無職 クレジットカード 作り方。 無職の人におすすめしたいクレジットカード3選!作り方のコツも紹介

無職でもクレジットカードは作れる!?審査に通りやすいコツや作り方を解説!

無職 クレジットカード 作り方

無職でもクレジットカードを作れる方法 わたしが「 無職」の時にクレジットカードを作った方法を説明します。 クレジットカードは収入があることを前提にしていますが、無職で収入がなくてもクレジットカードを手に入れる方法があります。 まず、いちばん確実で簡単なのが「 家族カード」です。 自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族として申請すれば間違いなく 100%承認されます。 これがいちばん確実な方法です。 わたしは父がセゾンのクレジットカードを持っていたので、お願いして家族カードを発行してもらいました。 支払いは父の口座になりますが、すぐにカードを発行してもらえ便利でした。 他には、どこでもいいから「 派遣会社に登録すること」です。 派遣会社に登録するのは簡単です。 テストはありますが、落ちるとか断られるといったことはありません。 登録会に行って、派遣社員として登録してもらえば、派遣社員と名乗ることができるのです。 仕事を受けずに断っていても、クレジットカードの申込書には「 派遣社員」と書くことができます。 この二つの方法を実際に試したのですが、二つ目の派遣会社に登録する方法は「 自分名義のクレジットカードを作れる」ので便利でした。 派遣会社に登録へ行かなければならないのは難儀ですが、それさえ終わってしまえばあとはクレジットカードを申し込むだけです。 この方法は「 裏ワザ」であって、大きな声では言えない作り方ですが、悪いことをしているわけではないので心配することはありません。 引き落とし口座はもちろん自分の口座を指定することができます。 わたしは仕事のストレスから自律神経失調症になり、会社を辞めた時にとある事情からクレジットカードが欲しくて困っていたのですが、この二つの方法で無事クレジットカードを発行してもらうことができました。 今の時代、クレジットカードがないとたとえ無職でも不便なので、ぜひこの上記の方法を利用してクレジットカードを発行してもらいましょう。 クレジットカードの審査は、安定した収入があることが一番通りやすいものです。 しかし、諸事情で現在は働いていないけれどクレジットカードが欲しいこともありますよね。 そんな時に一番楽な方法は、同居の家族がいるとしたらその人の所有しているクレジットカードの「 家族会員になる」ことです。 しかし、それだと支払いは所有者から支払うことになるので、カード払いで買い物をした内容や金額が分かってしまいます。 自分だけのカードが欲しい場合は、比較的審査のゆるやかなクレジットカード会社で作ることをお勧めします。 審査の比較的ゆるやかなカード会社としては、「 キャッシングローン系」の会社のカードがあります。 それ以外にも、「 ネットショッピング系」のクレジットカードは、主婦層が顧客に多いため通りやすいようです。 実際、私も専業主婦になってからネットショッピング系のクレジットカードを申し込みましたが、特に電話もかかってくることなく簡単に発行してもらえました。 それ以外にも、大手スーパーなどのカードも専業主婦が所有していることも多く、比較的審査はゆるめです。 クレジットカードを申し込む時に、現在の住所に住んでいる居住年数を書く欄があります。 同じ場所に長く住んでいるほうが、審査が通りやすくなるようです。 それから、職業欄には「 無職」と書くよりも「 家事専業」などと書いておいた方が良いです。 専業主婦の場合は、夫に安定した収入があれば審査に通りやすいのですが、独身で配偶者がいない場合にはどうしようか迷いますよね。 そういった場合は、同居している親に安定収入があれば「 親の職場や年収を書き込む」ことで、安定収入ありとみなしてくれることもあるようです。 最後に注意して欲しいのが、クレジットカードを作りたいからと虚偽の申告をしてしまうことです。 虚偽の申告でカードを発行してもらうのは、法律違反になり罰せられるので、あくまでも申告書には嘘を書き込まないように注意しましょう。 無職でもクレジットカードを作れる裏技 昨今派遣切りや人件費カットで急に無職になる方、うつ病等の病気で仕事をやめざるを得ない人が急増しています。 そんな中、クレジットカードがあると大変便利です。 クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる事もできますし、買い物をするのにも支払いが来月に繰り越せ重宝します。 でも、無職ではクレジットカードを作れないですよね?でも欲しい・・・そんな方にオススメの裏技をご紹介します。 まずクレジットカードの審査過程を見てみましょう。 基本、クレジットカードの申し込み書に書かれている事項が正しいという前提で、審査は行われるのですが、カード会社はそこに書かれたあなたの情報に評点を付け、それを元に審査を行います。 審査が厳しいクレジットカード会社の場合、「 住民票」を取り寄せる所もあるようですが、カード会社によってはそこまでしない場合もあります。 審査時に大幅なウソはいけませんが、ある程度の誇張されていても審査に通ってしまう場合があるわけです。 クレジットに通るポイント 「電話番号は確実に連絡が取れる番号にする」 審査の甘いカード会社でも、自宅や職場に連絡を取る所は非常に多いので、確実に連絡の取れる番号を記入しましょう。 「すべての欄に記入する」 評点を少しでもアップさせる事ができます。 そのためにはできるだけ空白を作らない事が大切です。 されここからが本当の裏技です。 何度も書きますが、無職ではカード申請を通る事はできません。 なので、そこを無職でなくしてしまうんです。 突然ですが、ヤフーオークションやフリマで出品をされたことがありますか? もしそうなら立派な「 自営業」です。 最近ではクレジット会社の審査も緩くなってきているので「 フリーター」でもカード会社を選べば審査が通ってしまうようです。 もちろん無職でも他の方法でお金を稼いでいる方はその収入源になっている職業を書きましょう。

次の

無職の人におすすめしたいクレジットカード3選!作り方のコツも紹介

無職 クレジットカード 作り方

無職でもクレジットカードが欲しい!審査不要・自分名義のデビットカードとは? 毎日の生活を便利にしてくれるクレジットカードですが、申込みには一定の条件があります。 そもそもクレジットカードは、カード会社が規定する審査に通過した方にだけ発行されるもの。 申し込み時の条件には、特に「年収いくら以上」と記されてはいないものの、一般的に 無職の方がクレジットカードを作るのは難しいと言われています。 「今は定職に就いていないけれど、クレジットカードを作りたい…」 そんな方におすすめしたいのが、デビットカードです。 デビットカードであれば、 仕事の有無に関係なくカードを作ることができるんです。 デビットカードとは一体どんなカードなのか、一緒に見ていきましょう。 デビットカードとは?クレジットカードと何が違う? デビットカードとは、簡単に言うと即時決済カードです。 デビットカードを使って買い物をすると、支払い金額が即時に指定銀行口座から引き落とされます。 クレジットカードと大きく違う点は、利用料金の引き落としのタイミングです。 クレジットカードは後から請求がきますが、デビットカードの利用料金は、銀行の口座残高からその都度引き落とされます。 口座にある分の金額しか使えないため、 「来月のカードの請求額、いくらだろう?」とおびえる必要もありません。 申し込み時に審査がない、使いすぎる心配がない、家計簿代わりとして使えるといった利便性の高さから、発行枚数は増加傾向にあります。 デビットカードを利用するメリット• 審査がないため、気軽に申し込める• 口座に残高がないと使えないため、使いすぎる心配がない• 自分名義のカードを作れる• ポイントが貯まったり、キャッシュバック付きのカードもある 大きな特徴は、利用にあたっての審査がないこと。 無職であっても、銀行口座を持っていればデビットカードを作ることができます。 また、支払い金額が即時に銀行口座から引き落とされるデビットカードは、口座残高がゼロになればそれ以上は使うことができません。 クレジットカードと異なり、使い過ぎを防げるのは安心できるポイントですね。 ちなみに、デビットカードのデザインはクレジットカードと大差ありません。 「デビットカードって、なんかダサい」と思っている方も、戸惑うことなく使えるはずですよ。 デビットカードの作り方 VISAやJCBなどの国際ブランドのデビットカードは、提携金融機関に申し込みをすることで作ることができます。 すでに口座を持っている場合は、お手持ちのキャッシュカードを、デビット機能付きのものに切り替える手続きが必要です。 口座を持っていない場合は、新しく銀行口座を開設する必要があります。 J—Debit(ジェイデビット)の場合、基本的には普通預金等のキャッシュカードに自動的にデビットカードの機能が付与されています。 つまり、わざわざカードを作らなくても、手持ちのキャッシュカードをデビットカードとして利用できるのです。 【あわせて読みたい記事】 クレジットカードは無職だと作れない? 無職の方にとっては、クレジットカードよりもデビットカードの方が作りやすく、メリットが大きいと言えます。 それでも 「やっぱりクレジットカードが欲しいなあ」と考える方もいるはず。 ここからは、そもそもなぜ無職だとクレジットカードが作ることができないのか解説していきます。 無職がクレジットカードを作ることができない理由は、 ずばり定期的な収入がない、つまり返済能力がないからです。 銀行口座から利用額が即座に引き落とされるデビットカードとは異なり、クレジットカードは後から請求が来ます。 利用者がカード会社にお金を支払うまでの間、利用者は一時的にクレジットカード会社に買い物の支払い代金を立て替えてもらっているのです。 クレジットカード会社は、立て替え代金を回収できなければ損をしてしまいます。 損をしないためには、しっかり返済してくれる人だけにクレジットカードを使ってもらうことが大事。 返済してくれる人かどうか、審査で判断しているのです。 もちろん、貯金がたくさんあれば返済には困らないかもしれません。 しかし、クレジットカードの審査では定期的な収入がどれくらいあるかが重視されるため、いくら預金があっても、無職である限り審査に通ることは難しいでしょう。 一方で、 家族に扶養されている無職の学生・主婦は審査に通る可能性があります。 親や配偶者に定期的な収入があれば、そのお金でクレジットカードの使用代金を返済できるからです。 ただし、親や配偶者も無職で収入がない場合はこの限りではありません。 返済能力がないと判断されれば、当然審査に通ることはできないと理解しておきましょう。 信用情報機関とは? あなたがお金を借りたときの記録、何らかのローンを申し込んだり、支払ったりしたときの記録などを提供する機関のこと。 クレジットカード会社は、信用情報機関の情報を見て、 「この人にはクレジットカードを発行しても大丈夫かどうか」を確認します。 定期的な収入があったとしても、それ以上に借入金があって返済に追われている状況では、返済が滞る可能性があると判断されてしまいます。 そうなると、審査に通らないこともあります。 また、過去に返済が遅れたり、自己破産をしたりしている場合は、その履歴が信用情報に残っています。 このような場合も、 「きちんと返済してくれない人物だ」と判断され、審査に通らない可能性があります。 ただし、信用情報機関に記録されている情報は、ある程度の年月が経てば削除されます。 一度審査に通らなかった場合でも、数年後に再び申し込むと審査に通る可能性はあります。

次の

無職の方のクレジットカードの作り方

無職 クレジットカード 作り方

クリックできる目次• 無職でも作れるクレジットカード!作り方を解説 クレジットカードは基本的に収入がある人を対象としたサービスですが、無職の人でもクレジットカードを作ることは可能です。 もちろん、クレジットカード会社やカードの種類によって、細かな審査基準は異なるため、選ぶカードによって審査結果は変わりますが、なかには即日で作れるカードもあります。 まずは、無職の人がクレジットカードを作れる場合や、作り方について、具体的に見ていきましょう。 学生・主婦・ニートなど被扶養者 無職で収入がない人でも、学生や専業主婦、ニートといった被扶養者はクレジットカードを作ることができます。 無職である本人に収入がなくても、親や兄弟、配偶者といった扶養者がいる場合は、扶養者の収入を頼りに、クレジットカードを作ることができるのです。 例えば、有名な三井住友カードには学生専用のクレジットカードがあり、特典を得られるというメリットがあります。 学生専用クレジットカードというものがあり、通常のクレジットカードよりもポイントの還元率が高いものや、クレジットカードの年会費が在学中に限り無料なものなどがあります。 引用元: 審査では扶養者の収入や勤務先、信用情報が審査の対象となります。 名義人の家族カードとして作成する クレジットカードには、名義人の家族会員の方が持てる家族カードがあります。 家族カードで決済をした際の支払いは、名義人の口座からの支払いとなります。 よって家族会員である本人が無職でも、名義人に収入と信用があれば、クレジットカードを作成できます。 年金受給者はクレジットカードを作れる 年金受給者は年金による安定収入があるとみなされ、クレジットカードの審査に通ることができます。 もちろん現在も働いていて、お給料がある人よりも不利な審査になるので、過去のクレジットヒストリー(信用情報)も重要になります。 ちなみに無職であること以外にも、クレジットカードの作成が難しい理由に金融ブラックがありますが、ブラックである人にでもクレジットカードを作る方法は残されています。 十分な預金・貯金などの資産があれば可能性あり 無職であっても支払いをするのに十分な預金・貯金などの資産があれば、審査に通る可能性はあります。 ただし多くのクレジットカード会社では、安定的に入ってくる収入を重視しているので、保有している預貯金だけでは審査落ちとなることも多いでしょう。 審査では資産について、持ち家や賃貸などの住環境について調べることはしても、預貯金まで調べることはなく、最終的にはカード会社の裁量に委ねられます。 クレジットカードの審査に通るコツ6つ 無職の人がクレジットカード審査に通るためのコツは、次の5つです。 審査の甘いクレジットカードを選ぶ• キャッシング枠をつけない• 固定電話の番号を記入する• 個人情報は嘘のないように正直に申告する• 職業欄は「自営業」か「派遣社員」にする 一つずつ解説します。 審査の甘いクレジットカードを選ぶ 無職の人は、クレジットカード審査で公務員や会社員といった正規雇用の方よりも不利になってしまうので、始めから審査の甘いクレジットカードを選んだほうが審査通過の可能性が高くなります。 特に楽天カードは審査が甘いという口コミ評判で有名ですし、イオンカードは収入のない専業主婦の方でも審査に通りやすくなっています。 それぞれのクレジットカードによって審査基準や特徴が違うので、口コミなどの情報を集めて申し込みをしましょう。 キャッシング枠をつけない クレジットカードは買い物に使えるショッピング枠と、お金の借入に使えるキャッシング枠がりあります。 キャッシング枠は、クレジットカードを持っていれば、いつでも簡単にATMからお金を借りられるという便利な機能です。 しかし、クレジットカードの機能はショッピング枠がメインとなっていて、支払い能力はどうかといった観点から見ると、キャッシング枠をつけることで審査基準が上がってしまいます。 少しでも審査基準を下げて、審査に通りやすくしたいのであれば、キャッシング枠を付けないことをおすすめします。 固定電話の番号を記入する クレジットカードを申し込みの際は、あなたの連絡先を書類に記入しますが、もし固定電話をお持ちであれば、固定電話と携帯電話の両方を記入しましょう。 昨今は固定電話を持たず、連絡先は携帯電話のみという方が多いですが、連絡先に固定電話を記入した方が、より身元の確認が取りやすいということで審査には有利になりますし、収入の面でも問題がないと判断されやすくなります。 個人情報は嘘のないように正直に申告する 無職だとクレジットカード審査に通るのが難しいからといって、職業や年収など、審査に有利になるようなウソを伝えてはいけません。 クレジットカード審査では、勤務先に在籍確認を取るケースがありますし、信用情報などを見て、申告内容が事実であるかどうかもチェックされます。 もし、申告内容にウソがあることが発覚すると、カード会社から罰則が与えられる場合がありますし、審査に通ったとしても、後で強制退会させられてしまいます。 職業欄は「自営業」か「派遣社員」にする 申し込みの際の職業欄に「無職」と書くと、印象が悪く、クレカ審査に通るのが難しくなってしまいます。 そんな時は「自営業」か「派遣社員」を記入する方が審査に通りやすくなります。 自営業は役所への届け出をしなくても、資産運用や株による利益など、給与以外の所得があれば自営業と名乗って問題ありません。 派遣社員の場合でも、実際には働いていなくても、派遣会社に登録をしていれば、職業上は派遣社員と名乗ることができます。 申し込みの際に自ら無職と申告すると、審査落ちの可能性が高くなります。 申し込み書に前職を記入(2ch、知恵袋にあるズルい裏技) 2chやYahoo! 知恵袋の口コミ・評判を見れば、申し込み書に前職を記入して、審査に通ったという人もいます。 楽天カードとニッセンマジカル この二枚は無職状態でJCBカードで審査通過したよ。 前職記入で審査余裕で通過できた。 ちなクレヒスはスーパーホワイト。 引用元: 現在は無職状態とのことだからウソの申告になるので、あまりおすすめできる方法ではありません。 2chや知恵袋の口コミを見ていると、家族カードをもつことを勧める内容がいくつもあったので、無難な選択肢とも言えます。 審査の甘いおすすめのクレジットカード4選(即日発行可!) 無職の人でもクレジットカードを作るコツは、審査の甘いクレジットカードを選ぶことです。 ここでは、審査に通りやすいおすすめのクレジットカードを4つ、紹介します。 セディナカードJiyu! セディナカードJiyu! は、毎月の支払額を自分で自由に設定できる月々払い(リボルビング払い)が可能です。 入会時に「5,000円コース」「10,000円コース」「20,000円コース」の3つからコースを選びます。 お金に余裕があるときにインターネットや銀行ATMから、追加で支払うこともできます。 審査では返済能力よりも、積極的に使ってくれるどうかという点を重視される、比較的に審査の甘いクレジットカードです。 各百貨店やショッピングサイトでお得にポイントを貯められるというメリットも備えています。 楽天カード は会員数1,200万人を超えるクレジットカードで、その発行枚数を見ても、多くの方が審査に通りやすいカードであることが分かります。 申し込み資格は「18歳以上の方」とだけなっており、収入に関する記載はなく、無職の方でも申し込みが可能となっています。 審査の甘いクレジットカードに関する口コミ評判を探してみても、常に名前が挙がるカードです。 楽天カードは即時発行ができますが、受け取り方法は郵送となるため、即日で受け取ることはできません。 イオンカード 専業主婦の母ももっているイオンカード イオンカードは、クレジットカードの中でも特に審査が甘いとされる流通系のカードです。 大手スーパーのイオンが発行してるクレジットカードですが、顧客にクレジットカードを持ってもらうことで、自社の利益にも大きく関わるので、返済能力がそれほど高くない人にも、積極的に審査に通しています。 特に専業主婦や学生向けのクレジットカードとなっていて、本人に収入がない無職の人でも、比較的簡単に審査に通ることができます。 年会費が無料で、イオングループのお店で買い物をすることで特典が付くこともあり、一番ポイントを貯めやすいクレジットカードの1つです。 イオンカードを即日で受け取る方法は、ネットで申し込みをして、審査結果のあとに店頭で直接受け取るという流れになります。 AmazonMasterCardクラシック AmazonMasterCardクラシックは、ネット上で「無職でも作れた」という口コミのあるクレジットカードですが、一般的には審査の甘いカードというわけではありません。 ただ、カード利用の支払いを工面してくれる扶養者がいる場合は、本人に収入がなくても審査に通ることができたという事例もあり、無職でも作れるカードとされています。 また、場合によっては、無職であろうと支払いをするのに十分な預貯金があれば審査に通れるケースもありますが、審査落ちになることもあり、基準ははっきりしていません。 限度額は公務員や大手企業の方など、審査の評価が高いほど高くなるので、審査での評価が低くなる無職の人もそれに準じて、限度額が低くなります。 クレジットカードによって最低限度額の設定は異なりますが、10万円ほどの最低限度額が一般的です。 無職でもクレジットカードの更新はできる 無職でもクレジットカードの更新は問題なくできます。 クレジットカード会社が重要視しているのは、あなたの職業は何かということよりも、返済能力があるかどうかということです。 返済能力のない無職の場合は更新はできませんが、資産や貯金・預金などによる返済能力がある無職の人は更新できます。 更新の際には、これまでの利用実績などもチェックされるので、特に無職の人は常日頃から延滞のないようにしておくことも重要です。 無職になったらデビットカードもおすすめ 無職の方はクレジットカードの代わりに、デビットカードをもつことをおすすめします。 デビットカードもクレジットカードと同じく、キャッシュレス決済が可能ですが、デビットカードは決済時に口座から即時引き落としとなるため、返済能力の審査がありません。 デビットカードは、決済時に口座に十分な残高がなければ買い物ができないシステムになっています。 カード会社にとっても貸し倒れのリスクがないデビットカードは、無職でももつことが可能です。 クレジットカードのように後払いのシステムではないので、お金の管理がしやすく、使いすぎを防げる点でもデビットカードはおすすめです。

次の