ランタン おしゃれ。 2020おすすめのLEDランタン人気ランキング!【おしゃれで明るい】 モノナビ

LEDランタンのおすすめ15選! おしゃれで機能的な商品をご紹介!

ランタン おしゃれ

一見ランタンを吊るすだけのように思えるランタンスタンドですが、実はキャンプを過ごすのに重要な役割を担ってくれます。 高い位置にランタンを吊るせば、夜のキャンプ全体を明るく照らすことが可能。 また、キャンプから少し 離れたところに設置することで、虫をおびき寄せる効果もあります。 テント内にランタンを吊るすという方にもおすすめです。 テントにランタンを吊るすと、テントにランタンが触れて劣化してしまいますが、卓上用のランタンスタンドを使えば問題なし。 テーブルも熱くならないので、安心安全に過ごせます。 日中は物干し竿としても使える他に、荷物を引っ掛けておいたりと使い方も多種多様。 1つ持っておけば、夜を照らすランタンスタンドとしてだけでなく、キャンプ自体を快適に過ごすのに便利なアイテムとして活躍してくれること間違いなしですよ。 機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい人におすすめなのがDODのアンコウスタンド。 ブラックカラーが自然の中でより引き立ち、とてもスタイリッシュです。 長さ45cmのキャリーバッグにすっぽり収納できるコンパクトサイズで、ツーリングやバックパッキングなどにも手軽に持って行けますよ。 また、ペグを地面に打ち込みやすく、撤収時も容易に地面から取り出せる工夫がされており、女性でも簡単に設置・撤収が可能です。 タイプ 1本脚タイプ 使用時サイズ 約1. テーブルの脚にアタッチメントを取り付けるタイプのため、 安定性が高くテーブル上の場所を取ることもありません。 組み立てはポールをはめ込んでいくだけなので簡単。 ただし、テーブルの脚が直径25cm以上のものでないと取り付けができないので注意が必要です。 また、 電池式ランタン専用のため、ガス・灯油式ランタンは使用できません。 一番の特徴は、 3本の脚がほぼ水平に設置できるところです。 地面から浮いている部分がほとんどなく、子どもがつまづく心配が少ないのでファミリーキャンプに最適!もちろん、ペグ付きで安定感が高いのもポイントです。 高さ調整はスライド式で、 10段階の中からシーンに合った高さに設置が可能。 軽量で収納サイズもコンパクトなので持ち運びもしやすいですよ。 ECサイトの口コミでも、「申し分なし!」「機能性は100点」という声が見受けられます。 高さ調整もOK ハンマー不要。 硬い地面にも簡単に設置できる ツーリングなどにも最適なコンパクト収納 広範囲を照らす背高スタンド。 重めのランタンにもおすすめ 斜面でもOK。 設置する場所を選ばない1本脚タイプ 無駄のないデザインでコンパクトな収納を実現 軽量で安定感あり。 5kg - - 4kg(片方) - 1.

次の

おしゃれなアンティーク風ランタンを厳選!キャンプにおすすめ8選!|山行こ

ランタン おしゃれ

これから夏になり本格的なキャンプシーズンが到来。 少しずつ日が落ちてくると周りも暗くなってくるのでライトが必要になりますね。 そこで活躍してくれるのが ランタンです。 夜のキャンプ場は真っ暗になりますから、ランタン無しでは過ごせません。 でもただただ明るいだけじゃ物足りませんよね。 見た目にもおしゃれなランタンを使えば、より思い出に残る楽しいキャンプになるはず。 ランタンにはLED以外にもガソリンや石油、ガスを使ったものもありますが、 LEDランタンはテント内でも使える唯一のライト。 安全に使えるので、キャンプで使う照明としての人気も高まっています。 この記事ではLEDランタンの明るさやサイズなど選び方のポイントを解説しつつ、おしゃれなおすすめランタンを紹介します。 私もキャンプには何度も行き、 ランタンはいくつも買い替えたりしていますので、是非参考ください。 キャンプでのランタンの使い方 キャンプなど夕方~夜のアウトドアシーンでランタンを使う時は、 状況に合わせたチョイスが大切です。 併せて、LEDランタンが向いているシーンも見ていきましょう。 メインのライトとして使う場合 屋外でのメインの明かりとして使う場合は 光量の大きなライトが必要です。 ガスやガソリン、灯油のランタンの方が明るさでは長けています。 LEDランタンを選ぶのであれば光量の大きなタイプ、もしくは 複数個使うなどで工夫するとよいでしょう。 最近はガスランタンに匹敵する明るさのLEDランタンなども登場しています。 テント内やタープ内で使う場合 テント内で使う場合は、安全面からガスやガソリン、灯油のランタンは NGです。 広範囲を照らす必要もないので、安全に使うことができる LEDランタンが最も活躍してくれます。 持ち歩きたい場合 キャンプ中の夜、トイレに行きたくなったりした場合は、ライトも一緒にもっていかねばなりません。 その際、懐中電灯のようなものでもあればいいですが、暗いのでそもそもそれを探すのが難しかったりします。 例えばテント内で使うランタンが ポータブルなサイズ感であれば、持ち運びもしやすいです。 LEDのメリット 次に、ガスやガソリン、灯油のランタンと比較した LEDランタンのメリットについて見ていきます。 より安全に使える 有害なガスが発生しないので、 屋内でも使えるのがLEDランタンの最大のメリット。 レトロな雰囲気はそのままのおしゃれなデザインのLEDランタンもおすすめです。 使用時間が長い 消費電力を抑えることができるので、長い時間使えるのもLEDランタンのメリットです。 2泊3日でも余裕をもって使えるものも多く、コストの面でも抑えることができそうです。 ソーラー充電やUSB充電ができるものも。 LEDランタンはキャンプシーンだけではなく、非常用としてもひとつは持っておきたいアイテムですね。 LEDランタンのデメリット 反対に、LEDランタンのデメリットは以下の通りです。 明るさはやや弱め ガスや灯油、ガソリンのランタンに比べると 明るさはやや控えめです。 メインで使いたい場合や広い範囲を照らしたいときには明るさがやや心許ないことも。 LEDランタンをメインライトとして使いたい場合は、できるだけ光量の多いものを選んでいきましょう。 光の色が選べない場合も LEDライトは、多くが白い色の光を発します。 炎の色や灯油のランタンは暖色系が多いので、 アウトドア感の物足りなさを感じる人もいるかもしれません。 しかし、最近では暖色系のLEDランタンも多く販売されているので、そちらを選ぶようにするとよいでしょう。 LEDランタンの選び方 続いて、LEDランタンの選び方のポイントについてご紹介します。 明るさ ライトの明るさは 「ルーメン」という単位で表されるのが一般的です。 アウトドアで使う場合は、 700ルーメンから1000ルーメンあれば広範囲を照らすことができるでしょう。 メインにはこれくらいの明るいものを、食卓で使うのであれば、もう少しルーメン数を抑えた 300~500ルーメンがおすすめ。 テント内で寝るだけなら 100ルーメン程度と、使うシーンに合わせて明るさを選びましょう。 個人的な経験から言うと、 家族4人なら700~1000ルーメン前後のものを2つ、300~500ルーメンのものを2つほど用意すればほぼ間違いなく快適な環境を整えることができると思います。 しかし場合によっては車のサイズなど荷物量に制限があると思いますので、基本的には最低でも1家族あたりにメインとなるランタンを1台、サブを1~2台用意すると良いでしょう。 サイズや重さ キャンプ道具がたくさんある中で、 できるだけコンパクトに収めたいという方も多いでしょう。 携帯性を高めるためには、コンパクトに収納でき、軽量なものを選ぶと移動も簡単です。 また、ランタンはぶら下げて使うことも多く、できるだけ軽量なものを選ぶと負担も少な目です。 使用時間 1泊のキャンプなのか2泊のキャンプなのかによって、トータルでの使用時間は異なります。 できるだけキャンプ中に電池切れにならないように、 連続使用時間もしっかりとチェックして選びましょう。 デザイン おしゃれ重視なLEDランタン。 キャンプで使うアイテムは、ぜひこだわりのデザインを選びたいですね。 古いランプのような本格的でおしゃれなデザインのLEDランタンも。 ぜひお気に入りを探していきましょう。 プラスの機能もチェック メインの機能はランタンでも、 スマートフォンの充電ができたり、ハンドライトと兼用で使えるものも。 ソーラーパネルを搭載してエネルギーを得るものもあります。 さらには、 虫を集めて退治してくれる機能を持つランタンなら虫対策にもなります。 周りを照らすだけではなく、プラスアルファの機能も要チェックですね。 明るさを数段階に調節可能なタイプもあります。 我が家でもこのタイプのランタンを持っていて、一見便利そうなんですが、結局常にMAXの明るさで使っています。 pinimg. com 我が家で一番活躍してくれているランタンです。 メインライトとして使える1000ルーメンの明るさを持つLEDランタン。 レトロで無骨なデザインで安定感のある一台です。 ハンガーフック中央にくぼみのある外れにくいキャリングハンドル。 白色モード、昼白色モード、暖色モードの色の切り替えも可能です。 明るさも弱モードと強モードを選べます。 電池交換の目安を教えてくれるバッテリーインジケーター付き。 pinimg. com おしゃれなLEDランタンの王道と言っても良いくらい人気の「BRUNO(ブルーノ)」。 ブリキ素材を使い、まるでレトロなランプのようなデザインが魅力のLEDランタン。 電球色のLEDライトを15灯使って、暖かな光を演出しています。 吊して使える持ち手付き。 明るさは無段階での調節も可能。 選べる5つのカラーバリエーションに加えて、オリジナルカラーの2つを追加した計7色から好みに合わせて選べます。 明るさが公開されておらず定かではないのですが、食卓を照らすくらいであれば十分です。 サブとして1台あるとキャンプ環境がおしゃれになりますね。

次の

ランタンスタンドおすすめ15選!【キャンプ/安心&安全なアウトドアを】

ランタン おしゃれ

キャンプでおなじみのランタンをもっとおしゃれに使いたいと思ったことはありませんか? ランタンをより効果的に使うために、おすすめのランタンスタンドを紹介します。 ランタンスタンドはランタンを設置するために役立つアイテムです。 シンプルな構造のアイテムですが、センスが光るランタンスタンドはキャンプの気分を盛り上げてくれること間違いなし。 人気のアウトドアメーカーのアイテムは Amazonでも人気があり、アウトドア初心者にもぴったり。 お気に入りのランタンをつるすことができ、場の雰囲気を演出してくれるでしょう。 た、ランタンスタンドは身近な材料で自作することも可能です。 DIYを楽しむのにもよいですね。 キャンプで活躍してくれる便利なランタンスタンドの魅力やおすすめの製品を見てみましょう。 そもそも、ランタンスタンドは必要なのでしょうか?キャンプのときに周囲を照らしてくれるランタンは アウトドア照明として欠かせないアイテムです。 ランタンスタンドがなくても使えるので、あえてスタンドを準備する必要はないと考える人も多いでしょう。 しかし、ランタンだけではランタンの 設置場所が限られてしまうので不便な場合も珍しくありません。 テーブルランタンやテント内ランタンの場合は、それほど気にかかることはありませんが、野外で使うメインランタンにはランタンスタンドがあるととても便利です。 ランタンスタンドがない場合、周囲の樹木やタープの骨組みを利用するしかつるす方法がありません。 ちょうどよい場所や高さでランタンを使用できるとは限らず、せっかくのランタンの明かりを効果的に使えなくなってしまいます。 適度なサイズと高さを調節できるランタンスタンドは、こうした問題を簡単に解決してくれるでしょう。 程よい場所で、うまく周囲を照らせる高さを作れるので、ランタンの明かりを最大限に生かすことが可能です。 他には、洗濯物を干す物干しざおの代わりに使ったり、虫をおびき寄せる明かりを設置するのにも役立ちます。 もちろん、おしゃれアイテムとしてデザインの良さもランタンスタンドの魅力。 キャンプの雰囲気を盛り上げてくれるところもランタンスタンドのメリットです。 インスタ映えにも役立つおすすめのアウトドアアイテムですね。 商品名 スノーピーク snow peak パイルドライバー LT-004 MAGNA マグナ パイルドライバー ステンレス ランタンスタンド 収納ケース付 シングル 通販のトココ ランタンスタンド ペグ3本付き 収納袋付き ダブルフック アルミ製 [並行輸入品] コールマン Coleman ランタンスタンド4 2000031266 キャプテンスタッグ ランタン アルミ スライド ランタン スタンド UF-4 【YOGOTO】 ランタンスタンド アルミ ランタンポール 高さ調節可能 4段式 三脚タイプ 折り畳み式 ペグ3本付き 収納バッグ付き 銀色 ロゴス LOGOS システムランタンポール-PSL 71905002 North Eagle ノースイーグル スタンド ランタンスタンド2 NE752 ogawa オガワ ライトスタンド コンパクトランタンスタンドII 1384 BUNDOK バンドック ランタン スタンド コンパクト BD-299 70cm収納 DOD ディーオーディー アンコウスタンド 長さ45cmに収納可能なランタンスタンド LP1-605 UJack ユージャック ハンマーランタンスタンド ステンレス製 <選べる3つのバリエーション> 収納ケース付き タイプ:シングル FLYFLYGO 進化版 ランタンスタンド ランタンポール アルミ製 ランタンハンガー ランタンフック付き ペグ付き ロゴス LOGOS アイアンランタンポール3WAY 71905000 ロゴス LOGOS ANDON STAND たいまつタイプ 71905010 価格 5,830円 3,580円 2,580円 4,800円 2,582円 3,980円 6,930円 4,280円 9,350円 3,155円 3,525円 3,680円 2,180円 7,480円 4,620円 タイプ 1本脚 1本脚 3本脚 3本脚 3本脚 3本脚 3本脚 3本脚 3本脚 3本脚 1本脚 1本脚 1本脚 1本脚 3本脚 重量 1. 7kg 1. 7kg 1. 16㎏ 1. 4kg 1. 2kg 約1. 9kg 2. 3kg 約2. 4kg 0. 8kg 1. 5kg 約0. 88㎏ 約1. 8㎏ 260g 1. 26kg 1. 7kg 素材 スチール ステンレス アルミ アルミ・スチール アルミ アルミ アルミ・スチール アルミ・スチール アルミ アルミ・スチール アルミ・スチール ステンレス アルミ スチール スチール 商品リンク ランタンスタンドはランタンをつるすために作られたアイテムです。 しかし、その用途は幅広く、いろいろな活用法ができます。 野外で使うと便利なランタンスタンドの活用法を紹介します。 ランタンスタンドは 物干し代わりに使うのがおすすめです。 突然の天候不順でぬれた服を乾かしたり、皮アゾ日などでぬれた福屋に持ちを乾かしたいときはランタンスタンドを物干し代わりに使いましょう。 長い一本の棒になるランタンスタンドは、洗濯物を乾かすのにぴったり。 キャンプで連泊をするときも、物干し代わりに活用すれば選択しやすく、持っていく服の枚数を減らせます。 ほかにもかごをつるして洗った食器を入れておけば、 食器の乾燥にも役立ちますね。 ラックつきのアイテムを選べばちょっとした小物置にも便利です。 100均でポールに簡単に取り付けられる棚やフックを準備しておけば、さまざまな物置に活用できるでしょう。

次の