クラウチング スタート やり方。 短距離走スタートの基本の3種類のフォームとコツ、足の位置とは?

陸上競技のスターターピストルの撃ち方について教えてください。

クラウチング スタート やり方

どうも、ぐ〜らです! 「スタブロを上手く蹴れない人」が しっかり蹴って勢いよくスタートするための コツについてご紹介していきます! あなたも、こんな経験ありませんか?• スタートの1歩目で出遅れてしまう• スタブロを上手く使えていない気がする• 後半タイプだからスタートさえ速ければ…• もっとスタートを速くしたい• クラウチングのやり方が分からない 正直、僕も同じ状況でした。 上手い人と同じように蹴ってるし 上手い人と同じようにセットしてるし 上手い人と同じようにやってるのに、 なぜか上手くいかないですよね…。 じゃあ、どういう意識を持ったら スタートをする時に ガツンとスタブロを足で押して 気持ちいいスタートができるのか 知りたいですよね?? 今回は、あなたに スタブロを蹴りやすくなる簡単なコツを 1つプレゼントしちゃいますので、 最後まで読んでみてくださいね! もくじ• なぜスタブロを上手く蹴れないのか スタブロを上手く蹴れない人には 「ある原因」があることが多いです。 その原因を理解して しっかりと直さなければ、 力強いスタートは出来ません。 15秒だけ僕の昔話… じつは僕は中学までは剣道部だったので 高校に入って初めてスタブロを使いました。 顧問の先生には、 「お前はスタブロがあってもなくても タイム変わんないかもなぁー」 「スタンディングの方が 本当は速いんじゃないかぁー?」 なんて言われてしまるほど スタブロを使えていませんでした。 「いや、、出来ない生徒を教えるのが あなたの仕事ですよね…?」 「…というか、初心者なんで教えてください」 とザワつく心の声を グッと押さえ込みながら、 本を読んだりして自分で 解決方法を探してみました。 そして、ある日 「スタブロが蹴れない」 という悩みは解決しました。 原因が分かれば、あとはやるだけ 原因が分からないうちは、 スタートではいつも出遅れて、 加速には繋がりませんでした。 スタブロを使っている感もなく めちゃめちゃつまんなかったです。 でも、これからお伝えする原因を ちょっとしたコツを試したことにより、 スタートの反応が良くなりました。 スタブロをしっかりと蹴れたことで 1歩目の爆発力が増して、 初速が速くなったおかげで しっかり加速できるからこそ 中間疾走もラクになりました。 なんなら、スタートするときの 足への疲労も少なくなって、 レース後半になっても、いつもより 余力が残って追い上げられたりとか 足への負担が少なくなったことによって 1歩目から足の回転が良くなったりとか、 スタブロをしっかりと 蹴れるようになったことによって 走り方やレースパターンが変わりました。 今回の内容は、 そのくらい大事なことなので しっかりと原因を知って、 僕がこれからお伝えすることを 忠実に再現してみてください! スタブロが蹴れない原因は… スタブロを上手く蹴れないのは 「体重の乗せ方」に問題がある 可能性が高いです。 どういうことかというと、 クラウチングスタートで 「Set」で腰を上げた時に、 どこにどれだけの体重が乗っているか ということです。 この時に、 スタブロを強く蹴りたいと思って 足に体重を乗せてしまってませんか? 意外かもしれませんが、 僕が思うに足に体重を乗せてしまうと 上手くスタブロを蹴れません。 なぜ足に体重を乗せていけないのか。 僕なりの理由があります。 理由1:足がリラックス出来ない 大前提として、 筋肉は筋肉の繊維が 縮むことによってパワーを出します。 つまり筋肉のパワーを 最大限に引き出すには、 筋肉が「リラックス」して 筋肉が緩んでいないと、縮むことができません。 画像引用: スタートの時から、 足に体重が乗ってしまって 筋肉で支えてしまっている状態だと、 筋肉が既に縮んでしまっているので スタートで爆発力を出すための 筋肉縮める部分が少ない状況です。 どういう状況かというと 「空気イス」みたいな感じですね! 支えることに力を使ってしまって 動き出すのが難しいですよね! これでは、力が発揮できないのは 当然じゃないですか?? 体重を足ではなく 腕に乗せてあげることによって、 足への負担を減らして 足の筋肉がリラックスすることで 強くブロックを蹴ることができます! 理由2:倒れこむ力を使えない スタートでピストルがなった瞬間に 反応よく飛び出すためには、 「強く蹴るしかない!」って そう思っていませんか? 「ガッ」って強く蹴ることだけが スタートの飛び出しを速くするのではなく 「倒れこむ力」を使う必要があります。 倒れこむことによって 移動することができます。 スタートの1歩目も同じで 「倒れこむ力」を使うことが大切です。 そしてこの力は 足に体重を乗せていると、 上手く使うことができません。 Setで腰をあげる時に 足ではなく腕に体重を乗せるあげると ピストルの音と同時に 腕を離してあげるだけで、 体が「前に倒れこむ力」を 自然と作り出すことができるので 足で蹴るよりもラクで 倒れこむように速く スタートすることが出来ます。 原因は「腕に乗れていないこと」 スタブロを上手く蹴れない原因 Setで腰を上げた時に 「足に体重を乗せていること」 ということは分かりましたよね。 足に体重を乗せすぎているせいで• 足がリラックス出来ない• そして、どちらの場合にしても 「腕に体重を乗せること」で 解決する とお伝えしました。 じゃあスタートの時に 腕にどのくらいの体重を 乗せていたら上手くいくのか。 たったこれだけのことですが、 Setの姿勢になっても 足の負担が減ることで 蹴ることに専念できます。 リラックスしていることによって 筋肉が瞬発力を発揮しやすくなります。 腕を離しただけで 勝手にスタートを開始するように 倒れこみながら即スタートできます。 倒れ込んでも、しっかりと ブロックを蹴れていることによって 転ばずにむしろ加速しやすくなります! 足に頼りすぎて 足の負担をかけてしまうことで スタートが遅くなってしまっていたのです。 まずは実践してください! まずはやってみてください。 腕に体重を乗せるイメージが つかないという場合には、 Setした時に 肩がスタートラインの真上か または少し前にあるくらいにして お尻を高めに上げてみてください! あとは、人によって やりやすさが変わってくる部分なので、 微調整して自分にあったスタートを 見つけて行ってみましょう! スタートができたら・・・ スタートができたら 次は「前傾」ですよね! 前傾も形だけのものでは あんまり意味がありません。

次の

短距離走はスタートが大事!クラウチングスタートの正しいやり方とコツ

クラウチング スタート やり方

このページで分かること CLOSE• で、スタートにおける 水平方向への力発揮の重要性と倒れ込みと伸び上がりのバランス、体幹の前傾、1歩目までを考慮に入れることの重要性について紹介しました。 ここでは、 構えの姿勢や ブロックの配置、意識について考えていきます。 ブロック配置、構えの姿勢がスタートに及ぼす影響 スターティングブロックの配置に関する研究 Henry, 1952;野原ほか,1977 で、 ・バンチスタート ・ミディアムスタート ・エロンゲーテッドスタート といった配置の仕方で力発揮様態は異なることが報告されています。 特徴としては、 バンチではブロックからの離地が早く、エロンゲーテッドではブロックを押す時間増加による力積の増大で、クリアランス時の速度が高いこと。 そしてミディアムスタートはその中間です。 スタート方法によってスプリントタイムにはあまり差がなかった。 ・女子はエロンゲーテッド、スタンディングからのスタートが、他と比ベて疾走速度が高かった。 平均スター ト速度,平均ストライドが有意に大きかった 比留間ほか,2015 とあり、 決定的に有利なブロック配置方法というのは示すことは難しいですが、少なくとも初心者にはしっかりとブロックを押してスタートを切るやり方から始めるのが好ましいと考えられます。 さらに、 スターティングブロックの有無は、第2歩目を終えるまでの水平速度の上げ方 水平方向への加速 に対して影響するものと考えられる。 篠原ら,2015 とあり、 スターティングブロックを用いると、スタートから1歩目を踏み出すまでの水平速度の高まり方が大きく、 ブロック無しでは1歩目と2歩目でそれが大きい。 2歩目以降の水平速度にはそこまで差はなかったが、ブロックを使った方が素早い飛び出しに有利かもしれない。 といったことが述べられています。 ブロックを押す1歩目から高い速度を獲得するか、 1歩目は素早く踏み出してそれ以降に速度を獲得するか 結局は自分に合った方法を探って下さいといったことになります。 クラウチングスタート時の意識の選択 現場での指導や雑誌など、様々なメディアを通じた、 「ブロックは強く押さなければならない」 「ブロックは押さずに早く足を運ばなければならない」 など、 あたかもそれしか選択肢が無いような主張というのは、短距離走に関わっていればしばしば目にされるものでしょう。 一つの方法に拘りを持つことは悪いことではありませんが、他人を指導する際や自分の走りを進化させようとしている時に、 このような考えはとても重い足枷となってしまうかもしれません。 「ブロッククリアとその後の数歩で大きな水平速度を獲得する」 という目的地をしっかり理解した上で、 上に示したような幾つかのやり方があるということを知っておくべきでしょう。 誰でも深く前傾できるの? より深い前傾姿勢を作り、それを保つことが重要だということは理解できると思います。 しかし、分かったところで誰でも深い前傾姿勢を保ってのスタートができれば苦労もありません。 では、そもそもどのようにして前傾姿勢は保たれるのでしょうか? にて、トップスピード局面で重心の真下や後ろに本当に接地してしまうと体がひっくり返ってしまうという話をしました。 体に作用する地面反力は水平方向と鉛直方向の力に分けられ、その力の バランスによって疾走中も体が前後に回転せず、真っ直ぐな姿勢を保って走れるわけです。 さて、前傾姿勢ではどうでしょうか? 前傾中、身体には 前へ倒れ込む力が働いています。 何もしなければ前へ回転して転倒してしまうので、 これに対抗できる力を走りながら加えてあげる必要があります。 即ち、 後ろへの回転力です。 この後ろへの回転力というのが、 「接地初期の鉛直方向の力」 「接地後半の水平方向の力」です。 そしてブロッククリア時の前傾姿勢、低い飛び出しを可能にするのはこの「水平方向へのキック力」ということになります。 なので、 結局キック力がなければ深い前傾姿勢は保てないわけです。 誰でも深い前傾姿勢が作れるわけではない原因はここにあります。 そのため、 水平方向へ大きな力を発揮できるための 爆発的なキック力を向上させることは非常に重要な要素になります。 他の技術に関してもそうですが、 スタートの技術は充分な体力要素を備えていることで習得できるものが多くを占めます。 しかし、爆発的なキック力という体力要素を備えていたとしても、うまく水平方向への力発揮につなげることができていない場合もあるでしょう。 BLCを高めるような動作の工夫でスタートの飛び出しが改善されるかもしれません。 BLCが高い人と逆の事をしないという意識 結局スタートでは どのような事を意識したら良いのでしょうか? スポーツの動作は最終的には 個人の感覚 によって作られるので、この 「意識」というのは 動作を改善させるために非常に重要な要素となります。 しかし、 陸上競技などのスポーツは非常に 個別性が強いため、「万人に共通した良い意識」を提示するのはとても難しいです。 とは言え、 あまりにも的外れな「意識」をしたり、させたりすることだけは避けなくてはいけません。 考えられる、失敗が少ないであろう意識の方法として、 スタートのBLC 伝えた力に対して水平方向の力がどれだけあったか が高い選手ほど、以下の図のような傾向があったとしたら、逆のことはしないという意識、があります。 ・踵が巻き上がらないような意識を考える ・体幹部が起き上がらないような意識を考える ・身体全体が起き上がらないような意識を考える ・・・・・などです。 また、BLCが高い人ほど、前ブロックをキックする脚の股関節角度が小さいという傾向もありましたが、これは体幹部の前傾によって生まれたものであるとも考えられますので、ここでは、 ・股関節を中心に体幹部が起き上がらないような意識を考える という表現の方が適切かと思われます。 「スタートではつま先から頭までが一直線になるようにしなければならない」といったこともしばしば聞かれますが、これが 必須ではないということも分かることでしょう。 ですが、 体幹部の深い前傾を保ったまま股関節をしっかり伸展させることができれば、より低い姿勢でのブロッククリアランスが可能になるはずだというのも事実です。 短い時間で鉛直方向、水平方向に地面に大きな力を伝えるという目的一つにしても 「土踏まずまで踏み込む意識」 「地面を叩くように接地する意識」 「母指球でしっかり地面を押し込む意識」 「足裏全体で地面を捉え、身体を乗り込ませる意識」 などなど、 意識のバリエーションはいくらでも考えられます。 自分にとって合う意識もあれば、合わない意識もあるでしょう。 よって、このような 「感覚的表現」は練習をしながら、 個人の中で創造されるべきもの であり、 指導者はその創造を促していくような工夫 的確なアドバイス が必要になるのです。 合わせて読みたい! ~サイト内の関連記事を検索~.

次の

足が速くなりたい人のための練習やコツ

クラウチング スタート やり方

「クラウチングスタート」の意味 クラウチングスタートとは、陸上競技における短距離のスタート時の姿勢です。 片膝を地面についた状態から、腰を上げてスタートを切ります。 スタートが肝心な短距離においては最も加速しやすいスタートの切り方のため、こういった特殊なスタートのやり方が採用されているのです。 短距離はスタートの良し悪しで、レースの結果が大きく変わりますから。 「スタンディングスタート」の意味 スタンディングスタートとは、陸上競技における長距離で採用されているスタート時の姿勢ですが、多少身体を前傾させる程度であり、立ったままの状態に近く、姿勢というほどのものではないです。 長距離の場合にはスタートの良し悪しが最終結果に与える影響があまりにも小さいため、各選手そんなに意識していないでしょう。 だから、割と自習な感じでスタートを切っているのです。 「クラウチングスタート」と「スタンディングスタート」の用法や用例 「クラウチングスタートは本当に出遅れてはいけないということが重要だから、素早く反応することが大切だ。 スタートを切る態勢ととったら、あとはピストルに集中していくべきだ。 」 「スタンディングスタートの場合には、スタートそれ自体にこだわる必要はない。 とりあえず他の選手と接触して転んだりしないように気を付けることが大切だ。 」 競技によってスタートの仕方が変わるのが陸上競技 陸上競技における短距離と長距離に関しては、それぞれでスタートのやり方に違いがあります。 短距離はクラウチングスタート、長距離はスタンディングスタートというものになります。 スタートの良し悪しが競技の結果にどの程度影響を与えるのか?によって、それぞれのスタートを使い分けている状況というのが存在しているとなります。

次の