即位礼正殿の儀 安倍昭恵 服装。 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装がワンピース!ドレスコードは和装では?とファッションにネット上で疑問の声!

役割よりも好きな服ー昭恵夫人のドレスが非難された理由(米澤泉)

即位礼正殿の儀 安倍昭恵 服装

(C)JMPA 《ドレスコードとかガン無視で、周りの国賓から内心 何と思われていることやら…》 ツイッター上で、総理夫人・安倍昭恵さん(57)のドレスに、そんな指摘が相次いだのは、10月22日の午後のことだった。 この日の午後1時から、天皇陛下が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が、国内外から多数の要人らを招いて執り行われた。 天皇陛下や男性の皇族方は公家の伝統的な正装である「束帯(そくたい)」、皇后雅子さまや女性の皇族方は「十二単(ひとえ)」というお姿。 別室のモニター越しでその様子を見守る要人たちも、民族衣装を含む正装で臨んだ。 そんななかで、ひときわ目を引いたのが昭恵夫人の服装だった。 ひじの位置から、袖がラッパのように大きく開いた個性的なドレスに、真珠のネックレスと高めのヒールという出で立ち。 通常、このような儀式であれば、女性は和装か、アフタヌーンドレスなどひざが完全に隠れるドレスで参加するのが一般的。 実際に「即位礼正殿の儀」に参加した女性のほとんどが、着物かひざが完全に隠れたドレスだった。 歴代総理と同じ最前列で、儀式を見守った昭恵夫人。 椅子に座ると、完全にひざが露出。 その姿は衛星の電波にのって、日本中、世界中に拡散されていく。 昭恵夫人の姿がテレビに映るやいなや、ツイッター上ではドレスコード違反を指摘する声が……。 《結婚式の二次会のような服 見間違えかと思った》 《昭恵夫人のドレスが場違い この人いつもそう》 《場違い感すげぇな安倍昭恵》 《デイドレスだからセーフ》という声もあったが、昭恵夫人の服装が周囲から浮いていたことは衆目の一致するところのようだ。 これまでも、総理夫人という立場に縛られず、奔放な発言や行動で世間を騒がせてきた昭恵夫人。 ドレスコードに縛られないというのも彼女らしい?.

次の

【即位礼正殿の儀】安倍昭恵夫人の服装(洋服)と表情が話題!

即位礼正殿の儀 安倍昭恵 服装

こんにちは。 ことし5月の皇位継承に伴って、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が皇居・宮殿で行われました。 天気が崩れ、時折激しく雨が降りましたが「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が行われる直前に雨は上がり、一時青空、そして虹までかかるという素晴らしい儀式となりましたね! そんな即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀は、海外からも多くの来賓を招き、海外のメディアも中継や速報で伝えるなど、関心の高さを示しているようです。 そんな中、即位礼正殿の儀に安倍首相とともに出席した昭恵夫人のワンピースのファッションに注目が集まっているようです。 いったいなぜなのでしょうか。 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装膝丈ワンピース、和装では?とファッションにネット上で疑問の声! スカートの丈は膝丈で短いし、袖の形も独特ですね。 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装ワンピースのファッション!ドレスコードは? そこで、即位礼正殿の儀でのドレスコードを確認してみると・・ 首相官邸がウェブサイトで発表している「即位礼正殿の儀の細目について」によれば、女性参列者のドレスコードは、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」と指定されているようです。 このデイドレスというものがどこまで含まれるのかという点はありますが、昭恵婦人が着ている白色のドレスに対し、和装では?と指摘する人はいなかったのでしょうか。 これに対するネット上の反応をみてみたいと思います。 スポンサードリンク 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装膝丈ワンピース!ネットの反応 即位礼正殿の儀に安倍首相とともに出席した昭恵夫人のワンピースのファッションのネットの反応を見てみました。 やはりドレスコードの和装、着物になぜしなかったんだという声が多数あげられているようですね。 あの厳かな即位礼正殿の儀という場を考えれば、昭恵夫人にはドレスコードの和装をしていただきたかったなと日本人なら思うところですね。 — 🎌北野ゆうこ🇯🇵 kyukyukyumeii ドレスコードは、和装でした。 — T.

次の

昭恵夫人「天皇陛下・即位の儀式」でドレスコード違反の声

即位礼正殿の儀 安倍昭恵 服装

OGの1人は次のように語る。 「『即位礼正殿の儀』をテレビ中継で見ていて、昭恵さんの姿が映るたび、顔から火が出る思いでした。 ほかの方たちが着物やロングドレスをお召しなのに、昭恵さんは座るとひざも丸出しになって……。 ご本人がどうお考えであれ、明らかに場違いに見えました」 「即位礼正殿の儀」で昭恵さんが着た白のひざ丈ドレスは「土偶」「ハンドベル」など、さまざまな表現で揶揄された。 「即位礼正殿の儀」に注目していたという国会議員の妻は言う。 「即位礼正殿の儀は、日本においてはこれ以上のものはない、最高位の儀式です。 皇族方が十二単や束帯など、古式ゆかしいご装束で儀式に臨まれているのに、首相夫人である昭恵さんの服装からは、招いてくださった天皇皇后両陛下への敬意が感じられませんでした」 ちなみに「即位礼正殿の儀」の女性のドレスコードは《ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの》と、なっていた。 ファッション評論家の石原裕子さんは言う。 「ドレスコードを拝見する限り、昭恵さんの装いは問題ないと思います。 素材もよく、個性的ないいドレスでした。 ドレスのおかげで昭恵さんの存在も際立っていたと思います。 ただ、ガラス張りのいちばん前の席で、お座りになるとひざが見えてしまったことは残念でした。 せめてひざ下の長さのものでしたらよかったのですが。 昭恵さんは少し体も絞られたのか脚もおきれいでした。 その脚が映えるドレスをお召しになりたかったのでしょうね」 インターネット上でも炎上し、昭恵さん自身も「朝から着物を着ればよかった」と反省していたという。 「昭恵さんは控えめな色合いの訪問着でいらっしゃいましたが、安倍首相は燕尾服にホワイトタイの正装。 やはり昭恵さんもご主人にあわせて、色留め袖、それも五つ紋のものがふさわしかったと思います」(前出・石原さん) それにしても首相夫人の周囲には、ファッションについてアドバイスをする人間はいないのだろうか? 昭恵さんの昔からの知人は言う。 『私はこう思うの』『私がいいと思ったから』という言い方をよくしています。 他人からのアドバイスを素直に聞くタイプではありませんし、ファッションについてもそれは同じだと思います。 昭恵さんは肩やデコルテにはあまり自信がないようで、そのあたりがあらわになる服装はあまり着ません。 ただ『デコルテは見せられないけれど脚は見せられるの』と、言っていたこともありましたから、美脚にはかなり自信を持っているようです」 この知人が語ったように、確かに昭恵さんのファッションを振り返ると、ワンピースやスカートも、ひざ上やひざ丈のものが多い。 「『即位礼正殿の儀』で万歳をしていたときにも、太ももがあらわになっていました」(前出・国会議員の妻) さすがの昭恵さんも今回の炎上を機に、ファッションの見直しをはかるのか。

次の