンツのバリエーションが多いのがポイントです。 セキュリティーソフト不要 Chromebookの三つ目の特徴は「セキュリティーソフト不要」です。 Chromebookは、クラウドストレージにデータを保存するため、スパイウェア等によるデータの漏洩のリスクがほぼないといっても過言ではありません。 そのため、ウイルスバスター等のウイルス対策が不要なため、セットアップ作業が簡単で、安全に使用することができます。 Chromebook クロームブック のデメリット Chromebook クロームブック のデメリットを2つ解説します。 Chromebook クロームブック のデメリット2つ• デスクトップソフトウェアが使えない• Windows主流 デスクトップソフトウェアが使えない Microsoft OfficeやAdobe系のソフトウェアは、プライベート面だけでなく、ビジネス面でもたくさんの方に使われているソフトウェアですが、それらのソフトウェアは、デスクトップソフトウェアとなり、Chromebookでは使用することができません。 Microsoft Officeと互換性のあるスプレッドシート等が、Chrome上で作業が可能となっていますが、ビジネス面での利用にはまだ少し早いのかなと印象を受けるため、おすすめすることはできません。 Windows主流 Windowsが主流の世の中のため、メリットとデメリット両方挙げることができ、主流となっているWindowsの場合、対応しているものがたくさんあり、汎用性に長けていますが、その分ウイルスの標的になりやすいというデメリットが存在しています。 そのため、ChromeOSが出始めたばかりなので、多少不自由を感じてしまうかもしれません。 Chromebook クロームブック のおすすめメーカー一覧 Chromebook クロームブック のおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。 Chromebook クロームブック のおすすめメーカー3つ• レノボ Lenovo• エイスース ASUS• ヒューレット・パッカード HP レノボ Lenovo Lenovoのノートパソコンといえば、「ThinkPad」がメジャーなブランドとなっており、カスタマイズの自由性や耐久性が高いと定評があり、コストパフォーマンスに優れています。 そのため、Chromebookの購入にも向いており、メモリやCPUを好感して長く使用したいと考えている方におすすめのメーカーです。 エイスース ASUS エイスースのノートパソコンは、コストパフォーマンスに優れており、低価格ノートパソコンのバリエーションが豊富なことが特徴です。 そのため、価格重視でノートパソコンを選ぶ際には、エイスースを中心に検討することで、自分好みのノートパソコンを手に入れることができると思いますので、おすすめできます。 ヒューレット・パッカード HP ヒューレット・パッカードのノートパソコンは、国内で生産されているモデルが多く、品質が高いと評判が多いメーカーです。 また、洗礼されたデザインが特徴的で、日本のデザイナーが設計することも多く、「和」のテイストを加えたデザインはかっこいいため、デザイン重視のパソコン選びには欠かせないメーカーです。 Chromebook クロームブック の選び方 Chromebook クロームブック の選び方を以下の6つのポイントから解説します。 Chromebook クロームブック の選び方6つ• CPU|Core i5がおすすめ• メモリ|8GB以上がおすすめ• インターフェースをチェック• バッテリーの持続時間も確認• Chromebookの場合、androidアプリでコンテンツを楽しむことが多くなるため、液晶のサイズは10~12インチほどのコンパクトなサイズがおすすめとなります。 コンパクトなデザインにすることで、タブレットの使用感と近くなり、持ち歩きにも楽々です。 CPU|Core i5がおすすめ Chromebookを選ぶ際に、「CPU」の性能についても注目して選ぶ必要があります。 androidアプリの中でも処理が多くなってしまうアプリケーションもあり、マルチタスクで動かすためにも、Intel Core i5以上の高性能プロセッサを選ぶようにしましょう。 特に、androidアプリにあるゲームで遊ぶ方にとっては、CPUは重要な項目となりますので、より重視して選ぶようにしましょう。 メモリ|8GB以上がおすすめ Chromebookに限らず、ノートパソコンでも「メモリ」はパソコンのスペックを左右する重要なポイントとなります。 メモリの容量が多いと、アプリの立ち上げ速度が早くなったりと、レスポンスが早くなるため、快適な環境を整えるためには必須条件といっても過言ではありません。 Officeソフトやゲームアプリを使用する方は、メモリ8GB以上を意識して選ぶようにしましょう。 インターフェースをチェック ノートパソコンには、USBの差込口などの「インターフェース」も重要なポイントとなり、必要なインターフェースがなければ外付けで変換ケーブルを使用して接続しなくてはいけないため、少々不自由を感じてしまいます。 Chromebookの場合、持ち歩きに適しているデザインが多いため、なるべく搭載されているインターフェースのみで済むようにしましょう。 バッテリーの持続時間も確認 Chromebookは持ち歩きに適しているノートパソコンが多いため、同時に屋外での長時間の使用にも対応できるように、バッテリー駆動時間にも注目して選びましょう。 最近のノートパソコンの中には、12時間近くバッテリー駆動するものもあり、従来のノートパソコンよりも節電に優れ、かなり長く使用できるようになってきています。 タブレットモード対応だと便利 Chromebookの用途として、タブレットモードに対応していると使い道が増え、より便利に使用することができます。 およそ100万以上のandroidアプリを使用できるということもあり、タブレットに近い使用感覚でChromebookを使用するためにも、特別な理由がない場合にはタブレットモード対応のモデルを選ぶようにしましょう。 Chromebook クロームブック の人気おすすめ10選 Chromebook クロームブック の人気おすすめ10選を紹介します。 Lenovo S330 最初に紹介するおすすめのノートパソコンは、「Lenovo S330」です。 3万円以下で購入可能• 10時間のバッテリー駆動• 2025年までアップデートあり Lenovo S330のレビューと評価・評判 お手軽な価格でChromebookが欲しい方に Lenovo S330は、3万円以下で購入できるChromebookということもあり、普段使いや持ち運びに適している初めてのノートパソコンに向いているモデルとなっています。 また、2025年まで自動更新されるため、ウイルス対策が不要となり、ランニングコストもWindowsPCと比べて割安となり、お得にノートパソコンを手に入れたいなら手にしたいノートパソコンとなります。 Acer C851-A14N 次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「Acer C851-A14N」です。 25000円で購入可能• webカメラ搭載• 低価格Chromebook HP 11 G3のレビューと評価・評判 とにかく安く、Chromebookを味わいたい方へ HP 11 G3は、Amazonにて購入可能のChromebookで、25000円から購入でき、Chromebookの中でもトップレベルの安さです。 また、Windows等のノートパソコンを含めても、トップレベルの安さですので、とにかく安くノートパソコンが欲しいという方には是非とも手にしていただきたいノートパソコンとなっています。 webカメラも搭載しておりますので、オンライン通話にも適しているのも特徴です。 ASUS C434TA 次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「ASUS C434TA」です。 スタイラスペン付属• 安心して持ち運べる高いモビリティ性• 効率的な作業で生産性向上 ASUS CT100PA-AW0010のレビューと評価・評判 ChromeOSのタブレットいちおしはこれ! ASUS CT100PA-AW0010は、ChromeOS搭載のタブレットで、スタイラスペンを付属しているため、手書きでメモをとったり、絵を描いたり、直感的なペン入力が可能で便利です。 Chrome管理コンソールを使用すれば、複数台のChromebookを簡単に一括管理が可能ですので、Chromebookのノートパソコンとの相性もばっちりです。 ぜひタブレットが欲しい方は、ASUS CT100PA-AW0010も検討してみてください! Acer C721-N14N 次に紹介するおすすめのChromebookタブレットは、「Acer C721-N14N」です。 高い信頼性と耐久性• 防滴キーボード• 6型サイズで持ち運び楽々 Acer C721-N14Nのレビューと評価・評判 持ち運びメインの方に Acer C721-N14Nは、11. 6型のサイズに、防滴キーボードが搭載されていますので、持ち運びに特化しているChromebookとなっています。 また、ストレージにコストがかかっていない分お手頃価格で購入できる点もポイントです。 サブノートパソコンとして、持ち運び専用ノートパソコンが欲しいと感じている方におすすめしたいChromebookです。 HP x360 次に紹介するおすすめのノートパソコンは、「HP x360」です。 タッチスクリーン搭載• ぐるっと回るディスプレイ• 5万円以下 HP x360のレビューと評価・評判 デザイナーや趣味で絵を描かれる方におすすめ HP x360は、ぐるっと回るディスプレイを採用しており、使いやすい形状で作業を行うことができます。 そのため、デザイナーさんなどの絵を描く方にとっては、とても使いやすいChromebookではないでしょうか。 5万円以下というリーズナブルな価格ということもあり、購入しやすい値段というのも特徴です。 人気おすすめのChromebook クロームブック のまとめ 今回はChromebookのメリットデメリットをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 次世代のノートパソコンと言われていることもあり、今後のChromebookの進化も期待ができそうです。 また、3万円台から体験できるということもありますので、興味がある方はChromebookを購入してみてはいかがでしょうか。 以上、Chromebook クロームブック の人気おすすめ10選|メリットとデメリット解説【2020】でした。

次の