吉野彰 経歴。 吉野彰の妻(嫁)や子供は?画像や馴れ初めについても!【旭化成/ノーベル化学賞】

吉野彰の経歴や高校・大学は?家族は?妻や子供が気になる!名城大学│ざとれんのちょこっと言わせて〜ブログ

吉野彰 経歴

吉野彰さんは、大学卒業後、旭化成に入社しました。 民間企業ですから、「稼ぐ」ための開発しないといけないですよね。 そんな中で「リチウム電池」の開発に着手したのは、時代を感じる嗅覚だったそうです 吉野彰(よしの あきら)さんは、1948年1月30日生まれです。 出身地は大阪府です。 大学卒業後、旭化成に入社したのは、1972年4月です。 ノーベル賞の候補として名前が上がった理由のリチウムイオン電池の開発は、1992年3月に「イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長」になってからだと思われます。 その後電池関係の部署で、開発に携わっています。 2003年10月には、旭化成のフェローに就任。 2005年には、旭化成の吉野研究室の室長になりました。 その後旭化成以外でも、活躍されています。 ことしの の受賞者に、スマートフォンやパソコンなどに広く使われているリチウムイオン電池を開発した大手化学メーカー旭化成の名誉フェロー、 さんら3人が選ばれました。 2015年10月には、九州大学エネルギー基盤技術国際教育研究センターの客員教授に就任しました。 そして、2017年7月には、名城大学大学院理工学研究科の教授となっています。 自分が開発した製品が、世の中のためになって、さらにそれで評価されるのは、すばらしいことです! 大阪市長だった弁護士の橋下徹さんも、北野高校の卒業生です。 北野高校は、トップ校らしく髪の毛を染めたり、化粧することは、生徒自身にまかせられていて、規制されていません! そして、吉野彰さんの出身大学は、京都大学工学部石油化学科です。 1972年3月には、京都大学大学院工学研究科を修了しています。 吉野彰の家族:妻や子供 吉野彰さんは、テニスやゴルフが趣味で、野球は阪神ファンです! そんな吉野さんのご家族が気になったのですが、情報は全然出てきませんでした。 インタビューでも、家族を引き合いに出して、何かを語ることは無いようです・・・ ノーベル賞を受賞すれば、情報が出てくるかもしれませんね。 ちなみに、裕子さんは次女のようなので、長女がいらっしゃるようです。

次の

吉野彰の経歴や出身大学は?嫁や子供はいる?海外の反応も

吉野彰 経歴

吉野彰は何を研究しているの? 今回見事ノーベル科学賞2019に選ばれた吉野彰さんは、一体どのような研究をされていたのでしょうか? 大学に残る道もあったそうですが、吉野彰氏は社会に出て役に立つ仕事をしたいとのことで旭化成株式会社に入社し、その後リチウムイオン電池の研究・開発に携わってきました。 吉野氏は「コバルト酸リチウム」と炭素などの最適な材料の組み合わせを見つけ出し、今のリチウムイオン電池の原型を作りあげました。 リチウムイオン電池は小型軽量化が可能で、繰り返しの充電が可能なことから現在スマホやPCの他、ハイブリッド車など私たちの身の回りで広く使用されています。 名前 吉野彰(よしのあきら) 生年月日 1948年1月30日 年齢 71歳(2019年現在) 出身 大阪府 趣味 テニス・ゴルフ 吉野氏は野球も好きで、阪神ファンだそうです。 やはり大阪出身だからなのでしょうか^^ 吉野彰の経歴 吉野彰氏の経歴をまとめました。 スポンサーリンク 吉野彰の出身大学・学部と高校は? 吉野彰氏の出身大学は、京都大学工学部石油化学科出身です。 言わずと知れた京都大ですね! 1973年3月に京都大学大学院工学研究科を終了しています。 高校は大阪府立北野高校です。 大阪府内トップ校で、 偏差値は76です。 さすがとしか言いようがありませんね・・・。 吉野彰がノーベル化学賞を受賞した直後の妻からのメッセージ 吉野夫婦は、今年結婚されて48年になります。 (2019年現在) 吉野彰氏の妻から見た吉野さんは、普段うちではゴロゴロしていて家事は全くやらないとか。 それだけ日々研究に開発に打ち込んでいらっしゃるんだろうと思います。 吉野さんの休日の過ごし方は、夫婦共通の趣味であるテニスを土曜日やられているそうです。 昔はよく一緒にテニスをやられていたそうです。 仲の良いご夫婦なんですね。 普段周りで携帯を手にしている姿をふと見ると、その携帯を動かしている電池は夫の研究・開発から生み出され たんだなと、とても誇りに思うようなことをおっしゃっていました。 やっと長年の苦労が報われたかなとの事です。 奥さんの印象はとても優しそうで飾ることなく、穏やかな方だなと思いました。 長年吉野彰氏を支えてきた奥さんにも、本当におめでとうございますと伝えたいですね^^.

次の

【速報】ノーベル化学賞2019吉野彰の経歴・大学・家族(妻・子供・孫)は?

吉野彰 経歴

私たちの生活を豊かにしている物を発明しているんだ!! 2010年にはリチウムイオン二次電池の市場は 1兆円規模に成長してます。 小型で軽量なリチウムイオン二次電池が搭載されることで携帯用IT機器の利便性は大いに増大しました。 迅速で正確な情報伝達と安全性の向上、生産性の向上・生活の質的改善などに私たちのIT生活に多大な貢献しました。 今後、このリチウムイオン二次電池は エコカーと呼ばれる自動車などの交通機関の動力源として実用化も進んでおり、今後さらに重要な役割が増えていく見通しです。 スポンサーリンク 吉野彰の経歴 吉野彰の学歴や経歴、職歴をまとめてみますと、 【学歴】 出身高校:大阪府立北野高校(偏差値76) 出身大学:京都大学工学部石油化学科(偏差値65) 出身大学院:京都大学大学院工学研究科 【職歴】 1972年:京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了 1972年:旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社 1994年:(株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長 1997年:旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長 2003年:旭化成フェロー就任 2005年:論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得 2005年:旭化成(株)吉野研究室 室長 2017年:名城大学大学院理工学研究科 教授 2019年:ノーベル化学賞を受賞 エリート中のエリートで今回のノーベル化学賞も取るべくして取った賞な気もします ノーベル賞を受賞する前に取った賞も調べてみました。 まずは年収の方から 吉野彰は現在、 名城大学大学院理工学研究科 教授の肩書きを持っています。 私大教授の平均年収を調べてみると、 有名な人で年収2000万円だそうです。 今回のノーベル賞受賞によって、たとえ今が年収2000万円以下だとしても今後年収2000万円に行くかもしれません。 そして、ノーベル賞の賞金についても調べてみました 過去10年間ほどのデータをみてみると、 平均900万スウェーデン・クローナ 日本円にして 1億円前後ということがわかりました。 となると、吉野彰の年収は今後右肩上がりになることが予想されます。 私の予想としては、年収5000万円にもなる勢いなのかなあと思います。 どっちにしろ、これからメディアでも活躍してほしいなあと思います。 スポンサーリンク まとめ それでは今回吉野彰についてまとめてみました。 京大出身で名城大学の教授が受賞されたということで、地元はかなりの盛り上がりを見せていることだと思います。 年収についても、平均は2000万円だけど、これから5000万円以上にまでもらえるのではないかと予想しています。 これからの日本が明るいですね!! それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

次の