耳 を すませ ば 監督。 「耳をすませば」実写化

裏設定や意外なクレームも…【耳をすませば】の都市伝説

耳 を すませ ば 監督

近藤喜文監督の傑作!『耳をすませば』とは? 『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。 柊あおいさんによって描かれた同名の漫画作品を原作とし、 近藤喜文さんが監督、 宮崎駿さんが脚本を担当して制作されました。 主人公の 月島雫は、受験を控えた中学3年生の少女。 読書が大好きな雫は、図書館の本の読書カードに 「天沢聖司」という名前が頻繁に登場することに気がつきます。 自分より先にたくさんの本を借りている彼はいったいどんな人なのだろう。 雫はその「天沢聖司」に実際に出会って恋をし、夢を追う彼に刺激されて、自身の才能を試すことになるのです・・・。 主人公 雫はこの曲の訳詞制作を通して「故郷」とは自分にとっていったい何なのかを考えます。 — アンク@金曜ロードSHOW! 校庭の傍にあるベンチに腰を下ろし、雫は夕子に 「カントリー・ロード」を和訳した歌詞を手渡します。 夕子はその歌詞に良い反応を示しますが、当の雫はまだ気に入らない様子。 そこで雫が「こんなのもつくった」と言って、夕子に見せたのが 「コンクリート・ロード」。 それは雫たちの住んでいる土地に合わせて替え歌をしたもので、「コンクリート・ロード どこまでも 森を切り 谷を埋め ウェスト東京 マウント多摩 ふるさとはコンクリート・ロード」というサビ部分を歌って、2人で大笑いしてしまいます。 来た道を急いで戻ると、そのベンチには同学年の少年・ 天沢聖司の姿が。 雫が彼の持っている本が自分のものであることを告げると、聖司はそれを手渡し、 「おまえさ、『コンクリート・ロード』はやめた方がいいと思うよ」と言って立ち去ります。 その本に挟んでいた 「コンクリート・ロード」の歌詞を読まれたことに気がついた雫は、 「嫌なやつ嫌なやつ嫌なやつ!」とかんかんに怒りながら家に戻ります。 この時の雫は、まさか彼に恋をすることになるとは思いもしなかったのでした。 雫が猫を追いかけるシーン その意味でもこの曲が本作で果たしている役割は大きく、「カントリー・ロード」はもうひとつの原作ともいうべき存在なのです。 — アンク@金曜ロードSHOW! どこかふてぶてしさを感じさせる不思議な猫が同じ電車に乗っていることに気がついた雫は、同じ駅で降りていったその猫を追いかけて走り出します。 途中で一度見失って 「あーあ、せっかく物語が始まりそうだったのに・・・」とがっかりするものの、再度その猫を見つけて、立ち入り禁止の領域にまで踏み込んで追いかけます。 実はこれ、『紅の豚』の主人公ポルコの名前です!ジブリ作品には他の作品のキャラクターや名前などがさりげなく画面に登場することがあります。 — アンク@金曜ロードSHOW! そこは天沢聖司の祖父・ 西司朗のお店で、雫は司朗からとある城で眠っていたという 大型の置き時計を紹介されます。 司朗がねじを回してその時計を動かすと、時計の腹や文字盤の部分で ドワーフの王とエルフの王女の切ない恋物語が展開されるのです。 — アンク@金曜ロードSHOW! 夕子は彼にひそかに片思いをしていたのですが、杉村から 他の男子からもらったラブレターの返事の催促をされてしまい、ショックを受けて学校を休んでしまいます。 杉村は学校帰りの雫を呼び止め、 自分は何か悪いことを言ってしまったのだろうかと相談。 雫はあまりに鈍すぎる杉村に腹を立て、 夕子は杉村のことが好きだからショックを受けたのだとハッキリ言ってしまいます。 実はずっと前から雫のことが好きだった杉村は、その場で雫に告白。 雫は動揺しますが、 杉村のことは好きだけれど友達としか見られないと返答。 自分の願いが叶わないと知った杉村は、その場から立ち去ってしまうのでした。 将来、地球屋つくる — W. Min minannnooo 杉村の告白を断り激しい自己嫌悪に陥ってしまった雫は、地球屋に向かいます。 聖司の案内でその中に招き入れられた雫は、夕陽の光が差し込む室内で、バロンと静かに向き合います。 バロンは 司朗がとても大切にしている猫の人形で、雫も一目見たときから惹かれてしまった存在でした。 雫は 「不思議ね。 あなたのことをずっと以前から知っていたような気がするの。 時々、会いたくてたまらなくなるわ」とバロンに語りかけ、夕陽が沈んでしまうまでバロンを見つめ続けます。 雫とバロンが向き合う静謐な時間、そしてバロンの瞳の美しさが魅力的なシーンでした。 しかし宮崎監督は聖司を「バイオリン職人を夢見る少年」に変更。 中学卒業と同時にイタリアのクレモーナへの修業を決心しているという強い気持ちで職人を目指す設定にしたのです。 — アンク@金曜ロードSHOW! 聖司は中学校を卒業したら イタリアに留学してバイオリンづくりを学びたいという夢を話し、まだ進路を決めていない雫を驚かせます。 雫が「じゃあね」と言って離れていこうとしたとき、聖司は思いきって雫には 詩の才能があることを話し、 「さっき歌ったのもいいけど、俺、コンクリートロードの方も好きだぜ」と話します。 その条件とは、これから2ヶ月間、イタリアにある司朗の知り合いのバイオリン工房で見習いとして働いて自分を試す、というものでした。 自分の道を決めて前へと進んでいく聖司に不安と焦りを覚えた雫は、 「私なんかバカみたい。 聖司くんと同じ高校へ行けたらいいな、なんて・・・、あはは、てんでレベル低くて嫌になっちゃうね」と素直な気持ちを吐露します。 聖司はそんな雫に、ずっと前から図書カードで雫の存在に気がついていたこと、雫より先に図書カードに名前を書くために 実は随分頑張っていたことを打ち明けます。 驚く雫に、聖司は照れを隠すように 「イタリアへ行ったら、お前のあの歌うたって頑張るからな!」と伝えるのです。 雫は涙をこらえながら 「私も・・・」と頷いたのでした。 自分の中に原石を見つけて時間をかけて磨くことなんだよ」(西司朗) さらに、ジブリ作品初となる「デジタル合成」も使用し、雫さんとバロンさんの飛翔感を最大限に表現しました。 — アンク@金曜ロードSHOW! バロンの登場する物語を書きたいと思った雫は、司朗にその許可を取りに行きます。 司朗は 「自分をその物語の最初の読者にすること」という条件をつけた上で、喜んでその申し出を受け入れます。 司朗は雫に エメラルドの原石が含まれた石を手渡します。 雫や聖司の持っている才能をその石に例えて話しながら、雫を勇気づけるのです。 柔らかな色彩の絵本のような世界の中で、頼もしく気取った調子で 「いざ、お供つかまつらん! ラピスラズリの鉱脈を探す旅に」と一礼するバロン。 よく頑張りましたね。 あなたは素敵です」(西司朗) You and Seiji are like this stone. Rough, unpolished, still natural. 不安に怯える雫は、 今すぐに読んでほしいと司朗に頼み込み、地球屋の外にある通路で司朗が読み終えるのを待ち続けるのです。 すっかり日が暮れた頃、司朗はそこで座り込んでいる雫に 「雫さん、読みましたよ。 ありがとう。 とてもよかった」と語りかけます。 物語を書いていかに自分に実力がないかを思い知った雫は、 「本当のことを言ってください!」と立ち上がります。 司朗は 荒々しくも率直で未完成なその物語を全て認めた上で、 「雫さんの切り出したばかりの原石をしっかり見せてもらいました。 よく頑張りましたね。 あなたは素敵です」と雫の挑戦を讃えるのです。 司朗のあたたかな言葉に、思わず雫は泣き出してしまいます。 差し上げます。 しっかり自分の物語を書き上げてください」(西司朗) 出ましたジブリ飯!今回は鍋焼きうどん、ジブリのご飯は、いっつもおいしそうです~ — アンク@金曜ロードSHOW! そして以前雫に見せた エメラルドの原石の入った石を手渡し、 「その石はあなたにふさわしい。 差し上げます。 しっかり自分の物語を書き上げてください」と微笑むのです。 雫は目に涙を浮かべながら「・・・はい」と頷くのでした。 その映像を見ながら作画担当者が絵を描いていく「プレスコ」という方法をとったそうです。 — アンク@金曜ロードSHOW! 「『耳をすませば』といえばこのシーン!」という方も多いのではないでしょうか? 緊張の入り混じった雫のまっすぐな声も、途中から 司朗と彼の音楽仲間2人が演奏に参加して音が華やかになっていくのもとても素敵でしたよね。 ちなみに、その音楽仲間2人の声は、スタジオジブリのプロデューサーとして知られる 鈴木敏夫さん、本作で雫の書いた小説世界の背景を担当した 井上直久さんが声を担当していたのでした。 イタリアから日本に1日早く戻ってきていた聖司は、雫に会えることを願いながら自転車に乗ってそこまで来ていたのです。 慌てて下まで降りてきてくれた雫に、聖司は 「奇跡だ。 本当に会えた!」と喜びます。 そして自分の着ている上着を脱いで、雫の肩にかけてやりながら、すぐに自転車の後ろに乗るように頼むのです。 そこは 街を一望することができる場所で、2人は朝靄に沈んでいた街が陽射しを受けて目覚めていく様を一緒に目にするのです。 聖司は雫の挑戦を何も応援できなかったことを謝りますが、雫は 聖司の存在があったからこそ頑張れたこと、自分の夢のために高校に進学して もっと勉強すると決めたことを語ります。 聖司はそんな雫に 「今すぐってわけにはいかないけど、俺と結婚してくれないか」と語りかけます。 雫は小さく 「うん」と頷き、感激した聖司は 「雫、大好きだ!」と雫のことを抱きしめるのでした。 — アンク@金曜ロードSHOW! 朝陽を見終えた2人が自転車に乗って帰る姿、映画序盤で雫が追いかけた猫の姿が描かれていることに思わずにやっとしてしまいますよね。 そしてその後半では、 夕子が杉村を待って一緒に下校する姿も! この2人の仲の進展も見られたさりげない名場面でした! 『耳をすませば』は夢と恋が描かれた名作! ここまで 『耳をすませば』の名言と名シーンをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 『耳をすませば』は、思春期の少年少女の夢や恋が描かれた名作。 ぜひもう一度ご覧になってみてくださいね! 関連記事をご紹介!.

次の

『耳をすませば』は、なぜ近藤喜文監督で作られたのか

耳 を すませ ば 監督

はの(旧名:山浦浩子)。 1子あり。 概要 [ ] 、両監督作品をから晩年までアニメーターとして支え続けた。 の『』で初めての監督を努め、次代の日本の、またを担う作家として、面でも将来を嘱望されていたが、47歳の若さで急逝した。 メリハリのあるアクションから細やかな生活芝居まで手がける高い技術と、仕事に妥協を許さない姿勢、人々を見つめる温かな眼差しは、今なお後進のアニメーターに影響を与え続けている。 経歴 [ ]• 3月31日、新潟県五泉市に生まれる。 4月、に入学、美術部に所属する。 にはのがいた。 3月、高校を卒業。 同年4月、の東京デザインカレッジ・アニメーション科に入学、、らの講義を受ける。 大塚に懇願し、同年10月1日、Aプロダクション(現:)に入社 半期下は、 、『』、『』、『』などに参加した。 12月、Aプロダクションの同僚である山浦浩子と。 9月9日、Aプロダクションがシンエイ動画へと改組、引き続き同社に所属する。 同年、に入党。 居住地のに尽力する。 7月、長男が生まれる。 6月20日、シンエイ動画を退社。 同年、に契約入社。 『』(監督:宮崎駿)、『』(監督:高畑勲)などに参加した。 、日本アニメーションを退社。 同年12月16日、へ移籍。 『』などを担当した。 9月より、日米合作劇場用アニメーション『』のをと共同で監督にあたり、12月に完成させる。 3月16日、テレコム・アニメーションフィルムを退社してに。 同年6月から8月まででした。 1月頃、日本アニメーションに契約入社。 1月、日本アニメーションを退社。 同年2月1日、『』準備のため、に入る。 引き続き宮崎駿や高畑勲の監督作品で作画スタッフとして活動する。 9月11日、スタジオジブリに入社。 、『耳をすませば』で映画監督デビュー。 結果的に生涯唯一の劇場用長編監督作となった。 、を務めた『』が最後の参加作品となった。 同年暮れにで倒れ入院。 1月21日午前4時25分、死去(享年47歳)。 の出棺の際には『耳をすませば』のである「」が流された。 次回作にはの『』のようなアニメーション作品を構想していた。 7月4日 - 8月31日、にて、「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」が開催される。 その後も副題を変えて各地で開催されている。 宮崎駿・高畑勲との関係 [ ] 前記のように、1970年代以降の宮崎駿や高畑勲の作品を作画面で支えた。 高畑が『火垂るの墓』、宮崎が『』と、長編映画を同時に制作した時期は2人の間で近藤の争奪戦が起こった。 高畑は「他は何もいらないから近ちゃんだけ欲しい」、宮崎は「近ちゃんが入ってくれないなら僕も降板する」と言ったという逸話が残っている(結局、仲裁に入ったの、宮崎は自分で絵が描けるからという助言で、近藤は『火垂るの墓』の制作に携わった)。 を茶碗に盛り付ける際、手首に付着した米粒を舐め食べる動作など高畑アニメが追求する実にリアルな描写の実現は、近藤の強く鋭い感受性あって初めて可能なものだった。 その後、再び高畑の元で『』のと作画監督を担当する。 それ以前から近藤が演出をするという宮崎との約束があったため、宮崎が企画を持ってきた『耳をすませば』の監督を任される。 『耳をすませば』の制作中に近藤と宮崎の間では何度も衝突があり、時には宮崎が演出の変更を求めたり脅すようなこともあったという。 近藤の没後、このことについて宮崎は「自分が終わりを渡してしまったようなもの」と語っている [ ]。 一方、鈴木敏夫はので、生前の近藤から「高畑さんは僕を殺そうとした。 高畑さんのことを考えると、いまだに体が震える」という言葉をとともに聞いたと述べている。 鈴木によると、葬儀の際にで関係者が待つ間、あるベテランアニメーターが「近ちゃんを殺したのは、パクさん(引用者注:高畑勲の)よね」というつぶやきを漏らし、間を置いて高畑は無言でうなずいたという。 表現 [ ] 自分の作ったならば、斜め仰向きのなどどんなにむずかしいアングルでも感じよく描いてみせた。 普通のまわりの表現でもやのやを上手く使って自由に動かして表現を作った。 口の線もただの線でなく線に表情をもたせながら、かかで基本の湾曲を定めつねにを意識していた。 しかしその意識の仕方は、顔をのような固い立体として律儀に捉えるのとは違い、キャラクターを柔軟な肉でできた生身の存在として感じ、線と動きでその「実感を出す」ためだった。 整理された線の達人であり洗練されたデザインセンスの持ち主であった。 それは『おもひでぽろぽろ』の回想編のマンガキャラクターのアレンジなどに見られる。 『赤毛のアン』では「キャラクターアニメーション」(人物の性格・ひととなりの活写)を見事に表現した。 人物 [ ] 愛称は 近ちゃん(こんちゃん)。 こんどうきぶんとも。 「こんな絵を描けたら」として、、、らを挙げている。 いずれも、市井を生きる人々の日常の姿が、静かに息づく世界を描いたである。 好きな漫画家にはを挙げている。 作品リスト [ ] テレビ [ ]• (1968年 - 1971年)動画、原画• (1971年 - 1972年)パイロットフィルム、原画、オープニング原画• (1972年)原画• (1972年 - 1974年)Aプロ班作画監督、原画、エンディング作画• (1972年)Aプロ班作画監督、原画• (1975年)原画• (1975年 - 1977年)Aプロ班作画監督、原画• ・十二支の由来(1977年)作画• (1977年)演出、キャラクター、作画、美術、背景• (1977年 - 1978年)原画、コンテ• (1978年)原画• (1978年)作画• (1979年)キャラクターデザイン、作画監督• (1980年)原画• (1981年)原画• (1981年)オープニング原画• (1984年 - 1985年)キャラクターデザイン、作画監督• (1985年)プロモーションフィルム作画監督、原画• ブリンキンズ(1985年)キャラクターデザイン• (1986年)原画• (1987年)キャラクターデザイン、原画• (1992年)監督• (1993年)原画• 「スタジオジブリ原画展」 TVコマーシャル(1996年)原画• 『火垂るの墓』放映予告 TVコマーシャル(1996年)原画• 『同【改訂新版】』、2010年3月1日。 近藤喜文『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』、1998年3月31日。 ・スタジオジブリ 責任編集『近藤喜文の仕事-動画で表現できること-』スタジオジブリ、2000年1月31日。 受賞歴 [ ]• 第13回 マネーメイキング監督賞• 2017 アニメ功労部門 顕彰者 出典・参考文献 [ ]• 編集部編『ジブリロマンアルバム・おもひでぽろぽろ』徳間書店、1991年。 高畑・宮崎作品研究所編『近藤喜文さん追悼文集 近藤さんのいた風景』、1999年1月21日。 安藤雅司・スタジオジブリ 責任編集『近藤喜文の仕事-動画で表現できること-』スタジオジブリ、2000年1月31日。 『日本のアニメーションを築いた人々』、2004年1月28日。 2003年9月7日掲載記事「アニメーター近藤喜文」 脚注 [ ]• 102 - 103• 『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』近藤喜文 1998年3月31日 徳間書店 p. 104• 『監督作品 公式ビジュアルガイド』安藤雅司インタビュー 2016年8月27日 pp. 66 - 69• 『 劇場アニメ公式ガイドブック』インタビュー 2016年10月26日• 大塚は記憶にないという。 2010年7月7日 土筆塾ブログ• 1998年1月22日朝刊35面• 機関紙『国公労新聞』第943号のインタビュー• 高畑は後年の回想の中で「近ちゃん(近藤喜文氏)を獲得することが私の最優先、いや絶対的な課題だった」と述べ、それ以外のスタッフについては積極的勧誘をしなかったと記している(「『火垂るの墓』から、はや二十四年」『アニメーション、折にふれて』、2013年、pp. 122 - 123。 初出は『 スタジオジブリワークス』、2011年)• いまでも緊張の人はほどけない」『ジブリの教科書 かぐや姫の物語』、2018年、pp. 39 - 56• 『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』近藤喜文 1998年3月31日 徳間書店 p. 56 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

2020年の『耳をすませば』!? Netflix配信長編アニメ『泣きたい私は猫をかぶる』が描く「家族」と「愛」(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

耳 を すませ ば 監督

清野菜名&松坂桃李のW主演で名作「耳をすませば」(漫画:柊あおい)が実写映画化されることが決定。 あの名作に、10年後のオリジナルストーリーも加えて製作。 撮影はこれから、2月中旬にクランクイン予定だという。 読書が大好きな中学生・雫が夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿に心を惹かれ、多くの女性たちのバイブルに。 そして1995年には、この漫画をスタジオジブリがアニメ映画化。 当時14歳、人気俳優・高橋一生が聖司役で声の出演を果たした本作は、大ヒットを記録した。 新しい「耳をすませば」が誕生 そんな様々な世代にいまも愛される「耳をすませば」が2020年、 10年後のオリジナルストーリーも加え新たに実写映画化。 原作の世界観を忠実に再現する 【あの頃(過去)】と、オリジナルで加わる 【10年後(現在)】を二重構造で描き、切なくピュアな青春ラブストーリーが誕生する。 そんな大人になったいまの雫を演じるのは、連続テレビ小説「半分、青い。 」の裕子役が話題となり、「今日から俺は!! 」、「やすらぎの刻~道」などに出演、現在放送中の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」では主演を務めている演技派女優・ 清野菜名。 雫が想いを寄せる大人になったいまの聖司を、「この世界の片隅に」「パーフェクトワールド」『娼年』『新聞記者』など話題作が続き、先日発表された主演ドラマ「微笑む人」にも注目が集まる 松坂桃李が演じる。 そんな物語を彩るキャストは後日発表予定だ。 清野菜名コメント この度、映画『耳をすませば』で、月島雫を演じることになりました。 誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、 とても嬉しく光栄に思っております。 あれから10年。 雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、 雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。 松坂桃李コメント 「耳をすませば」はアニメーション映画で何度も見た作品です。 学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。 あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。 僕もそうでした。 平川監督とは初主演の作品「ツナグ」でガチガチに緊張していた僕に ムチを打ちながら支えてくださった方。 監督のお陰で走りきることができました。 その平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、 撮影に臨みたいと思います。 監督は平川雄一朗 本作の監督は、「白夜行」「JIN-仁-」「義母と娘のブルース」『ツナグ』などを手掛け、もうすぐ公開を迎える山田涼介出演の『記憶屋 あなたを忘れない』でもメガホンをとった平川雄一朗が務める。 平川雄一朗監督コメント ストーリー 読書が大好きな中学3年生の月島雫は、同級生・天沢聖司と出会う。 最初の印象は最悪だったが、夢を追う聖司に次第に惹かれていく雫。 聖司も小説家になるという雫の夢を知り、彼女に想いを寄せ始める。 そして2人は「お互いきっと、夢を叶えよう」と誓い合う。 そして、10年の月日が流れ24歳になった雫は、出版社で児童小説の編集者になっていた。 小説家になる夢はあきらめ、本を売るために必死な毎日。 『耳をすませば』は9月18日(金)より全国にて公開。 《cinemacafe. net》.

次の