ベネッセ e ポートフォリオ。 eポートフォリオとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

「e

ベネッセ e ポートフォリオ

e-ポートフォリオは、自分で書き込む「高校生活全般の記録」 現在進められている大学入試改革では、学力の3要素「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を総合的・多面的に評価しようとしています。 この3要素のうち、「主体性」を評価するためのツールとして、文部科学省は委託事業で高大接続ポータルサイト「JAPAN e-portfolio(ジャパン e-ポートフォリオ)」を構築しました。 これは、「探究」など校内での研究活動やフィールドワークへの取り組み、部活動やボランティア活動、取得した資格や検定、生徒会活動や行事などについて、高校生自身が1年次からウェブ上に書き込んでいくシステムです。 レポートや論文、写真なども添付できます。 蓄積された高校時代の活動や学びの記録は、大学入試の出願時に利用することができます。 「JAPAN e-portfolio」は、関西学院大学が代表校となり、国立・私立計8大学(大阪、大阪教育、神戸、早稲田、同志社、立命館、関西、関西学院)が文科省の委託を受けて構築・運営に当たっています。 また、全国でかなり多くの国公立・私立大学が、平成31年度入学試験において「JAPAN e-Portfolio」を活用すると表明しています。 ただし、活用のしかたや、データを出願時に求めるかどうかは大学・学部によってさまざまです。 なぜe-ポートフォリオへの記録が「主体性」につながるのか? 「主体性」というと漠然としていますが、自ら学びたいテーマを見つけ、それをどのように深め、発展させていくのか、自ら探究していく力が求められているといえます。 大学側としては、単に「学校の成績のよい」学生だけでなく、学びたいテーマを持ち、意欲や志がしっかりしている学生が欲しいわけです。 では、e-ポートフォリオは主体性の評価にどう役立つのでしょうか。 「評価」というと、e-ポートフォリオに「何をどう書けば有利なのか」と考えたくなると思いますが、実は評価以前の問題として、「記録していくこと」そのものが主体的な学びにつながると考えられています。 たとえばサッカー部に入っている子が、日々の練習でうまくできたことやできなかったこと、上手な先輩やプロ選手のプレーを見て気づいたこと、試合の振り返りやその前後の思いなどを記録しながら、もっとうまくなるにはどうしたらいいか常に考えていたとしたら、おそらくその子は、漠然と練習している子より上達するに違いありません。 また、実践と記録を通して気づいたことや発見したことは、たとえ「地区大会で優勝する」といった結果につながらなくても、その子の思考力や判断力の源泉となります。 たとえば、ケガの経験を通じて医療の道に進んだ子の話を聞いたことがあります。 チーム運営の経験から社会学や経営学に興味がわいたり、挫折をきっかけに心理学や哲学を志したりするケースもあるかもしれません。 「考える力」は机上での勉強だけでなく、さまざまな原体験をベースに育ちます。 体験を記録し、振り返ることで、学びの成果や課題、興味の方向性を自覚することができるのです。 e-ポートフォリオのよさは、成果だけでなくプロセスを見ることができる点です。 成果のみであれば、試合の優勝者やコンクール入賞者など一握りの生徒しか評価されないことになります。 大学側はポートフォリオを通じて、生徒の日常的な取り組みを知り、各学部・学科のアドミッションポリシーに合った生徒の選抜に役立てることができるわけです。 今後の高校入試との関連は? 高校入試も、前述の「学力の3要素」を重視する流れにあります。 生徒の主体的に学ぶ力を評価するため、各都道府県、各高校で、作文・小論文や面接、グループ討論、プレゼンテーションなど、さまざまな選抜方法が工夫されています。 ただし、受験校に提出が求められる調査書は従来通り中学校の先生が記入するもので、学力に関する記述が中心です。 とはいえ、自らの学びを振り返り、考えを深め、自ら見通しを立てて学んでいく力は、今後ますます必要とされていくでしょう。 たとえば高校入試で作文や小論文を求められた場合、ふだんから日々の生活や体験を基盤に考える習慣がついていないと、よいものを書くことはできません。

次の

大学入試にも必要!?「ポートフォリオ」とは|ベネッセ教育情報サイト

ベネッセ e ポートフォリオ

文部科学省は大学入試改革の一環として導入し、入試の合否判定の参考にする高校生の記録サイト「ジャパン e-ポートフォリオ」について、運用を見直すことにした。 ベネッセコーポレーション(岡山市)のIDを取得しなければ記録できない仕組みが批判されていたが、文科省はサイトを運営する教育情報管理機構(東京都)にベネッセのIDの使用をやめるよう是正を要請。 機構も2021年度から新システムを導入するとしている。 記録サイトは17年度に開設され、文科省から業務委託を受けた機構が19年度から運用。 受験を控えた高校生が生徒会やボランティア活動、取得した資格や検定などを記録し、大学側はその記録を入試の選考過程に活用できる仕組みだ。 サイトの接続にはベネッセのID(無料)が必要。 だが、ベネッセが開催する模試を受けたり、教材を購入したりするなどで取得するIDと同じため「特定企業への利益誘導につながりかねない」との批判が出ていた。 萩生田光一文科相は7日の記者会見で「不適切な営業活動に利用されているとの社会的疑念を招くことのないよう、ベネッセからのID管理システムの借用解消について取り組みを求めた」と述べ、機構にシステムの是正を要請した。 文科省は当初、独自のID管理システムを開発する予定だったが、開発の遅れからベネッセのIDを使用したという。 同省の大学入試室は「サイトの安定的な運営に向けて、今後も支援の在り方などを検討していく」としている。 (下村ゆかり).

次の

大学入試の公平性を歪める文科省とベネッセの癒着…“大学入試ビジネス”依存の限界

ベネッセ e ポートフォリオ

これらの改革を契機に、生徒はより「主体的」に学ぶことと、先生は生徒の成長を点ではなく「線でとらえた指導」が求められるようになります。 このように、学校現場が環境変化への対応を迫られる中、Classiは先生・生徒を支援するため、「Classiポートフォリオ」を開発しました。 学校での多様な場面で活用され、データが蓄積される「Classi」の特長を最大限に生かし、「Classiポートフォリオ」には、学習計画・学習活動、主体的・対話的な深い学び(探究などの校内の研究活動やフィールドワークなど)への取り組み、部活動・ボランティア活動などの課外活動、取得資格・検定・表彰、日々の気付きのメモなど、学校生活でのさまざまな記録が蓄積されます。 これに加えて、校内テストや進研模試などの外部テストの結果や、先生や友人からのフィードバックなど、生徒に関するあらゆる記録を一元管理することができます。 高校生が学校内外の活動をeポートフォリオとして記録し、高校生が入力した記録を高等学校の先生が確認できるサイト。 【Classiポートフォリオの活用イメージ】 「Classiポートフォリオ」の開発にあたっては、eポートフォリオ領域の第一人者である、東京学芸大学総合教育科学系情報処理センターの森本康彦教授に監修していただきました。 Classiは、2016年から、森本教授および株式会社ベネッセコーポレーションと共同で、全国の中学・高等学校にて生徒約1,500人、先生約350人を対象に、ポートフォリオに関する実証研究を行っており、その豊富な知見に基づいて開発しています。 「Classiポートフォリオ」では、こうした生徒の自問自答を深めるために最適な「テンプレート」を複数用意し、それらを活用することで生徒の主体的な学びを促進します。 2.点ではなく線でとらえた学習指導、進路指導を可能に 「Classiポートフォリオ」では、進路・キャリア、学校行事などをはじめ、さまざまなカテゴリーに分類して生徒の記録を蓄積することができます。 先生は生徒の記録を確認し、フィードバックを行いながら、点ではなく線でとらえた指導を行うことで、将来の進路指導や大学入試などにも役立てることが可能となります。 さまざまな分野(スポーツ、医療、ビジネス、グローバルなど)の第一人者の人生を教材とした「The Vision(ザ・ビジョン)」や、身近な地域の社会課題の解決に取り組む「ソーシャルチェンジ」といったプログラム「Classi」上で配信し、ポートフォリオを活用しながら、生徒の「主体的・対話的で深い学び」の実践やキャリア教育につなげていきます。 博士(工学)。 1991年、三菱電機株式会社・情報技術総合研究所にて基本ソフトウエアの開発に従事。 1996年、広島市立牛田中学校教諭(数学)、2004年 千葉学芸高等学校教諭(情報)、 富士常葉大学・准教授を経て、 2009年東京学芸大学准教授に就任。 現在、東京学芸大学総合教育科学系情報処理センター教授を務める。 教育工学、特にeポートフォリオ、ICT活用教育、 情報教育を専門とする。 また、学校活動で重要な学校・学年・クラス・部活などのさまざまなグループにおけるコミュニケーション基盤となる「校内グループ情報」や、学校内のさまざまな活動結果を蓄積し振り返ることができる「生徒カルテ」などにより、学校活動全体のICT化を支援可能なサービスとなっています。 これに加えて「Classiプラットフォーム」では、Classi IDひとつでパートナーの教育サービスを利用できるようになり、教育環境の変化や学校課題に応じて、あらゆる学校活動のICT化をサポート可能なサービスとなりました。

次の