授乳中 湿布 モーラステープ。 授乳婦とモーラステープ(ケトプロフェンテープ)について

授乳婦とモーラステープ(ケトプロフェンテープ)について

授乳中 湿布 モーラステープ

授乳中の湿布って大丈夫なの?母乳への影響は? 赤ちゃんのお世話、授乳などにより、ママの体には負担がかかり、腰痛や肩こりや腱鞘炎に見舞われやすくなりますね。 一番は安静にすることで痛みも引いてくるのですが、そういうわけにも行きませんよね。 ポジティブな気持ちで生活することも大切です。 しかし、様々対策の前に、まずは痛みをとるために、湿布を貼りたいと感じることがありますね。 赤ちゃんに影響はないのか、母乳に影響が及ばないのか、気になりますね。 湿布には、色々な成分が配合されているため、皮膚から成分を吸収することにより、痛みが緩和するんです。 もちろん、内服薬と比べれば、母乳に影響する可能性は低く、少量の湿布であれば赤ちゃんへの影響や母乳への影響は心配ないと考えられています。 しかし、アスピリンなど、湿布によっては、授乳期に使用する際は注意しなければいけない湿布もあります。 自己判断で使用するのは危険を伴います。 病院で処方された湿布薬は母乳に影響しないの!? 病院では湿布はモーラステープとロキソニンテープというものが処方される事が多いです。 ではこの2つの湿布は授乳中への影響はしないのでしょうか。 モーラステープ モーラステープの場合、患部の炎症や痛みを抑えてくれます。 モーラステープにはケトプロフェンという成分が配合されています。 ケトプロフェンの湿布を使用した際に、妊娠後期の女性が胎児動脈管収縮を起こしてしまったという事例があります。 羊水が減少したという報告もあります。 モーラステープの場合、授乳期の安全性については、まだ確認されていない状態です。 厚生労働省では、治療上に有益性が危険性を上回ると判断される場合だけ使用するようにという通達が医師にされています。 接触皮膚炎 接触皮膚炎がおこることがあり、発症頻度は約5%未満となります。 貼った部分にかゆみが起こったり、発疹、刺激、紅班などが起こり悪化します。 腫れあがったり、水疱やびらんなどが起こることもあるので、接触皮膚炎の症状が起こった場合は、使用を中止しましょう。 光線過敏症 光線過敏症というものが起こることもあります。 発症頻度は不明です。 患部に紫外線が当たる事により、かゆみや紅班、発疹や刺激感などが起こります。 体全体に症状が広がるため、重篤化します。 使用中は患部に紫外線が当たらないように注意しましょう。 厚手の服の着用などをして、発症を予防したほうがよいですね。 ロキソニンテープ ロキソニンテープの場合、関節症、筋肉痛などの炎症に対して使用されます。 妊娠中の女性に対する安全性が確認されていません。 治療上の有益性の危険性が上回ると判断された場合のみの使用することとされています。 ロキソニンに含まれているロキソプロフェンナトリウム水和物は母乳に行きにくいため、授乳中の女性への制限はないと言われていますが、不安な場合は医師に相談するとよいです。 市販の湿布の母乳への影響は? 市販の湿布薬の母乳への影響についてです。 国立研究開発法人効率成育医療研究センターのサイトによると、授乳期でも安全に使用することが出来る湿布の成分が2つあります。 インドメタシン(インテバン)…解熱・鎮痛薬• ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)…解熱・鎮痛薬 ロキソニンに含まれているロキソプロフェンナトリウム水和物について、国立研究開発法人国立成育医療研究センターのサイトへの掲載はありません。 しかし、医師の見解によると母乳に移行しにくいと言われています。 市販の湿布の殆どは、授乳中の母乳への影響は殆どないとわかっています。 一方で、メーカーの見解では移行しにくいとは言えないという湿布もあるので注意して購入するとよいですね。 サロンシップ・サロンパス・フェイタス• 久本製薬のサイトでは、以下の商品は授乳中でも影響なく使用可能であると記載されています。 グラクソ・スミクスラインのサイトには、母乳に成分が移行することは殆どないため、授乳中の使用も可能であると記載があります。 ロキソニンSテープ 第一三共ヘルスケアのサイトでは、授乳中に使用は避け、やむを得ずに使用する場合は授乳を避けるべきという記載があります。 ロキソニンSテープにはロキソニンプロフェンナトリウム水和物が使用されているため、医師の見解では母乳に移行しにくいため使用できるのですが、メーカーとしては使用を万が一のために避けてくださいという方針なのですね。 授乳中は湿布を貼る場所に注意を!! 授乳中は湿布を貼る場所に注意が必要です。 赤ちゃんの手、口などが触れる場所には貼らないようにしましょう。 抱っこ授乳時にふれる可能性のある場所、肩や首や胸などには貼らないようにしたほうがよいですね。 また、上半身に湿布を貼った際、湿布のニオイが気になり、赤ちゃんが授乳を拒んでしまうことがあります。 その場合は使用を控えるか、授乳を済ませてから貼るようにするとよいですね。 授乳中の腰痛・肩こり・腱鞘炎への対処法! では、長時間抱っこをしていたり、授乳をしたりしているうちに、辛い腰痛や肩こり、腱鞘炎に見舞われてしまうので、症状を和らげるための対処法をご紹介していきますね。 ストレッチ ストレッチを行いましょう。 腕や腰や肩への痛みを感じた際、緊張状態にあるため、筋肉をほぐすストレッチを行うとよいです。 深呼吸をしながら、腕、腰、肩をゆっくりと伸ばしましょう。 また、特に、腰や背中の固まりが気になる場合は、バランスボール、エクササイズ用ボールなどを使用しほぐすとよりよいです。 マッサージ・整体 マッサージや整体の施術を受けるのも良いですね。 セルフケアを行っても、なかなか痛みから解消されずに辛いという場合は、マッサージや整体の施術を受けると楽になります。 出産後の骨盤の歪み、姿勢の悪化など、専門家に診てもらい、アドバイスをもらったり、マッサージや整体を受けることで、体がとっても楽になります。 また、短時間ですがゆっくりとすることができるため、よい気分転換にもなりますね。 骨盤ベルト・サポーター 骨盤ベルトや手首サポーターなどを活用することで、痛みを軽減することができます。 腱鞘炎の場合はサポーターがものすごく助けになります。 手首と親指の動きを制限するものがよいですね。 骨盤ベルトは、腰とお尻の間に巻き付け、骨盤をしっかりとサポートすることにより、腰痛予防となります。 出産により骨盤が開いてしまっているため、戻す効果もあるのでおすすめです。 周囲を頼り痛い部分を使用しない 腱鞘炎の場合、痛い部分をつかわないようにすることが、一番の治療となります。 いつもは抱っこであやすところをベビーラックやバウンサーを活用したり、抱っこひもを活用したりするのもよいですね。 また、周囲の人に延陵せずに頼り負担を減らすということもとても大切です。 湿布の適切な保管方法 湿布は授乳中でも母乳に大きな影響がなく使用できる頼れる医療品の一つとなりますね。 湿布は手の届くところにおかずに、赤ちゃんの手に渡らない場所に保管しましょう。 また、湿布のフィルムを誤って床などに落としてしまっていると、誤飲の原因となります。 フィルムもしっかりゴミ箱へ捨ててくださいね。 まとめ ほとんどの湿布は授乳中でも心配せず使用することができます。 しかし、メーカーや使用成分によっては悪影響となる湿布もあるのは否めません。 また、もし授乳中の使用が問題ないとされている湿布でも、肌に炎症が起こったり、かぶれてしまったりということがあれば、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

次の

授乳婦とモーラステープ(ケトプロフェンテープ)について

授乳中 湿布 モーラステープ

赤ちゃんを育児中は、長時間の抱っこや授乳などにより、ママの体にも少なからず負担がかかりますよね。 そのため、腰痛や肩こり、腱鞘炎に悩まされるママも少なくありません。 体が辛い時はゆっくり休んだり受診して医師に直接相談するのが1番ですが、忙しいママはそれさえ難しいこともあります。 市販の湿布薬の力を借りたい時もありますよね。 しかし、授乳中のママは湿布薬による母乳への影響が心配になるでしょう。 湿布薬は、痛み止め成分が体内に浸透して作用する仕組みになっています。 しかし、薬の成分が実際に母乳に移る量はほんのわずかです。 ただし、正しく使用しないと赤ちゃんに対して悪影響をあたえる場合もあるので注意しましょう。 これから、授乳中に使える湿布や、湿布に頼らない対策を紹介しますので参考にしてみてくださいね。 (授乳中の眠気対策には以下の記事も参考にしてみてください) 病院で処方される湿布薬の多くは「モーラステープ」と「ロキソニンテープ」の2つです。 結論からいうと、どちらも母乳への影響を心配する必要はありません。 母乳への影響はありませんが、モーラステープに含まれる成分は、まれに「光線過敏症」という副作用を起こす恐れがあります。 薬が触れた部分に紫外線があたると、赤みやかぶれ、刺激感などを引き起こす症状です。 ひどくなることもあるので、使用中は厚手の服を着て紫外線を避けるなどの注意をしましょう。 名前の通り、ロキソニンテープもそれと同じ成分が使われています。 この成分は、妊娠後期のママには処方することを禁じられていますが、母乳への影響はほとんどないため、授乳中のママが使用するのは問題ないとされています。 (授乳中の頭痛対策は以下の記事も参考にしてみてください).

次の

【2020年】《基礎知識》湿布薬「モーラステープ」と「ロキソニンテープ」の違いと比較

授乳中 湿布 モーラステープ

腱鞘炎、肩こり、腰痛…。 毎日赤ちゃんのお世話をするなかで、様々な身体トラブルに悩まされるもの。 そんなときに頼りになるのが湿布です。 しかし湿布の貼り方は実は奥が深く、「効果的な貼り方」というものがあるのです。 そこでこの記事では、マタニティや産後の身体ケアに特化した鍼灸マッサージ師さんに、授乳中の湿布の正しい貼り方を教えてもらいました! そもそも授乳中に湿布を貼っていいの? 授乳中に湿布を使うと「母乳を通して赤ちゃんに悪影響があるのでは…」と考えるママもいるかもしれませんね。 授乳中に湿布を使っても、母乳に影響はないのでしょうか? 結論から言うと、湿布については、 一概に「使ってもよい」または「使ってはいけない」と言うのは難しいのが現状です。 なぜなら湿布薬によって、含まれる成分が異なるからです。 そのため授乳中に湿布を使いたいときは、「授乳中でも使える」とされている湿布を使うことが大切です。 授乳中に使える湿布って? 授乳中に湿布を使いたい場合は、 できれば病院などを受診し、授乳中でも使える種類の湿布を処方してもらうことをおすすめします。 これらの湿布薬であれば、授乳中でも安心して使用できるでしょう。 市販の湿布薬について どうしても病院に行けなくて市販の湿布を購入したいときは、添付文章をよく読み、 授乳中の使用が禁止されていない湿布を選びましょう。 これらはインターネット通販でも購入できますよ。 このあとそれぞれ解説していきますね。 ちなみに、「ケトプロフェント」や「オクトクリレ」いう成分が入っている湿布は、「光線過敏症」という症状になるケースがあるので注意が必要です。 貼ってから4週間以内は紫外線に気を付けるなど、日常生活で注意すべきことがあるので、できれば病院を受診して、医師や薬剤師にしっかりと説明を受けましょう。 授乳中の湿布、正しい貼り方は? 種類によっては授乳中でも湿布を使えることがわかりましたが、大切なのは、「貼り方」。 何となく貼ると湿布の効果が半減してしまうので、湿布は正しい貼り方で貼るようにしましょう。 次からは授乳中に気になる体の部位別に、湿布の貼り方を島田さんに伝授してもらいます! 授乳中に腰が痛い場合 大きめの湿布で腰回りを大きくカバーする貼り方です。 自分で貼ろうとすると、湿布がよれたりしてうまく貼れないかもしれないので、パートナーなどにお願いするのがおすすめですよ。 無理せずコツコツやってみましょう!継続は力なりです。 授乳中に腰が痛い場合 腰回し• 足を肩幅に広げて立つ• 肩の力を抜き、腰に両手をあてる• 水平に腰を回す 猫のポーズ• 膝を肩幅に開き、両手は両肩の真下にくるような姿勢で四つん這いになる• 息を吐きながら、おへそを見るようにして背中を丸めていく• 息を吸いながら、背中を気持ちよい所まで反らす• 2~3の動作を2、3回繰り返す 授乳中に手首が痛い場合 手首伸ばし• 両手の指を大きく広げて壁におく• 壁に両手をギュッと押し付けて手首の前側の伸びを感じる 3. 手の向きを反対にして、同じことを行う 親指伸ばし• 右手の親指を下に向け、左手でつかむ• 適度な強さで、親指を反らせるように後ろに引っ張る ツボ押し 授乳中の腱鞘炎には、「合谷のツボ」と呼ばれるツボを押すのもおすすめです。 合谷は、写真のように、親指と人差し指から伸びる骨の境目あたりにあります。 授乳中に肩が痛い場合 1. 両腕を頭上にまっすぐ伸ばし、両手のひらをぴったりあわせる 2. 息を吐きながら、肩甲骨を寄せるようにして、肘を曲げる。 手のひらは外向きに。 5回繰り返す。 ゆっくりから始めて、慣れてきたらテンポよく行いましょう。 授乳中の痛みには 湿布とストレッチでしっかり対処を! 授乳中のママは、赤ちゃんのことで忙しく、自分のことが後回しになりがちかもしれませんね。 しかし、湿布は1分あれば貼れますし、今回ご紹介したストレッチも、家事や育児の合間にできるものばかり。 ときには湿布に頼りながら、自分のこともきちんとケアしてあげてくださいね。 ただ、湿布にはにおいが強いものもあるので、授乳中に貼っていると、赤ちゃんが嫌がる可能性もあります。 赤ちゃんの反応も見ながら、湿布とうまく付き合っていきましょう。

次の