梅田 サイファー 歌詞。 トラボルタカスタム feat. 鋼田テフロンの歌詞・楽曲情報

PULP : KZ(梅田サイファー)

梅田 サイファー 歌詞

概要 [ ] 2007年5月、ラッパーのふぁんくが、「もっとラップがしたい」という思いから、毎週土曜日の夜に、梅田駅のとを繋ぐで、友人たちと開始したサイファーが発祥。 やなどのを通じて、次第に参加者が増加し、をはじめ、多くのメンバーがの大会で優勝や好成績を残したことにより、注目されるようになったが、当初は、不良でもなく、ストリートやクラブ文化とも馴染みのない梅田サイファーは、「ヒップホップではない集団の代名詞」として、大阪のシーンから忌み嫌われる存在であったという。 現在は、歩道橋でのサイファーは基本的に開催されていないが、主要メンバーはヒップホップグループ「梅田サイファー」として、音源発表やライブ活動を精力的に行っている。 ただし、そのスタンスはあくまでもサイファーであるため、一般的なグループやクルーのような固定メンバーや上下関係はない。 主なメンバー [ ]• ふぁんく• KBD a. 古武道• peko(、)• KOPERU• KennyDoes a. ドイケン• ILL SWAG GAGA• タマイコウスケ a. たまこぅ• テークエム()• OSCA a. コマツヨシヒロ(Japidiot)• tella a. GeckoTribe(Japidiot、)• 鉄兵(Japidiot、WeLaWorks)• SPI-K• たぅりん• コーラ• MCりぼん• ラード• ペッペBOMB ドリームフィニッシュ [ ]• ネピア• ヤス八番 「ドミニカ共和国出身で、2年に1度ほどの頻度で予防注射のために来日し、梅田サイファーの一員としてライブや音源に参加する」という触れ込みのユニットで、テレビでは一切放送できないほど下品なラップをする。 また、メンバーのネピア、ヤス八番は、それぞれKBD、たぅりんによく似ている。 ディスコグラフィ [ ] 項番 発売日 タイトル 規格番号 レーベル 収録曲 備考 1st 2016年4月20日 See Ya At The Footbridge DFBR001 DFBR• What's 韻!? COLOR feat. Umeda Cypher's Delight ver. 2 DFBR002 DFBR• New Basic Case. New Basic Case. トラボルタカスタム feat. 2019年10月19日 ラジオ [ ]• HATCH(Japidiot) - 梅田サイファーメンバーの古くからの友人であり、「Japidiot」のDJ。 デザイナーとして、メンバーの作品のアートワークなども担当。 Cosaqu - ラッパー、トラックメイカー。 HATCHと同じく、メンバーの古くからの友人。 「Never Get Old」以降、トラック提供やエンジニアリングなどで制作に参加。 脚注 [ ] [].

次の

梅田サイファー/NEVER GET OLD

梅田 サイファー 歌詞

毎週土曜日の夜、梅田阪急と梅田阪神を繋ぐ歩道橋にて、もう何年も行われている フリースタイルラップ、即興ラップでのコミュニケーションの場「梅田サイファー」 今回サイファーの常連とも言える面々の人生の転機が度重なり 今現在のメンツで、一度記念になるものを作ろうとなった経緯を経て、 「梅田サイファーアルバム」が2013年12月に発売される 参加アーティストにはB-BOY PARK 2009 U-20 MC BATTLE優勝後、 KEN THE 390主宰DREAM BOY所属として活動するKOPERUや ULTIMATE MC BATTLE 2012にて優勝したR-指定を始め サイファーを始めた頃には考えられなかった数のタイトルやライブで全国に名を轟かすMCが枚挙する 全曲新曲録って出し シリアスからえぐめの下ネタまで揃えた珠玉の13曲 「See Ya At The Footbridge」 1. Intro Words by:ふぁんく,KZ,たぅりん,KBD,Kenny,R-指定 Beats by :7次元 from EATMIC 2. マイ・バック・ページス Words by:Scaffold KZ,ふぁんく Beats by:dio j 3. Black Pepper Mill Words by:Japidiot MC's コマツヨシヒロ,テークエム,tella,鉄兵 Beats by:dio j 4. ドリームフィニッシュ2 Words by:ネピア,ヤス八番 Beats by:Abratic Cut by:DJ HAMAYA 5. Eat You Up Words by:Kenny Does,テークエム,KOPERU Beats by:dio j 6. What's 韻?! Words by:KBD,コマツヨシヒロ,Ray,KZ,R-指定 Beats by:DJ HAMAYA 7. Inner Flame Words by:ふぁんく,たぅりん Beats by:dio j 8. ユーモア Words by:ふぁんく Beats by:dio j 9. COLOR Words by:FUNHOUSE テークエム,ペッペBOMB ,Kenny Beats by:dio j 10. テレフォンショッキング Words by 旧コッペパン R-指定,KOPERU,たまこぅ,ペッペBOMB Beats by:dio j 11. 25 Words by:KZ and doiken,We La Works tella,鉄兵 beats by dio j 12. 分岐点 Words by:ふぁんく,KZ,たぅりん,KBD,Kenny,R-指定 Beats by:dio j 13. Umeda Cypher's Delight Words by:梅田サイファーMC's Beats by:dio j.

次の

梅田サイファー/NEVER GET OLD

梅田 サイファー 歌詞

「マジでハイ」のPV見ましたか。 かっこよすぎじゃないですかね。 こんな格好良いPV挙げられたらCD買っちゃう。 梅田ー、全然知らないけど。 いつの間にかでもでも売ってた。 発売日前にはどっちにも無かったからCDにしたのに。 ショック。 でもCDは帯等が楽しめて良い。 CD帯 CD帯。 「これがクラシックじゃなきゃ、何がクラシックやねん。 」 この帯の裏にがあって、に飛ばされる。 CDケース内側 CDケース内側。 映画「シャイニング」のワンシーンのオマージュ。 「All work and no play makes Jack a dull boy 仕事ばかりで遊ばない、ジャックはいずれ気が狂う 」と延々とこの文章がタイプされた原稿用紙の束で主人公ジャックが狂ってしまったことが分かるシーン。 ラップばっかやって狂ってる 褒め言葉 人達のアルバムに記載されてるのは回りくどい皮肉なのかなーでもこの人達ラップが仕事だからなぁ。 「-A」全年齢向けで暴力表現が無いという「OSAKA ANZEN UNTEN」と似たような揶揄か。 マジでハイな「マジでハイ」 マイクリレー オブ マイクリレー。 ふぁんくとドイケンのこれが気持ちいいフロウですよと言わんばかりのバース、KBDの「未だ幕開け第一楽章 派手にこけたって大地がクッション 」、R-指定の「カ様の直訳とちゃうぞどちゃくそした土着信仰」というした。 ライム、フロウ、と三拍子揃った「聴かせる"日本語"ラップ最高峰」。 6分が短すぎる。 全員2周、3周リレーして20分弱の長さでも全く構わない。 PVが見たいOSAKA ANZEN UNTEN 「Kawasaki Drift」のパク ryもといオマージュの「OSAKA ANZEN UNTEN」。 初っ端からのとの大阪ストラットのサンプリングから始まる。 ビート、Hook、ドイケンのフロウの乗せ方とか色々「Kawasaki Drift」意識しているんだろうけど、どこからどこまでが寄せててどこから寄せてないのかが細かいところまで分からない。 全体的な韻の置き方とかも元ネタっぽい気もするしそうでないような気もする。 R-指定の「トランクから」はT-Pablowの「少年AからSUPERSTAR」に寄せてるのは分かる。 後はわからん。 誰か教えて詳しい人。 KennyDoes a. 楽曲の参加数から、この二人がアルバムの中心だろうと察せられる。 表題曲がドイケンのソロだしドイケンに関しては間違いなさそう。 その中でも一番二人の魅力が感じられたのは「ゼンボー・レノン」 "全部俺の"の意。 のようなビートの上に、トリッキーでフワフワしたフロウのふぁんくで始まり、固い韻のKBDが間に入り、早口で気持ちいいフロウのドイケンで終わる。 二人のファンには堪らないし、聞けば二人のファンになる楽曲。 この一曲の盛り上がり構成とアルバムの楽曲構成が似ているような気がする。 でアガるテンション指数、沸々とした重い思いで終わるアルバム 「マジでハイ」からマックスのテンションから始まり、「ゼンボー・レノン」「OSAKA ANZEN UNTEN」でちょっと落ち着いたテンションをまたアゲて、「決意」「Never Get Old」と落ち着いたテンポのビートから、タイトル通りの重い決意表明のような落ち着いているが沸々としたリリックで締められている。 特に「決意」のHookの「ケツに火をつけ Go! 決意し続けて行動を シケたマインドじゃ空は灰色 さぁ未来を青く塗り替えろ」アルバムの曲順の大切さを久しぶりに感じた。 、では一曲一曲買えてしまうからPVや話題になっている「マジでハイ」「OSAKA ANZEN UNTEN」の2曲に絞って買う人、ライムスターの「Future Is Born」のPVでが語っているようにPVで聞けるから満足している人も知るかもしれないが、アルバムを通して感じるモノもあるので、ぜひアルバムとして購入して聞いてもらいたい。 カッコいいからホント買って。

次の