更年期 漢方 ツムラ。 更年期を漢方薬で|おすすめの漢方薬とその効果

更年期障害によく効く漢方薬、症状別10選!!

更年期 漢方 ツムラ

更年期障害に効果のある漢方薬 スポンサードリンク は、 虚弱体質で冷え症の人で唇が渇いたり、手足のほてりなどの症状がある場合の月経不順、 月経過多、月経困難、おりもの、更年期障害、神経症、不眠症、足腰の冷え、湿疹、し もやけ、などに用いられます。 は、 更年期障害、月経不順、月経困難、神経症、などで、皮膚が乾燥して色つやが悪く、か ゆみが強い、のぼせ、などの症状がある場合に用いられます。 は、 主に女性と子供の神経症、不眠症、夜泣き、ひきつけ、など、に用いられます。 は、 女性の産後の神経症や体力低下、月経不順、などに用いられます。 は、 比較的体力のある人で、めまい、のぼせ、頭痛、下腹部痛、肩こり、などの症状がある 場合の子宮内膜炎、月経不順、月経困難、おりもの、冷え症、更年期障害、肩こり、 めまい、便秘、打撲傷、じんましん、しみ、皮膚炎、皮下出血、痔出血、などに用 いられます。 は、 比較的体力がある人の月経不順、月経困難、更年期障害、手足の肌荒れ、にきび、 しみなどで、冷え、のぼせ、などの症状がある場合に用いられます。 は、 体力が比較的あり、ときにめまい、のぼせ、下腹部痛、肩こり、足の冷え、などを伴 う場合に用いられます。 は、 胃腸が弱く神経質で気分がすぐれない人の風邪の初期症状に用いられます。 は、 あまり体力のない人で、慢性に経過して症状の激しくない胃腸炎、腰痛、関節痛、 神経痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、風邪、などに用いられます。 は、 比較的体力のある人の動悸、不眠、動脈硬化、不安、高血圧症、神経症、勃起障害、 更年期障害、てんかん、子供の夜泣き、などに用いられます。 は、 比較的体力がある人の肩こり、のぼせ、めまい、不眠症、精神不安、高血圧症、動脈 硬化、脳卒中、鼻出血、痔出血、便秘、血の道症、更年期障害、月経不順、月経困難、 などに用いられます。 は、 体力中等度以上の人で、頭痛、手足のほてりなどがあり、特に手足のほてりが激しく安眠 できない場合、などに用いられます。 は、 体力がやや衰えている人で皮膚の色つやが悪くカサカサし、手足の冷えなどの症状が みられる場合の胃腸障害のない人の産後や流産後の疲労回復、月経不順、月経痛、冷 え症、貧血、更年期障害、しみ、しもやけ、血の道症、などに用いられます。 は、 体格・体力の充実した人で、頭痛、のぼせ、便秘、などの症状がみられる場合の月経異常、 月経痛、月経時の精神不安、産後の精神不安、腰痛、常習便秘、痔、高血圧の随伴症 状などに用いられます。 は、 比較的体力の低下した人で、冷え症、疲れやすい、貧血、頭痛、めまい、肩こり、動 悸、耳鳴りなどの症状がみられる場合の月経不順、月経困難、不妊症、慢性腎炎、血圧 異常、更年期障害、産前産後または流産後の障害、腰痛、つわり、痔、足腰の冷え、む くみ、しみ、にきび、などに用いられます。 は、 胃腸が弱く、体力がなく貧血、冷え症、下腹部痛、めまい、肩こりなどの場合に用いられます。 は、 体力中等度以上の人で、のぼせ、めまい、頭痛、動悸、不眠、不安、などの神経症状な どの症状がみられる場合の月経不順、月経困難、更年期障害、自律神経失調症、などに用 いられます。 は、 虚弱体質、経不順、更年期障害、血の道症、冷え症、などに用いられます。 は、 虚弱体質の女性の月経不順、月経困難、便秘、冷え症、更年期障害、虚弱体質の改善 などで、めまい、肩こり、疲れやすい、頭痛、のぼせ、不眠、精神不安、イライラ、 などの神経症状がある場合に用いられます。 は、 皮膚が乾燥し、血色の悪い女性でときに便秘の傾向がある人に用いられます。 は、 体力がなく冷え症、食欲不振、尿量減少、動悸、息切れ、神経過敏の傾向がある場合の 更年期障害、血の道症、風邪、月経不順、月経困難、神経症、不眠症、などに用いら れます。 は、 虚弱体質、経不順、更年期障害、血の道症、冷え症、などに用いられます。 は、 頭痛、風邪、月経不順や月経困難、更年期障害、などに用いられます。 は、 比較的体力がある人で、便秘、肩こり、めまい、などの症状がみられる場合の月経不順、 月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打撲、高血圧症、などに用いられます。 は、 比較的体力の低下した人で冷えが強く、疲れやすい、貧血、頭痛、めまい、肩こり、動悸、 耳鳴りなどの症状がみられる場合の冷え症、月経痛、腹痛、神経痛、慢性腎炎、更年期 障害、妊娠中のむくみや習慣性流産の予防、痔などに用いられます。 更年期障害に効果のあるツムラ漢方薬 は、 からだを温め、上半身の緊張を取り、喉の渇きを潤して、精神を安定させます。 は、 からだを温め血の巡りを良くし、余分な水分を排出しむくみを取ります。 は、 上半身の緊張を和らげ、からだを温め、血の巡りを良くし、余分な水分を排出しむくみ を取ります。 は、 からだを温め、血の巡りを良くし、余分な水分を排出し,むくみを取り、痛みを取ります。 は、 熱をさまし、充血を取り、血液の流れを良くしてからだの調子を整えます。 は、 からだを温め、筋肉の緊張を緩め痛みを取り、余分な水分を排出させてむくみを取ります。 は、 乾燥を潤しながらからだを温め血の巡りを良くし、胃の調子を整えます。 は、 血の巡りを良くし、余分な水分を排出してむくみを取り、胃の調子を整えて便通を良くします。

次の

更年期障害

更年期 漢方 ツムラ

桂枝茯苓丸はどんな人に効果がある? 桂枝茯苓丸は割とがっしりしたタイプの人の、月経や更年期に伴うさまざまな卜ラブルに対応できる処方です。 ただし、あまり便秘傾向はない人向けです。 男女を問わず、血流が悪くて目の下にクマができるような人の頭痛、肩こり、皮膚疾患に利用します。 皮膚疾患や痔、肩こりなどには比較的長期にわたって利用できる処方です。 桂枝茯苓丸桂枝茯苓丸は一時的なうっ血による頭重や肩凝りだけでなく、慢性的な血行障害にもよく効く。 外傷、打撲、手術による血流障害やうっ血にもよいです。 痔の出血や打ち身の内出血にも利用出来ます。 長時間仕事をして頭が重くなったときや、パソコンに向かいすぎて肩甲骨の辺りがだるく重くなったときなどにも飲みます。 シナモンの香りがして飲みやすい漢方薬という人がいる一方、まずくて飲みにくいという人もいます。 血流が停滞している証(しょう)を漢方で「血瘀(けつお)」証といいます。 桂枝茯苓丸は血瘀証の人に用いる処方です。 特に下焦(げしょう の血瘀に有効です。 下焦で血流が悪化すると、骨盤内でうっ血が生じ、うっ血による下腹部痛が発生します。 不正性器出血(漏下ろうげ 、月経不順などの月経異常も生じやすくなります。 また、血液や体液の流れが停滞することで、骨盤内に炎症や腫瘤が形成されやすくなり、子宮筋腫や子宮内膜症ができやすくなります。 さらに、下肢の冷えや静脈瘤、上半身ののぼせ、頭痛、肩凝りが起こりやすく、自律神経失調症、高血圧なども起こりやすくなります。 そのほか、打撲症、痔疾患、にきび、湿疹、蓴麻疹、しみ、しもやけなども見られます。 桂枝茯苓丸の適応がある血瘀証の人は、顔色がどす黒い、皮膚につやがない、色素沈着が生じやすい、唇や舌が紫色をしている、舌の裏の静脈が怒張しているといった特徴も持ちます。 この漢方薬を使う主な症状 桂枝茯苓丸は下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える場合の月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身 打撲症 、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび、目の下にクマができるようなタイプの皮膚疾患(しみ、湿疹、にきび、しもやけ などに使われる漢方薬です。 桂枝茯苓丸を使う主な症状は以下のようなものです。 君薬は桂枝で、血流を温めて流れを改善する効果があります。 桂枝と芍薬のコンビは腹痛によく、小建中湯にも見られます。 臣薬は、桃仁・牡丹皮・芍薬で、血液の停滞、うっ血、炎症を和らげ、子宮筋腫などの腫瘤を解消する役割です。 桂枝と牡丹皮の組み合わせは活血化瘀の効能を強めるもので、温経湯や八味地黄丸にも配合されています。 桃仁と牡丹皮を同時に使うことにより血瘀を解消する力が強まります。 佐薬の茯苓は、体液の流れを改善することにより、腫瘤の解消する効能を持ちます。 桂枝と茯苓の組み合わせは血液と体液の流れを改善します。 以上の生薬の相互効果により、血流を改善して炎症を緩和し、うっ血を解消して腫瘤の改善をします。 この桂枝茯苓丸の効能を「活血化癖 かっけつけお)・緩消癥塊(かんしょうちょうかい)」といいます。 癥塊は子宮筋腫などの腫瘤を指します。 桂枝茯苓丸の効果は比較的強く、停滞している血の固まりを取り除くことに効果を発揮します。 子宮を刺激するので妊婦には禁忌とされます。 桂枝茯苓丸の出典は『金匮要略(きんきようりゃく)』です。 元来は名の通り丸薬で、蜜で丸薬にして服用します。 この蜜にも効果があり、使薬として5つの生薬の鋭すぎる効果を緩和します。 貧血や生理痛が重く、毎回、生理の初日に痛みが強く、鎮痛薬を飲みます。 生理の出血に血塊が混じることが多いです。 冷え、のぼせもあります。 桂枝茯苓丸を服用し、3力月ほどで貧血の改善がありました。 生理痛も徐々に軽くなっています。 血瘀証とみて、桂枝茯苓丸を使用した例。 イライラや冷え症、ときにのぼせ、ほてり(ホットフラッシュ)があります。 肩こりやめまいもあります。 桂枝茯苓丸で約2か月後に更年期障害の諸症状の改善が見られました。 桂枝茯苓丸を使用した製品の例一覧 散剤 桂枝茯苓丸料エキス(クラシエ薬品、小太郎漢方製薬、三和生薬、ツムラ、東洋薬行、松浦薬業 、恵麗安順 ウチダ和漢薬 、モリビーシャン 大杉製薬 、療方調血顆粒 クラシエ薬品 、JPS漢方顆粒-11号 ジェーピーエス製薬 、フッケツ散 剤盛堂薬品 、桂枝茯苓湯エキス顆粒 東洋漢方製薬 、桂枝茯苓丸料エキス 一元製薬、ウチダ和漢薬、三和生薬、東洋薬行)、桂枝茯苓丸料エキス顆粒 東洋漢方製薬 錠剤・カプセル・丸 桂枝茯苓丸料エキス錠 大峰堂薬品工業、クラシエ薬品、三和生薬、ジェーピーエス製薬、伸和製薬、ツムラ、日邦薬品工業 、ケイブックN 小太郎漢方製薬 、ホノミフッケツEX錠 剤盛堂薬品 、錠剤桂枝茯苓丸(一元製薬)、ペア漢方エキス錠 ライオン)、桂枝茯苓丸(ウチダ和漢薬、阪本漢法製薬、大晃製薬、ニ反田薬品工業、日邦薬品工業 、恵婦丸 大峰堂薬品工業 、田尻300年製薬漢宝丸 田尻300年製薬)、健婦丸 栃本天海堂) 湯薬 桂枝茯苓丸料 湯)(ウチダ和漢薬、タキザワ漢方廠、東洋漢方製薬、栃本天海堂).

次の

桂枝茯苓丸の効果効能、口コミ 血行障害、高血圧、更年期障害などに

更年期 漢方 ツムラ

女性なら誰もが避けては通れない更年期。 今回は更年期を楽に乗り切るためのカラダの整え方とおすすめの漢方薬をご紹介します。 更年期は女性のカラダが大きく変動する時期 更年期は女性のカラダがとても大きく変動し、女性のカラダにとっては大きな転換期です。 しかし、ネガティブにとらえず、更年期は、新しいカラダに生まれ変わる「第二の人生のスタート」「青春の第二章」と考えてみるのはいかがですか? 漢方では、女性のカラダは7の倍数毎に大きく変化すると考えられています。 この時期は女性のカラダの要である卵巣の機能が大幅に衰え、それに伴い、女性にとってとても重要な女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。 季節の変わり目に風邪をひいたり、生理前のホルモン変化で体調を崩すなど、少しの変化でも揺さぶられてしまうほど繊細な女性のカラダにとって、更年期のこの変化はもはや嵐のようなものです。 そのため、多くの女性がこの変化について行けず、体調を崩し、さまざまなトラブルを起こしやすくなるのです。 一般的にこの時期に起こりやすいさまざまな不調を「更年期障害」や「更年期症状」と呼んでいます。 変化に対応できるかどうかは、あなたの体質が明暗を分ける!? しかし、すべての女性の更年期が辛いとは限りません。 とても辛い日々を過ごす人がいる一方で、大きな不調もなく楽に過ごす人がいるのも事実です。 このように個人差が大きいのも更年期障害の特徴です。 いったいこの違いはどこからくるのでしょう。 漢方では体質の違いが影響していると考えています。 漢方では、カラダは「気(き)」、「血(けつ)」、「水(すい)」の3つの柱で支えられていると考えられています。 (気血水について、詳しくは「」をご覧ください。 ) この気・血・水の3つの柱が太く頑丈であれば、風が吹こうが嵐が来ようが、揺らぐことはありません。 しかし、もしこの柱が傾いていたり、弱っていると、どうでしょう。 3つの柱の状態は一人一人違います。 この違いが体質の違いです。 柱の状態によって、更年期という嵐に耐えられるかどうかが決まります。 漢方では、それぞれの必要なものが不足している状態を「気虚(ききょ)」「血虚(けっきょ)」「津虚(しんきょ)」、また、流れが滞っている状態を「気滞(きたい)」「血瘀(けつお)」「水滞(すいたい)」と呼んでいます。 あなたはどのタイプ? で、さっそく診断してみましょう。 油断は禁物!時を追う毎に症状が変化する!? あなたの3本柱はいかがでしたか?いま大丈夫だったからといって油断は禁物です。 なぜなら、更年期は女性の一生の中でも3本柱がとても崩れやすい時期だからです。 更年期といわれる約10年の間、症状は一定なのではなく、年月と共に新たな症状がでたり、悪化したり、どんどん変化すると言われているのです。 初期 気の不調(気虚・気滞) 憂鬱やイライラなどの精神不安 顔が赤くなる、ほてり、のぼせなどの熱感 急な発汗(ホットフラッシュ)、頻尿など 中期 血の不調(血虚・血瘀) 動悸・息切れ、手足の冷え、手足の脱力感やしびれ、 不眠、焦燥感や不安感、高血圧、頭痛、頭重 月経の乱れなど 後期 水の不調(津虚・水滞) 悪心、嘔吐、めまい、耳鳴りなど いま症状が出ていなくても、加齢と共にこれから症状が出る可能性は大いにあります。 油断せず、いまの内から3本柱をしっかり整えておきましょう。 更年期を笑顔で乗り切ろう! 更年期の症状におすすめの漢方薬をご紹介 更年期を笑顔で乗り切るためには、気血水の3本柱がしっかりと整っていることが大切です。 柱の不具合が見つかったあなたは、いますぐしっかり修繕しましょう。 まずは生活習慣や食生活から改善しましょう。 (それぞれのアドバイスはを参考にしましょう。 )さらにしっかり整えたい!というあなたには漢方薬がおすすめです。 特に、更年期の初期では「気の柱」が崩れがちなので、「気の柱」を中心に整えてくれる漢方薬を選ぶと良いでしょう。 今回は更年期の初期におすすめの漢方薬を3つご紹介します。 乱れた気のバランスを整え、同時に過剰な熱を抑えてくれるため、イライラ、抑鬱などの精神不安を改善するだけでなく、のぼせやほてり、ホットフラッシュなどの熱症状も抑えてくれます。 また血(けつ)を補い、水の巡りを良くするなど、気血水全体を整える生薬がバランス良く配合されているのも加味逍遙散の魅力。 3本柱をしっかり整えてくれます。 更年期に限らず月経不順、月経困難症、不眠、冷え症など女性の主要な悩みに幅広く対応し、改善してくれます。 気を整え、鎮静してくれる生薬がしっかり配合されているため、不安感や恐怖感が強い、眠れないなど更年期の神経症に限らず、さまざまな神経症を改善します。 また動悸や不眠にも対応し、更年期に起こりやすい症状に幅広く対応します。 比較的体格の良い人におすすめの漢方薬です。 特に胃腸の弱いタイプにおすすめで、気と血を補う生薬がしっかり配合され、弱っている気血を整えてくれます。 不安感や悲哀感が強いなどの精神不安や神経症だけでなく、加味逍遙散同様、過剰な熱を抑える生薬も入っているため、イライラやほてりなどの熱の症状も改善してくれます。 また、貧血や寝つきが悪い、眠っても眠りが浅い、すぐ目が覚めるといった不眠症にも効果的。 幅広く改善してくれる漢方薬です。 生理時の悩みや更年期の症状、また便秘からおこる痔などの方に.

次の