ライナー アニ。 【進撃の巨人】 獣の巨人、ライナー、ベルトルト、アニの目的とは?【進撃の巨人】

ライナー・ブラウン (らいなーぶらうん)とは【ピクシブ百科事典】

ライナー アニ

つまり、目的を果たしたら帰る予定であること、また帰ることが可能だとわかります。 ライナー「帰れなくなった故郷に帰る」 出典: 104期訓練兵団時代、訓練生たちが知り合った間もない頃に語り合ったことです。 ライナー「生き延びて帰るぞ」 出典: ベルトルト「故郷だ!帰ろう」 出典: これまでの二人の会話からは、目標を達成するまでは帰ることができないことが示唆されています。 しかし、ベルトルトは、ライナーに「もう帰れる」と提案します。 それは、エレンを強奪することでした。 アニ父「お前が恨まれることになっても」 出典: アニに格闘術を教え込んだ父の言葉です。 アニが、ライナー、ベルトルトとともに、訓練兵団に潜入する前のシーンでしょうか。 ライナー、ベルトルト「あの巨人は」 出典: 巨人化したユミルを見て、2人は驚愕します。 ユミルが、友を喰った巨人だったのです。 しかし、その場所を推測するにはあまりにも材料が少なく、「巨人は南から現れる」とされる調査兵団の報告くらいしかありません。 彼らの故郷は南の方角にあるのか?残念ながら、その可能性が高いという程度でしかないと思います。 個人的な勘なんですが、意外と近い距離(例えば、馬で数日とか近道があるとか)にあるのではないかと思っています。 彼らも巨人の脅威に晒されている? 出典: ユミルの巨人に襲われた時のライナーとベルトルトの回想です。 まだ幼く、子供に近い年頃に見えます。 壁の外を60年以上もうろついていたというユミルと遭遇したからには、彼らも壁の外にいたことになります。 調査兵団に潜入するために壁内に向かう途中、ユミルに遭遇したということも考えられますが、そもそも彼らの故郷には「壁」のようなものがなく、常に巨人の脅威に晒されている可能も考えられます。 アニの父が言う「この世のすべて」とはどこの誰を想定しているのでしょう。 <検証2> 獣の巨人、ライナー、ベルトルト、アニの目的は?! 獣の巨人、ライナー、ベルトルト、アニの任務 出典: 獣の巨人は、アニ救出よりも「座標の奪取」が優先と言っています。 ライナーが語る目的 出典: ライナーとベルトルトはエレンを呼び止め、自分たちが「鎧の巨人」と「超大型巨人」であり、5年前に人類への攻撃を始めたという、とんでもない告白を始めます。 つまり、彼らの任務(目的)は、人類の全滅、もしくは座標の奪取ということになります。 巨人に変化する彼らは座標の力を体感できるようです。 エレンは「座標」としては最悪 出典: エレンが「座標」であることを確信したとき、ライナーは、最悪だと断言しています。 それとも、エレン自身にさらなる秘密があり、「エレンでは最悪」である、ということなのでしょうか。 後者であるとすれば、ライナーはエレンの素性や秘密をある程度まで知っていることになりますが・・・。 「座標として最悪」と言われたエレン。 確かに直情径行でめんどくさい部分もありますが、正義感や信念は筋金入りです。 裏返せば、壁内の人類にとっては最良ということになるのでしょうか。 単純に、巨人を従わせる「叫びの力」だけではないようです。 レイス家に伝わる力のうち2つは明らかになっていますが、この他にも隠された能力はあるのでしょうか?これも、謎に包まれています。 レイス家に伝わる力「記憶操作」 出典: ヒストリア(クリスタ)の姉、フリーダは人の記憶を操作する力を持っていました。 レイス家に伝わる力「壁を築く」 出典: レイス家は巨人の力で壁を築き、人類を守ってきたと言います。 その点から、彼らは座標を「人類に対抗する手段」と考えているのではないかと考えます。 <検証3> 壁の外には何があるのか? アルミンが語る「外の世界」 出典: アルミンは、壁の外について書かれた禁書を読んでいました。 出典: 炎の水、氷の大地、砂の雪原、塩の湖は、石油や極地、砂漠、海を思わせます。 ユミルが知っている「外の世界」 巨人の状態で、壁の外を60年以上うろついていたというユミル。 彼女は一体どこからやってきたのでしょうか。 そもそも、ユミルは何歳なのか?!60年以上生きていることになるのに姿が若いのは何故か、巨人化のメカニズムに関連する謎なのかもしれません。 第三の勢力が存在する?! 出典: ウトガルド城で、ライナーには読めない缶詰のラベルをユミルはごく自然に読んでいます。 壁の外には違う文字を持つ文化が存在し、ユミルはその文化圏から来たと考えられます。 さらに、その缶詰がウトガルド城にあるのはなぜか?第三の勢力の存在を示唆しているように思えます。 ライナーは、それについて存在自体は知っているような態度です。 エレンの父は「外の世界」からやってきた?! 出典: エレンの父グリシャは、医者として働いていましたが、その素性は明らかではありません。 出典: キース・ジャーディスは壁外調査で発見した一人の男を連れ帰りました。 その男、グリシャは記憶を失くしたと言い、壁内で暮らし始め、エレンという男の子の父になったのです。 グリシャの「記憶がない」という申告は、間違いなく嘘であるとして、シガンシナ区が襲われた時も、グリシャは遠出をしていました。 郊外や他の地域に出向くと言って、壁の外に出ていたのかもしれません。 【考察3】壁内の人類との関係性 ライナー「何一つ知らなかったんだよ」 出典: ライナーは戦士である本来の自分と、104期の兵士としての自分の間で悩み続けていました。 壁内の仲間と過ごし、壁内の人類について知ったことで苦しむようになったのです。 ベルトルト「悪魔の末裔が!」 アルミンが、アニを拷問していることを示唆すると、ベルトルトはアルミンを「悪魔の末裔」と罵倒します。 とっさに出てくる叫びなら、「クソ野郎が!」とか「外道が!」とか言いそうなもので、この表現は少し不自然に感じます。 【考察4】壁の中に存在する異分子 レイス家に記憶操作されない一族 出典: ケニーが「じいさん」と呼ぶ老人が語る過去。 レイス家に洗脳されない家系があり、それが東洋の一族と、王家の側近の武家だったアッカーマン家であることが明かされます。 そのためにその2家系は王家の迫害を受けて没落し、数を減らしていることも・・・・。 ミカサの母は東洋人の一族 出典: ミカサの母は、純血の東洋人としては最後の一人でした。 出典: ストーリー上ではその後登場していない、この一族の「印」は今後の展開に関わってくるのでしょうか。 ミカサの家系 出典: ミカサは、父方アッカーマン家のこと、母との馴れ初めを両親から聞いていました。 リヴァイの母の姓はアッカーマン 出典: 名前しか明かされていなかったリヴァイ兵長。 ケニー・アッカーマンは彼を「リヴァイ・アッカーマン」と呼び、「あのチビは俺の誇り」と語りました。 出典: ケニーは、リヴァイの母クシェルの実兄でした! アッカーマンの分家はシガンシナ区へ 出典: リヴァイの伯父(母の兄)にあたるケニー・アッカーマンが語っています。 話の内容からリヴァイが生まれる少し前と推測できます。 エレン、ミカサ、アルミンが住んでいたシガンシナ区。 ミカサが両親と住んでいたのは、その郊外ですから、ケニーが言う「アッカーマンの分家」とはミカサの家と考えて間違いないでしょう。 リヴァイとミカサの共通点 出典: 常人離れした身体能力を持つ2人。 力の発現にも共通項がありました。 ここでも同じ家系の出身であることが裏付けられます。 王側近の武家ということで、2人に共通する戦闘能力の高さに納得がいきました! 同じレベルで闘えるのは、この2人だけ! 出典: 「人類最強」と呼ばれるリヴァイ兵長を、同じ高さの目線で非難するミカサ。 エレンへの盲目的な愛があるとは言え、この感覚は普通じゃないです。 何よりも、ミカサならやりかねないと思えますから。 エレンの父グリシャは多くの情報を握っています。

次の

進撃の巨人のライナーが二重人格になった理由と真の目的について【ネタバレ考察】

ライナー アニ

なんとか戦士候補生に滑り込んだものの、評価されたのは隊長への媚びへつらいだとバカにされます。 しかしその後、奇跡の大逆転で鎧の巨人の継承者に選ばれ晴れて「マーレの戦士」となることができました。 自分をバカにしたポルコを見返してドヤ顔のライナーでしたが、後に 衝撃の事実を突きつけられることとなります。 本当は…お前は戦士に選ばれるはずじゃなかったのに…俺が…お前を持ち上げたり弟を貶めたりして…軍に印象操作した 諌山創『進撃の巨人』第95話「嘘つき」より は? なんと…ライナーが選ばれたのは実力ではなく、 ポルコを戦士にさせたくなかった兄マルセルの工作によるものだったのでした。 これはショックですね… ていうかマルセルもわざわざ言わなきゃいいのに… パラディ島潜入作戦でアニに蹴られまくる マーレの戦士に選ばれたライナー、マルセル、ベルトルト、アニの4人はパラディ島へ潜入し、フリッツ王家が持つとされる 「始祖の巨人」を奪還するという大役を任される事になります。 が、パラディ島へ上陸直後 指揮官マルセルがライナーをかばって巨人に食われてしまう。 顎 ( あぎと )の巨人とリーダーのマルセルを同時に失ってしまった3人はパニック。 責任を追求されたライナーはアニに 蹴られまくります。 諌山創『進撃の巨人』第96話「希望の扉」より 訓練兵になった後もアニにたびたび痛めつけられるライナーですが、この時ほどガチでやられたことはなかったでしょう。 ライナーとベルトルトはこの状況がジークの仕業だと察しているはずで、夜も動ける巨人であると予想はついていたと思われます。 城内に侵入してきた巨人からコニーをかばい、腕を噛まれるライナー。 噛み付いた 巨人ごと窓から飛び降りようとします。 諌山創『進撃の巨人』第39話「兵士」より が、機転を利かせた仲間により巨人を振りほどき撃退に成功。 腕を骨折したもののなんとか一命をとりとめます。 スパイ活動中に敵国の兵士をかばって死にかける、男気あふれるライナーでした。 エレン奪取作戦で死にかける エレンに正体を明かし、5年前に壁を破壊したのは自分たちであると告白するライナーとベルトルト。 その直後、危険を察知した ミカサによって斬り殺されそうになります。 諌山創『進撃の巨人』第42話「戦士」より が、ミカサのためらいにより死には至らなかった二人は巨人化して調査兵団と対決。 激闘の末、始祖の巨人・進撃の巨人を継承するエレンを拉致してマーレへと帰還しようとするも、調査兵団の追跡に追いつかれます。 マーレの戦士であると同時に調査兵団としての自分という二つの相対する境遇に精神の混乱をきたしていたライナー。 そんなライナーの苦悩を知ってか知らずか、裏切り者だの加害者だの罵声を浴びせまくる調査兵団の元仲間たち。。 これだけでも十分かわいそうですが、最終的にはエレンを奪い返された上に始祖の巨人を発動させたエレンによって 無数の巨人の標的とされます。 多数の巨人にまとわりつかれて詰みかけたライナーとベルトルトでしたが、二人に同情したユミルの助けによって命拾いするのでした。 雷槍で死にかける ライナー達はウォール・マリアの壁を塞ぎにきた調査兵団と、シガンシナ区で決戦。 潜伏していたライナーでしたが、アルミンの推理力であぶり出されたところでリヴァイ兵長の急襲を受け、 首を刺されてやはり死にかけます。 諌山創『進撃の巨人』第74話「作戦成功条件」より アッカーマン一族、容赦ねぇ。。 が、なんとか巨人化が間に合い回復に成功しました。 戦闘に挑む鎧の巨人ことライナーでしたが、調査兵団の予想外の新兵器 「雷槍」にて今度は 頭を吹き飛ばされる大惨事に。 諌山創『進撃の巨人』第77話「彼らが見た世界」より 多くの読者が合掌したと思われるシーンでしたが、 「全身の神経網に意識を移し、神経網を通じて巨人の脳を利用する」という離れ業によってまたもや生還します。 ベルトルトは「これは最後の手段だ…まさか本当にやるなんて…」と言っていました。 これを読んだ時は「もうライナーは人間に戻れないのか?」と心配しましたが、この後もライナーは普通に生活できているようなので安心しました しばらく経って戦闘に復帰したライナーですが、頭を吹き飛ばされた時に前後の記憶も飛んでしまい、一度見たはずの雷槍に対応できませんでした。 再度の雷槍攻撃で巨人から本体を引き剥がされたライナー。 その後 両手足を切断され、首をはねられる寸前で車力の巨人によって救出されます。 「進撃」屈指の激闘であったシガンシナ区の戦いですが、ライナーは 1日になんと3回も死にかけることとなったのです。 マーレの戦士 復帰後 砲撃を受けて死にかける パラディ島から撤退したライナーはマーレ国に復帰したのちも、数々の戦場で危険な任務をこなしていたようです。 ファルコの回想によると、パラディ島作戦失敗の責任で 鎧の巨人を剥奪される寸前だったが命を賭した戦果の数々により立場を回復したとのこと。 巨人を剥奪=食われて死亡。 中東連合との決戦、スラバ要塞攻めでは最新鋭の敵国の軍艦による艦砲射撃をまともに受け、またも死にかけます。 諌山創『進撃の巨人』第92話「マーレの戦士」より さすがの巨人も近代兵器の前では無敵ではないと世界に宣伝する事件となりました。 心を病んで自殺未遂 それでも現役マーレの戦士として戦士候補生たちの尊敬を受けるライナー。 かつて仲間として過ごしたパラディ島の人々はマーレでは「悪魔」であり、彼らは殺すべき対象と信じられています。 そんな立場と気持ちの板挟みに苦悩し続けるライナーは… 諌山創『進撃の巨人』第97話「手から手へ」より もはや精神の限界に達しているライナー。 もはや生きる希望を無くしかけていましたが、ファルコの声が聞こえて我に帰ります。 このへんまで来ると読んでて泣きそうになりますね… その後、マーレに潜入してきたエレンに対し 「殺してくれ」「もう消えたい」と懇願します。 エレンは巨人化しマーレの街を破壊するも、ライナーは意識を失い戦闘には参加しませんでした。

次の

【進撃97話】今月のライナーさん… : 進撃の巨人ちゃんねる

ライナー アニ

変換スキルや無効貫通も持ち、周回だけでなく攻略まで幅広く活躍できる。 最初の1体目は進化させずに取っておこう。 アシスト進化の優先度は高くない アニ装備は回復キラーが特徴のアシスト装備だが、スキルターンが短いのでキラー目的では使いにくさが目立つ。 他の回復キラー装備を持っている場合、2体目のアニでも進化させなくて良い。 一方で回復力に倍率がかからず復帰力が課題になるが、自身のスキルを駆使すればHP回復が出来る。 光の列消しで火力を出せるリーダー 光か回復をつなげて消すことで攻撃倍率が発動する。 最大倍率の発動には8個のドロップが必要になるが、自身の持つ属性強化の覚醒も含めて火力を出せる。 回復でも倍率を出せるため、無理に列パーティに寄せなくても運用可能。 アニのサブ評価 マシンタイプに特化したアタッカー アニはマシンキラーの覚醒スキルを2個持っているのが最大の特徴。 潜在キラーでもマシンキラーを付与することができ、マシンタイプの敵に対して圧倒的な火力を出せる。 列+3ターン回復のスキルが強力 アニのスキルは、最上段横1列を光に変換し、3ターンの間最大HPの30%分のHPを回復する効果。 確実に光の1列を作りつつ、毎ターン回復で耐久力を上げられる優秀なスキル。 回復のタイミングは攻撃の後 スキルによるHP回復が行われるタイミングは、攻撃をした後になる。 攻撃時に毒ドロップを消した場合、毒ダメージを受けた後に回復できる。 ダメージ量と回復量が差し引きでプラスならば、HP0を下回ってしまっても復帰できる。 アニの総合評価と使い道 対マシンタイプ専用のアタッカーとしての起用がおすすめ。 圧倒的な火力を出せるので、マシン系ダンジョンも攻略しやすくなる。 アニにおすすめの超覚醒 アニは超覚醒させるべき? 超覚醒させることでバインドを無効化したり、火力を底上げしたり出来る。 必須というわけではないが、超覚醒させて損はないキャラだ。 おすすめの超覚醒 HP80%強化がおすすめ アニを起用する場合はマシンタイプに対して火力がほしい時が多い。 HP80%以上強化を付与しておくことで、アタッカーとしてより活躍が出来るようになる。 光か回復を5個以上つなげると攻撃力が上昇(4倍)、最大7倍(8個)。 スキル 私が賭けたのはここからだから 最上段横1列を光ドロップに変化。 3ターンの間、最大HPの30%分回復。 光を5個以上つなげて消すと攻撃力が上昇(2倍)、最大5倍(8個)。 スキル 私が賭けたのはここからだから 最上段横1列を光ドロップに変化。 3ターンの間、最大HPの30%分回復。

次の