と は いえ 文法。 【N2文法】〜といえば

英文法

と は いえ 文法

生涯と業績 [ ] ので生まれる。 少年時代にデンマークの文献学者の著書に刺激され、ラスクの文法書を利用して・・を独習した。 に17歳でに入学する。 はじめはを学んだが、言語研究を忘れることはなく、には完全に言語研究に関心を移し 、にはに関するでのを得た。 英語ともとして習得した。 研究をしながら非常勤で教師およびデンマーク議会の速記記者として働いた。 1887年からにかけてイギリス・ドイツ・フランスにし、やらの言語学者と交流すると同時に、などのでのに出席した。 師であるの勧めに応じて、1888年8月にはコペンハーゲンに戻って英語のの体系に関するを書きはじめ、に学位を得た。 イェスペルセンはからにかけてコペンハーゲン大学のの教授であり、からにかけては同大学のであった。 イェスペルセンはパシーによる(の母体になった団体)の最初期からの会員であり 、初期の音声学の専著としてはデンマーク語で書いた『Fonetik』 1897-1899 がある。 この書は1904年にドイツ語に翻訳され 、優れたの著作として版を重ねた。 初期の著作はの改良と音声学に重点があるが、イェスペルセンは後期のと言語発達の研究によって名声を得ている。 デンマーク語で書かれた2つの「Sprogets logik」 1913 と「De to hovedarter af grammatiske forbindelser」 1921 によって、 ランクと のを展開した。 ランクの理論によって統辞論からを取りのぞき、一次語・二次語・三次語の区別を設けた。 たとえば、「well honed phrase」(よく研ぎすまされた表現)において、「phrase」は一次語であり、これが二次語の「honed」によって規定され、二次語は三次語の「well」によって規定される。 ネクサスというは文や文に似た構造について使われる語で、そこでは2つのがひとつにまとめられて表現される。 例: 「it rained」「he ran indoors」 ネクサスはさらに 連接 junction の概念と対置される。 連接では2つ以上の要素によって1つの概念を表現するが、ネクサスは2つの概念を結びつける。 コンテキストの概念をの世界の注意の最先端に持ってくる上で連接とネクサスが重要であることが立証されている。 いくつかの著書によってイェスペルセンは広く知られるようになった。 『Modern English Grammar on Historical Principles』 1909—1949 はと統辞論に集中して書かれている。 『英語の発達と構造』 1905 は、英語以外をとする人による、英語に関する包括的な視点を示すもので、初版から100年以上たち、著者の没後70年を経た現在もなお版を重ねている。 『文法の原理』 1924 では、に関する常識的な見方に挑戦し、・・・などの基本的な定義に対する変更を提示し、ランクやネクサスの概念を展開した。 『文法の原理』は21世紀においても現代 ()の基本的なテキストとして使われる。 『人類と言語』 1925 はの先駆的著作のひとつである。 イェスペルセンは説を弁護して、このように書いている。 著述活動のほかに、1930年にジュネーブで開かれた第1回の言語学研究会議を召集してその議長をつとめ、1936年のコペンハーゲンで開かれた第4回の国際言語学者会議の議長でもあった。 イェスペルセンは運動にも重要な役割を果たした。 から派生したの初期からの支持者であり、1927年には自作の派生語に関する著書を公刊した。 イェスペルセンは以下の大学からを受けている。 ニューヨークの 1910 、スコットランドの 1925 、パリの 1927。 彼はの最初の6人の名誉会員のうちのひとりである。 著書 [ ]• Growth and Structure of the English Language. Teubner. 1905. 日本語訳 『英語の発達と構造』大沢銀作訳、文化書房博文社、1979年。 A Modern English Grammar on Historical Principles 全7巻. 1909-1949. 現代英語の文法に関する記念碑的な巨著。 Essentials of English Grammar. 1933 上記「Modern English Grammar」を短くまとめたもの。 Language: Its Nature, Development, and Origin. 1922. The Philosophy of Grammar. 1924. 日本語訳 『文法の原理』安藤貞雄訳、岩波文庫、2006年。 Mankind, Nation and Individual; from a linguistic point of view. 1925 日本語訳 『人類と言語』須貝清一・眞鍋義雄訳、荻原星文館、1944年。 1928. この書でを提唱した• Carl Winter's. 1930. Novial と英語・フランス語・ドイツ語の辞典• Analytic Syntax. En sprogmands levned. Copenhagen: Gyldendal. 1938 英訳 Arne Juul et al. , ed 1995. A Linguist's Life. Odense. 脚注 [ ]• Englische Studien 75 : 273-282. University of Warwick. 2014年10月22日閲覧。 Jespersen, Otto 1894. 『音声学 カセットテープ, 同テキスト付』岩波書店、1984年(原著1950年)、53頁。 Jespersen, Otto 1904. Leipzig: Teibner. archive. org• 1992. Language 68 3 : 465-491. Falk, Julia S. 1995. Language and Communication Pergamon 15 3 : 241—259. 外部リンク [ ]• International Auxiliary Languages. 2014年10月22日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

【N2文法】〜といえば

と は いえ 文法

2の意味の場合Aには同じ言葉が入ります。 話し言葉で「っていえば」という表現もできます。 例文 【話題】• A:次の旅行は北海道に行ってみようと思うんです。 B:いいですね。 北海道といえば、味噌ラーメンがおいしいですよ。 A:あと少しで2020年ですね。 B:2020年といえば、いよいよ東京オリンピックの年ですね。 A:ああ疲れた。 コーヒーでも飲もうかな。 B:コーヒーっていえば、駅前に新しいカフェができたみたいだよ。 A:田中さん、最近早く帰るね。 B:そういえば、もうすぐ会社を辞めてお父さんの会社を継ぐそうですよ。 A:もうすぐ冬休みだね。 何する予定?B:冬休みにしたいことといえば、やっぱりスキーだね。 【連想】• 北海道のお土産といえば、「白い恋人」が有名だ。 日本の観光地といえば、なんといっても京都だろう。 飲んだ後の締めといったら、ラーメンに限る。 お菓子と一緒に飲むものといえば、コーヒーですか、紅茶ですか。 【AといえばAだが】• 彼女はかわいいといえばかわいいけど、付き合いたいとは思わない。 仕事は好きだといえば好きだが、ストレスも多い。 この街も都会といえば都会だけど、やっぱり東京の便利さには負ける。 【参考】類似文型• 〜といったら• 〜ときたら.

次の

普遍文法

と は いえ 文法

」と言う意味です。 Aの部分には資格や能力や地位を表す言葉が入ります。 Aの部分には事実も仮定のこともきます。 Bには問題点、義務、話者の主張などを表す文がきます。 「たとえ、いかに、どんな」などの言葉を一緒に使うことが多いです。 その道のプロといえども、失敗することはある。 いかに体にいいといえども、食べ過ぎたら意味がない。 たとえ旅行客だといえども、この国の規則に従わなければならない。 酒の席であったといえども、秘密情報を漏らしたことは許されない。 ぎりぎりだといえども、合格したことは喜ぶべきだ。 どんなに無能だといえども、一度正社員として採用した人を首にするのは難しい。 実用的といえども、デザインがかっこ悪ければ今時売れないだろう。 彼のいうことは疑わしいといえども、妻として信じたいと思います。 部長と飲みに行くのは気まずいといえども、仕事のために参加するしかない。

次の