日本ユーチューバー年収ランキング。 日本ユーチューバー金持ち(年収)ランキング!お金が入る仕組みは!?|YouTuberまとめブログ

日本ユーチューバー金持ち(年収)ランキング!お金が入る仕組みは!?|YouTuberまとめブログ

日本ユーチューバー年収ランキング

Contents• 世界の長者番付ランキングTOP10 アメリカの経済誌、Forbesが毎年発表している世界長者番付。 ビリオネアとは、 資産総額が10億ドル以上の人 のこと。 日本円にしたら、 約1130億円の資産を持っている大富豪となります。 2017年の発表では、ビリオネアの数は 2043人。 番付史上はじめて、2,000人を超えました。 注目されたのは、過去23年間で17回もトップにランクインしている ビル・ゲイツが18回目のトップに躍り出たこと。 資産総額は、2016年の750億ドルから 860億ドルに増えています。 年間での資産増加率が著しかったのは、アマゾン・ドットコムの ジェフ・ベゾス。 番付では3位に躍り出て、昨年から2位上昇しています。 以下に、わかりやすくTOP10を紹介していきます。 氏名 資産総額 企業名 1位 ビル・ゲイツ 860億ドル マイクロソフト社/米国 2位 ウォーレン・バフェット 756億ドル バークシャー・ハサウェイ/米国 3位 ジェフ・ベゾス 728億ドル アマゾン・ドットコム/米国 4位 アマンシオ・オルテガ 713億ドル ザラ/スペイン 5位 マーク・ザッカーバーグ 560億ドル フェイスブック/米国 6位 カルロス・スリム・ヘル 545億ドル 通信事業/メキシコ 7位 ラリー・エリソン 522億ドル ソフトウエア事業/米国 8位 チャールズ・コック 483億ドル 複合事業/米国 9位 デービッド・コック 483億ドル 複合事業/米国 10位 マイケル・ブルームバーグ 475億ドル ブルームバーグ/米国 前年は2位だった、衣料品大手企業ザラのアマンシオ・オルテガ氏は、周囲に押されて4位に転落。 代わりに2位を奪還したのは、ウォーレン・バフェット氏です。 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は、初の5位にランクイン。 かつては世界一の大富豪だったカルロス・スリム・ヘル氏は、6位に転落しています。 10以内には入っていないものの、 2017年は中国からのランクインが最多。 中国の景気を思わせる出来事で、 アメリカ人の 3倍もの人数がランクインしています。 ただし、全体的に見て、 40歳未満のビリオネアの人数は減少傾向にあります。 若い力の出現は、これからが楽しみになってくるのかもしれません。 また、女性起業家のランクインは、15名でした。 10位よりランクは落ちてしまいますが、 日本人でランクインしている人物も複数名います。 例えば、ソフトバンクの 孫正義氏は212億ドルで 34位。 ファーストリテイリングの 柳井正氏は、159億ドルで 60位にランクインしています。 年収世界一を誇る人物は毎年接戦ですが、日本人ではなかなか太刀打ちできない規模の資産を持てるのはさすが。 世界の最高経営責任者を知る機会でもあり、毎年チェックしておきたいランキングです。 ユーチューバーは広告契約料で収入を得ているようなものですが、インターネット上で世界を股にかけて稼げるのがメリット。 ただ単にゲームをしていたり、歌を歌ったりするだけで億の単位のお金を稼いでいるのが、ユーチューバーのアメリカンドリーム的なところです。 世界のユーチューバーの年収ランキングTOP10について、見てみましょう。 ユーチューバー名 年収 1位 ピューディパイ(PewDiePie) 1,500万ドル 2位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood) 800万ドル 3位 リリー・シン(Lilly Singh) 750万ドル 4位 スモッシュ(Smosh) 700万ドル 5位 タイラー・オークリー(Tyler Oakley) 600万ドル 5位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino) 600万ドル 7位 ジャーマン・ガルメンディア(German Garmendia) 550万ドル 7位 マーキプライヤー(Markiplier) 550万ドル 9位 コリーン・バリンジャー(Colleen Ballinger) 500万ドル 9位 レットアンドリンク(Rhett and Link) 500万ドル 1位のピューディパイは、2年連続のトップ。 ビデオゲームをする自分の姿を公開してのランクインです。 日本円で 約17億円も稼いでいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10 アスリートも、世界的な活躍をするようになると、高収入を得ることが可能。 スポーツ選手やサッカー選手、バスケットボール選手など、チームとの契約料で業界別世界一の年収を得ている人物もいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10、2017年版を見てみましょう。 選手名 スポーツ 年収 1位 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 9300万ドル 2位 レブロン・ジェームズ バスケットボール 8620万ドル 3位 リオネル・メッシ サッカー 8000万ドル 4位 ロジャー・フェデラー テニス 6400万ドル 5位 ケビン・デュラント バスケットボール 6060万ドル 6位 アンドリュー・ラック アメリカンフットボール 5000万ドル 6位 ローリー・マキロイ ゴルフ 5000万ドル 8位 ステフィン・カリー バスケットボール 4730万ドル 9位 ジェームズ・ハーデン バスケットボール 4660万ドル 10位 ルイス・ハミルトン モータースポーツ 4600万ドル 気になる日本人では、テニスの 錦織圭選手が 26位にランクインしています。 年収は、 3390万ドルです。 世界のアーティスト年収ランキングTOP10 アーティストにもいろいろな種類があり、画家などの芸術家もいれば、音楽家もアーティストと呼ばれています。 ここでは、ミュージシャンとして年収世界一を得ている人達のランキングTOP10を紹介します。 曲がヒットするだけでなく、CMなどにも登場し、企業ブランディングに大きく貢献しているのが、年収世界一につながっています。 マドンナが4位に食い込んでいるのは、直近のツアーで大きな売上を上げたため。 ブランド広告にも登場し、年収を上げています。 生涯収入ランキングTOP10 Forbesでは、スポーツ選手の 生涯収入ランキングも発表しています。 意外なことに、引退しても、世界レベルで活躍していたスポーツ選手は、生涯年収がトップランク。 世界の凄さを思い知らされ、往年のスポーツ選手が生涯収入ランキングのトップランクを占めていることに感動させられます。 早速、スポーツ選手の生涯収入ランキングTOP10を見ていきましょう。 選手名 スポーツ 生涯収入 1位 マイケル・ジョーダン バスケットボール 17億ドル 2位 タイガー・ウッズ ゴルフ 16億5,000万ドル 3位 アーノルド・パーマー ゴルフ 13億5,000万ドル 4位 ジャック・ニクラウス ゴルフ 11億5,000万ドル 5位 ミハエル・シューマッハ F1レース 10億ドル 6位 コービー・ブライアント バスケットボール 7億7,000万ドル 7位 フロイド・メイウェザーJr. ボクシング 7億6,500万ドル 8位 フィル・ミケルソン ゴルフ 7億6,000万ドル 9位 デビッド・ベッカム サッカー 7億3,000万ドル 10位 シャキール・オニール バスケットボール 7億ドル 1位のマイケル・ジョーダンの生涯収入である17億ドルは、日本円に換算すると、なんと 約1,939億円にも上ります。 また11位には、ボクシングの マイク・タイソンがランクイン。 現役のサッカー選手として年収ランキングで1位に輝いているクリスティアーノ・ロナウドなどは、14位にランクダウンしているのが興味深いところです。 最後に 種類別の年収世界一ランキングについて、参考になりましたでしょうか。 スポーツ選手やミュージシャンなどには特別な技能が必要ですが、企業人やユーチューバーなどなら、今からでも世界一の年収にランクインできるのも夢ではありません。 ミリオネアやビリオネアを目指して、かつてないことに挑戦してみるのも、たった一度の人生ならではです。 年収世界一を見るだけでも、モチベーションが高まってきませんか。

次の

世界の大富豪年収TOP10!各ジャンルの年収ランキング世界一は?

日本ユーチューバー年収ランキング

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収の平均は、 1億938万円でした。 (トップユーチューバー50人から算出) 以前は1動画再生の単価が0. 01~0. 1円あたりではといわれていたのですが、諸説ありトップユーチューバーの方たちになっては単価は高いようで、 uuumのクォーター決算から算出してみると1再生あたり0. 2~0. 3円の間となっていました。 お給料(月収)は480万円~(100位を基準に) 最大年収は1億円以上という結果になっています。 youtuberは企業に勤めるサラリーマンのように給料をもらうのではなく、ユーチューブに動画を投稿してその再生回数に応じた広告報酬がyoutuberの収入になります。 ユーチューブの広告報酬はyoutuberによっても異なるようですが、0. 05円~0. 3円からと言われています。 ただなかには自分の年収を公開しているyoutuberも結構いて例えばスカイピースの年収は1000万円を超えているようで、youtuberで年収が1000万円を超えるにはチャンネル登録者数がこれくらいいないと難しいようです。 YOUTUBER(ユーチューバー)の業種別年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の業種別年収を調べてみました。 ゲーム実況ユーチューバーの年収:数万円~5000万円以上 KIDSユーチューバーの年収:数万円~7000万円 ガジェット・モノ紹介ユーチューバーの年収:数万円~4000万円以上 面白いことやるユーチューバーの年収:数万円~4000万円以上 youtuberの動画のジャンルもさまざまですが主にゲーム実況や子供が出演していろいろおもちゃで遊んだり、ガジェットや商品の紹介をしたり面白いことやるのが主流です。 ただyoutuberで年収1億円以上を稼ぐと言われているHIKAKINのようにゲームの実況動画チャンネルや商品紹介動画チャンネルや、面白いことやる動画チャンネルやビートボックス動画の4つチャンネルを持っている場合もあります。 同一ジャンルで圧倒的に稼いでいるのが3姉妹と末っ子の長男の4人の子供が出演している「Kan&Aki'sCHANNEL」でチャンネル登録者数は約253万人で、動画再生回数は累計で約54億3651万回で気になる 年収は約7000万円です。 ただいずれのジャンルであっても年収が数万円にも満たないyoutuberがほとんどで、年収1000万円以上を稼ぐyoutuberはほんの一握りです。 【参考】 ・ ・ YOUTUBER(ユーチューバー)収入まとめ YOUTUBER(ユーチューバー)のチャンネル別年収給料ランキング youtuberのチャンネルごとの動画再生数による年収や月収を算出してみました。 再生数で50位以内に入っていたものから算出しています。 軒並みキッズ系チャンネルの再生単価がかなり下がった(6分の1)になったというyoutuberのつぶやき等もあり年収ランキングからは外れてしまいました。 全体的なチャンネルの特徴はuuum勢が強いというのはもちろんですが、ヒゲダンやkingnhu(70位前後)などの音楽アーティスト単体のチャンネルもランキングに入るようになってきており これから芸能人などが参入することから芸能人チャンネルが伸びることが予想されます。 ランキング YOUTUBER名 月収 年収 月間再生数 1位 Fischer's-フィッシャーズ- 4630万円 5億5560万円 185199772 2位 東海オンエア 4143万円 4億9713万円 165709188 3位 HikakinTV 2324万円 2億7892万円 92974040 4位 avex 2239万円 2億6863万円 89542222 5位 日テレ公式チャンネル 1965万円 2億3575万円 78584976 6位 はじめしゃちょー(hajime) 1938万円 2億3255万円 77515573 7位 米津玄師 1731万円 2億0773万円 69243058 8位 水溜りボンド 1674万円 2億0083万円 66942878 9位 ボンボンTV 1649万円 1億9791万円 65968474 10位 HikakinGames 1567万円 1億8798万円 62661113 11位 湘南乃風 1494万円 1億7928万円 59759756 12位 Travel Thirsty 1476万円 1億7706万円 59020458 13位 ノッカーナアニメーション nokkana animation 1377万円 1億6527万円 55089197 14位 KahoSei Channel from Canada 1367万円 1億6405万円 54683555 15位 Official髭男dism 1351万円 1億6207万円 54022705 16位 スカイピース 1346万円 1億6146万円 53821236 17位 キヨ。 192万円 2315万円 ゲーム実況 34位 kougeisha 189万円 2276万円 キッズ 35位 東海オンエアの控え室 185万円 2229万円 面白ネタ、ゲーム実況 36位 釣りよかでしょう。 178万円 2144万円 面白ネタ、モノ紹介 37位 ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】 172万円 2070万円 面白ネタ 38位 キヨ。 ゲームの実況にしても面白いことやるにしてもできるだけ多くの視聴者に観てもらうために、他のyoutuberが考えないような企画を撮影方法や編集などにもこだわり動画をアップロードし続けることがyoutuberの仕事です。 最初は動画の再生回数が少なくても視聴者が増えるように、ユーチューブに撮影した動画をコンスタントにアップロードすることが大事です。 YOUTUBER(ユーチューバー)で高年収(年収1000万円以上)を稼ぐには? youtuberで年収1000万円以上を稼ぐ高年収になるには、月に平均で84万円以上を稼ぐ必要があります。 仮にユーチューブに動画を投稿してその再生回数に応じた広告報酬がワンクリックあたり0. 1円だとすれば月に平均で840万回以上の再生回数があれば、計算上は月に平均で84万円以上の広告報酬が入ってくるので年収1000万円以上を稼ぐことができます。 ただ世界中のyoutuberの動画再生回数の月平均は1000以下で、多くのyoutuberの年収は10万円以下なのでできるだけ多くの視聴者に観てもらう工夫をすることが大事です。 4つのチャンネルを持ち2017年5月の時点でチャンネルの合計登録者が約921万人で、累計再生回数が59億回のHIKAKINでさえ最初は視聴者がいませんでした。 時間は掛かっても動画をコンスタントにユーチューブに、アップすることが年収1000万円以上を稼ぐ第一歩です。 YOUTUBER(ユーチューバー)が所属している企業・職場学校法人など youtuberの多くは事務所などには所属しないでフリーランスとして活動していますが、なかには事務所に所属して活動しているyoutuberもいます。 日本国内でyoutuberの事務所として最も大きいのがUUUM(ウーム)で、「HIKAKIN」や「はじめしゃちょ」などのトップクラスのyoutuberをはじめ多くのyoutuberが所属しています。 「アバンティーズの名物食べに行っちゃうよ全国ツアー2017〜京都編〜」などのイベントの開催や、告知を行っている業界初のYouTuber向けのマネジメントプロダクションです。 YOUTUBER(ユーチューバー)になるには? youtuberになるには特に資格や学歴などは必要でなく、ユーチューブのパートナープログラムに登録すれば誰でもyoutuberになれます。 ユーチューブのパートナープログラムの登録の手順ですがユーチューブのホームページにアクセスし、「オンライン登録フォームの承認」にある「今すぐ申し込む」をクリックし必要事項に入力し「申込み内容の確認」ボタンをクリックします。 次に確認画面が表示されたならば、特に問題なければ「申込みを送信」をクリックすれば登録が完了します。 後はカメラで自分が好きな動画を撮影してユーチューブに動画をアップすれば誰でもyoutuberになれますが、youtuberとして生活するだけの収入を稼ぐことができるのはほんの一握りの人間だと知るべきでしょう。 また最近はuuumがユ-チューバーを育てるなども開設しておりそこに登録するのも近道かもしれません。 関連コンテンツ YOUTUBER(ユーチューバー)の口コミ年収 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収の口コミを取り上げています。 20代 ゲーム実況 年収280万円 居酒屋でアルバイトをしながらyoutuberとして、ゲーム実況の動画をユーチューブに投稿しています。 ユーチューブからの収入はまだまだ少ないのが現状ですが、いずれHIKAKINのようなyoutuberになるのが夢です。 30代 商品紹介や生活全般 年収350万円 つい最近までは普通のサラリーマンでしたがサラリーマン時代の月収より、ユーチューブからの収入が上回ったので今はyoutuberとして生活しています。 ただ安易にyoutuberとして稼げると考えるのは危険で、人気があるyoutuberでも収入の保証があるわけではありません。 30代 歌動画 年収12万円 たまに歌動画を上げてます。 趣味程度なので月に1万円ぐらい。 3年ぐらいやってますがやっと月に1万円です。 20代 ゲーム実況 年収100万 初めて1年でやっとファンがついてきたかな…。 エンターテイメント、クリエイティブ系職種の年収•

次の

平均年収ランキング1位~3737位の企業【2020年7月最新版】1番給料が高い会社は3109万円(日本全国・全業界)

日本ユーチューバー年収ランキング

Contents• 世界の長者番付ランキングTOP10 アメリカの経済誌、Forbesが毎年発表している世界長者番付。 ビリオネアとは、 資産総額が10億ドル以上の人 のこと。 日本円にしたら、 約1130億円の資産を持っている大富豪となります。 2017年の発表では、ビリオネアの数は 2043人。 番付史上はじめて、2,000人を超えました。 注目されたのは、過去23年間で17回もトップにランクインしている ビル・ゲイツが18回目のトップに躍り出たこと。 資産総額は、2016年の750億ドルから 860億ドルに増えています。 年間での資産増加率が著しかったのは、アマゾン・ドットコムの ジェフ・ベゾス。 番付では3位に躍り出て、昨年から2位上昇しています。 以下に、わかりやすくTOP10を紹介していきます。 氏名 資産総額 企業名 1位 ビル・ゲイツ 860億ドル マイクロソフト社/米国 2位 ウォーレン・バフェット 756億ドル バークシャー・ハサウェイ/米国 3位 ジェフ・ベゾス 728億ドル アマゾン・ドットコム/米国 4位 アマンシオ・オルテガ 713億ドル ザラ/スペイン 5位 マーク・ザッカーバーグ 560億ドル フェイスブック/米国 6位 カルロス・スリム・ヘル 545億ドル 通信事業/メキシコ 7位 ラリー・エリソン 522億ドル ソフトウエア事業/米国 8位 チャールズ・コック 483億ドル 複合事業/米国 9位 デービッド・コック 483億ドル 複合事業/米国 10位 マイケル・ブルームバーグ 475億ドル ブルームバーグ/米国 前年は2位だった、衣料品大手企業ザラのアマンシオ・オルテガ氏は、周囲に押されて4位に転落。 代わりに2位を奪還したのは、ウォーレン・バフェット氏です。 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は、初の5位にランクイン。 かつては世界一の大富豪だったカルロス・スリム・ヘル氏は、6位に転落しています。 10以内には入っていないものの、 2017年は中国からのランクインが最多。 中国の景気を思わせる出来事で、 アメリカ人の 3倍もの人数がランクインしています。 ただし、全体的に見て、 40歳未満のビリオネアの人数は減少傾向にあります。 若い力の出現は、これからが楽しみになってくるのかもしれません。 また、女性起業家のランクインは、15名でした。 10位よりランクは落ちてしまいますが、 日本人でランクインしている人物も複数名います。 例えば、ソフトバンクの 孫正義氏は212億ドルで 34位。 ファーストリテイリングの 柳井正氏は、159億ドルで 60位にランクインしています。 年収世界一を誇る人物は毎年接戦ですが、日本人ではなかなか太刀打ちできない規模の資産を持てるのはさすが。 世界の最高経営責任者を知る機会でもあり、毎年チェックしておきたいランキングです。 ユーチューバーは広告契約料で収入を得ているようなものですが、インターネット上で世界を股にかけて稼げるのがメリット。 ただ単にゲームをしていたり、歌を歌ったりするだけで億の単位のお金を稼いでいるのが、ユーチューバーのアメリカンドリーム的なところです。 世界のユーチューバーの年収ランキングTOP10について、見てみましょう。 ユーチューバー名 年収 1位 ピューディパイ(PewDiePie) 1,500万ドル 2位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood) 800万ドル 3位 リリー・シン(Lilly Singh) 750万ドル 4位 スモッシュ(Smosh) 700万ドル 5位 タイラー・オークリー(Tyler Oakley) 600万ドル 5位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino) 600万ドル 7位 ジャーマン・ガルメンディア(German Garmendia) 550万ドル 7位 マーキプライヤー(Markiplier) 550万ドル 9位 コリーン・バリンジャー(Colleen Ballinger) 500万ドル 9位 レットアンドリンク(Rhett and Link) 500万ドル 1位のピューディパイは、2年連続のトップ。 ビデオゲームをする自分の姿を公開してのランクインです。 日本円で 約17億円も稼いでいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10 アスリートも、世界的な活躍をするようになると、高収入を得ることが可能。 スポーツ選手やサッカー選手、バスケットボール選手など、チームとの契約料で業界別世界一の年収を得ている人物もいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10、2017年版を見てみましょう。 選手名 スポーツ 年収 1位 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 9300万ドル 2位 レブロン・ジェームズ バスケットボール 8620万ドル 3位 リオネル・メッシ サッカー 8000万ドル 4位 ロジャー・フェデラー テニス 6400万ドル 5位 ケビン・デュラント バスケットボール 6060万ドル 6位 アンドリュー・ラック アメリカンフットボール 5000万ドル 6位 ローリー・マキロイ ゴルフ 5000万ドル 8位 ステフィン・カリー バスケットボール 4730万ドル 9位 ジェームズ・ハーデン バスケットボール 4660万ドル 10位 ルイス・ハミルトン モータースポーツ 4600万ドル 気になる日本人では、テニスの 錦織圭選手が 26位にランクインしています。 年収は、 3390万ドルです。 世界のアーティスト年収ランキングTOP10 アーティストにもいろいろな種類があり、画家などの芸術家もいれば、音楽家もアーティストと呼ばれています。 ここでは、ミュージシャンとして年収世界一を得ている人達のランキングTOP10を紹介します。 曲がヒットするだけでなく、CMなどにも登場し、企業ブランディングに大きく貢献しているのが、年収世界一につながっています。 マドンナが4位に食い込んでいるのは、直近のツアーで大きな売上を上げたため。 ブランド広告にも登場し、年収を上げています。 生涯収入ランキングTOP10 Forbesでは、スポーツ選手の 生涯収入ランキングも発表しています。 意外なことに、引退しても、世界レベルで活躍していたスポーツ選手は、生涯年収がトップランク。 世界の凄さを思い知らされ、往年のスポーツ選手が生涯収入ランキングのトップランクを占めていることに感動させられます。 早速、スポーツ選手の生涯収入ランキングTOP10を見ていきましょう。 選手名 スポーツ 生涯収入 1位 マイケル・ジョーダン バスケットボール 17億ドル 2位 タイガー・ウッズ ゴルフ 16億5,000万ドル 3位 アーノルド・パーマー ゴルフ 13億5,000万ドル 4位 ジャック・ニクラウス ゴルフ 11億5,000万ドル 5位 ミハエル・シューマッハ F1レース 10億ドル 6位 コービー・ブライアント バスケットボール 7億7,000万ドル 7位 フロイド・メイウェザーJr. ボクシング 7億6,500万ドル 8位 フィル・ミケルソン ゴルフ 7億6,000万ドル 9位 デビッド・ベッカム サッカー 7億3,000万ドル 10位 シャキール・オニール バスケットボール 7億ドル 1位のマイケル・ジョーダンの生涯収入である17億ドルは、日本円に換算すると、なんと 約1,939億円にも上ります。 また11位には、ボクシングの マイク・タイソンがランクイン。 現役のサッカー選手として年収ランキングで1位に輝いているクリスティアーノ・ロナウドなどは、14位にランクダウンしているのが興味深いところです。 最後に 種類別の年収世界一ランキングについて、参考になりましたでしょうか。 スポーツ選手やミュージシャンなどには特別な技能が必要ですが、企業人やユーチューバーなどなら、今からでも世界一の年収にランクインできるのも夢ではありません。 ミリオネアやビリオネアを目指して、かつてないことに挑戦してみるのも、たった一度の人生ならではです。 年収世界一を見るだけでも、モチベーションが高まってきませんか。

次の