カイワレマン。 ドラゴンボールZ_RPG(仮)/敵の情報

栽培マンとは (サイバイマンとは) [単語記事]

カイワレマン

目次一覧• サイバイマンとは? サイバイマンはサイヤ人編で登場します。 種を土に埋めて、育つと生まれる人工生物戦士です。 体色は緑色です。 人工生物なので、人間のような高度な知能はありません。 ですがサイヤ人たちの言うことに従うので、命令に従い殺戮に専念するようプログラムされているのでしょう。 基本的に使用する技は、頭から硫酸を放出する技と自爆の2つです。 やはり人工的に作られたので機能的にあまり優れていないのだと思われます。 サイバイマンの戦闘力と強さは? Sponsored Link 作中でサイバイマンの戦闘力は1200と言われています。 ナッパが「いい土だ、いいサイバイマンが育つぜ」と発言をしていました。 このことから土の良し悪しによって戦闘力が変わってくる可能性があります。 自国の良質な土だとどれくらいの強さのサイバイマンが生まれるのかが気になりますね。 サイヤ人編では6体が悟空側の戦士達と戦いました。 戦績は、天津飯にボロ負けしたのが1体、ピッコロに瞬殺されたのが1体、クリリンに倒されたのが3体、ヤムチャに自爆したのが1体です。 一般人を制圧する量産型兵器としては充分機能するのでしょう。 ですが作中に登場する戦士たちを相手にするとなるとサイバイマンは強いとは言えないでしょう。 サイバイマンの色違いも存在する? そんなサイバイマンには色違いが存在すると言いますが、はたして本当なのでしょうか。 実は色違いとは、ドラゴンボールのゲームに登場するサイバイマンと同じ容貌をしている派生キャラクターたちのことを指します。 全部で5体います。 まず1体目は、カイワレマンです。 体色は水色です。 派生キャラクターの中では最も弱いです。 その戦闘力はゲームによって異なります。 『強襲! サイヤ人』での戦闘力200、『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』での戦闘力238と338、『ドラゴンボール改 サイヤ人来襲』での戦闘力938です。 2体目はキュウコンマンです。 体色はオレンジ色です。 こちらも戦闘力はゲームによって異なります。 『強襲! サイヤ人』での戦闘力350、『超サイヤ伝説』での戦闘力は326と426、『サイヤ人来襲』での戦闘力1150です。 3体目はコピーマンです。 体色は黒色です。 『超サイヤ伝説』での戦闘力は1000です。 4体目はテンネンマンです。 体色はピンク色です。 こちらも戦闘力はゲームによって異なります。 『超サイヤ伝説』での戦闘力は2200と2400、『サイヤ人来襲』での戦闘力1220です。 5体目はジンコウマンです。 体色は灰色です。 『超サイヤ伝説』での戦闘力は4400と4800です。 しかし『サイヤ人来襲』での戦闘力1250と格段に下がっています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 まとめると、 ・サイバイマンは緑色の体色をした人工生物戦士 ・サイバイマンの戦闘力は1200。

次の

ドラゴンボール改 サイヤ人来襲 <超非公式> 戦闘力

カイワレマン

解説 漫画『』「」に登場する、種を土に埋めると数秒で育つインスタント戦士。 作中ではとが来襲時に使用。 6体が使われ、うち1体は実力では負けたもののでを倒している。 種を植える際ナッパが「いいだ、いいサイバイマンが育つぜ」のような発言をしており、1200は理論上の最大値で土の質が悪いとは落ちるのかもしれない。 やの下級戦士程度の力と命令を理解する程度の知能はあり軍事的に利用価値はありそうなのだが、その後の「」には登場せずフリーザ軍内では普及していないようである。 使われ方から見ても短時間で枯れるなど使い捨ての仕様になっているかも知れないが、作中ではその前に全滅したので詳細は不明。 自爆はあくまでも最終手段として使われており、他にも頭を割って中からを飛ばしたりもする。 アニメでの扱い アニメ『』オリジナル描写では、幼少期のベジータのスパーリング相手として登場するもあっけなく殺されていた。 アニメ『』では地獄から復活して大量発生するが、の活躍によって倒される。 彼らとは初対面であると曰く『 みたい』と言う事で気持ち悪がれた。 ゲームでの扱い 放送当時発売されたソフト『強襲! サイヤ人』にて初出演。 色違いのザコキャラクターも複数登場した。 に発売された『ドラゴンボールZ』ではに初登場するも、プレイ不可の敵キャラとしてストーリーモードのみに登場していた。 『Z2』も同じくストーリーモード専用の敵キャラとして登場していたが、人造人間編ではによって、色違いでありながらも復活させた。 ただし名前はサイバイマンとそのままであるため、上記の『超サイヤ人伝説』とは一切無関係である。 『Z3』ではと供に新たにプレイ可能のキャラとして登場するが、一度倒されると 次のサイバイマンが登場すると言う交代制システムとなっており、3体1組である(その分1体当たりの体力は少ない)。 これはこの作品のみで、『Sparking』や『レイジングブラスト』シリーズでは1体のみとなった。 また『Z3』ではヤムチャに対して「自爆」が成功すると、どんなに体力があっても一撃で倒せるという隠し要素がある。 『Sparking』のIfストーリーでは、フリーザに立ち向かうサイヤ人軍の一員として登場し、雑魚敵でありながらもフリーザを自爆で倒せると言うシュールな攻略法があり、さらにそのエンディングでは自爆でクリリン、天津飯、餃子までも殺害している。 『Sparking! NEO』のIfストーリー、を主人公にした『 運命の兄弟編』では、ラディッツが不良品を掴まされてしまったために、挙動不審になった事でで彼に自爆した事がある。 だがこの自爆のおかげでラディッツはになったと言う。 『タッグバーサス』のIfストーリーでは主人公として登場し、誕生した サイバイマンの中では唯一に目覚めた者として活躍するという無理がありすぎる内容で捨て駒扱いにされるのを嫌気にさし、自由に生きたがる意志で他のサイバイマンやナッパを裏切り、と供に戦う。 最後にナッパの攻撃から悟飯を庇うという 本来がいるべきポジションをかっぱらった行動を取り、敵であった自分を受け入れてくれた悟飯にしながら散った。 元々人語を話せないために悟飯から『 チンプンカンプン』と言われながら言葉を通じなかったが、味方してくれた事から悟飯から『サイバイマン さん』と敬意に呼ばれるなどゲームスタッフからかなり重宝され、その後もナッパとセットで登場するなど実質ゲームスタッフのお気に入りのキャラである。 『』ではサブミッションで敵キャラとして登場する事が多いが、あるミッションでは誕生した瞬間、と同じ性能を持っているからか、主人公と目が合ったために主人公を主と判断し、仲間になる事が出来る。 特に同じ自爆能力を持っている関係か、との相性が抜群で、EXフュージョンで チャオマンに変身する事が出来る。 他にも敵キャラの中では、栽培マンが合体して大きくなった姿である、設定の サイバイキングというキャラが登場する。 格闘ゲーム内におけるヤムチャとの立会い会話にて、ヤムチャは彼に自爆された経験から相当なトラウマ意識を持っている様子。 特に『タッグバーサス』の対戦ではヤムチャと組むと、『まさかお前とタッグを組むとはな…』と苦手意識を持ちながら言われた事がある。 しかし『フュージョンズ』や『ゼノバース』ではそのトラウマから克服するため、栽培マンとのリベンジに成功を果たした。 外部出演としては『』にもザコ敵として登場。 ゲームの進行具合によっては 他作品のキャラのいる町の周辺に出てきたりするので、そこにツッコミが入ったりも。 派生キャラクター 各種ゲームソフトに登場した色違いのキャラクター達。 カイワレマン の栽培マン。 いずれのソフトでも、系統中最弱である。 初出演作『強襲! サイヤ人』では戦闘力200。 必殺技はダメージと同時に防御力低下の効果を与える痺れ液(敵の動きを封じるわけではない)。 用RPG『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』でも最弱のザコ敵としてにのみ出現する。 こちらでの戦闘力は238と338で、必殺技を使用できない代わりに高確率で連続攻撃を行う。 用ソフト『ドラゴンボール改 サイヤ人来襲』では戦闘力938。 キュウコンマン 体色は色。 カイワレマンの上位種。 初出演作『強襲! サイヤ人』では戦闘力350。 必殺技はエネルギー波。 『超サイヤ伝説』での戦闘力は326と426で、地球にのみ出現。 イベントでは地上に降りてきたを4体掛かりで襲っていた。 必殺技はやはりエネルギー波。 『ファミコンジャンプII』にも栽培マンの唯一の色違いとして出演しているが、同作でのみ栽培マンより強く設定されている(戦闘力7000。 なお栽培マンは4200になっている)。 『サイヤ人来襲』では戦闘力1150で、カイワレマンと栽培マンの中間に戻った。 コピーマン 体色は。 『超サイヤ伝説』が初出演作。 戦闘力は1000だが、必殺技としてプレイヤー側のキャラの誰かにすることができる。 イベントではや第1形態に擬態して影武者を務める個体もおり、人語も喋る。 またネイルに擬態して本物を襲撃している個体も登場する。 テンネンマン 体色は。 初出演作『超サイヤ伝説』での戦闘力は2200と2400。 ナメック星でザコ敵として出現する。 エネルギー波・連続エネルギー波に加え、本家栽培マン同様自爆も使用できる。 『サイヤ人来襲』では戦闘力1220で、やはり栽培マンより強い。 ジンコウマン 体色は。 初出演作『超サイヤ伝説』での戦闘力は4400と4800で、栽培マン系の中では最上位種である。 ナメック星でザコ敵として出現する。 エネルギー波・連続エネルギー波に加え、2人に分身して同時攻撃を行う「ダブルアタック」という技も持つ。 『サイヤ人来襲』では戦闘力1250で、やはり系統最強である。

次の

強 カイワレマン【速】天下一メダルで交換 順位評価・データ

カイワレマン

ラディッツの戦闘力が1500だというのは、原作中では言及されていない。 ベジータ戦の頃にジャンプ本誌に付いてた付録カードが初出 ナッパの4000もそう。 鳥山先生的には、ラディッツの戦闘力は1200とちょっとぐらいのつもりだったのかも。 -- 名無しさん 2014-03-17 21:09:58• タグがヤムチャに対して酷すぎてネタでも笑えない -- 名無しさん 2014-03-18 00:38:29• もしそんだけなら悟飯の体当たりで腹に穴空いてたぞきっと -- 名無しさん 2014-03-18 01:09:42• でも1330のピッコロで穴開けられたよ。 -- 名無しさん 2014-03-24 19:43:44• 因みに怒りの悟飯は1306ね。 -- 名無しさん 2014-03-24 20:18:13• -- 名無しさん 2014-03-24 20:31:16• ヤムチャの油断と力だけに頼らない栽培マトンの戦い方のシナジーの結果だと思います。 -- ビギナー 2014-03-25 00:45:09• マトン…?羊の肉か…? -- 名無しさん 2014-03-25 00:47:30• -- 名無しさん 2014-03-25 02:52:40• 天津飯が新気功砲でセルを抑えているから、技の特性、っていうのはあると思う。 -- 名無しさん 2014-03-25 10:34:02• ファミコンの強襲サイヤ人には、カイワレマンとキュウコンマンという下位種が登場。 SFCの超サイヤ伝説では、コピーマン・テンネンマン・ジンコウマンという上位種も登場。 で、DSのサイヤ人来襲ではコピーマン以外がまさかの再登場。 全員栽培マンより弱くなってたけど。 -- 名無しさん 2014-03-25 17:52:15• そもそも残り四体やナッパベジータとの戦いを視野に入れてた 省エネ仕様だった +足を止めずに撃ったヤムチャの攻撃と、怒りで全力かつ足を止めて貯めながら撃ったクリリンの攻撃が同条件で比較されたり、先に戦った天津飯も倒し切れて無いのに目線を切って自爆を食らう可能性が有った。 って点を無視される辺り、ヤムチャの扱いがどういう物か良く解る -- 名無しさん 2014-03-25 18:43:08• クリリンがキレてこいつらを3体も倒さなきゃ、悟空が来るまでの時間をもっと稼げたろうに…と思ったけど、その後ベジータが3時間も待ってくれたのに来なかったから、結局同じだわ。 -- 名無しさん 2014-03-25 21:22:35• ベジータ戦中にジャンプ本誌に付属したカードで、Z戦士達の当時の戦闘力が明かされたが、天さん1830、クリリン1770、ヤムチャ1480、餃子610だそうな これらの数値は大全集にも引用された。 …でもピッコロが3500になっているのは高すぎるような気もする…。 -- 名無しさん 2014-04-02 00:43:24• マーズアタックが元ネタかな? -- 名無しさん 2014-11-20 01:50:33• 栽培マンって即席で作れてしかもパワーだけならラディッツに匹敵するとか何のためのラディッツだと思いたくなるな。 -- 名無しさん 2015-01-27 19:24:44• 作中のサイバイマンは地球の恵まれた土壌から生まれた「いいサイバイマン(byナッパ)」だし、平均的なサイバイマンは地球産より弱い可能性が高い。 ラディッツ並みのパワーが出せる状況はあまりないのでは -- 名無しさん 2015-01-27 19:43:34• スカウターを外していたナッパが「栽培マンは1200」と言っている =地球産の栽培マンの戦闘力は測っていない。 だから平均的な栽培マンこそが1200じゃねーの? -- 名無しさん 2015-01-27 21:09:13• その理屈を言うならナッパが言った数値は栽培マンを使うに適した環境でのカタログスペックって理屈の方が通るだろうな。 -- 名無しさん 2015-01-28 02:11:54• ラディッツの立場がなくなると言われてるけど、理性的に行動できるってかなり重要よ。 ナッパだってベジータに「派手にやり過ぎると高値で売れなくなる」って怒られてるし、いかにも知能の低そうな栽培マンがそんなことを考慮して戦えるとは思えん。 元ネタはマーズアタックの火星人かな -- 名無しさん 2015-12-12 17:01:08• ラディッツは栽培マンよりは戦闘の経験や知識もあるし、月があれば大猿になれるから、栽培マンよりは役に立つ -- 名無しさん 2015-12-12 18:22:28• っていうか、ネタにされてるけどコイツとヤムチャの戦闘は、無印の悟空vsピッコロを遥かに超えたレベルの闘いなんだよな -- 名無しさん 2015-12-12 21:16:05• ドラゴンボールSD(原作をネタにしまくりつつ原作の話をやるギャグ)でも出てたな。 悪役時代のヤムチャを撃退できそうな何かに変身しろって言われたウーロンが咄嗟に変身して、栽培マン状態のウーロンを見たヤムチャが発作を起こして失神するという最低(褒め言葉)のメタネタw -- 名無しさん 2015-12-12 21:29:27• 結果は相討ちだけど、ヤムチャが油断していた所に背後から不意打ちしたからであって、その前の戦闘では終始ヤムチャが圧倒していた。 公式でも当時のヤムチャは戦闘力1480で栽培マンより明確に上。 -- 名無しさん 2016-02-05 00:43:25• そもそもフリーザの遠征に同行した兵士の戦闘力は、1500に上げた悟飯・クリリンに一撃で倒され3000に上げたナメック星人3人に20人近くの兵士が全滅寸前になっていることから1000あるかどうかくらいだと推測できるわけだから、栽培マンの戦闘力 1200 はフリーザ軍全体から見ても相当上のレベルではなかろうか とすると、ラディッツが発した「俺は一流の戦士」というものもハッタリではないともいえそうだ 明らかに強いフリーザやベジータがいるのにこんなことを言うのもどうかとは思うが -- 名無しさん 2016-08-25 14:26:37• そういえば自爆でヤムチャを殺害したけれど、これって何が死因なの?どこも欠損していなかったけれど -- 名無しさん 2016-08-30 23:58:50• 内臓破裂とかじゃないかね -- 名無しさん 2016-10-09 17:49:05• いつかDBモバイルの栽培マン系と戦いたい -- 名無しさん 2018-11-06 18:56:57.

次の