金田 賢一。 金田賢一とは

金田賢一

金田 賢一

来歴・人物 [編集 ] にある母(・雅章子(みやび・のりこ、金田敏子。 、の同期)の実家で生まれ、で育つ。 中学(成城学園)時代はをしていたが、本人は「下手だった」という。 、父・正一の友人だったが製作に係わっていた映画『正午なり』でデビューし 、その後1984年にドラマ『』にて演じる主人公の恋敵役として出演し注目される。 にはドラマ『』にデューク刑事役で出演。 からはの選挙の出馬による一時降板に伴い、翌まで『』の司会を務めた。 また、きよしは当選後約1年半復帰し共演した。 さらに、5月から3月まで、のお昼の情報番組『』の月・火曜日のMCを務めた。 父の正一とは、TBSのテレビ番組『』や、神奈川県警のポスター『金田さんは、カネ出さん! 』で親子共演を果たしている。 には、の花組で男役を務めていた梓のぼると結婚。 翌1986年に第一子(長女)を授かった。 結婚式では、当時『』()をよく視聴していた正一の希望で、司会陣の1人としてフジテレビへ出向していた()が司会を任されていた。 近年は、単発ドラマの脇で犯人役など深みのある演技を披露している一方、夫人との温泉旅行番組にも出演している。 2級の資格を持っている。 また、少年時代から現在までの活動をしており、「自分で出来ることは何でも自らでやる」「歩く歩く歩く! 」を信条としている。 テレビ局に出向く際も車ではなく、自転車と通勤電車を今でも使う。 また、料理も得意で教室を開くほどである。 からは、音楽家の丸尾めぐみとのユニット『朗読三昧』の活動を開始し、定期的に公演を行っている。 出演 [編集 ] 映画 [編集 ]• 正午なり(1978年、) - 主演・忠夫 役• (1980年、) - 主演・澄川隆 役• 太陽のきずあと(1981年、東映) - 主演・茂木修平 役• (1981年、) - 本郷真二 役• (1984年、) - 西野先生 役• 嵯峨野の宿(1987年、) - 平垣信治 役• パイレーツによろしく(1988年、キノシタ映画) - 岡本克之 役• (1990年、東映) - 役• レディー夜明けのシンデレラ(1990年、東宝) - 中原哲也 役• (1991年、東映) - 役 テレビドラマ [編集 ] NHK [編集 ]• 「」(1980年) - 弥太郎 役• 「」(2006年) - 役• 「」(2007年) - 役• 「魂の夏」(1980年11月15日) - 主演• (1981年)• (1981年) - 岡田彦馬 役• 第23話「旅立ち」 (1982年)• 「道頓堀川」(1982年5月)• 「」(1983年) - 主演• (1983年) - 鶴橋多喜人 役• ドラマスペシャル「冬構え」(1985年3月30日) - ボーイフレンド 役 日本テレビ [編集 ]• 「愛と死の絶唱」(1979年) - 圭介 役• 「あらたなる旅立ち 妻よ子よありがとう」(1980年10月2日)• 「わが子よ、永遠に!! 」(1980年11月13日) - 主演• 「まぼろしの初夜」(1982年8月12日)• 「受験戦争1983」(1983年3月24日) - 良介 役• 「女優時代」(1988年10月13日)• 「舞いこんだ死亡診断書」(1982年8月31日)• 「極刑」(1982年11月23日)• 「ズームイン!! 殺人事件」(1988年11月15日) - 坂口孝次 役• 「」(1991年4月16日) - 中森慎一 役• 「結婚適齢期」(1991年6月25日)• 「昨日を探す女 ふるさとに行きて死なむと思ふ」(1995年11月28日)• (1984年) - 花形進 役• 第660回〜第715回(1985年 - 1986年) - 島津公一刑事(デューク) 役• 第6話「偽証・アリバイが問いかける真実の友情」(1991年5月18日)• (1992年3月24日) TBS [編集 ]• 第1200回「」(1979年12月9日) - 役• 第1272回「ちょっといい夫婦」(1981年5月10日)• 第1316回「幸せのいれもの」(1982年3月14日)• 第1442回「夏の出逢い」(1984年8月26日)• 第1594回「夏の花嫁」(1987年7月26日)• 第1730回「再婚しますか…」(1990年4月8日)• (1980年) - 恒松双六 役• (1980年) - 春野秀 役• 「のぶ子の災難」(1982年)• 「」 - 八重樫俊彦 役• 「女子大生危険な帰り道」(1982年7月3日)• 「刑事ガモさんII」(1982年12月11日)• 「黄金流砂」(1983年8月20日) - 主演・法願総一郎 役• (1984年) - 中野孝 役• (1984年) - 主演・坪田精二 役• セゾンスペシャル「サーカス村通り」(1987年6月12日)• 「コピー室より愛をこめて」(1989年4月)• 第20話「姫が暴いた悪企み -高山-」(1990年) - 内藤平八郎 役• 第12話「兄の敵はお殿様 -山中-」(1994年) - 役• 「」(1991年1月1日) - 役• 「」(1992年1月1日)• 「札幌駅殺人事件」(1992年4月13日) - 田宮洋一 役• 「京都映画女優殺人事件」(1994年6月20日)• 第22話(1994年9月15日) - 太郎 役• 「サスペンス 京舞妓殺人事件」(2003年8月4日) - 北田 役• 「検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層」(2005年8月1日)• 第9話「母親の命か? 子どもの命か? 」 (2012年6月4日) - 神坂孝介 役 フジテレビ [編集 ]• (1979年) - 北島乗彦 役• 「1980・帰らざる夏」(1980年8月23日) - 主演• (1983年 - 1984年、) - 役• ドラマスペシャル「」(1983年4月9日、関西テレビ)• 「愛の終着駅」(1984年10月19日)• 「足の裏」(1984年11月16日)• 「」(1988年7月24日、関西テレビ) - 信一 役• 「 清が見た画家の秘密 輪島編 」(1996年6月2日、関西テレビ)• (1990年、)• 「」(1993年6月4日)• (1997年6月6日) - 火田精一 役• 「赤い霊柩車8 燃える棺」(1997年12月26日) - 智夫 役• 「」(2012年2月3日) - 喫茶店マスター 役• 「」(2014年1月17日) - 河村忠治 役 テレビ朝日 [編集 ]• 第42話「殺しを見たのは失明の美女! 」(1983年2月3日) - 風見兵馬 役• 「津軽海峡 おんな三人春景色」(1988年4月12日) - 沢木稔 役• 「冬の来る前に」(1990年12月)• 大型時代劇スペシャル「大逆襲! 四匹の用心棒3」(1991年4月4日) - 一色丹波守景信 役• 時代劇スペシャル「素浪人無頼旅II」(1992年3月30日) - 小笠原相模守 役• 「みちのく湯煙り殺人峡谷」(1993年7月10日) テレビ東京 [編集 ]• 「」(1988年1月2日)• 1(2001年) - 滝川刑事• (2013年3月6日) - 夏木治 役 テレビアニメ [編集 ]• (1982年10月6日、フジテレビ) その他のテレビ番組 [編集 ]• () - 月・火曜司会• (テレビ東京) - 夫婦で出演する機会が多い• (TBS)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ) ラジオ [編集 ]• (・のアシスタント) イベント [編集 ]• 横濱夢語り• ににんがはち〜横浜最後のお座敷芸者 京子姐さん物語〜• 天使はブルースを歌う(作)• ドロップ・アウト しなやかな女豹(1992年、)• Another XX 狂愛〈アファナティック・ラブ〉(1998年、) CM [編集 ]• サンスター(サンスター トニックシャンプー、ソルトサンスター)• () 受賞 [編集 ]• 新人賞受賞(1979年度)• 新人賞受賞(1981年)• 新人賞受賞 脚注 [編集 ] [].

次の

金田正一さんの息子|俳優の金田賢一さんの出演作について

金田 賢一

来歴・人物 [ ] にある母(・(みやび・のりこ、金田敏子。 、の同期)の実家で生まれ、で育つ。 中学(成城学園)時代はをしていたが、本人は「下手だった」という。 、父・正一の友人だったが製作に係わっていた映画『』でデビューし 、その後1984年にドラマ『』にて演じる主人公の恋敵役として出演し注目される。 にはドラマ『』にデューク刑事役で出演。 からはの選挙の出馬による一時降板に伴い、翌まで『』の司会を務めた。 また、きよしは当選後約1年半復帰し共演した。 さらに、5月から3月まで、のお昼の情報番組『』の月・火曜日のMCを務めた。 父の正一とは、TBSのテレビ番組『』や、神奈川県警のポスター『金田さんは、カネ出さん! 』で親子共演を果たしている。 には、の花組で男役を務めていたと結婚。 翌1986年に第一子(長女)を授かった。 結婚式では、当時『』()をよく視聴していた正一の希望で、司会陣の1人としてフジテレビへ出向していた()が司会を任されていた。 近年は、単発ドラマの脇で犯人役など深みのある演技を披露している一方、夫人との温泉旅行番組にも出演している。 2級の資格を持っている。 また、少年時代から現在までの活動をしており、「自分で出来ることは何でも自らでやる」「歩く歩く歩く! 」を信条としている。 テレビ局に出向く際も車ではなく、自転車と通勤電車を今でも使う。 また、料理も得意で教室を開くほどである。 からは、音楽家のとのユニット『朗読三昧』の活動を開始し、定期的に公演を行っている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1978年、) - 主演・忠夫 役• (1980年、) - 主演・澄川隆 役• (1981年、東映) - 主演・茂木修平 役• (1981年、) - 本郷真二 役• (1984年、) - 西野先生 役• (1987年、) - 平垣信治 役• (1988年、キノシタ映画) - 岡本克之 役• (1990年、東映) - 役• (1990年、東宝) - 中原哲也 役• (1991年、東映) - 役 テレビドラマ [ ] NHK [ ]• 「」(1980年) - 弥太郎 役• 「」(2006年) - 役• 「」(2007年) - 役• 「魂の夏」(1980年11月15日) - 主演• (1981年)• (1981年) - 岡田彦馬 役• 第23話「旅立ち」 (1982年)• 「道頓堀川」(1982年5月)• 「」(1983年) - 主演• (1983年) - 鶴橋多喜人 役• ドラマスペシャル「冬構え」(1985年3月30日) - ボーイフレンド 役 日本テレビ [ ]• 「愛と死の絶唱」(1979年) - 圭介 役• 「あらたなる旅立ち 妻よ子よありがとう」(1980年10月2日)• 「わが子よ、永遠に!! 」(1980年11月13日) - 主演• 「まぼろしの初夜」(1982年8月12日)• 「受験戦争1983」(1983年3月24日) - 良介 役• 「女優時代」(1988年10月13日)• 「舞いこんだ死亡診断書」(1982年8月31日)• 「極刑」(1982年11月23日)• 「ズームイン!! 殺人事件」(1988年11月15日) - 坂口孝次 役• 「」(1991年4月16日) - 中森慎一 役• 「結婚適齢期」(1991年6月25日)• 「昨日を探す女 ふるさとに行きて死なむと思ふ」(1995年11月28日)• (1984年) - 花形進 役• 第660回〜第715回(1985年 - 1986年) - 島津公一刑事(デューク) 役• 第6話「偽証・アリバイが問いかける真実の友情」(1991年5月18日)• (1992年3月24日) TBS [ ]• 第1200回「」(1979年12月9日) - 役• 第1272回「ちょっといい夫婦」(1981年5月10日)• 第1316回「幸せのいれもの」(1982年3月14日)• 第1442回「夏の出逢い」(1984年8月26日)• 第1594回「夏の花嫁」(1987年7月26日)• 第1730回「再婚しますか…」(1990年4月8日)• (1980年) - 恒松双六 役• (1980年) - 春野秀 役• 「のぶ子の災難」(1982年)• 「」 - 八重樫俊彦 役• 「女子大生危険な帰り道」(1982年7月3日)• 「刑事ガモさんII」(1982年12月11日)• 「黄金流砂」(1983年8月20日) - 主演・法願総一郎 役• (1984年) - 中野孝 役• (1984年) - 主演・坪田精二 役• セゾンスペシャル「サーカス村通り」(1987年6月12日)• 「コピー室より愛をこめて」(1989年4月)• 第20話「姫が暴いた悪企み -高山-」(1990年) - 内藤平八郎 役• 第12話「兄の敵はお殿様 -山中-」(1994年) - 役• 「」(1991年1月1日) - 役• 「」(1992年1月1日)• 「札幌駅殺人事件」(1992年4月13日) - 田宮洋一 役• 「京都映画女優殺人事件」(1994年6月20日)• 第22話(1994年9月15日) - 太郎 役• 「サスペンス 京舞妓殺人事件」(2003年8月4日) - 北田 役• 「検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層」(2005年8月1日)• 第9話「母親の命か? 子どもの命か? 」 (2012年6月4日) - 神坂孝介 役 フジテレビ [ ]• (1979年) - 北島乗彦 役• 「1980・帰らざる夏」(1980年8月23日) - 主演• (1983年 - 1984年、) - 役• ドラマスペシャル「」(1983年4月9日、関西テレビ)• 「愛の終着駅」(1984年10月19日)• 「足の裏」(1984年11月16日)• 「」(1988年7月24日、関西テレビ) - 信一 役• 「 清が見た画家の秘密 輪島編 」(1996年6月2日、関西テレビ)• (1990年、)• 「」(1993年6月4日)• (1997年6月6日) - 火田精一 役• 「赤い霊柩車8 燃える棺」(1997年12月26日) - 智夫 役• 「」(2012年2月3日) - 喫茶店マスター 役• 「」(2014年1月17日) - 河村忠治 役 テレビ朝日 [ ]• 第42話「殺しを見たのは失明の美女! 」(1983年2月3日) - 風見兵馬 役• 「津軽海峡 おんな三人春景色」(1988年4月12日) - 沢木稔 役• 「冬の来る前に」(1990年12月)• 大型時代劇スペシャル「大逆襲! 四匹の用心棒3」(1991年4月4日) - 一色丹波守景信 役• 時代劇スペシャル「素浪人無頼旅II」(1992年3月30日) - 小笠原相模守 役• 「みちのく湯煙り殺人峡谷」(1993年7月10日) テレビ東京 [ ]• 「」(1988年1月2日)• 1(2001年) - 滝川刑事• (2013年3月6日) - 夏木治 役 テレビアニメ [ ]• (1982年10月6日、フジテレビ) その他のテレビ番組 [ ]• () - 月・火曜司会• (テレビ東京) - 夫婦で出演する機会が多い• (TBS)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ) ラジオ [ ]• (・のアシスタント) イベント [ ]• 横濱夢語り• ににんがはち〜横浜最後のお座敷芸者 京子姐さん物語〜• 天使はブルースを歌う(作)• ドロップ・アウト しなやかな女豹(1992年、)• Another XX 狂愛〈アファナティック・ラブ〉(1998年、) CM [ ]• サンスター(サンスター トニックシャンプー、ソルトサンスター)• () 受賞 [ ]• 新人賞受賞(1979年度)• 新人賞受賞(1981年)• 新人賞受賞 脚注 [ ] [].

次の

金田正一の球速球速、成績は?息子は俳優・金田賢一、娘は元タレント!

金田 賢一

金田正一は86歳。 胆管炎を患い2019年8月8日から入院。 急性胆管炎による敗血症により逝去。 通夜と告別式は近親者のみ。 喪主は息子の金田賢一であり、 お別れの会は後日の予定。 金田正一が朝起きると胸の痛みがあり 我慢できずに自分でかかりつけの病院に連絡。 運転手に病院に連れて行ってもらう途中で 既に意識が朦朧。 金田正一はこのときの 心筋梗塞の入院を機会に もう少し生活を見直したいと 語っていたばかりでした。 1965年に巨人へ移籍し1969年まで在籍。 1973年にロッテの監督となり 1988年には野球殿堂入り。 1990年、1991年に再びロッテ監督に。 そして2009年までは日本プロ野球名球会会長。 それ以降はバラエティ番組などにも 度々出演をしタレントとしても 活動をしていました。 アウトデラックスの収録、本物の漢を見た!!! 正直感動がまだ止まらない!!! 金田正一様!!! いやぁ、かっこよかった!!! — 山里 亮太 YAMA414 金田正一は2015年6月25日放送の アウトデラックスに出演。 この時に乱闘事件の真相を説明。 金田正一によると自分のチームのランナーが ホームに来た際にボールがないのに キャッチャーがタッチのふりをし ランナーが転倒。 それに激怒をしキャッチャーのもとへ行くも 外国人選手に抑えられ下敷きに。 そしてその後敵も味方も 金田正一を踏んだという。 この事に関して金田正一は 「監督の私を嫌いだから」などとコメント。 — Kazuoki KAZUOKI5141960 金田正一の息子である金田賢一は 1978年に俳優デビューをし、 人気ドラマ「太陽にほえろ! 」で デューク刑事として人気に。 また、現在は音楽家である 丸尾めぐみとのユニット、 「朗読三昧」で定期的に活動をしています。 そして金田賢一は現在は 演出家としても活動。 2019年12月公演の舞台 「もしも8才の子供が大統領になったら」の 情報解禁が2019年10月4日に明かされたばかり。

次の