楽天カード エネオス。 エネオス(ENEOS)とTカード&楽天カードは相性抜群。Tポイントが使えてT会員価格で給油

楽天カードとENEOSカードはどっちがお得?損益分岐点を徹底解説!

楽天カード エネオス

ガソリン ガソリンの消費量は年々低下しているようです。 日本でもEV車も増えてきて、純粋なガソリン車は減っているようです。 ヨーロッパでは、EV車競争が激しくなっているようです。 フランス環境相は、2040年には、ガソリン車・ディーゼル車の生産・販売を禁止し、EV車のみを販売するという声明を出すほどです。 そんなこともあってか、 JXTGエネルギーは、2019年度中には、エッソ・モービル・ゼネラルの 各ブランドをエネオスに統一することが発表されました。 ブランドを統一して、競争力を上げるという種子のようです。 エネオスのシェアは、4割を超えています。 私の利用しているSSは、エネオスです。 周りにあるSSはエネオスばかりです。 必然的にエネオスになります。 一般価格、Tカード会員価格(会員価格)、価格。 一番高いのは一般価格で、一番安いのはENEOSカード価格です。 一般価格:123円 Tカード会員価格(会員価格):120円 ENEOSカード会員価格:119円 大体このような価格差になっていることが多いです。 ENEOSカードはお得か? 上記のように、ENEOSカードが一番安いことが多いわけですが、Tカード会員価格でも十分です。 (Tカードとの併用不可。 ) ということは上記の場合117円になるということでしょうか? その通りです。 (カード利用のポイントはつきません。 ) 結果3円の差が出ます。 缶コーヒー1本分です。 しかし、Tカードを提示(還元率は0. その差は、48円です。 1円差とそれほど変わらないことになります。 さらにTポイント3倍キャンペーンなどを行なっている日があるのでその日に入れると、還元率2. ENEOSカード払いで、3円差が出るところが、差が0円になりました。 こうなるとの場合は、Tカードとクレジットカードを使った支払いと大差がないのです。 ENEOSカードには他にも種類がありますが、年会費がかかってくるので、メインカードとして使わずにガソリンカードとして割り切って利用すると、年会費分損をします。 となると、新しく作るほどの大したメリットがないのです。 Tポイントと既存のクレジットカードのポイントを貯めて、支払いカードをまとめた方が無難な気がします。 楽天カード は、エネオスとの提携カードとなっていて、ポイントが2倍になります。 ENEOSカードと同様にこの独自の提携サービスがあるためにTカードとの併用は不可です。 一見悪くないように思えます。 実際、を利用している人も多いでしょう。 私もその一人でした。 しかし、での支払いの場合、ガソリン価格が一般価格になってしまうことが多くなっています・・・。 一番高い価格です。 上記の例では123円ということです。 これでは、ポイント2倍というメリットがあっても、Tカード会員価格にかなわないか、同等ぐらいです。 Tカードを提示するだけのことのほうが、の提携サービスより勝るのです。 こんなことでは全く使う気になりません・・・。 SSによって対応が異なる 以前は、でもTカード会員価格で給油できるSSが近所に存在していました。 1番近いエネオスのSSでもTカード会員価格になりましたが、急に一般価格になりました。 支払いだけ人対応のセルフSSでしたが、このカードでは割引価格で入れられなくなりましたと言われました・・・。 普段利用するSSを変更せざるを得なくなりました。 いくつかSSを巡り、新しく利用し始めたちょっと遠めのSSでは、まだでも会員価格で給油することができました。 完全セルフのSSで精算は精算機です。 機械的な判断ででも会員価格になっていたということです。 同僚が近所に住んでいて、同僚もで精算していましたが、やはり同僚が利用していたSSも割引が効かなくなったようです。 タイミングがほとんど同じだったので、この地域で一気にの扱いを切り替えた感じがあります。 私も同僚もSSを変更したわけですが、またここへきて、変更先SSがでの会員価格をやめました・・・。 精算機に張り紙が張られ、「では、Tカードとの併用ができず、会員価格にはなりません」というような趣旨の案内がありました・・・。 わざわざ、名指しでの注意喚起なので、問い合わせが多いのでしょうね。 ユーザーの多さを感じます。 突然のことにクレームも多そうですが、なぜこういうことになるのでしょう。 以前はTカードなど関係なく会員価格で給油できていたわけですから、サービスの改悪です。 おそらく自社で発行しているの価値を高めるためでしょう。 他社のカードで自社のカードよりもお得なものが存在してしまうことが邪魔なんでしょうね。 すべてのSSでが一般価格になってしまうかは分かりません。 しかし、私の生活圏ではもうの優位性はありません。 もう、エネオスででガソリンをいれることはないでしょう・・・。 結論 を使っていくべく、会員価格で給油できるSSを探して利用してきたわけですが、これ以上遠くで、あるかも分からない会員価格で入れられるSSを見つけるのは厳しいです。 ということで、でガソリンを入れるのはやめます。 上記に書いたように、以外でなるべく安く給油する方法は、Tカードとクレジットカードの併用です。 そこで、私が使い始めたのがです。 Tカード付きのクレジットカードで、還元率は1%。 Tポイントと合わせて1. 5%の還元になります。 Tカード付きのカードなので、この1枚で精算が済みます。 もともと所持していたカードでしたし、選択肢としては無難だと思っています。 これからはで給油します! これが私の結論です。 みなさんはどうされます? toshinan.

次の

ENEOSにおける楽天カード優待が改悪!2019年7月から貰える楽天ポイント数が変更になり、最大1.5倍に減額されます。

楽天カード エネオス

変更後• 楽天カード利用分…100円=1P 1%• 加盟店利用ポイント…200円=1P 0. 5% 合計還元率1. 5% 給油や洗車、オイル交換等でいつでもポイント2倍を獲得出来てたのが、0. 5%少なくなりました。 改悪するのは楽天カードだけじゃない ENEOSの還元率が半減するのは楽天カードだけではありません。 ENEOSが特約店のクレジットカードのほとんどが還元率に変動があり、中にはポイント還元自体なくなってしまうカードもあります。 カード名 2019年6月まで 2019年7月から 楽天カード 2倍 1. 5倍 東急カード ポイント追加 e-kenet VISAカード ポイント追加 ダイワプライマリーカード ポイント追加 ちなみに dカードも同じく1. 5%に半減します。 楽天カードやdカードは還元率が0. 5%減ってしまいますが、 東急カードやみずほマイレージクラブカードは優待そのものが無くなってしまうので、ENEOSでポイントを貯めてた人は注意が必要です。 利用特典に変動のないカードもあり、下記のカードは引き続きENEOSでポイント優待が受けれます。 セブンカードのポイント還元率• 決済ポイント…200円=1ポイント 還元率0. 加盟店利用ポイント…200円=1ポイント 還元率0. 5% 合計還元率1% 通常の還元率が0. 5%なのでポイント2倍といっても 還元率1%とそれほど高くなく、です。 ただ、普段セブンイレブンやイトーヨーカドーによく行く人で、ENEOSにもたまに行くという人にはセブンカードが向いてます。 7月からはどのカードがお得になる? 2019年7月からは、セブンカード、ビューカード、JALカードの3枚が ポイント2倍となりますが、元々カード自体の還元率が低いとポイント2倍と言っても大した還元率になりません。 ENEOSでの還元率を比較してみました。 カード名 年会費 ENEOSでの還元率 永年無料 1. 5%で1番お得な上に楽天カードだけが年会費無料なので、維持費が全くない楽天カードが1番お得です。 さらに詳しい、はこちらで確認できます。 ENEOSカードと楽天カードの比較 ENEOSでお得に給油できるガソリンカードと言えばENEOSカードですが、ポイント還元が無い代わりにガソリン1Lあたり2円引きの優待があります。 楽天カードやdカードなど他のクレジットカードではポイント還元なので、受けれる還元方法や単位が違います。 楽天カードとENEOSカードのポイント還元の違い• 楽天カード…1. 5%割引• ENEOSカード…1Lあたり2円引き 1Lあたりのガソリン価格が高ければ高いほど楽天カードやdカードの方がお得になり、逆に安くなればENEOSカードSの方がお得です。 ガソリン単価 1Lあたり 楽天カード 1. 5%引き ENEOSカード 2円引き 130 128. 05 円 128 131 129. 03円 129 132 130. 02 円 130 133 131. 00円 131 134 131. 99円 132 135 132. 97円 133 1Lあたり134円が楽天カードとエネオスカードの損益分岐点です。 結局どっちの方がお得かはガソリン価格次第で、ENEOSカードは他のガソリンスタンドでは2円引きにならないので、毎月必ずENEOSで給油するという人にはENEOSカードの方がお得に給油できる可能性が高いです。 他の加盟店でもポイントを貯めたい人や車の利用頻度が低い人、 ENEOSはたまにしか使わないという人は、楽天カードの方が向いてます。 まとめ 楽天カードとdカード共に0. 5%のポイントが減りますが、元々カード自体の還元率が高いのでお得な事には変わりありません。 2019年7月からポイント優待が受けれなくなるカードも多いので注意が必要です。 ENEOSでポイント優待が受けれるカードは以下の8枚だけです。

次の

ガソリンスタンドで楽天ポイントが貯まるのは?エネオス?出光?コスモ石油?

楽天カード エネオス

現在、ガソリンスタンド大手のENEOSでは楽天カードやdカードなどのクレジットカードと提携をし、追加でポイントを付与する「特別提携」を行っているのですが、この内容が2019年7月より大幅に改悪されるようです。 ENEOSが公式ページにて発表しました()。 お知らせ 2019年7月より対象カードおよび一部特典が変更となります。 ENEOSでのポイント還元率悪化について: 獲得可能な楽天ポイントが減額: 早速、気になるその変更内容は…というと下記の通り。 カード名 2019年6月まで 2019年7月以降 楽天カード ポイント2倍 ポイント最大1. 5倍 dカード ポイント2倍 ポイント最大1. 5倍 エディオンカード ポイント1. 5倍 ポイント割増なし みずほマイレージクラブカード ポイント2倍 東急カード ポイント追加 Diaカード ポイント2倍 JR東海エクスプレスカード ポイント2倍 e-kenet VISAカード ポイント追加 マツダ M'z PLUSカード ポイント2倍 セディナ 首都高カード ポイント2倍 ダイワプライマリーカード ポイント追加 ご覧のように楽天カードやdカードといったクレジットカードについては割増分が減額されるだけで済みますが、東急カードやエディオンカード、みずほマイレージクラブカードなどのクレジットカード利用者については優待そのものが終了してしまうので、利用の際はくれぐれもご注意ください。 お得だと思っていたらまったくお得じゃなかった…なんてことになりかねません。 楽天カードとdカードのポイント還元率は最大1. 5倍に改悪 ポイント最大1. 5倍とはどういう意味? あと2019年7月以降、楽天カードやdカードのポイント還元率が「最大1. 5倍」になる理由は、ポイント付与の計算方法が変則的になるため。 現在:100円あたり2ポイント付与• 今後:100円あたり1ポイントに加え、200円あたり1ポイントの特別加算あり 要するに200円単位で給油した場合のポイント還元率は1. 5倍で問題ないのですが、300円や500円といった、100円分の端数が出る金額で給油すると特別加算分の1ポイントがもらえずに還元率が1. 5倍以下になってしまうので、誤解を招かぬようポイント最大1. 5倍という表現を使っているようです。 まぁ確かに…という感じですが、私たちカード利用者側からすればポイント1. 5倍に変更になる認識で大丈夫でしょう。 大した差はありません。 JALカード特約店等は変更なし: ちなみに。 ENEOSによる特別提携クレジットカードの改悪によって多くのクレジットカードが優待終了という形となりましたが、 JALカードやANAカードの優待については2019年7月以降も改悪なしで継続するとのこと。 JALカード:マイル2倍• ANAカード:マイル追加 また、新規でセブンカード・プラスがENEOS 特別提携クレジットカードの仲間入りを果たすようなので、こちらはちょっとした「改善」となりました。 セブンカード・プラスが新たに仲間入り 正直、お得かどうかでいうと微妙なラインとなりますが、JALカードや楽天カード等をお持ちではない方はセブンカード・プラスでの決済をご検討ください。 Tポイントカードを提示した場合と差がなくなった: 前述のようにENEOSにおける楽天カード&dカードのポイント還元率は最大1. 5%に改悪されることになったわけですが、この1. 5%という数字は、楽天カードやdカードの基本ポイントである1. 0%分の還元率を含んだ数字なんですよね。 つまり実質的にENEOSで受けられる優待としては、0. 5%分の特別加算のみになるということ。 こうなると楽天カードやdカードを使わずにTポイントカードを提示した場合に受けられるポイント還元率とまったく同じ還元率となってしまうので、他に使いたいクレジットカードを持っている方はあえて楽天カードやdカードを使わなくてOKです。 楽天カードへの特別加算:200円あたり1ポイント• dカードへの特別加算:200円あたり1ポイント• Tポイントカード提示:200円あたり1ポイント ご利用の際の参考にどうぞ。 ENEOSカードを普及させたい思惑あり: 最後に。 今回、なぜENEOSが特別提携クレジットカードを見直して、ポイント付与率の大幅改悪をしたのか…というと、これはやはり自社クレジットカードであるENEOSカードを普及させたい思惑があるから。 というのも今まではなぜか、自社カードであるENEOSカードよりも楽天カードで支払いをしたほうがお得…なんてケースもちらほらあったんですよね。 それじゃなんのための自社カードなのかわからないので、ENEOS側がその矛盾を改善しようとした可能性は高そうな気がします()。 楽天カード払いが増えすぎた弊害も?: 加えて世の中全体における楽天カードの発行枚数が増えたことによって、ENEOSのガソリンスタンドで楽天カードを使う人が増えた…という背景もありそうな感じ。 下手するとENEOSカード以上に楽天カードを使う比率が高かった可能性すらあるので、楽天カードの魅力を低下させることでその比率を改善したかったのかもしれません。 今まで:楽天カードがお得だからENEOSカード作成は不要• 今後:楽天カードがお得じゃなくなったのでENEOSカードが必要に さてさて効果はどう出るか、引き続き当サイト『』ではその動向を追いかけていきたいなと思います。 以上、ENEOSにおける楽天カード優待が改悪!2019年7月から貰える楽天ポイント数が変更になり、最大1. 5倍に減額されます…という話題でした。 参考リンク: ENEOSや出光といったガソリンスタンドでお得なクレジットカードを作りたい…という方は下記記事も参考に。 ガソリン代の節約に繋げられるおすすめカードを紹介しています。 cardmics.

次の