タマホーム 外壁。 タマホームで家を建てます。 サッシ、外壁それぞれお勧めのメーカーを教えてください。 因みにサッシ玄関ドアはYKK 外壁はニチハのマイクロガード(クリーム色)で検討中です。 詳しい方宜しくお願いします。

タマホームの外壁・サイディング

タマホーム 外壁

玄関ドアをYKKにしたのならサッシもYKKになります。 愛シリーズ以上ならYKKがよいでしょう。 外壁は個人的にはKMEWが標準仕様の中ではお勧めしますよ。 補足入れます 新日軽は大安心の家では(一部地域には適応可能です)お勧めですが、トステムと経営統合したので取り扱い不可の店舗が増えています。 契約時期についても変わってくるので担当者に確認が必要です。 また、玄関ドアとサッシのメーカーが変わると発注が面倒ですしコスト負担も出てくる場合があるので受け付けてもらえないケースがあります。 ・・・担当者がめんどくさいから・・・すぐに顛末書を出せとか稟議書や始末書を書けと言ってくるから、お客さんが嫌われちゃうよ あと、親水塗膜についてはKMEWも標準対応になっていますので有機塗料系より無機塗料系の方が良くないかなと思います。 ナイス: 0 余計なお世話かもしれませんが、何を理由にタマホームにされたのでしょうか? 坪単価などで選ばれたのでしたら、メーカーを選ぶような余裕は無いと思います。 多分外壁材やサッシなどはタマのカタログから色を選ぶ程度になるでしょう。 自分の好きなメーカーを選べばオプション工事となって追加などが発生します。 希望の単価じゃ納まらないでしょうね。 追加となって金額が上がれば他所の工務店と大差なくなるかもしれません。 _________________________________ じゃあお聞きしますが、サッシや外壁材を選ぶ際に、何を見て決めるのでしょうか? HMの標準仕様として抜粋したプランから選ぶとしてもその資料はタマ独自のカタログと言えるでしょうし、どれでも好きな物を選べば単価は標準品単価では出来ないと思いますよ。 薦められてと言う事はただ単にHMの言いなりって事です。 早く言えば標準仕様って事でしょ。 相当あるサイディングのデザインを自分で選べないなんて・・・・・。 家が建てられない位の低収でもないし、他所のHM社員でもないです。 _________________________________ サッシもサイディングもYKKとニチハなら問題は無いです。 好きな物選んでください。 ナイス: 0.

次の

タマホームの外壁・サイディング

タマホーム 外壁

近頃の平屋は見た目がシャープな片流れ・切妻・招き屋根の家が人気なようですね。 デザイン的にはとてもおしゃれで素敵ですが外壁が傷みやすいので出来れば避けた方が良いと思います。 軒が深い家は夏の直射日光を遮ってくれます。 猛暑が連日のように襲ってくる近年の日本の風土には昔ながらの軒の出幅を確保した家が有効です。 タマホームの実例に掲載されていたカバードポーチの有る平屋も軒が深いです。 軒がこれだけ出ています。 カバードポーチはアメリカンでおしゃれな雰囲気を醸し出しつつ外壁も守る事が出来るので個人的には最強のアイテムではないかな?と思います。 こちらはタマホームの家ではありませんがウッドデッキが有る面の軒が110cm出ている平屋です。 これなら塗り壁やサイディングの家でも長期間きれいな状態を保てそうです。 この家の設計をされた建築家の方が 「軒は家の傘」と仰っていたのがとても印象に残りました。 平屋の外観はデザインばかりではなく快適性やメンテナンスの事も視野に入れてプランニング出来ると良いですね。 メンテナンス要らずのタイル外壁はオプションです。 平屋建て住宅の良い所はワンフロアで過ごせる便利さです。 そして建物自体が低い為、外壁や屋根のメンテナンス時に大がかりな足場を組まなくても良いのが最高です。 窯業系サイディングは現在新築されている住宅の多くで採用されている外壁材ですが10年に1度の塗装メンテナンスが掛かります。 もっとメンテナンス費を節約するためにはやはり外壁にもこだわりたいですよね。 塗装メンテナンスが要らない外壁材と言えばタイルです。 タイル外壁の家って重厚感が出ますし個人的には憧れの素材です。 タマホームの「大安心の家・premiumプレミアム」ではオプションでタイル外壁にする事が可能です。 タイル外壁にした際のオプション料金がハッキリわからないのですが 約150万円程ではないかと推測しています。 大安心の家・premiumの坪単価は約55万円~と言われています。 実際の坪単価は70万円~80万円程行くのではと言う意見も有りました。 その場合高額になりすぎてしまうのでタイル外壁が希望の方は他のタイル外壁が標準の住宅メーカーも視野に入れてみても良いですね。 ビルトインガレージ付きの家は高齢者に優しい 新築するならガレージ付きの家が良いなと思っている車愛好家の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ガレージは大切な愛車を守るだけではなくメンテナンスする場所もかねて広く作れるとなお良いですよね。 私は車愛好家では無いですが平屋を建てるなら絶対ビルトインガレージ付きにしたいと考えています。 理由はビルトインガレージはが付いた家は老人にも優しいからです。 足腰に不安がある高齢者は車の乗り降りに時間がかかるので雨降りのお出かけを極端に嫌う傾向が有ります。 我が家は足の不自由な父が居るので出掛ける予定が入っていても雨になると必ず予定を中止します。 その点、 ビルトインガレージなら雨に濡れることなくお出かけ出来るので良いと感じています。 参考プランを見ますと延べ床面積が41. 14坪・建築面積:51. 57坪で2LDKという豪華な造りです。 もう少しこじんまりしたプランも有れば見てみたいです。 私が住んでいる地域は建蔽率が20%と厳しいのでこの家を建てようと思うと約260坪以上の土地が必要です。 広い敷地が有ればこの様な素敵なガレージ付きの家を是非タマホームで実現したいです。 タマホームの平屋は標準仕様で瓦屋根を選べる 家の事をあれこれ調べると日本の伝統的な瓦屋根がメンテナンスの面ではとても優れている事が分かりました。 瓦は粘土を高温で焼成した陶器で作られているので 風雨にも耐えられますし断熱性能も有ります。 何より塗装メンテナンスが不要なのが最高に良いです。 瓦屋根は重量が有るから地震の時に怖いなんて言いますね。 専門家の方のお話によるとしっかりと構造計算している建物の場合、瓦屋根の重量を建物全体で受け止めるので心配はいらないんですって。 それなら10年毎の塗装のメンテナンスが掛からない瓦屋根にするのが個人的には一番だと感じています。 最近の瓦は 地震の揺れでも簡単にずれたり落ちる事が無いような構造に進化した防災タイプの瓦屋根が登場していますので安心です。 タマホームの「大安心の家」でもガルバリウム・コロニアルの他に瓦屋根を選択することが出来ます。 他の住宅メーカーですと瓦屋根にしたい場合は別途オプション費用を支払う事が多いので標準で選べるのはとても嬉しいですね。 【まとめ】タマホームなら、様々な外観の平屋が作れる! 家の外観の印象を決めるのは屋根の形状と外壁です。 タマホームの標準の屋根の形状は寄棟です。 寄棟の屋根のメリットはどっしりとした風格ある姿と風に強い事です。 4方向に均等に屋根と軒が被るので外壁を風雨から守ってくれます。 デメリットとしては太陽光発電のソーラーパネルを乗せにくい形状である事です。 太陽光発電に向く屋根形状は片流れ・切妻・招き屋根です。 後々太陽光発電を搭載したいとお考えの方は屋根形状にも注意しプラン決めをすると良いと思います。 家は築後10年で外壁や屋根の塗装メンテナンスが必要になってきます。 その為メンテナンスフリーの平屋にしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。 タマホームの大安心の家は 標準で塗装の要らない瓦屋根がチョイスできるのでとてもお得です。 そして塗装メンテナンスの要らない外壁と言えばタイル外壁ですね。 上位モデルの大安心の家premiumでは外壁をオプションですがタイルにする事が可能です。 実際にpremiumで平屋を新築された方の情報が無くオプションの詳細な金額は不明です。 他の住宅メーカーだと大体100万円~150万円程プラスというのが相場です。 個人的にはpremiumでタイル外壁が標準仕様だったら最高なのになと感じました。 タマホームの平屋は家風・和風・南欧風・シンプルモダン等様々な外観の家を作ることが可能です。 お好みのデザインとメンテナンス性を考慮し外観を決めれば失敗の無い平屋に出来そうです。

次の

【2020】タマホームの標準仕様まとめ!窓・外壁材など徹底調査♪

タマホーム 外壁

タマホームの 外壁はグレード細かく分かれていますので、一概には言えませんが、ある程度 中レベル のグレードを選択すれば、比較的デザイン性・耐久性を兼ね備えた外壁材が選べます。 中でもレンガ風、石造り風、塗り壁風、木調など素材感や風合いをリアルに再現した外壁材は人気が高いようです。 タマホームの標準設備で選択できる外壁材のメーカーは、旭トステム、ケイミュー(旧クボタ松下)、ニチハ、東レの4社となっており、どのメーカーにも嬉しいセルフクリーニング効果が付いています。 セルフクリーニング効果とは、コーティング技術の向上により、雨によって外壁に付いた汚れを洗い流す効果のことです。 つまり、どのメーカーの外壁も手入れしなくても雨が降るたびに汚れが落ちてきれいになっていくという、嬉しい性能を備えているのです。 さらに、これらの外壁は標準的な製品と比べて1ランクグレードが高く、お施主さんからの評価も高いようです。 また、これらの外壁の中でもケイミューの親水セラは光触媒を利用した光セラにオプションで変更することもできます。 光触媒は酸化チタンのことですが、この酸化チタンに光が当たることにより「分解力」と「超親水性」の働きが起こり、親水セラ以上に色あせや日焼けも抑えキレイが長続きします。 このは大変魅力的なのですが、料金は面積に応じて50〜100万円程度のアップとなりますので、予算に余裕がある方にはぜひおすすめしたいものです。 タマホームの外壁はサイディングで、その厚みは標準で16mmです。 16mmでも十分な厚さですが、グレードアップするのでしたら24mmにも変更することはできます。 こちらもオプションとなり、追加料金がかかりますので、気になる方はタマホームの営業マンに相談してみましょう。 外壁は組み合わせによって、の印象が大きく異なります。 これが家を建てる楽しみでもあり、自分の好みやこだわりを実現してくれるのがタマホームの豊富な外壁のバリエーションです。 タマホームは上質で機能的な外壁が多くの種類から選べますが、予算との関係も影響してきます。 まずはタマホームの最大の売りである「低価格」の家で、標準装備されている外壁の素材・性能・デザインなどをチェックして、どこまでアップグレードできるかをチェックしてみるのもいいと思います。 さらに、他のハウスメーカーとの比較も忘れずに行いましょう。

次の