アイビスペイント 線画抽出とは。 スマホでイラストを描く方法を解説!おすすめ無料アプリはコレ!

アナログ線画を取り込もう!(スキャン~線画調整・ゴミ取り・抽出)

アイビスペイント 線画抽出とは

こんにちは、きよせむ です。 あなたは、手描き アナログ で絵を描いていますか?デジタルで描いたこともありますか? 私もアナログで描いていますが、アナログは毎回制作のために時間とお金がかかります。 一方、デジタルで描くとほぼ初期費用のみで描けて修正もすぐできるので便利です。 アナログを活かしつつ、デジタルも描いてみたい。 タブレット端末もない、パソコンもスペックが足りない• お金もない というデジタルイラスト初心者のあなたには、 アイビスペイントのアプリを使ってスマートフォンで描くことを強くおすすめします。 アイビスペイントとはお絵かきツールのひとつで、ブラウザ版とアプリ版があります。 私のようなデジタルイラスト初心者でもこのアプリを使ってさっくり描くことができています。 1.アイビスペイントの良いところ 無料で始められる アイビスペイントはスマートフォンさえあればアプリが無料でインストールできます。 無料の「アイビスペイント X」と有料の「アイビスペイント」がありますが、初めてやるなら無料の「アイビスペイントX」でも十分です。 デジタルイラストを描こうと思ったときに、熟練のイラストレーターさんは何十万もするようなタブレットやモニターを紹介していますが、初めてならまず無料でサクッと挑戦してみたほうが手ごたえをつかみやすいです。 アイビスペイントXで始めてみて、もっとデジタルで描いてみたいと思えばいろんなソフトや機器を検討したらいいですし、ちょっとした資料やブログのカットに必要なだけであればアイビスペイントのみで大丈夫です。 ペイントやExcelでやってきたことが活かせる あなたはWindowsのペイントやExcelでイラストを描いたことがありますか? アイビスペイントは、WindowsのペイントやExcelで出来なかったことがExcelなどと同じ簡単さで出来るところが魅力です。 たとえばお絵かきツールで重要なレイヤー機能などがあります。 私は接客系事務でちょっとしたカットやPOPを頼まれたときに、会社の複合コピー機のスキャナーでアナログ絵を取込み、 さほど使ったことのない ペイントを駆使しながら作っていましたが、やはり濃度調整など、余分と感じる手間がたくさんありました。 アイビスペイントではペイントの塗りつぶしと同じ感覚でレイヤーや範囲選択もできるので、これまでの操作よりもぐっとラクに描くことができます。 アナログ線画抽出機能 アイビスペイントの一番の魅力が、アナログ線を線画として抽出できるところです。 自分で描いたアナログ線画をスマホのカメラで撮影し、アイビスペイントアプリを起動して線画抽出ツールを使うことで、とっても簡単に線画をデジタルに取り込むことができます。 アナログ線を取り込むときによくある線のがたつきやかすれも、ブラシや消しゴムで修正したり線画レイヤーを複製して重ねることである程度カバーができます。 また、アナログ線のがたつきをそのまま活かして描いても味わいある作品に仕上がります。 2.アイビスペイントの有料版と無料版の違い アイビスペイントには、有料版の「アイビスペイント」と無料版の「アイビスペイントX」があります。 有料版と無料版の違いは3つです。 広告の有無• ブラシの選択肢• プレミアム会員 有料版ユーザー 限定素材とフォント 「2. ブラシの選択肢」についてですが、アイビスペイントはブラシの種類も豊富で、その数は無料より有料のほうがやはり多いです。 でも、有料ブラシを無料でも使うことができます。 無料でブラシを選択しブラシ一覧に表示されるアイコンをタップし動画を視聴すると、18時間限定で有料含む全てのブラシが使えるようになります。 1日に描く時間が18時間以内であれば有料無料の差はありません。 実際私は無料のみで有料ブラシを使っていますが、特に不便と感じたことはないです。 動画も流している間にトイレ行ったり雑用をすれば時間の無駄になりません。 3.アイビスペイントXでつくるアイキャッチ用画像 参考までに、私はこんな感じで簡単に作ってますというデモンストレーションをダイジェストでお送りします。 使うもの:iPhone7と指、アイビスペイントX 1. キャンバスサイズに合わせてアナログ画像を縮小するほうが消耗しないんですが、その場合線のガタツキがかなり目立つので画風に合わせて操作手順を入れ替えると良いと思います。 画面が小さいので肩が凝る スマホの小さな画面で髪の線など細かな部分や色合いを描いていくので、ものすごく肩が凝ります。 冷え症や肩こりがよくあるのなら、適度に休憩をはさみながら制作しましょう。 5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。 デジタルイラストを描いてみたいけど資金不足という人にとって、すぐインストールできてアナログとデジタルの併用もしやすいアイビスペイントはまさにうってつけです。 あなたもインストールしてお手軽にデジタルイラストを描いてみましょう。 線画を抽出する以前にアナログ絵を上達させたい!というときは『』の記事もおすすめです。 クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか? 今回使用したアナログ画材はこちら。

次の

アナログ線画を取り込もう!(スキャン~線画調整・ゴミ取り・抽出)

アイビスペイント 線画抽出とは

こんにちは、きよせむ です。 あなたは、手描き アナログ で絵を描いていますか?デジタルで描いたこともありますか? 私もアナログで描いていますが、アナログは毎回制作のために時間とお金がかかります。 一方、デジタルで描くとほぼ初期費用のみで描けて修正もすぐできるので便利です。 アナログを活かしつつ、デジタルも描いてみたい。 タブレット端末もない、パソコンもスペックが足りない• お金もない というデジタルイラスト初心者のあなたには、 アイビスペイントのアプリを使ってスマートフォンで描くことを強くおすすめします。 アイビスペイントとはお絵かきツールのひとつで、ブラウザ版とアプリ版があります。 私のようなデジタルイラスト初心者でもこのアプリを使ってさっくり描くことができています。 1.アイビスペイントの良いところ 無料で始められる アイビスペイントはスマートフォンさえあればアプリが無料でインストールできます。 無料の「アイビスペイント X」と有料の「アイビスペイント」がありますが、初めてやるなら無料の「アイビスペイントX」でも十分です。 デジタルイラストを描こうと思ったときに、熟練のイラストレーターさんは何十万もするようなタブレットやモニターを紹介していますが、初めてならまず無料でサクッと挑戦してみたほうが手ごたえをつかみやすいです。 アイビスペイントXで始めてみて、もっとデジタルで描いてみたいと思えばいろんなソフトや機器を検討したらいいですし、ちょっとした資料やブログのカットに必要なだけであればアイビスペイントのみで大丈夫です。 ペイントやExcelでやってきたことが活かせる あなたはWindowsのペイントやExcelでイラストを描いたことがありますか? アイビスペイントは、WindowsのペイントやExcelで出来なかったことがExcelなどと同じ簡単さで出来るところが魅力です。 たとえばお絵かきツールで重要なレイヤー機能などがあります。 私は接客系事務でちょっとしたカットやPOPを頼まれたときに、会社の複合コピー機のスキャナーでアナログ絵を取込み、 さほど使ったことのない ペイントを駆使しながら作っていましたが、やはり濃度調整など、余分と感じる手間がたくさんありました。 アイビスペイントではペイントの塗りつぶしと同じ感覚でレイヤーや範囲選択もできるので、これまでの操作よりもぐっとラクに描くことができます。 アナログ線画抽出機能 アイビスペイントの一番の魅力が、アナログ線を線画として抽出できるところです。 自分で描いたアナログ線画をスマホのカメラで撮影し、アイビスペイントアプリを起動して線画抽出ツールを使うことで、とっても簡単に線画をデジタルに取り込むことができます。 アナログ線を取り込むときによくある線のがたつきやかすれも、ブラシや消しゴムで修正したり線画レイヤーを複製して重ねることである程度カバーができます。 また、アナログ線のがたつきをそのまま活かして描いても味わいある作品に仕上がります。 2.アイビスペイントの有料版と無料版の違い アイビスペイントには、有料版の「アイビスペイント」と無料版の「アイビスペイントX」があります。 有料版と無料版の違いは3つです。 広告の有無• ブラシの選択肢• プレミアム会員 有料版ユーザー 限定素材とフォント 「2. ブラシの選択肢」についてですが、アイビスペイントはブラシの種類も豊富で、その数は無料より有料のほうがやはり多いです。 でも、有料ブラシを無料でも使うことができます。 無料でブラシを選択しブラシ一覧に表示されるアイコンをタップし動画を視聴すると、18時間限定で有料含む全てのブラシが使えるようになります。 1日に描く時間が18時間以内であれば有料無料の差はありません。 実際私は無料のみで有料ブラシを使っていますが、特に不便と感じたことはないです。 動画も流している間にトイレ行ったり雑用をすれば時間の無駄になりません。 3.アイビスペイントXでつくるアイキャッチ用画像 参考までに、私はこんな感じで簡単に作ってますというデモンストレーションをダイジェストでお送りします。 使うもの:iPhone7と指、アイビスペイントX 1. キャンバスサイズに合わせてアナログ画像を縮小するほうが消耗しないんですが、その場合線のガタツキがかなり目立つので画風に合わせて操作手順を入れ替えると良いと思います。 画面が小さいので肩が凝る スマホの小さな画面で髪の線など細かな部分や色合いを描いていくので、ものすごく肩が凝ります。 冷え症や肩こりがよくあるのなら、適度に休憩をはさみながら制作しましょう。 5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。 デジタルイラストを描いてみたいけど資金不足という人にとって、すぐインストールできてアナログとデジタルの併用もしやすいアイビスペイントはまさにうってつけです。 あなたもインストールしてお手軽にデジタルイラストを描いてみましょう。 線画を抽出する以前にアナログ絵を上達させたい!というときは『』の記事もおすすめです。 クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか? 今回使用したアナログ画材はこちら。

次の

スマホでイラストを描く方法を解説!おすすめ無料アプリはコレ!

アイビスペイント 線画抽出とは

スポンサーリンク アイビスペイントでアナログ線画を写真から取り込みする手順 その1:アナログ線画をスマホで撮影する まず最初に、アナログで描いた線画をスマホで撮影します。 このときに気を付けるポイントが2つあります。 なるべくならペン入れをしっかりしておくと、どちらの場合も綺麗に仕上がるのでオススメです。 罫線のあるノートなどに描いてあると、その線もそのまま使うことになってしまうので注意。 描いた絵だけ取り出すというのは出来ません。 特に「明るい所と暗い所」が出来てしまうと、全体のバランスを整えるのが難しくなってしまうので「全体を均一な明るさで」撮影するのがポイントです。 全体が均一になっていれば、ちょっと暗くなってしまってもアイビスペイントで多少の調整が出来るので問題ありません。 <OK例> <NG例> ここで綺麗な写真を撮っておけばそれもラクになるので、なるべく明るく影が出来ないように、また線画の色が光で薄れないように気を配りながら撮影してみてくださいね。 その2:アイビスペイントで写真を読み込む アイビスペイントを起動して、マイギャラリーを開き、左下の+マークをタップします。 一覧から、お好きなキャンバスサイズを選択します。 大きすぎると動作が重くなったり、使えるレイヤー数が少なくなってしまうので、あなたのスマホで快適に動く大きさでお好みのサイズを選びましょう。 私はよく3:4を選びます。 これで新規キャンバスが作成されましたね。 次に、右下のレイヤー操作のアイコンをタップします。 開いたメニューの中から、カメラのマークをタップします。 そうすると、画像を選択する画面が開きますので、先ほど撮影した線画の写真を選びましょう。 スマホによって表示は違うかもしれませんが、私のスマホではこんな感じの画面です。 画像を選択すると、キャンバスにバーンと選択した絵が表示されて、右下にメニューが出てきます。 写真をそのまま読み込むとでっかくてビックリしますね。 笑 しかも、何故か横向きになってしまっているので、こんな時は右下メニューの、虫メガネの隣の「丸い矢印マーク」をタップします。 タップすると白い矢印が青くなりますので、そうしたら二本指でぐるっと回すと絵が回転するようになります。 もし、写真を撮った時に絵が傾いてしまっていたら、ここでお好きな角度にしても大丈夫ですよ。 ちょうど良い角度になったら、ズレないように先ほど青くした矢印マークをタップしてまた白に戻します。 これでもう回転することはないので、あとはお好みの大きさに調節しましょう。 普段画像を大きくしたりするのと同じ二本指操作です。 サイズが思い通りになったら、あとは一本指で画像をちょうどいい位置に合わせます。 大きさも位置もOKになったら、緑色のチェックマークをタップすれば完了です。 ここで、線画抽出を行いますか?というダイアログが出てきますね。 ここからは、塗り方によって選択を変えることになるので、あらためて2種類の塗り方について説明しますね。 この方法で塗るなら、線画抽出はしないで、取り込んだ画像そのままを乗算レイヤーというものにして使っていきます。 この方法は、「サラっと簡単に色塗りをしたい」場合にピッタリです。 線画抽出をする時の明るさ調節などの手間がなく、紙にペンで色を塗っていくのに近い感覚で塗っていけるので、 初めてデジタルで色塗りをするならコチラがオススメですね。 また、こちらの場合は線画にきっちりペン入れなどしなくても塗れるので、シャーペンで描いた絵に軽く色塗りしたい時にも便利です。 ただし、綺麗に線と空白部分に分かれるわけではないので、線で囲まれた範囲を自動で選択してくれる便利ツールやバケツでの色塗りが上手く出来ません。 また、線画の色を変えたい場合にはレイヤーモードを変更するなど、線画抽出より少しわかりにくい作業になってくるので、後から線画自体をいじりたい場合は覚えるまでちょっと難しいかもしれませんね。 こちらは、その名のとおり写真から線画を「抽出」するので、線画以外の白い部分は「透明」になります。 つまり、アイビスペイント上で線画を描くのと同じ状態に出来るんですね。 なので、塗り方もアイビスでイチから描いた時と同じ手法で出来ます。 デジタルでの色塗りに慣れてきたらこちらの方が塗りやすいかもしれません。 注意点は、最初の説明でも書きましたが、アナログでしっかりペン入れ(シャーペンでもくっきり濃く描いて、余計な線が無ければOK)しておかないと上手く抽出出来なかったり、影があると調整が難しく上手くいかなかったりすること。 でも、線画の色を自由に変えたりするのはコチラの方が簡単なので、デジタル絵としてしっかり完成させたいなら線画抽出する方法が向いていますね。 ざっくり説明ですが、あなたがどんな塗り方をしたいのかによって選んでみてください。 私は気分によってどちらも使いますが、ラフな仕上がりにしたい・アナログ感を出したい時にはそのまま、デジタル絵として完成させたい時は線画抽出をして塗っています。 線画抽出をしないで、画像をそのまま使って塗る場合は、キャンセルを押しましょう。 これで画像の取り込みは完了になります。 この状態からの色塗りの手順はこちらで紹介しています。 スポンサーリンク 線画抽出をして色塗りをしたい場合は、OKを押すと画像の調整に入ります。 一番上の「黒側」をバーは最初0%になっていますね。 それを右側に動かして%を上げていくと、画像がどんどん暗くなっていきます。 線画の色が薄いときは、これで黒を濃くすることができます。 が、影があるとそれも濃くなってしまうので、私はあんまり動かしていません。 真ん中の「白側」は最初100%になっています。 これを左側へどんどん下げていくと、画像が明るくなっていきます。 画像全体がちょっと暗い場合、これで明るくすることができます。 薄くでも影や暗さが残っていると、それも一緒に抽出されてしまい、色が暗く見えてしまう可能性があります。 なので、できるだけ白い部分は真っ白になるように調整したほうがいいですよ。 最後に、一番下の「中間値」ですが、これは最初真ん中になっていますね。 これを左に動かすと、画像全体が明るくなっていきます。 そして反対に、右側へ動かしていくと、画像全体がどんどん暗くなっていきます。 黒側の数値を上げた画像より、全体的に均一に暗くなっているのがわかりますか? こちらの方が黒をハッキリさせるのに綺麗に仕上がりやすいので、私はいつも 「白側」を下げて全体を明るくしてから 「中間値」を上げて黒い線をハッキリさせています。 このあたりのバランスは慣れと好みなので、色々試して練習してみてください。 ただし、あまり黒を濃くしすぎると線のギザギザが目立ってしまうので、やりすぎには気を付けましょう。 例の画像では、白側60%・中間値60%でイイ感じになりました。 これでOKと思ったら、緑のチェックをタップして決定してください。 レイヤーメニューを開いて、こんな感じになっていれば大丈夫です。 線以外の部分が白とグレーの市松模様になっていれば、その部分は透明ということなので、無事に線画だけが抽出されていることになります。 試しに、絵が入っているレイヤーの下のレイヤーに、ペンでグリグリっと色を塗ってみます。 そしてレイヤーメニューを閉じたところがこちら。 どうですか?線が綺麗に出た状態で色を塗れていますよね。 これで、アナログ線画の取り込みは完了です。

次の