行政書士試験 資格。 行政書士試験の合格率・難易度とは?必要な学習時間まで解説 受験者数や受験費用について|コラム|行政書士|資格取得なら生涯学習のユーキャン

行政書士試験!一般知識必ず6問とる方法★対策とは?

行政書士試験 資格

<試験までの残りの日数による目安の勉強時間の例> ・試験までの日数:300日の場合 平日1時間、土日4. 5時間 ・試験までの日数:200日の場合 平日1. 5時間、土日6. 5時間 どうでしょうか? 本記事の筆者のスタンスは、法律初学者は 1年間を勉強期間として確保することをおすすめします。 なぜなら、 記憶の定着にはある程度の時間がかかるからです。 また、 あと残り1問や2問で不合格になることは絶対に避けたいので、そうならないためにも1日でも早く勉強を開始する決意をしましょう。 行政書士試験は通信講座を活用して勉強の効率をあげよう 行政書士試験は独学でもなんとか合格が可能な試験です。 しかし、独学の場合には学習計画を自分で考えなければいけないですし、教材も全て自分で選択する必要があります。 そのため、 計画や教材選びの方向性が間違えている場合には勉強効率が悪くなっていることに気が付かないまま試験日だけが近づいてくる可能性があります。 一方で、 通信講座を利用する場合にはカリキュラムや教材が用意されているので、あとはそれに従って勉強を行えば正しい方向で勉強が可能で効率的です。 通信講座はどこを選べばよいかわからない方向けに、筆者おすすめの通信講座をで詳述しておりますので、ご覧ください。 法律科目だけを学習するだけでは合格できないということですね。 ちなみに意外と一般知識等の問題で4割以上の得点を取ることは難しいです。 行政書士試験の受験者数と合格率の推移 上記は近年の行政書士試験の受験者数と合格率の推移です。 受験者数はここ数年減少傾向で、合格率は徐々に上がってきている傾向です。 受験者数が減少していく傾向であれば、今後も合格率は10%以上で推移していくのではないでしょうか。 ちなみに合格率は上昇傾向となっていても、 やはり国家資格となるので難易度は決して易しくはないのでしっかり勉強していきましょう。 続いて他の国家資格との比較でみていきましょう。 行政書士試験の難易度をほかの資格と比較する 上記は、「 」の記事で紹介している、各科目の難易度比較と勉強時間の比較となります。 上記も踏まえて、合成書士試験と他の試験との難易度を比較していきます。 「 中小企業診断士>行政書士>宅地建物取引士」 僕がすべての資格を受験してきて、難易度を比較すると上記のようになります。 ここでの難易度というのは、 合格までにどれくらい苦労したかということも基準に入れて比較しています。 中小企業診断士との比較 合格までに必要な勉強時間 行政書士:600時間 中小企業診断士:1,000時間 各問題の難しさや内容の深さについては行政書士試験の方が難しいです。 また、行政書士試験はとにかく一問一問の内容の深さがあります。 対して、中小企業診断士は広範囲の内容について浅く学んでいくような試験になっています。 中小企業診断士は1次試験は7科目(択一試験)、2次試験(論述試験)と試験の合格までの道のりが長く、論述試験も行政書士と比較して記述量がとても多いです。 ですので、中小企業診断士の方が合格までにかかる勉強時間や2次試験まであり、非常に広範囲の知識を知る必要があることから、行政書士試験は中小企業診断士と比較すれば少々易しいです。 宅地建物取引士との比較.

次の

【行政書士試験】合格までの勉強法★全て教えます!!

行政書士試験 資格

行政書士試験に合格する 行政書士になるためのもっともオーソドックスな方法は、行政書士試験に合格して資格登録することです。 行政書士試験に受験資格はなく、どなたでもチャレンジできます。 ただし、行政書士試験に合格しても、未成年者や成年被後見人・被補佐人、懲戒処分を受けた公務員、禁固刑以上の刑を受けた者など、行政書士法第2条の2(欠格事由)に該当する対象は資格登録が認められません。 試験は、例年11月の第2日曜日に実施されます。 試験科目は憲法・民法・行政法・商法などの法例や、政治経済・社会などの一般常識から計60問が出題されます。 試験の方法は筆記試験のみ。 択一式が中心ですが、一部で記述式の問題も含まれます。 行政書士試験の合格率は、平均約10%です。 10人にひとりの確率ですが、難易度としては弁護士や司法書士、税理士、社会保険労務士などと比べてやさしめです。 受験者の属性 行政書士は実務で法律知識を必要とする関係上、法学部出身が多い傾向です。 試験も法律科目が中心のため、法学部出身で各種法令や判例に関する知識があると有利です。 もちろん、法学部出身でなくても受験可能であり、他学部出身で試験に合格した受験者も少なくありません。 令和元年度の行政書士試験受験者数は39,821名。 このうち男性が28,472名で、女性が11,349名です。 合格者4,571名の内訳は、男性3,505名、女性1,066名となっています。 受験者データをみると男性の割合が高いのですが、昨今は女性行政書士の活躍も目立ちます。 行政書士事務所で働く女性補助者も多い一方、独立開業して事務所を経営する女性ももちろんいます。 関連記事:• 関連記事: 試験以外のルート 行政書士になるためのルートは、試験合格だけではありません。 行政書士法第2条(資格)では、次に該当する場合は行政書士として活動できるとしています。 弁護士資格を有する者• 弁理士資格を有する者• 公認会計士資格を有する者• 税理士資格を有する者• 公務員でかつ規定の事務を20年以上(場合によっては17年以上)経験した者 上記資格を持つ専門家は、試験を受けずとも行政書士資格の登録が認められ、さまざまな業務を担当できます。 また、国・地方公共団体や独立行政法人などで行政事務を担当してきた公務員経験者の中には、退職後に行政書士事務所を開業するケースもみられます。 関連記事:• 関連記事:• 関連記事:• 関連記事:• 関連記事: 一般的には、試験を受験する方法がほとんど 特例として、他の専門資格を持てば行政書士としての活動が認められるわけですが、行政書士試験を受験するという方法がもっともポピュラーで、そのほうがはやく現実的ともいえるでしょう。 そのため、ほとんどの行政書士候補者が本試験を受けることになり、合格するための試験勉強が避けられないことになります。 試験勉強は、独学で進める方もいれば、専門の通信講座を受講する方、あるいは資格系スクールに通う方もいるなど、さまざまな方法が選ばれています。 行政書士試験は法律の専門知識を問うだけに、初学者が独学でチャレンジするのは少しハードルが高いかもしれません。 いずれの方法を選ぶにしても、必要な学習量と学習時間、適性などを考慮してトータル的に判断することが重要です。 関連記事:• 関連記事:.

次の

行政書士試験の合格率・難易度とは?必要な学習時間まで解説 受験者数や受験費用について|コラム|行政書士|資格取得なら生涯学習のユーキャン

行政書士試験 資格

行政書士とは? 行政書士はどんな仕事をするの? 一言で言えば 行政書士は「許認可申請のスペシャリスト」です。 以前は 代書人と言われていて 書類作成をするというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は権利義務が発生して トラブルが発生しないようにスムーズに行うのが行政書士です。 例えば何かの 建物を建てる場合や営業の許可が必要な場合、さらには相続などの遺産分割や資格証明など様々あります。 法務的な観点から行政書士が 相談に応じてアドバイスをしたり、インターネットによる手続き業務も増えており外国の出入国など参入が少ない分野などがあったりと仕事の幅はかなり広いです。 トラブルの発生防止 弁護士は事後の紛争を扱うのが主なのに対して、行政書士は 紛争が起きないように事前の対応をするのが仕事です。 行政書士のメリットや将来性 仕事の幅が広いため1人の行政書士が扱う分野は限られてしまいます。 そのため行政書士が増えたところで行政書士の仕事はなくなることはありません。 司法書士や社会保険労務士として独立する場合は行政書士を取って開業する方が仕事がしやすいなど、行政書士は取っておいて損はなく、 独立開業を視野に入れている人は取っておくべき資格です。 独立だけでなく、幅広い業務ができることから 就職・転職においても有利に進めることができます。 行政書士を取るには? 行政書士試験に合格する必要があります。 行政書士試験には受験資格はなく誰でも受験するすることができます。 試験は毎年11月に行われ、申込期日は8月下旬となっています。 試験時間は13:00~16:00の3時間 行政書士の合格率の推移 年 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 2013年 70,896 55,436 5,597 10. 年代別の合格率 (2016年) 年代 受験者数 合格者数 合格率 10代 572 50 8. 通常の試験は若いほど合格率が高い傾向にありますが、行政書士試験においては少し違うようですし、年代が高いからと極端に合格率が低いともいえません。 性別の合格率 (男性) 年 受験者数 合格者数 合格率 2015年 32,768 4,429 13. 2017年度 受験者:最年少9歳、最年長93歳 合格者:最年少18歳、最年長75歳 行政書士まとめ 以上、行政書士の仕事と合格率を紹介しましたがいかがだったでしょうか? 合格率はそれほど高くはありませんが、誰でも受験できる事や 将来的に使える資格であり、最初に取り組む人が多い人気の資格試験です。 ただし、 行政書士試験は法曹の登竜門的な位置にあるため、法学部の方などが受験する機会が多いことなどもありここ最近は難しくなってる試験です。 簡単に思われている方も多いようですが、 合格するためには6ヶ月~1年程度しっかり勉強する必要があります。 価値のある資格なので挑戦してみてはいかがでしょうか? 専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。 行政書士試験に合格したい人におすすめの「専門学校」 1.伊藤塾 司法試験合格者の70%以上は伊藤塾生となっているため、 難関の法律学校といえば「伊藤塾」というくらい有名です。 講師のキレのある 講義、長年のノウハウに基づいて作られた テキスト、そして合格するために最適な スケジュールと3拍子揃っており非の打ち所のない講座となっています。 合格したい人はここに行かないでどこに行くのかというくらいおすすめです。 受講料金も知名度のある 大原とは思えない安さとなっています。

次の