エウレカ スロット 新台。 スペック判明!新台6号機「北斗無双」がスロットで登場!【サミー】

P交響詩篇エウレカセブン HI

エウレカ スロット 新台

この記事では、• 機種情報・導入日・導入台数• 設定判別・設定差・設定示唆• スペック・初当たり確率・機械割• 小役確率• BIG終了画面・サミートロフィー• REG中のキャラ紹介• ATレベルの設定差• 設定6 グラフ• ネット上の評価• 設定判別の考察 などを掲載しています。 エウレカ3はエピソードボーナスが超重要!! 高設定投入に期待できる人気機種なので、まずはこの記事で重要なポイントをおさらいしてください。 さらに2017年にリメイクされた「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」のテーマ曲Glory Daysもあります。 設定判別ポイント BIG終了画面で様々な示唆あり• 6 弱チェリー・弱スイカに設定差があり。 ボーナスに当選する周期に注目• 上記の表の、• Aの部分では疑似連演出が発生• Bの部分では疑似連演出が発生しない という特徴があります。 矛盾が発生した場合ボーナス確定となるので、 ボーナス非当選時のみA or Bの判別が出来ます! 3周期まで疑似連演出が無くボーナスに当選しなかった場合、 設定456濃厚パターンとなるので周りを含めチェックしたいですね。 周期終了時の昇格抽選 設定 昇格当選率 1 12. ATレベルそれぞれの恩恵は、• ATレベル1 期待枚数597枚 …恩恵なし• ATに当選しないとATレベルが優遇されているのかも分かりませんので、具体的に確認する方法はありません。 単発が少ない方がプラス要素ですが、他の要素の方がよっぽど重要なのでそちらを重点的に見てください。 奇数設定ほどエアリアルチャンス当選率が高いのが特徴です。 ステージによって当選率が異なり、• 遠距離ステージ…「低」• 近距離ステージ…「中」• ファイナルチャンス…「高」 となっています。 滞在率からみても遠距離ステージが低確示唆にあたると考えています。 AT中のボーナス確率の設定差も、エアリアルチャンスで成功するとBIGとなるのでその影響を受けています。 またファイナルチャンス中はレア役とベル・ベルこぼしでAC抽選が行われています。 *直前のコーラリアンモードの内部状態によって弱レア役でのAC抽選が変化 ベル・ベルこぼしでのAC抽選は初回は一律で抽選され、 2連目以降に高設定だと当選しにくくなっています。 まとめ やっと解析が出揃った感じですね。 設定差をまとめると、• 最もわかりやすいのは通常時エピソードBIG• AT中はエアリアルチャンス出現率をチェック• 設定示唆演出ももちろん要チェック• 弱チェリー・弱スイカはカウントする• 当選周期数• 303G仮天井でのボーナス当選• REG後半パートのpt数とAT当選率 という感じですね。 システムも好評でメイン機種として、長く設置されることが見込まれますが絆2やサラ番2の登場で… 若干客付きが悪くなってきてるな~と感じます。 解析も出揃って判別されやすくなってしまったので、店側も他の機種に設定配分を寄せることも考えられますね。 以上 「エウレカセブン3の設定差まとめ」記事でした。

次の

エウレカ3【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ[パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI

エウレカ スロット 新台

北斗シリーズ初の6号機『パチスロ北斗の拳 天昇』の前評判は上々で、導入台数も推定約25000台。 その勢いをそのままに、サミーより新たなビッグタイトルがリリースされるとの激アツ情報が世に広まっている。 北斗と同じく同社を代表する人気シリーズ「エウレカセブン」の最新6号機の発売が、遂に決定したというのだ。 初代エウレカセブン、正式名称『パチスロ交響詩篇エウレカセブン』は2009年にデビューした。 ボーナスタイプやRT機が主流だった5号機初頭、第3のボーナスと称されたART機能「コーラリアンモード」を搭載した初代は、ボーナスとARTの連鎖で大量出玉を演出して瞬く間に大ヒットを記録。 「ねだるな、勝ち取れ」が合言葉の押し順当てや、「波ニ乗レ」のキャッチフレーズも一世を風靡した。 その後、同社は『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』『パチスロエウレカセブンAO』と続編を製作。 前者は9月23日に認定期間満了を迎えたが、後者はいまだ現役稼働中だ。 そんな人気シリーズの最新6号機 タイトル不明 は疑似ボーナスとATで出玉を増やすタイプと囁かれている。 初代のゲーム性を限りなく再現しているという。 あくまで憶測の域を出ないが、「北斗と同じくサミーを支えるキラータイトルだけに、ファンが納得できる仕様なハズ」とはパチスロ業界関係者。 引き続き調査して、詳細は分かり次第お伝えしよう。 導入は12月15日を予定している模様。 一部で目標販売台数は20000台と言われているが、冒頭で述べた通り『パチスロ北斗の拳 天昇』も高評価を得ているだけに、本機も多くのホールに大量導入される可能性はかなり高い。 5号機時代、初代の登場が以降のマシンに多大な影響を与えたように、いまいち伸び悩む6号機市場を活性化させる立役者となるのだろうか。 また、「波ニ乗レ」「乗リニ乗レ」「波ヲ呼ベ」に続くキャッチフレーズも気になるところだ。

次の

パチンコパチスロ新台噂情報2020|新機種 6号機 導入日

エウレカ スロット 新台

大松の パチスロ「ハイエナ」実戦。 今回は待望の新台『 パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO』について書いていきたい。 本機はTVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」を題材として作られた機種であり、シリーズ3作目にあたる。 演出は前作というよりは初代の演出に寄せて作られている。 自力感を大事にした仕様で、それは通常時のチャンスゾーン「KCC(コンパクカウントチャンス)」やAT中のチャンスゾーン「AC(エアリアルチャンス)」などに顕著に現れている。 基本的には疑似ボーナスとAT「CM(コーラリアンモード)」で出玉を増やしていく。 ATは疑似ボーナス3回当選で到達する上位AT「SPEC3 MODE」を目指すゲーム性だ。 打感を言えば「レギュラーを引けば辛い」が「ビッグボーナスはしっかりした出玉が取れる」ので好印象である。 通常時の白7でも最大260枚を経験しているし、AT中であれば「EX-JAC」という追加ゲームもあるので1回の疑似ボーナスで約580枚獲得したこともある。 本機のキモは「周期抽選をKCCで短縮できる」という点にある。 このチャンスゾーンはリプレイかレア役を引くまで継続し、継続すればするほど「周期のサイクルを早める」ことができる。 狙い目は「そこ」である。 何故ならサイクルが短ければ短いほど疑似ボーナスの抽選を早く受けられるからだ。 更には10周期目は天井周期となり、疑似ボーナスとATが約束される。 毎回ATに入るわけではないので積極的に狙っていきたい。 分母が「600より少なければ」かなり狙い目と言って良いだろう。

次の