ポケモン ギルガルド育成論。 【ポケモン剣盾】「ギルガルド」が上位勢で人気!その強さのヒミツ教えます【種族値と育成論】

ギルガルド育成論

ポケモン ギルガルド育成論

hcぶっぱでDL対策のd4で問題ないと思います。 調整案がある方はコメントでお願いします。 技構成• 確定技 シャドーボール 一貫性抜群のメインウェポン。 外す理由なし。 Zと合わせても使えます。 威力160 みがわり 今回のコンセプト的な。 採用理由は前述。 選択技 せいなるつるぎ シャドボとの補完が優秀。 使い道は多い。 かげうち 先制技。 自分の技構成は上4つ キングシールド やはり欲しいという時は何度もあります。 しかし、聖剣も影うちも同じ位あってよかったということがあるのと、相手を確実に処理しやすいZ技を持っているので、採用はしていません。 でも欲しい。 ラスターカノン タイプ一致ですが、範囲が狭いので採用していません。 やっぱり欲しい どくどく 呼ぶポリ2へ入れます。 ダメ計 与ダメ シャドーボール h252ギルガルド 割合: 69. せいなるつるぎ h252メガガルーラ 割合: 46. あともっと文才がある人に書いてもらいたいです。 特に身代わりのところなどはもっと掘り下げるべきだと思います。 身代わりについては、 メリット 有効打がない確実に引いてくるような相手に対しほぼ思考停止で選択でき、出てきたガブ、リザ、ガモス、バシャなどを安定して処理できる。 耐性が優秀なため、引いてくる相手は多数。 デメリット 読み外すと体力4分の1を無駄にする、最悪1ターン無駄にする。 足が遅いので宿り木や欠伸防止がしにくい。 といったところでしょうか。 弱点を突いてくる技は限られてるため、読みはずしは少ないです。 後に追記します。 ただ、冷静というS下降の性格を確定欄にしている意味がよく分かりません。 控えめは挙がっていますが、S4振りクレセ、バナ、準速70族 ガッサ等 を抜け、相手の思考停止補助技に強くなる臆病最速も候補に挙がりうると思うのですが、どうでしょうか? 確かにsに振るのもいいと思います。 しかし、sに振る分受け出し性能が低くなるため、そこは一長一短だと考えます。 また、臆病にしてしまうと、ガブやマンダに対してZシャドボで確定を取れなくなります。 その後の影うちで落ちますが引かれる可能性がかなり高いのであまりおすすめはしません。 そのため、sの調整は最高でも4振りクレセ抜きの212でよいかと思います。 hクレセはシャドボで確2、hdクレセは乱2です。 後に追記します。 つまり相手の動きを見る必要性が薄く、身代わり撃たずに思考停止Zシャドボぶっぱで良いように見えるのです。 身代わりを張ることにより、たまに呼ぶポリ2やガルなどにZシャドボの無駄撃ちということがなくなります。 自分は変な読み外しをしたくないので身代わりを選択していますが、Zシャドボ思考停止撃ちでもいいと思います。 どう使うかは使う人や気分次第で。 考察不足ですいません。 後に追記します。 死に出し安定の相手に対してカウンターを決めるのは気持ち良さそうで使ってみたいと思いました。

次の

ギルガルドの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ポケモン ギルガルド育成論

もくじ• 技「キングシールド」を使うと『シールドフォルム』になる。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、ゴースト、あく 耐性 「0. 5倍」くさ、いわ、ひこう、こおり、はがね、フェアリー、ドラゴン 「0. 25倍」むし 「効果なし」ノーマル、かくとう、どく おすすめの性格 ひかえめ、おくびょう、れいせい、いじっぱり等。 進化条件 ニダンギルに「やみのいし」を使う。 ギルガルドは圧倒的な強さで、 前作の レート戦の使用率で常にトップ10に入るようなポケモンです。 ギルガルドの強さは 特性「バトルスイッチ」により、攻めも受けも完璧にこなせるという部分です。 攻めでは両刀も可能ですし、受けでは弱点以外の攻撃であれば余裕で耐えられます。 専用技「キングシールド」は、守るの効果に加えて、「直接攻撃してきた相手の攻撃ランクを1段階下げる」という効果を持っています。 遅いことも、トリックルームなしで長所にできるという恐ろしさ。 まぁ、 前作と比べるとどちらのフォルムも弱体化はされましたし、キングシールドの効果も弱まっています。 ただ、これでも十分に強すぎるポケモンなので、パーティに編成しておいて損はありません。 自分自身も対策を万全にしておいてくださいね。 ギルガルドのの育成論 特性 【バトルスイッチ】 攻撃技を使用すると『ブレードフォルム』になる。 技「キングシールド」を使うと『シールドフォルム』になる。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、ゴースト、あく 耐性 「0. 5倍」くさ、いわ、ひこう、こおり、はがね、フェアリー、ドラゴン 「0. 素早さの下がる性格を選ぶと、大体のポケモンより遅く動くことができます。 個体値に関しても、0に近ければ近いほどに有利になります。 今回は特殊技をメインにしたため、「れいせい」の性格を選択しました。 持ち物は「じゃくてんほけん」にし、「効果抜群を受けた時に攻撃と特攻が2段階上がる」ようにしています。 ギルガルドは耐性が多く、効果抜群技で倒しに来る場合が多いため、高い耐久力で耐えつつ発動させやすい道具です。 技構成は 「キングシールド、かげうち、シャドーボール」は確定です。 かげうちは、じゃくてんほけん発動後であれば決定打にもなりますが、それ以外の場合は襷持ち等の仕留めそこなった相手に便利。 シャドーボールは、メインウェポンとして使います。 最後は迷いましたが、 シャドーボール透かしで来るノーマルに有効な「せいなるつるぎ」が良いでしょう。 能力変化の影響を受けない物理格闘技なので、積んできた場合でも対処が可能です。 各フォルムで種族値がダウンしている点は十分に考慮し、誰を受けられ誰を何発で倒せるのかは把握して下さいね。 まとめ ザシアン&ザマゼンタは、朽ちたギルガルドの「けん・たて」を咥えている説があるほどのポケモンです ? 伝説のポケモンと言われても可笑しくない種族値になれますし、弱体化しても強いものは強いです。 ミミッキュと同様に、第八世代でも暴れさせましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】たすき+剣舞 ASギルガルド 育成論【単体考察】

ポケモン ギルガルド育成論

もくじ• 技「キングシールド」を使うと『シールドフォルム』になる。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、ゴースト、あく 耐性 「0. 5倍」くさ、いわ、ひこう、こおり、はがね、フェアリー、ドラゴン 「0. 25倍」むし 「効果なし」ノーマル、かくとう、どく おすすめの性格 ひかえめ、おくびょう、れいせい、いじっぱり等。 進化条件 ニダンギルに「やみのいし」を使う。 ギルガルドは圧倒的な強さで、 前作の レート戦の使用率で常にトップ10に入るようなポケモンです。 ギルガルドの強さは 特性「バトルスイッチ」により、攻めも受けも完璧にこなせるという部分です。 攻めでは両刀も可能ですし、受けでは弱点以外の攻撃であれば余裕で耐えられます。 専用技「キングシールド」は、守るの効果に加えて、「直接攻撃してきた相手の攻撃ランクを1段階下げる」という効果を持っています。 遅いことも、トリックルームなしで長所にできるという恐ろしさ。 まぁ、 前作と比べるとどちらのフォルムも弱体化はされましたし、キングシールドの効果も弱まっています。 ただ、これでも十分に強すぎるポケモンなので、パーティに編成しておいて損はありません。 自分自身も対策を万全にしておいてくださいね。 ギルガルドのの育成論 特性 【バトルスイッチ】 攻撃技を使用すると『ブレードフォルム』になる。 技「キングシールド」を使うと『シールドフォルム』になる。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、ゴースト、あく 耐性 「0. 5倍」くさ、いわ、ひこう、こおり、はがね、フェアリー、ドラゴン 「0. 素早さの下がる性格を選ぶと、大体のポケモンより遅く動くことができます。 個体値に関しても、0に近ければ近いほどに有利になります。 今回は特殊技をメインにしたため、「れいせい」の性格を選択しました。 持ち物は「じゃくてんほけん」にし、「効果抜群を受けた時に攻撃と特攻が2段階上がる」ようにしています。 ギルガルドは耐性が多く、効果抜群技で倒しに来る場合が多いため、高い耐久力で耐えつつ発動させやすい道具です。 技構成は 「キングシールド、かげうち、シャドーボール」は確定です。 かげうちは、じゃくてんほけん発動後であれば決定打にもなりますが、それ以外の場合は襷持ち等の仕留めそこなった相手に便利。 シャドーボールは、メインウェポンとして使います。 最後は迷いましたが、 シャドーボール透かしで来るノーマルに有効な「せいなるつるぎ」が良いでしょう。 能力変化の影響を受けない物理格闘技なので、積んできた場合でも対処が可能です。 各フォルムで種族値がダウンしている点は十分に考慮し、誰を受けられ誰を何発で倒せるのかは把握して下さいね。 まとめ ザシアン&ザマゼンタは、朽ちたギルガルドの「けん・たて」を咥えている説があるほどのポケモンです ? 伝説のポケモンと言われても可笑しくない種族値になれますし、弱体化しても強いものは強いです。 ミミッキュと同様に、第八世代でも暴れさせましょう!.

次の