登録者1000人 収益 いくら。 YOUTUBE

YouTube登録者数1000人で月収(月間収益)いくら位になるか調べてみた

登録者1000人 収益 いくら

Youtubeを始めて1年でチャンネル登録者数10000人を超えました。 顔を出さずに、人のコンテンツをぱくるとか著作権にふれるものではなく、オリジナルの動画制作をコツコツ続けた結果、10000人に到達出来たので、1年間で行った事を書いていきます。 Youtubeでチャンネル登録者10000人の収益は?いくら稼げるの? 本来ならYoutubeのアナリティクスの画像をお見せするといいのですが、Youtubeの規約上公開出来ないため一部分、ぼかしをいれながら、スクリーンショットを掲載しています。 ですので、データ的部分に関してはこの後記事で解説していきます。 まず気になるのは、収益だと思います。 ずばり、現在のアドセンス収益は1日あたり100ドル~120ドル前後 1日の再生回数は20000~23000回ぐらい です。 けっこう世の中の情報とズレていますよね。 1円」と言われています。 うちのチャンネルの場合は、最初から1再生あたり0. 3円~0. 5円でした。 どうしてそこまで収益が違ってくるのかは、Youtube側 広告主側 じゃないとわからないのですが、僕が思うに、動画のジャンルや再生時間などが影響しているのではないかと思います。 チャンネル登録者10000人になるまでに行った事 ・1ヶ月目 とりあえず動画を5本ぐらい上げてみた。 Youtubeでチャンネル登録者10000人を超えるまでに、かかった時間は約1年ほどでした。 最初の1ヶ月は、適当に動画をアップしておいて放置していたのですが、想像以上に再生回数が伸びていたので本格的にやってみよう!と思ったのが2ヶ月目です。 ・2ヶ月目 真面目に動画を作り始める。 2ヶ月目からは、1日あたり3本は動画を作ってアップして、再生回数とチャンネル登録者数がどれぐらい伸びるか検証を重ねてました。 Youtubeは再生回数が伸びる時期がある ・3ヶ月目 動画を大量生産 チャンネル登録者数が1日あたり10人~20人ぐらいになる。 とにかく動画をアップすればするほど再生回数が伸びてチャンネル登録者数が増えていったんですね。 そのため3ヶ月目からは、動画数がもっと大事だ!と考えて、1日5本 朝6時、昼12時、夕方18時、夜21時、夜23時 こんなペースでYoutubeに動画のアップを続けていました。 その時で、大体1日あたり8000回ぐらい再生されるようになっていました。 停滞期に突入 ・4ヶ月目~6ヶ月目 大量生産から伸び悩む チャンネル登録者数も1日20~30人ぐらいで停滞。 このペースでいけば、楽勝だなーと思っていたら、急に伸びが悪くなりました。 1日のチャンネル再生回数が8000回~10000回まで上げるのに、3ヶ月ほどかかりましたね。 この停滞期に、Youtubeのアナリティクスを見ては、どうすれば伸びるのか試行錯誤を、検証をとにかく続けました。 見直したポイントとしては、動画の質(再生維持率など)、それから似たようなジャンルの動画の再生回数などです。 似たジャンルの動画で再生回数が低ければ伸びにくい可能性があるので 再生回数がまた伸び始める ・7ヶ月目 本数を減らして再生回数が伸びる チャンネル登録者数は1日30~40人前後 1日のチャンネル再生回数10000回を超えてからまた少しずつ伸びるようになってきてからは、動画の投稿本数を減らすようにしました。 多すぎても意味があまりないかな、と思って、1日5本から3本に減らしました。 ・8ヶ月目 さらに動画本数を減らして再生回数が伸びる チャンネル登録者数は1日40人~50前後 再生回数が12000回ぐらいまで伸びてきたら、動画は1日1本の投稿ペースにしました。 ・9ヶ月目 動画の質の改善。 チャンネル登録者数は1日40人~50前後 再度動画の質を見直してより長く見てもらえる動画にしようと動画作りを見直しました。 ・10~11ヶ月目 再生回数が順調に伸びる チャンネル登録者数は1日40人~50前後 再生回数15000回あたりまで上がり始めます。 そのままのペースで動画作りを続けていきました。 ・12ヶ月目 一気に再生回数が伸びる チャンネル登録者数は1日60~80人前後 累計1万人達成 ここで再生回数が急激に跳ね上がるようになって1日24000回を超える日も出てきました。 ここで、収益も1日100ドルを超えるようになってきましたね。 まとめ Youtubeは顔を出さなくても、派手な事をしなくても、芸能ネタとか著作権や政治に関わることとかしなくても、地味にコツコツやっていけば再生回数が増えていって稼げるようになります。 ただ、、、顔出して色々やったほうが結果は早いと思います 笑 Youtube運営していく上で大事な事は、壁にぶつかった時にどうするか、だと思います。 僕も試行錯誤を連続して反応を見ながら、動画をアップしています。 Youtubeアナリティクスのデータを見ながらどんな動画を作ったら視聴者は喜んでくれるのかを、考えて検証を続けていく。 自分の好きな事と、視聴者が望んでいる事のちょうどいいポイントをアナリティクスデータを見ながら探っていくイメージです。 そこが一番大事だなぁと1年間やってみて実感しました。 好きな事を仕事にしたい方は以下の記事もご覧下さい。 もちろんこれからも、続けていきますので、こうご期待。

次の

YouTube登録者数1000人で月収(月間収益)いくら位になるか調べてみた

登録者1000人 収益 いくら

以下の有名YouTuberから算出• HIKAKIN• SEIKIN• ヒカル• はじめしゃちょー• 瀬戸弘司• カズチャンネル• SHIBATAR• 水溜りボンド• すしらーめんりく• ぷろたん• きまぐれクック• スーツ 「HIKAKIN」「SEIKIN」「はじめしゃちょー」「ヒカル」などの登録者100万人オーバーの大御所から、数十万人レベルのYouTuberまで見て回りました。 チャンネル登録者1万人=月収3万円 全く公表していない方もいれば公表している方もいて、載せきれなかったYouTuberの方大勢から算出した結果を書くと• チャンネル登録者数と動画再生数はイコールとはなりませんが、平均化すればそのぐらいです。 また、動画収入以外にも企業媒体からの報酬も別途あり、• 毎日投稿を心掛けているぷろたんは、登録者数90万人の頃に企業案件含めると月収500万円と公言していましたから、• YouTuberになれなくても、お小遣い程度なら稼げる方法 「 YouTuberを始めてみたけど、挫折しそう」 「 動画撮影の機材費用だけでも、かなりの出費になり躊躇している」 録画カメラ、動画編集用PC(ハイスペック)、編集ソフトなど、結構準備金必要です。 そんな時は、お小遣いサイトを利用すると無理なく数万円なら稼げます。 楽天カード申込んで12,000円貰えます。 Yahoo! カードなら20,000円超えです。 格安sim申込で3,000円貰える。 挙げきれない程ありますが、「何か買う時、申込む時」。 ハピタスのバナーをクリックしてからいつも通り買ったり申込んだりするだけで、その費用の何%が、お小遣いとして貯まります。 「 俺は知ってるのに、なんで皆知らないんだろう」 それと一緒です。 私にしたら、 自宅で学生でもできるお小遣い稼ぎに最適なのはハピタス、と即思い浮かぶし利用方法もパッと思うつくんですけど、知らない人は、お小遣いサイト=キナ臭いサイトで終わりです。 確かに、私も最初の頃は、不信感全開で利用していました。 仕組みがわからないんですもん。 でも、重要な部分は、お小遣いが入ってくるのかどうか。 そこが大事な部分ですし、お小遣い目的な訳ですから、利用した分だけ着実にお小遣い稼げるから問題はクリアしていますね。 下手にYouTubeで一発逆転を狙うよりかは、やった分だけお小遣いが貰えるので、お小遣いの足しにするなり、YouTuberの機材費を捻出するには、打ってつけなサイトです。 YouTuberのように1ヵ月で50万円100万円は稼げないですけど、年会費無料のクレジットカード5枚作れば、それだけで約10万円貰えるんですからね。 年間5枚以上Newクレジットカードが誕生していますから、それを申し込んでいくだけで毎年10万円のお小遣いが確保できると思うと、笑っちゃうぐらい美味しいバイトです。 お父さんお母さんにも教えてあげてください。 プロブロガーは、YouTuberに鞍替えした方が稼げる 月間100万PVを稼いでいる人達がプロブロガーと呼ばれていますが、 100万PVで月収50万円~125万円ぐらいの稼ぎです。 頑張って200万円ぐらいかな。 プロブロガーは、1日に何本も記事をあげたり、人に頼んで書いて貰ったりしています。 それに比べてYouTuberは動画投稿は1日1動画であり、チャンネル登録30万人レベルであれば月間再生数1000万回ぐらいです。 それでいて月収100万円前後です。 プロブロガーとYouTuberのコスパの違いがわかりますか? 一般人レベルのYouTuberでも、チャンネル登録者数何十万人という方はいますが、ブロガーでブクマ登録者数数十万人というのは、オフィシャル(企業サイト)ぐらいです。 早い話が、100万PVのサイトを運営していてもブクマ登録者数十万人いるわけがなく、YouTuberだとそれが可能で販路を広げられるので労働対価として、全く違うのですね。 好きなことで生きていくのは、大変 「 好きなことで生きていけているけど、その作業に追われる」 YouTuberやプロブロガーに完全に当てはまります。 まとめサイト運営でもしていない限りは、自分を1つのコンテンツとして配信するので自分が動かなくてはいけません。 私の コストゼロライフだってそうです。 全部私1人で書いています。 ただし、完全な趣味サイトでもあり大きな収益を上げようとは考えていません。 また、性格的に1度にドカンと学習して時間を割いて、その後継続的な収益を上げてくれるビジネスが好きなので、その1例として不動産投資があります。 不動産の物件情報を精査して契約して、貸出して住居人を付けてという作業が大変ではありますけど、1度入居してしまえば後は定期収入が見込めます。 結局好きでやっていますけど、大変っちゃ大変なわけです。 人生楽に生きていける人なんて限られていて、ほとんどの人は好きでもないことをやって生きています。 そう考えれば、まだ好きなことで生きていけているだけ善しと思っていますが、現状に満足せず上を目指してもいます。 それは、 今の世の中安定なんてないから。 もう安心ができない世の中になってしまったので、勝ち逃げするしか選択肢はないと考えてます。 会社員であっても・経営者や事業主であっても、第3者による影響で廃業することがありえる世の中になってしまっているので、コツコツ生きているから報われる世の中ではなくなってしまいました。 私は、小さい頃からコツコツ派で夏休みの宿題なんかは、夏休み1週間目で終わらせて残りを遊びほうけるっていう性格をしていたほどの着実君だったんですが、今現在は個人ビジネスで暮らしています。 どこから着実を辞めたんでしょうか(笑) 私に考えがあっての元、今このような行動をとっていますが、これが正解か不正解かは老後になってみないとわかりません。 好きなことで生きていくってリスクテイクだね リスクテイクというのは、危険と知っていてやることを言うんですが、好きなことで生きていくってリスクテイク部分が強くなります。 そのため、リスクマネジメントをしっかりしておかなければいけません。 すると、老後の年金や健康に不安が出てきます。 何かあってもいいように、 定期収入が発生するビジネスを形成しておかなければいけません。 自営業というのは結構稼げるんですよ。 でも、会社員もそうなんですが、健康あっての仕事でもあるので体を壊してしまうと会社員は退職しても失業保険が出ますが、自営業の場合はありません。 そのため、体を壊して窮地に陥ってしまう人というのも多いのですが。 ここで、私の場合を書いておきますと 不動産投資物件・田舎に土地を持っています。 ゆくゆくはコインパーキングや自販機設置・シェアハウスにまで手を出す予定でいますが、今のところは前者だけです。 これはリスクマネジメント効果であり、節税や資産増加作業でもあります。 どんなビジネスであれリスクはつきものですが、失敗しながら学んで行けばいいのではないでしょうか?私は株式投資で初心者の頃200万円失いましたが、今は4桁万円以上稼いでいます。 そこから学び直せばいくらでも挽回は可能だと思ってます。 また、今ある稼ぎを定期収入として生み出す方向に投資していきスライドさせていくのが賢いと思います。 そうしなければ、いつまでも自分が働かなくてはいけないことには変わりませんからね。 お小遣いサイトを利用してクレジットカード作ったり、証券口座開設したり、通販をハピタス経由で購入することで年間10万円ぐらいキャッシュバック貰えますので利用してみてください。 ちなみに、ハピタスの利用年齢制限は13歳以上なので学生でもお小遣い稼ぎが可能です。 このような年会費無料クレジットカードを作るだけで、1万円ほど貰えます。 楽天カード、Yahoo! カードなら2万円ですね。 個人的まとめ YouTuberやプロブロガーもそうなのですが、何の仕事にしても 継続は力なりでコツコツできるのであれば、業種に限らずある程度の収入は得られます。 つまりは、好きなことで生きて行こうと思えば生きていけるということです^^ ただ、最初から「 楽をしたいんだ」という心構えで仕事をしてしまえば、うまくいかないのだと思います。 とりあえず、 「 YouTuberってすごいなぁ」 と感じますし 「 10年後どうなってるかわからない」 と言われても、どんな仕事していても10年後なんてわかりません。 そう思えば、 好きなことで生きていく選択肢も大いにありだと思いますね。

次の

YouTubeの収益化条件を満たしたばかりの登録者数1,000人の平均収益はいくらか?

登録者1000人 収益 いくら

YouTubeチャンネル登録者1,000人の壁 YouTubeを始めたことがある多くの人が、チャンネル登録者1,000人の壁を感じることでしょう。 はじめしゃちょー、ヒカキンが700万人だとか、フィッシャーズが500万人だとかもう桁外れなワケですが、 YouTubeの世界では、100万人どころか、その1000分の1でしかない1,000人ですら高い壁だったりします。 YouTubeチャンネル登録者数1,000人以下の割合 そもそもYouTubeのチャンネル登録者数が1,000人以上いるチャンネルってどれくらいあるか知ってますか!? その割合、およそ11%程度と言われています。 YouTubeに動画を投稿しているチャンネルのおよそ9割がチャンネル登録者1,000人に満たないんです。 これってかなり狭き門と言うか、高いハードルですよね。 ちなみにチャンネル登録者100人以上のチャンネルですら40%程度。 YouTuberの実に半分以上はチャンネル登録者100人に到達できないということになります。 ちなみに1,000人以上に関しては、10,000人だと2%、100,000人以上だと0. チャンネル登録1,000人に到達するまで収益ゼロ 2018年2月にYouTuberパートナープログラムの収益化条件が変更になったのはご存知かと思います。 その時に変更された条件により以下の条件を両方とも満たさないとYouTubeで収入を得ることが出来なくなりました。 チャンネル登録者1,000人以上• 過去12ヶ月の再生時間4,000時間以上 これが、YouTubeチャンネル登録者1,000人の壁と言われる要因になったとも言えるでしょう。 つまり、1,000人に到達するまではYouTubeからの収入はゼロで動画を投稿し続けなければなりません。 チャンネル登録者1,000人到達まで1年以上かかる場合もザラにあると考えると、これはかなり大きな障壁となるでしょう。 しかし、これはチャンネルの性質にもよるのでチャンネルごとの差は大きいそうです。 1円」というのが有名です。 しかし、動画投稿数にもよるのでチャンネル登録者数が1,000人だといくらという具体的な数字は一概に言えません。 YouTuberの収入については、世間的にもとても注目度が高いです。 僕たち「PTV」はこの辺もある程度赤裸々に公開していきたいなーなんて思ってますので、 どうか、、チャンネル登録お願いします!!! チャンネル登録者を増やすためにできること ちなみに、我らが「PTV」はチャンネル登録者1,000人について、特に壁とは思っていません。 その理由は、絶対にやめないと決めているからです。 しかし、1,000人を越えるのに2年かかりました!というわけにはいきません。 そこで、これからチャンネル登録者を増やすためにどんなことをするべきかについてまずは基本的なことから確認していきます。 毎日投稿 YouTuberがチャンネル登録者を増やすためにやるべきこととして、まず真っ先に上がるのがこの毎日投稿です。 いやいや、それなら毎日でしょう!「PTV」も現在毎日投稿中です! そして実際に自分も編集してみて、まじで実感しました。 毎日投稿超大変。 YouTuberすごすぎ。 こんなに大変なことをチャンネル登録者が少ないうちに続けることなんてほとんどの人は出来ないと思った。 ということは、チャンス!みんなが挫折していくところで自分たちは続ける。 あの水溜まりボンドも毎日投稿、そしてそれは今も続いている。 となれば「PTV」もやるしかないでしょう! 質も、もちろん大事です。 しかしその質をあげるには量が必要です。 質をあげるにはとにかく量をこなすこと。 テロップ(字幕)の挿入 初めて動画をアップした時に言われたこと。 「何言っているかわからない。。 」 これYouTube超あるあるだと思います。 芸能人ってすごいハキハキ喋ってるんです。 その業界の人曰く、某超有名芸人さんとかは、もう爆発音のような発声らしいです。 一般人の僕らは、カメラの前では何言ってるか分からないくらいモゴモゴ喋っています。 というわけで、大事なのがテロップ。 何言っているか分かるというのはとっても重要。 そして、テレビのバラエティのようにテロップでも面白くする。 そのためにはセリフテロップは超重要だと感じてます。 「PTV」はイヤホンなし音無しで電車でも楽しめるようにテロップ超入れてます。 クッソ大変です。 ゆーた、アキラ、ファイト!!! 終了画面の設定 要するに「PTV」だったこれです。 ラスト5秒〜20秒の間に他の動画へのリンクやチャンネル登録ボタンをつけることができます。 これによって他にみて欲しい動画へ誘導したり簡単にチャンネル登録をすることができます。 やらないよりはやった方がいい。 導入しましょう。 チャンネルアイコン・チャンネルアートの設定 チャンネルのトップページに行った時に表示されている「PTV」画像で言えば赤い四角の部分です。 そのチャンネルのイメージを決めるとっても大事な部分です。 設定していなければ、とてもそのチャンネルが活気付いているようには見えないので必ず設置しましょう! チャンネルアイコンも同様です!(画像青丸部分) 「PTV」では全て勇太がデザインして設定しています! サムネイルの設定 YouTube上で、その動画がどんな内容なのか、面白そうかつならなそうか、役に立ちそうかそうでないか。 その印象を決める上で、サムネイルはとても重要です。 タイトルとサムネイルがいかに興味を引けるものになっているか。 「PTV」でも絶賛研究中です! 動画説明欄の記入 その動画がどんなことをしているのかを説明する欄です。 チャンネルによっては、どんな内容のチャンネルなのかを説明している場合も多いです。 基本的には、まず動画の説明をして、その下にチャンネル登録のURL、そしてチャンネルの説明という具合にしています。 チャンネル概要欄の記入 そのチャンネルがどんな内容の動画を投稿しているのかを記入します。 見る人がそこまでいるのか定かではありませんが、やはりしっかりと書いておくべきでしょう。 自分の動画を分析する YouTubeにはアナリティクスがあるので自分の動画でどんな動画が見られているのか、傾向を掴みましょう。 視聴者維持率はかなり重要と言われています。 自分の動画がどこで離脱されているのか、その傾向を見極め改善に繋げます。 他のYouTubeの動画を観る やはりすでに成功している人から学ぶべし。 有名YouTuberは何が違うのか、どんな企画をやっているのか、どんな編集をしているのか。 参考にすべき点はいくらでもあるはず。 暇を見つけては他のYouTuberの動画を見て研究したいところです。 「PTV」チャンネル登録者1,000人までの道のり 「PTV」でもまずはチャンネル登録者1,000人を到達しなくはならないのですが、どんな施策でいくのかなどについてまとめてみます。 現在の登録者数 まずは現状を知ることからというわけで、2019年2月10日現在のチャンネル登録者数ですが、、 159人です!!! まだ駆け出しの僕たちのことを応援してくれてる人がこれだけいるのは嬉しいことです。 想定到達時期 これが一体いつ1,000人に到達するのかということでちょっとスプレッドシートにまとめてみました。 なんということでしょう。 このペースでは年末1,000人行きません。 動画を投稿し始めた頃は比較的良いペースかと思ったんですが、最近不調です! ちなみにこの表は単純増加の計算なんで、この通りになるとは思っていませんが、それでもこれはマズイ!!! これを読んでいる方で、まだチャンネル登録お済みでない方、是非一度「PTV」観に来て下さい! もちろんチャンネル登録してもらえると泣いて喜びます。 登録者増加のための施策 とうわけで、早速チャンネル登録者を増やすための施策について考えてみます。 まず、ここまでの状態にそこまでの悲観はありません。 むしろYouTuberとして毎日動画を投稿出来ているということは良いことだし、慣れてきた状態でしょう。 編集している勇太、アキラ、本当にお疲れ様! これからも馬車馬のようにお願いします! なので、これからは動画の内容にもこだわっていく時期かと。 特にどんな動画をアップしていくのか、タイプをしっかりと考えようかなと思っているところです。 そんな時に考えるのがGoogleのHHH戦略です。 これは動画のタイプをヒーローコンテンツ、ハブコンテンツ、ヘルプコンテンツに分けて考えるというものです。 ヒーローコンテンツ いわゆるバズを狙うもの、またバズまではいかないまでもチャンネル登録していない人に向けて作る動画です。 「PTV」ではラルクのクイズ動画がコレになっています。 「PTV」初の1万回超えの再生となりました。 要するに、チャンネル登録をしていない人に向けた動画をもっと企画しなくてはと思っています。 ハブコンテンツ こちらはすでにチャンネル登録をしてくれているファンを第一に考えた動画とでもいうべきコンテンツです。 もちろんそうでない人でも、この人たち面白いなって思ってもらえたら最高です。 ある程度内輪な内容になっても喜んでもらえる、ファンとの交流を目指した動画です。 ヘルプコンテンツ こちらは役に立つ情報系の動画なので「PTV」的にはまだ弱いところですが、そのうち面白い企画と絡めてやっていけたらとは思っています。 YouTubeチャンネル登録者1,000人をクリアするまとめ というわけで、YouTuberとして最低限やるべき、毎日投稿などは引き続き継続します。 そして、今後はコンテンツ作りにより一層力を入れていきます。 チャンネル登録者の数については随時更新していければと思っておりますので、引き続き応援よろしくお願いします! いずれ「PTV」が1,000人、そして100万人になった時、この記事が多くのYouTuberの役に立つ内容になるよう育てていきます。

次の