スロット 負け まとめ。 低レートのスロットで負けやすい人が知るべき3つの事

低レートのスロットで負けやすい人が知るべき3つの事

スロット 負け まとめ

やっぱりこれも2円スロットの方が大きくメダルを吸い込まれています。 要は、見方によってどっちが負けているかなんて、コロコロ変わるんですよ。 低レートのスロットで負けてしまう人の特徴 1. 演出見たさや趣味打ちが主な目的。 勝ちたいというよりも「勝てたらいいな」重視のエンジョイ勢なマイペース派。 5円でも2円でも、10円でも。 20円スロットと全く同じ品質の遊技台を、レートを下げて楽しめるのが低レートのスロットです。 それでもまぁ、20円で打つよりもお得に楽しんでいるので、こういう場合は負けても本人は特に気にしないことが多いです。 むしろ低レートで上手にやり繰りして遊んでいるとも言えるでしょう。 遊ぶための消費ですから、どんなにお金を使っても抱く感想は「遊んだなぁ。 」で終了です。 低レートなら当てられると勘違いしている。 レバーをたたいて抽選を受ける。 やっていることは20円を打っている時と全く一緒なんです。 違うのは、ゼニー(銭)という財力をレートを下げることでブーストして省エネルギーで毎ゲームを回せるようにしているだけなんです。 これ、何かに似ているなーと思ったんですが、あれですね。 物量にものを言わせてパワープレイで押し通すのに似ています。 そんな脳筋プレイをしても、 台の当たる確率の設定を変えられるもんではありませんよね。 せいぜいその日打ちに行って、何らかのチャンスに引っかかりやすくやすくなるだけ。 むしろホール側は、どのレートでもたくさんのメダルを打ち込ませたいというのが本音でしょう。 ホールからすれば願ったりかなったりですね。 また、先ほどの例通り。 金額的には少ない傷でも、 メダルの枚数的にはよっぽど酷く負けている事実もお伝えいたしました。 これを機に、差枚数(獲得した枚数-打ち込んだ枚数)の考え方も身に着けていってください。 低レートのスロットで立ち回る際に気を付けたいこと.

次の

【パチンコ、スロット負けすぎてヤバイ】あなたが負けまくる理由はズバリコレ!?マイナス収支を改善する為に1番目に取り組むべきことは?

スロット 負け まとめ

おはようございます!サラリーマンだけどパチンコスロット6年連続年間収支プラスの雨沢です 「何で、オレはパチスロこんなに負けてんだ!?」 「2日で10万負けた」 「パチスロ負けすぎて、引退宣言したけど結局給料入ったらパチ屋に直行してしまう」 ギクッとなった方、結構いるんじゃないでしょうか 笑 僕も昔はそんな感じでした。 今は全然違いますけどね! この記事では、アナタがパチンコスロットをやるうえで、 「絶対NG」な行動と 「収支改善方法」をお伝えしていきます。 この記事を読めば、収支改善できるはずだと思います! ちなみにこの記事は、 「負けすぎてやばいからパチンコなんてやめましょう」とかいう毒にも薬にもならないことは一切言いません。 自分の意志でそう思ってやめられるなら、こんな記事にたどり着いたりしませんよね(笑) なので、ただ単純にあなたのスロットパチンコ収支を改善させるための話をします。 それでは、どうぞ! ブログ村スロットランキングに参加しています。 あなたがパチンコスロットで負けすぎる理由・・ それは・・ 『1日での勝敗にこだわりすぎている』 ということが原因です。 そこにこだわるの当たり前だろ! と思われるかもしれませんが、1日での収支にこだわりすぎて実際に起きる弊害があります。 その内容を説明していきますね。 「いや、知ってるわ!」 ってなりますかね 笑 ただコレ、知ってる人は多くてもしっかり活かせていない人ばかりというのも事実。 例えばなんですが、 『5. 6枚交換のお店で現金2万円使って、1016枚でました。 しかも食べたくもないお菓子に価値などないでしょう・・。 単純にこの行動がかなりのマイナスをたたき出しているのが分かりますか? 厳密に言うと違いますが、毎回2000円の損をしている感じになります。 これを10回繰り返したら、2万円負け。 100回繰り返したら20万円負け。 こう数字にして目の当たりにしてみると恐ろしいですね~。 換金ギャップ。 「2万負けてる・・取り返さなきゃ!」 となってあなたが閉店1時間前にとる行動はもしかして・・ 『ぱちんこ北斗無双に突撃して取り返す』 ではないですか? 実はこれ、かなりヤバイです! 30分かけて頑張って当てたけど、連チャン残して閉店してしまった! なんてことが日常茶飯事で起きてしまいます。 閉店が近づくにつれて、このように大当たり中強制終了されることが発生するので必然的に、あなたが獲得できる大当たりが大幅にカットされているんです! 良く聞く パチンコのボーダーラインや スロットの天井期待値というのは、 基本的に大当たりをとり切ったという前提で出ています。 詳しい解説はここでは省きますが、大当たりの上限が制限されることによって、大幅にマイナスになるんですよ。 なので例えば、もしかしてあなたが取り切れなかった大当たりが、 4万発出たかもしれないし、 万枚出ていたのかもしれないんです。 これがもし日中だったら、あなたの収支がとんでもなく違うことが分かりますかね? はい、もうわかりましたね 笑 その行動マジヤバいんで、すぐやめてください! 収支改善の為にまずやるべきことは 負けすぎな原因が分かったところで、解決法を。 それは・・ 『会員カードを作る』 はあ?と思われるかもしれませんが、会員カードってすごいんですよ。 勝ってる人たちみんな、会員カード持ってると思いませんか? 会員カードのすごいところ• 貯玉・貯メダル再プレイが無料• 換金ギャップを避けられる• 好きな時に交換できる• いらないお菓子をもらわなくてすむ• etc.. 会員カードを作って、貯玉貯メダル再プレイをできるだけして、いらないお菓子ジュースはできるだけ貰わない。 これだけやれば、マジでめちゃめちゃ収支が改善します。 会員カードはパチンコを日常的にやる人にとっては、必須なので絶対作ってください。 会員カードを作って、貯玉貯メダルを活用していけば、一日単位での勝敗もそこまで気にならなくなりますし、段々貯玉貯メダルが増えていく喜びもあるはずです。 パチンコスロットは1日単位では、プロでも良く負けることがあるくらいですし、長い目で見て収支プラスを目指していきましょう。 毎回勝つなんて到底無理な話です。 なので、1日単位での勝敗にこだわりすぎるのはやめましょう!.

次の

大負けメシウマ逝った委員会 スロットブログ・テーマ

スロット 負け まとめ

やっぱりこれも2円スロットの方が大きくメダルを吸い込まれています。 要は、見方によってどっちが負けているかなんて、コロコロ変わるんですよ。 低レートのスロットで負けてしまう人の特徴 1. 演出見たさや趣味打ちが主な目的。 勝ちたいというよりも「勝てたらいいな」重視のエンジョイ勢なマイペース派。 5円でも2円でも、10円でも。 20円スロットと全く同じ品質の遊技台を、レートを下げて楽しめるのが低レートのスロットです。 それでもまぁ、20円で打つよりもお得に楽しんでいるので、こういう場合は負けても本人は特に気にしないことが多いです。 むしろ低レートで上手にやり繰りして遊んでいるとも言えるでしょう。 遊ぶための消費ですから、どんなにお金を使っても抱く感想は「遊んだなぁ。 」で終了です。 低レートなら当てられると勘違いしている。 レバーをたたいて抽選を受ける。 やっていることは20円を打っている時と全く一緒なんです。 違うのは、ゼニー(銭)という財力をレートを下げることでブーストして省エネルギーで毎ゲームを回せるようにしているだけなんです。 これ、何かに似ているなーと思ったんですが、あれですね。 物量にものを言わせてパワープレイで押し通すのに似ています。 そんな脳筋プレイをしても、 台の当たる確率の設定を変えられるもんではありませんよね。 せいぜいその日打ちに行って、何らかのチャンスに引っかかりやすくやすくなるだけ。 むしろホール側は、どのレートでもたくさんのメダルを打ち込ませたいというのが本音でしょう。 ホールからすれば願ったりかなったりですね。 また、先ほどの例通り。 金額的には少ない傷でも、 メダルの枚数的にはよっぽど酷く負けている事実もお伝えいたしました。 これを機に、差枚数(獲得した枚数-打ち込んだ枚数)の考え方も身に着けていってください。 低レートのスロットで立ち回る際に気を付けたいこと.

次の