五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川。 五月雨を

【五月雨を集めてはやし最上川】俳句の季語や意味・表現技法・作者など徹底解説!!

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

松尾芭蕉 まつおばしょう 生年月日 1644年0月0日 没年月日 1694年 年齢 「俳聖」として世界的にその名を知られる江戸時代前期の俳諧師。 民衆文芸だった俳諧を形式・内容ともに芸術として完成させ「蕉風」と呼ばれる句風を確立した。 幼名は金作、通称は甚七郎、甚四郎、名は忠右衛門宗房。 俳号としてははじめ実名の宗房を、次いで桃青、芭蕉と改めた。 父は伊賀の土豪一族出身。 長じて京にいた俳人・北村季吟に師事し俳諧の道に入り、29歳の時に初句集『貝おほひ』を上野天神宮に奉納した。 その後、江戸へ下り日本橋、次いで深川に居を構え多くの作品を発表した。 1684年8月には『野ざらし紀行』の旅に出、伊賀、大和、吉野、山城、美濃、尾張をまわり木曽、甲斐を経て翌年4月に江戸へ戻った。 1687年1... 江戸をもっと深く知る 現代に続いているあの人物達の血縁 話題ごとに江戸の人物や名言をまとめて見る 出身別にみるとわかる江戸の有名人達の共通点 生まれた・亡くなった人物/偉人を日付別にみる 亡くなった年齢ごとに人物/偉人を見る 教科書には載ってなかった偉人の意外な一面 有名な事件・出来事が起こった場所 江戸をテーマにした映像作品 イメージ通りの人物を演じた俳優たち アニメ・ゲームで見つかる江戸の新たな魅力 人物の新たな魅力を演じる声優たち 江戸ガイドブログ最新記事 3月16日: 3月15日: 12月28日: 12月16日: 10月14日: 10月12日: 10月12日: 10月6日: 8月21日: 8月20日: 8月19日: 8月17日: 8月16日: 8月15日: 8月14日: 他の時代を知る 戦国時代の武将/大名・名言・画像・子孫を網羅した総合サイト 幕末志士の写真・子孫・名言を徹底紹介した幕末総合サイト 明治時代の人物・名言・画像を網羅した総合サイト 大正時代の人物・名言・子孫を網羅した総合サイト 昭和時代の人物・名言・名作を網羅した総合サイト.

次の

奥の細道最上川

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

斬新な音表現を使った、松尾芭蕉の有名な俳句その1 「 古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音」 (意味: 古い池に蛙が飛び込み、水の跳ねる音が聞こえる) 芭蕉の俳句でもっとも有名なものではないでしょうか。 この句が詠まれたのは1686年、芭蕉43歳のとき。 季語は春を表す「 蛙」です。 多くの弟子を家に集め、「蛙」をテーマにした会を開いた時に、この句は詠まれました。 蛙が古い池に飛び込んだ様子を詠んだ単純な句なのですが、音を強調した点が当時としてはとても斬新でした。 それまで「蛙」をテーマにするときは、その鳴く姿に焦点が当てられることが多かったのですが、芭蕉は蛙が飛び込むときの「ポチャッ」という音に注目したのです。 人間のはかなさを詠んだ、松尾芭蕉の有名な俳句その2 「 夏草や 兵どもが 夢の跡」 (意味: 夏草だけが生い茂っている。 ここはかつて奥州藤原氏が栄華を誇った場所だ) 1689年3月、芭蕉は旅に出ます。 この旅はのちに『おくのほそ道』としてまとめられました。 江戸を出て北上し、東北・北陸地方を巡って、8月下旬には終着点の大垣(現在の岐阜県大垣市)に着いています。 この句は5月、 平泉(現在の岩手県)を訪れたときに詠まれた句です。 この平泉という地は、平安時代に奥州藤原氏と呼ばれる一族が栄華を誇った場所として知られています。 芭蕉は、金箔を張り巡らせたお金色堂で知られる中尊寺などの奥州藤原氏の屋敷跡などを巡りました。 田畑に変わり果て、ただ夏草だけが茂る屋敷跡を見渡して、芭蕉はこの地で栄華を誇った者や、そこに仕えて功名を競い合った武士たちの姿を思い浮かべつつ「すべては短い夢のようだ」と儚んだのです。 スポンサードリンク ふたつの「最上川」を意味する、松尾芭蕉の有名な俳句その3 「 五月雨をあつめて早し最上川」 (意味: 五月雨を集めてきたように流れが早いなぁ、最上川は) こちらも『おくのほそ道』の旅で詠まれた句です。 季語は梅雨に降り続く長い雨を表す「 五月雨」です。 ちなみに旧暦の夏は4~6月にあたり、このうち5月が梅雨の時期に該当しています。 さて、平泉を訪れたあと、芭蕉は現在の山形県に入ります。 最上川を下るため、大石田という港で川を下るのに最適な天候を待っていたところ、地元の人に頼まれて俳諧の会を開きました。 実はこのとき、芭蕉は「五月雨をあつめて涼し最上川」と詠んでいます。 最上川が、涼しい風を運びながら穏やかに流れる様子を表現しています。 しかしその後、実際に最上川を船で下ったところ、激流であるうえに難所続きで大変な目に遭い、思わず「あつめて早し」に変えてしまったのです。 よっぽど怖かったのかもしれませんね。 心象風景を描いた、松尾芭蕉の有名な俳句その4 「 荒海や 佐渡に横たふ 天の河」 (意味: 海は荒れているが、佐渡島の島影の上には天の川が横たわっている) 続けて『おくのほそ道』より7月の句をご紹介します。 季語は「 天の河(天の川)」という秋の季語です。 芭蕉は現在の山形県域を東から西へと横断し、日本海へ出た後は南下しました。 7月に現在の新潟県・出雲崎に着き、この句が詠まれたとされています。 とてもスケールの大きな句で、『おくのほそ道』に掲載されている俳句の中でも名句とされています。 佐渡島は古くから流刑の島であり、権力争いに敗れた天皇や貴族も流されました。 「荒れる海の向こうの佐渡島」は彼らの悲劇をイメージさせます。 ところで、この句は芭蕉の心象風景、つまり想像でつくった句といわれています。 理由は2つ。 ひとつは、旧暦7月に天の川が佐渡島に横たわるようには見えないこと。 もうひとつは、この旅に同行した弟子の日記によると、出雲崎にいたときは雨が降っていたと記されていることが挙げられます。 しかし、このことは芭蕉の構成力がすぐれていることの現れともいえます。 俳句への執念を描いた、松尾芭蕉の有名な句その5 「 旅に病(やん)で 夢は枯野を かけ廻(めぐ)る」 (意味: 旅先で病気にかかっても、夢の中では草木が枯れた冬の野をかけめぐっている) 1694年5月、芭蕉は江戸を出発し、故郷の伊賀上野へ向かう旅に出ます。 京や奈良を巡った後の9月、芭蕉は不仲になった2人の弟子の間を取り持つために大坂へ向かいます。 弟子のひとりの家に泊まり、仲直りをするように説得した芭蕉ですが、なかなか自分の言う事を聞き入れてもらえません。 このことが原因だったのか、芭蕉は体調を崩し、10月には知人が貸してくれた家で寝込んでしまったのです。 この時、芭蕉が寝床で詠んだのが上記の「旅に病んで〜」の句です。 季語は冬を表す「 枯野」です。 病に倒れてもなお、俳句を詠む芭蕉の執念に心打たれます。 しかも、中と下の句をどうすべきか悩んでいたそうです。 2つ目と3つ目の「夢は枯野をかけ廻る」は、その執念の表れといえるでしょう。 この句を詠んで4日後、芭蕉は50歳でこの世を去りました。 スポンサードリンク この記事のまとめ 今回は、 松尾芭蕉が詠んだ有名な俳句を、その意味も含め5つに絞ってご紹介しました。 「古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音」 「夏草や 兵どもが 夢の跡」 「五月雨をあつめて早し最上川」 「荒海や 佐渡に横たふ 天の河」 「旅に病(やん)で 夢は枯野を かけ廻(めぐ)る」 こうした一つひとつの句にあるさまざまなエピソードを知ると俳句が理解しやすくなるのはもちろん、松尾芭蕉の人となりもわかる気がしますね。 関連記事(一部広告含む).

次の

五月雨をあつめて早し最上川 :塾講師 小田原漂情 [マイベストプロ東京]

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

梅雨の季語を使った俳句 梅雨の季節を詠んだ俳句は相当にたくさんあります。 下に紹介していきますので参考にしてください。 青梅に 手をかけて寝る 蛙哉 (小林一茶) 有名な俳人、小林一茶の句です。 季語は「青梅」です。 一茶はか弱いものや小さなものに優しい視点を当てた俳人として有名ですね。 梅雨晴れの 夕茜して すぐ消えし (高浜虚子) 高浜虚子の句です。 季語は「梅雨晴れ」。 梅雨の合間に晴れてほんの少しだけ見えた夕焼けを惜しむ気持ちが伝わってきます。 紫陽花に 雫あつめて 朝日かな (加賀千代女) 季語は「紫陽花」です。 紫陽花は白、紫、ピンクなど様々な色のものがあることから「八仙花」とか「七変化」などとも呼ばれます。 美しき 黴や月さし ゐたりけり (加藤楸邨) 季語は「黴」です。 私達が嫌う黴の中にも美しさを見出して詠んだ句です。 いろんな視点があるものですね。 紫陽花や 帷子時(かたびらとき)の 薄浅黄(うすあさぎ) (松尾芭蕉) 言わずと知れた松尾芭蕉の句です。 季語は「紫陽花」です。 紫陽花の花が咲いている様子を帷子を着ていることに模して季節感を出しています。 紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘 (正岡子規) こちらも有名な正岡子規の句です。 季語は「紫陽花」です。 紫陽花の花の色が移ろいやすいことを捉えて人の心の移ろいやすさ、世の無情に思いを巡らせています。 わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ) (泉鏡花) 明治から昭和にかけて活躍した小説家の泉鏡花の句です。 季語は「花菖蒲」。 「私の恋は人の沼から花菖蒲を盗むようなものだ」と解釈できます。 禁断の恋のことを詠んだんですね。 五月雨を あつめて早し 最上川 (松尾芭蕉) 松尾芭蕉の有名な句です。 季語は「五月雨」です。 詳しくはこちらの記事を参照してください。 あの小説家の芥川龍之介もこんな句を読んでいました。 季語は「さみだれ」です。 軒の下の薪が雨で湿ってしまうことを詠んでいます。 梅雨雲の うぐひす鳴けり こゑひそか (水原秋櫻子) 水原秋櫻子の句で、季語は「梅雨雲」です。 梅雨のどんよりとした空の下、どこかで静かに鳴いているウグイスの鳴き声が聞こえてくるようです。 梅雨晴れや 蜩(ひぐらし)鳴くと 書く日記 (正岡子規) 正岡子規の句で、季語は「蜩」です。 梅雨の晴れ間、日が傾いてきたことをヒグラシの声で気づき日記を書くきっかけとしていたんですね。 降る音や 耳もすう成る 梅の雨 (松尾芭蕉) 芭蕉の句です。 季語は「梅の雨」です。 「耳もすう成る」とは「耳も酸っぱくなるような」と解釈できます。 聴覚と味覚の両方に訴える効果を狙った芭蕉らしい句です。 紫陽花も はりの色の 曇つてゐる 最後にご紹介するのは放浪の詩人、種田山頭火の自由律俳句です。 季語は「紫陽花」です。 どんよりした曇り空と紫陽花の花の色を対比させて描写しています。

次の