ワイマラナー 里親 ジモティー。 ペットショップB

ミックス犬の里親募集&迷子情報|ペットの命

ワイマラナー 里親 ジモティー

(391)• (247)• (164)• (159)• (146)• (92) もっと見る• (50)• (42)• (41)• (40)• (28)• (24)• (23)• (18)• (18)• (17)• (16)• (15)• (12)• (12)• (11)• (9)• (7)• (7)• (6)• (6)• (6)• (5)• (5)• (5)• (4)• (4)• (4)• (3)• (3)• (3)• (3)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (2)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• (1)• プチバセットグリフォンバンデーン (0)• ベドリントンテリア (0)• ブルマスティフ (0)• ブリタニースパニエル (0)• ブリュッセルグリフォン (0)• マスティフ (0)• ラフコリー (0)• ラサアプソ (0)• ミニチュアブルテリア (0)• レークランドテリア (0)• レオンベルガー (0)• ワイアーフォックステリア (0)• ロットワイラー (0)• ロシアントイテリア (0)• アイリッシュウルフハウンド (0)• ミディアムプードル (0)• ポリッシュローランドシープドッグ (0)• 北海道犬 (0)• ベルジアンシェパードドッグ (0)• ボルドーマスティフ (0)• ボロニーズ (0)• プーリー (0)• ホワイトスイスシェパードドッグ (0)• ベルジアングリフォン (0)• ティーカッププードル (0)• サモエド (0)• コーイケルホンディエ (0)• ケリーブルーテリア (0)• ケアーンテリア (0)• シーリハムテリア (0)• 四国犬 (0)• ジャイアントシュナウザー (0)• ジャーマンポインター (0)• シャーペイ (0)• クランバースパニエル (0)• 紀州犬 (0)• ウェルシュテリア (0)• ウェルシュコーギーカーディガン (0)• イングリッシュスプリンガースパニエル (0)• アメリカンスタッフォードシャーテリア (0)• エアデールテリア (0)• オーストラリアンキャトルドッグ (0)• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ (0)• オールドイングリッシュシープドッグ (0)• オーストラリアンシェパード (0)• スキッパーキ (0)• スタンダードシュナウザー (0)• 日本テリア (0)• ナポリタンマスティフ (0)• 土佐犬 (0)• トイマンチェスターテリア (0)• ニューファンドランド (0)• ノーリッチテリア (0)• ファラオハウンド (0)• ビアデッドコリー (0)• バセンジー (0)• アイリッシュテリア (0)• アーフェンピンシャー (0)• ダンディディンモントテリア (0)• セントバーナード (0)• タイニープードル (0)• チェサピークベイレトリバー (0)• チベタンスパニエル (0)• チャウチャウ (0)• チャイニーズクレステッドドッグ (0)• チベタンテリア (0)• ブービエデフランダース (0)• 北海道• (6)• 青森県 (0)• 岩手県 (0)• 宮城県 (0)• 秋田県 (0)• 山形県 (0)• (1)• (27)• 栃木県 (0)• 群馬県 (0)• (53)• (21)• (158)• (40)• 北信越• 新潟県 (0)• 富山県 (0)• 石川県 (0)• 福井県 (0)• 山梨県 (0)• (1)• 岐阜県 (0)• (29)• (6)• 三重県 (0)• 滋賀県 (0)• 京都府 (0)• 大阪府 (0)• (3)• 奈良県 (0)• 和歌山県 (0)• 鳥取県 (0)• 島根県 (0)• (1)• 広島県 (0)• 山口県 (0)• (4)• 香川県 (0)• 愛媛県 (0)• 高知県 (0)• 福岡県 (0)• 佐賀県 (0)• 長崎県 (0)• 熊本県 (0)• 大分県 (0)• 宮崎県 (0)• 鹿児島県 (0)• 沖縄県 (0).

次の

埼玉県の里親募集&迷子情報|ペットの命

ワイマラナー 里親 ジモティー

毛色の種類• グレー• シルバー• ノロジカ色 ワイマラナーの一般的なカラーはグレーの単色です。 シルバーや赤みがかった灰色のノロジカ、地色に白い斑点が出る犬もあります。 グレーやシルバーのカラーにわずかな白斑は許されますが、白以外の斑は犬種として公認されません。 ワイマラナーの被毛は一種類の毛並みを持つシングルコートで、滑らかで光沢があります。 一般的に温かい地域で生まれた犬はシングルコートの毛並みが多いです。 ワイマラナーの被毛の長さはショートが一般的ですが、ごくまれにロングヘアードのワイマラナーもいます。 親がロングコートの場合、産まれてくる子どもも長毛になりやすい傾向にありますが、ロングヘアードは劣性遺伝とされています。 お手入れ ワイマラナーはシングルコートで抜け毛が少なく、手入れには苦労しませんが、春の換毛期には抜け毛が増えるのでブラッシングをしてあげましょう。 抜けた毛が他の毛に絡まって落ちないでいると、細菌が繁殖して臭いの原因となってしまい、蒸れて皮膚病になることもあり危険です。 ブラッシングで落ちてこない毛を取り除き、風通しの良い状態にしておきましょう。 短毛のワイマラナーには、ピンブラシを使ったブラッシングがおすすめです。 抜け毛が効果的に取り除けるだけでなく、マッサージの効果もあります。 シャンプーは必要なく、週に一回程度濡れタオルで全身を拭いてあげることで十分ですが、ロングコートのワイマラナーは月に1回程度シャンプーをしてあげましょう。 股関節形成不全 ワイマラナーなどの大型犬によく見られる病気として股関節形成不全があります。 骨や関節に大きな負担をかけることで股関節が緩みやすくなる病気で、遺伝的な要素も大きいです。 十分な運動で関節を守る筋肉を正しく育ててあげることが大切になります。 幼年期、若年期は高いところから降りるなど股関節に負担のかかる運動を避け、リスクを減らすためにも障害物のない飼育環境を整えてあげましょう。 階段の昇り降りを嫌がる• 歩幅が小さい• 脚を引きずり、痛がる• 両方の後ろ足を同時に運ぶ、うさぎ跳び歩行をしている 上記の症状が見られた場合は股関節形成不全を疑い、早めに獣医師の診断を受けるようにしましょう。 ワイマラナーの歴史 ワイマラナー(Weimaraner)は18世紀末に誕生したと言われていますが、記録は残っていません。 1890年頃から純血化されていき、19世紀前半にどんな大きさの野生動物でも狩ることができる万能な狩猟犬となりました。 20世紀までは上流階級者のみが飼育できる犬として厳重な管理の下で繁殖されてきたため、貴族以外のハンター達の間では幻の犬だったそうです。 ワイマラナーの犬種名は、18世紀の末、ワイマール地方の貴族達が独占的に飼育していたことから、地名にちなんでつけられました。 ワイマラナーにはもう一つ、「グレー・ゴースト」という異名があります。 森林のなかでグレーの被毛が保護色となり、獲物から見つかりにくいことからついたそうです。 瞳の色が綺麗なブルーでとても印象的ですね、日本ではなかなか見かけることがないですが、立ち姿が凛としていてカッコいい犬種ですね。 ヨーロッパでは猟犬として上流階級のみ飼われていたようですが、現代アメリカなどではドッグスポーツや服従競技会でも大変優秀な成績を収めるようになり人気の高い犬種ようです。 運動量が非常に高い犬種で子犬でも一日2時間の散歩では足りないくらいだそうで運動不足から自傷行為などをする事があり信頼関係を気づくにはたっぷり遊んであげることが必要なようです。 短毛で皮下脂肪が少ない為冬は苦手で服を着せるののもなかなか困難なため室内での温度管理が大切なようです。 大型犬はみんな起きやすい病気なようですが、胃捻転になりやすく食事の後運動は避けた方がよいようです。 実家の近所に飼われていたのがまさにこのワイマラナーちゃんでした。 とにかくりりしくて、スタイルもよく、グレーの色見がシルバーにも見えるほどカッコイイワンコでした。 恐らく毎日の適度な運動によるスタイル維持とこまめなブラッシングでの毛並みのツヤだったんでしょう。 確かに、散歩も朝晩行かれている様子でした。 もの凄い力を持っているのでしっかりとトレーニングされていないと大人でも引きずられそうな勢いでした。 とはいえ、ワイマラナーちゃんは日本であまり飼われているのを見ないのは日本という狭い国でリードに繋がれた状態で飼うのが実際は難しいワンコだからじゃないかと思います。 海外の広大な敷地でノーリードで自由に飼われているイメージがありますよね。 ワイマラナーちゃんに限らず、ある程度の大型犬については性格も違いますが、幼少期のしっかりとした躾やトレーニングは必須です。 この子に限らず、うちの子大丈夫は絶対にありません。 いざとなるとワンコも本性がありますので、急に攻撃的になることもあります。 それは飼い主を守ろうとする為、自分のテリトリーを守ろうとするが故のことでもあります。 それが本来の犬の姿でもあります。 だからこそ、ワイマラナーちゃんのようなワンコを飼う場合は、しっかりと毎日運動できる環境と時間に余裕がある方や躾やトレーニングだけでなく、日々の手入れを怠らないことができる方に飼って頂きたいなと思います。 見た目しっかりしたワンちゃんでもワイマラナーちゃんのように実はお肌がデリケートなワンちゃんもいますのでしっかりとしたケアが大切です!.

次の

ジャックラッセルテリアの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

ワイマラナー 里親 ジモティー

毛色の種類• グレー• シルバー• ノロジカ色 ワイマラナーの一般的なカラーはグレーの単色です。 シルバーや赤みがかった灰色のノロジカ、地色に白い斑点が出る犬もあります。 グレーやシルバーのカラーにわずかな白斑は許されますが、白以外の斑は犬種として公認されません。 ワイマラナーの被毛は一種類の毛並みを持つシングルコートで、滑らかで光沢があります。 一般的に温かい地域で生まれた犬はシングルコートの毛並みが多いです。 ワイマラナーの被毛の長さはショートが一般的ですが、ごくまれにロングヘアードのワイマラナーもいます。 親がロングコートの場合、産まれてくる子どもも長毛になりやすい傾向にありますが、ロングヘアードは劣性遺伝とされています。 お手入れ ワイマラナーはシングルコートで抜け毛が少なく、手入れには苦労しませんが、春の換毛期には抜け毛が増えるのでブラッシングをしてあげましょう。 抜けた毛が他の毛に絡まって落ちないでいると、細菌が繁殖して臭いの原因となってしまい、蒸れて皮膚病になることもあり危険です。 ブラッシングで落ちてこない毛を取り除き、風通しの良い状態にしておきましょう。 短毛のワイマラナーには、ピンブラシを使ったブラッシングがおすすめです。 抜け毛が効果的に取り除けるだけでなく、マッサージの効果もあります。 シャンプーは必要なく、週に一回程度濡れタオルで全身を拭いてあげることで十分ですが、ロングコートのワイマラナーは月に1回程度シャンプーをしてあげましょう。 股関節形成不全 ワイマラナーなどの大型犬によく見られる病気として股関節形成不全があります。 骨や関節に大きな負担をかけることで股関節が緩みやすくなる病気で、遺伝的な要素も大きいです。 十分な運動で関節を守る筋肉を正しく育ててあげることが大切になります。 幼年期、若年期は高いところから降りるなど股関節に負担のかかる運動を避け、リスクを減らすためにも障害物のない飼育環境を整えてあげましょう。 階段の昇り降りを嫌がる• 歩幅が小さい• 脚を引きずり、痛がる• 両方の後ろ足を同時に運ぶ、うさぎ跳び歩行をしている 上記の症状が見られた場合は股関節形成不全を疑い、早めに獣医師の診断を受けるようにしましょう。 ワイマラナーの歴史 ワイマラナー(Weimaraner)は18世紀末に誕生したと言われていますが、記録は残っていません。 1890年頃から純血化されていき、19世紀前半にどんな大きさの野生動物でも狩ることができる万能な狩猟犬となりました。 20世紀までは上流階級者のみが飼育できる犬として厳重な管理の下で繁殖されてきたため、貴族以外のハンター達の間では幻の犬だったそうです。 ワイマラナーの犬種名は、18世紀の末、ワイマール地方の貴族達が独占的に飼育していたことから、地名にちなんでつけられました。 ワイマラナーにはもう一つ、「グレー・ゴースト」という異名があります。 森林のなかでグレーの被毛が保護色となり、獲物から見つかりにくいことからついたそうです。 瞳の色が綺麗なブルーでとても印象的ですね、日本ではなかなか見かけることがないですが、立ち姿が凛としていてカッコいい犬種ですね。 ヨーロッパでは猟犬として上流階級のみ飼われていたようですが、現代アメリカなどではドッグスポーツや服従競技会でも大変優秀な成績を収めるようになり人気の高い犬種ようです。 運動量が非常に高い犬種で子犬でも一日2時間の散歩では足りないくらいだそうで運動不足から自傷行為などをする事があり信頼関係を気づくにはたっぷり遊んであげることが必要なようです。 短毛で皮下脂肪が少ない為冬は苦手で服を着せるののもなかなか困難なため室内での温度管理が大切なようです。 大型犬はみんな起きやすい病気なようですが、胃捻転になりやすく食事の後運動は避けた方がよいようです。 実家の近所に飼われていたのがまさにこのワイマラナーちゃんでした。 とにかくりりしくて、スタイルもよく、グレーの色見がシルバーにも見えるほどカッコイイワンコでした。 恐らく毎日の適度な運動によるスタイル維持とこまめなブラッシングでの毛並みのツヤだったんでしょう。 確かに、散歩も朝晩行かれている様子でした。 もの凄い力を持っているのでしっかりとトレーニングされていないと大人でも引きずられそうな勢いでした。 とはいえ、ワイマラナーちゃんは日本であまり飼われているのを見ないのは日本という狭い国でリードに繋がれた状態で飼うのが実際は難しいワンコだからじゃないかと思います。 海外の広大な敷地でノーリードで自由に飼われているイメージがありますよね。 ワイマラナーちゃんに限らず、ある程度の大型犬については性格も違いますが、幼少期のしっかりとした躾やトレーニングは必須です。 この子に限らず、うちの子大丈夫は絶対にありません。 いざとなるとワンコも本性がありますので、急に攻撃的になることもあります。 それは飼い主を守ろうとする為、自分のテリトリーを守ろうとするが故のことでもあります。 それが本来の犬の姿でもあります。 だからこそ、ワイマラナーちゃんのようなワンコを飼う場合は、しっかりと毎日運動できる環境と時間に余裕がある方や躾やトレーニングだけでなく、日々の手入れを怠らないことができる方に飼って頂きたいなと思います。 見た目しっかりしたワンちゃんでもワイマラナーちゃんのように実はお肌がデリケートなワンちゃんもいますのでしっかりとしたケアが大切です!.

次の